あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ロードバイクroad bike

何歳になっても続けたい!ロードバイクの7つの楽しみ方!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/22

更新日 :2019/03/14

この記事では、ロードバイクの7つの楽しみ方を紹介しています。ツーリングやポタリング、レース参戦やカスタマイズなど、楽しみ方は多種多様です。
何歳からでも、1人でも仲間とでも楽しむことができるロードバイクの魅力に迫ります!

目次

スポンサードサーチ

ポタリング&ツーリングを楽しむ

グルメライド

1つ目はグルメライドです!その名の通り、おいしい食べ物を求めて、自転車で走りに行くことを指します。

最近では、都内でもサイクルカフェが増えており、ロードバイクがあっても、サイクルジャージを着ていても気軽に立ち寄れるお店がたくさんあります!
おすすめのサイクルカフェは、『カフェ・プラス・ジョーヌ(三軒茶屋)』や『CROSS COFFEE(矢野口)』です。

また、峠の頂上には、茶屋が構えられていることが多く、良い景色を見ながら美味しいグルメを堪能することができます。つらい上り坂の後の良いご褒美になりそうですよね!

ロングライド

近場をぶらっと走るだけでは物足りない!という方はロングライドへ出かけましょう。
具体的に何キロ以上がロングライド、という定義はありません。サイクリストの中では、100㎞程度が目安と言われています。

いつもは行きづらい、奥多摩方面や房総半島は、交通量が少なく、週末のサイクリングにはもってこいの場所です。

プチ旅行気分で、いろいろな名所を回るのも良いですよね。

GPS付きのアプリやサイクルコンピューターで、走行ログを取っておけば後から走ったルートを見返すこともできます。走行距離が増えていく楽しみや自信にも繋がります。

コミュニティの広がり

ひとりでロードバイクを楽しむこともできますが、仲間ができるとまた違った楽しみがあります。一緒に走りに行くだけでなく、おすすめの自転車グッズやスポットの共有も仲間がいることの大きなメリットです。

ロードバイクのコミュニティは、自転車競技のチームだけではありません。学生でも社会人でも、ツーリングを楽しみたいという人々が集まるサークルがあります。

Facebook、Instagramや自転車屋のHPでは、定期的に走行イベントの告知がされています。そのようなイベントに参加することで、気の合う自転車仲間が見つかるかもしれませんね。

通勤・通学

通勤・通学にロードバイクを使用するのも、楽しみ方の1つです。
満員電車から解放されて、気持ちいい風を浴びながら学校や会社に行くのはどうでしょうか。
軽い運動にもなり、健康的な1日を送れそうです。

通勤・通学の際に確認しておきたいことが、駐輪場です。ロードバイクを置いていても安心できる駐輪場があるのかは盗難防止のために見ておきたいです。
また、一部の会社では、自転車通勤を禁止していることもあるため、自転車通勤をする際には会社に申告をしておきましょう。

スポーツとしてのロードバイク!

レース

いきなりレース、と思われるかもしれません。しかし、自転車レースの中には、ホビーレースと呼ばれる、初心者でも参加しやすいレースがたくさんあります!

例えば、エンデューロです。エンデューロとは、時間内に周回コースを何周できるかで競うレースです。
ソロ種目もありますが、2時間を2~4人で走るチーム種目など、様々なカテゴリーが存在します。1人でレースデビューが不安な方も、チームで出られれば心強いですよね。

また、レースに慣れてきたら上位カテゴリーのレースに挑戦してみるのも、刺激的な経験になること間違いありません!
社会人アマチュアライダーが多く参戦している実業団レースや日本自転車競技連盟主催のロードレースがあります。近年では、女子の実業団レース(Japan Feminine Tour)の参戦者数も増えています。

健康維持

継続して乗りやすいロードバイクは、健康維持に最適です!ロードバイクは有酸素運動であるため、心肺機能の向上や、脂質燃焼効果が期待できます。

また、ランニングと異なり膝や足首への負担が少ないため、何歳からでも始めやすいスポーツであることも大きな魅力です。

汗をかくことで、リフレッシュや気分転換にもつながります!

カスタマイズ

最後に、忘れてはならないのがカスタマイズです。機材スポーツであり、パーツを組み替えやすいことがロードバイクの特徴です。

ホイールやサドル、バーテープなど、自分好みの自転車を組み上げることができます。ロードバイクの中で、走りが変わるパーツと言えばやはりホイールです。値段が張るものもありますが、初めてのカスタマイズにおすすめなパーツです。

また、パーツを交換しなくても、丁寧に洗車をすることで愛着がわくこと間違いありません!メカいじりが好きな人にはたまらない作業です。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、初心者に知っていただきたいロードバイクの7つの楽しみ方を紹介しました!
ロードバイクに乗る楽しみや目的は、多様でしたね。自分なりの魅力を見つけて、素敵な自転車ライフを送ってくださいね!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike