あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
road bike

超簡単!ロードバイクの前後輪の外し方を分かりやすく解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/23

更新日 :2019/03/14

この記事では、ロードバイクの前輪・後輪の外し方を説明しています。
輪行やメンテナンスの際に車輪を自分で外せないと困ってしまいますよね。

目次

スポンサードサーチ

前輪の外し方

まずは前輪の外し方から見ていきましょう!車輪を外す前に作業がしやすいよう、バイクをひっくり返して立てておきます。

前ブレーキを開放

キャリパーブレーキのアーチの先についている、ブレーキレバーを上げて開放します。開放すると、ブレーキシューと車輪の隙間が広がります。

これは、ブレーキを開放しておかないと、タイヤがブレーキに引っかかって外せないためです。

クイックリリースを開放→ゆるめる

次に、車輪のハブ(軸)付近についているクイックリリースレバーを上げて、回して緩めます。
この時に、クイックリリースを回し切って分解する必要はありません!

ある程度緩めたら、そのまままっすぐ車輪を上に引っ張れば、そのまま外すことができます!

後輪の外し方

続いて後輪の外し方です!後輪は前輪よりも1ステップ多いのですが、コツをつかめば簡単です。

後ろのギアを重く(外側に)変速

まず、リアディレーラーを変速して、後ろのギアを一番重く(外側に)しておきます。これは、後輪をはめやすくするためです。

後ろブレーキを開放

前輪と同じく、後輪のブレーキのレバーを上げて開放します。

クイックリリースを開放

前輪と同じく、クイックリリースを上げて開放します。後輪は、前輪と異なり、回して緩める必要はありません。

そのまままっすぐ抜くと外すことができます。リアディレーラーが引っかかってしまうことがあるため、左手でリアディレーラーを少し上げると、外れやすくなります。

スポンサードサーチ

注意点・その他

    • ディスクブレーキの場合

基本的にはキャリパーブレーキと同じやり方です。しかし、車輪を外した後にブレーキを操作するとパッドの位置が変わってしまう可能性があるため、注意しましょう。

    • ウェスの準備

後輪を外すときには手が汚れてしまうかもしれません。

    • パーツの紛失

クイックリリースのバネやキャップをなくさないように気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ロードバイクの前輪・後輪の外し方を紹介しました!
これで、輪行もメンテナンスも安心ですね!よくある注意点もまとめてあるため、困ったときにはこの記事を確認してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定