あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ロードバイクroad bike

街乗り用ロードバイク人気おすすめ10選!初心者必見!!

スポシル編集部

公開日 :2018/09/29

更新日 :2019/03/14

今回は街乗りに最適なロードバイクについて紹介していきます。ただ初心者の方はどのようなロードバイクを買えばいいのかわからない方も多いと思います。

目次

スポンサードサーチ

街乗りロードバイクとは

ではそもそも街乗りロードバイクとはどのようなものでしょうか。ロードバイクは一般的な視点車に比べてタイヤが細いためスピードが出やすくなっています。
また、ハンドルが曲がっているのも特徴的です。

しかし、一般的な自転車と違いタイヤが細いためパンクがしやすいというデメリットも抱えています。
細いタイヤの影響で衝撃がタイヤを通やすくなっており、フレームにも伝わりやすくなっています。

ロードバイクとクロスバイクの比較

ではロードバイクとクロスバイクにはどのような違いがあるのでしょうか。
ロードバイクはドロップハンドルを使用しているため、より前傾の姿勢になることができますが、クロスバイクはストレートハンドルを使用しているため体に負担が少ない姿勢になります。

またロードバイクのタイヤは摩擦抵抗が抑えられるためスピードが速くなりますが、その代わり路面からの衝撃も強く伝わってきます。

一方クロスバイクはタイヤを太くしてあるためクッション性が増しており乗り心地が安定していますがスピードは少しゆっくりになります。

距離では5~10kmならばクロスバイク、10km以上になるならばロードバイクがおすすめです。

スポンサードサーチ

街乗り用ロードバイクにはエントリーモデルがおすすめ

街乗りを始めようと考えている方におすすめなのがエントリーモデルです。比較的手ごろな価格なので初心者の方で初めて買うには最適の自転車になっています。

最初からグレードの高い自転車を買うと性能には優れていますがメンテナンスが難しく、性能をフルに発揮することができないためコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

安心して長く乗り続けたいと思っている方は10万円前後のものを一つの目安にするとよいでしょう。

有名メーカーは多数エントリーモデルを販売しているため初めて購入する際は有名メーカーのものにするとアフターサービスも充実しています。

ロードバイクに乗る用途

通勤・街乗りといった短い距離、ロングライド、レースなどそれぞれの用途に応じたロードバイクがあるため皆さんも自分の用途に合ったロードバイクを選んでみてはいかがでしょうか。

ロードバイクに乗る主な3つの用途を解説します。

  • 通勤や街乗りなど短い距離を走る
  • ロングライドで旅に出る
  • レースにでる

通勤や街乗りなど短い距離を走る

通勤・街乗り用として考えた場合は安価なクロスバイクを選ぶことも可能ですが、走行性能で見るとロードバイクの方が優れていると言うことができます。

ロードバイクはクロスバイクに比べて軽量なものが多くてスピードも出るため疲れにくくおすすめです。エントリークラスのロードバイクでも通勤・街乗り用に使うだけならば性能は十分なので、快適に乗ることができます。

ロングライドで旅に出る

ロングライドの場合は前傾姿勢が続くものよりも上体が起きたものの方が良いでしょう。なぜなら前傾姿勢はスピードを出すのには適している姿勢ですが腰に負担がかかるため疲労感を感じてしまいます。
また、ロングライドは瞬発的な走りが少ないため高い剛性を確保しているものよりも振動吸収性を重視しているものの方が快適な乗り心地になるため、ロングライドに向いていると言えるでしょう。

レースにでる

ロードバイクのレースは、長距離、短距離、ヒルクライムレースなど様々な種類があります。レースの種類によってロードバイクの種類も変わるため気を付けるようにしましょう。
長距離の場合はコンポーネントに注目して選ぶと良く、短距離の場合はフレームにこだわったものが良いでしょう。フレームがコンパクトで高剛性も重視しているものを選ぶことをおすすめします。

スポンサードサーチ

街乗り用ロードバイクのおすすめ人気メーカー

街乗り用ロードバイクのおすすめ人気メーカーは以下の3つです。

  • トレック
  • ビアンキ
  • ジャイアント

トレック

トレックは昔から技術力と開発力が高いことで有名なメーカーです。
ロードバイクのビジュアル面に関してはシンプルでオーソドックスなデザインでボディカラーも差し色を抑えている単色のものが多く、黒やグレーを基調とした大人向けの配色になっています。

「Emonda(エモンダ)」「Domane(ドマーネ)」「Madone(マドン)」の3種類が有名なシリーズで全てのシリーズが乗り心地の良いロードバイクになっています。

ビアンキ

価格帯は高いもので200万円という上級者向けモデルから、10万円台前半といった初心者向けまで幅広く販売しているため様々なお客さんのニーズに合っています。
フレームはカーボンが中心ですが、アルミも多数販売しています。

ビアンキは数多くのプロチームにロードバイクを提供しているためレースモデルのロードバイクが多いのも特徴の一つです。また、細部までこだわっているにもかかわらず値段が高くないためコストパフォーマンスが高いことでも有名です。

ジャイアント

世界で最も多くのスポーツバイクの製造、販売をしている台湾のメーカーです。
大企業であるため高品質かつリーズナブルな車体を提供しているメーカーです。実用的な自転車を数多く販売しているため速く走ることができる自転車を比較的手ごろな価格で購入することができます。
また、レースにおいても軽量性より快適性を重視し、選手の疲労を軽減するためのロードバイクも開発しています。

街乗り用ロードバイクの選び方

街乗り用ロードバイクの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 用途と距離で選ぼう
  • 予算に合ったロードバイク選ぼう
  • 自分に合ったデザインを選ぼう

用途と距離で選ぼう

ロードバイクを購入する際に考えなければならないことの一つは用途と距離です。一括りにロードバイクと言っても通勤・通学、サイクリング、ロングライドなど様々な用途がありそれによって距離も大きく異なります。

ロードバイクはスピード感を感じることができて長距離に向いているため、特に100kmを超えるロングライドや峠道などのヒルクライムを考えている方におすすめの自転車です。

また、ロードバイクはドロップハンドルなので前傾姿勢になりやすくなっており、疲労感もある程度感じることができます。
そのため健康目的で始めようと思っている方にもおすすめです。

レースやイベントは主にロードバイクを対象に行われているため参加したい方はロードバイクを選ぶようにするとよいでしょう。

予算に合ったロードバイク選ぼう

続いて予算に合ったロードバイクを選ぶようにしましょう。特にフレームはロードバイクの中でも最も重要な部分で、替えが効かないため予算を考えて慎重に選ぶようにしましょう。
15万円以下の価格帯のロードバイクのフレーム素材によく使われているのがアルミです。軽量な素材で丈夫なうえに価格も安いのが魅力です。
ロードバイクのスピード感を気軽に味わいたい方やロードバイクを街乗りや通勤などで気軽に使用したいという方におすすめです。

15~20万円の価格帯は平地だけではなくアップダウンがある道でも安定感があり、レースやイベントにも出場できます。
手頃な価格で本格的にロードバイクをはじめたいという方におすすめです。このように自分の予算に合ったロードバイクを選ぶようにしましょう。

自分に合ったデザインを選ぼう

最後は自分に合ったデザインのロードバイクを選ぶようにしましょう。デザインはカラーリングやロゴといった「グラフィックデザイン」とフレームの形状や機材の規格などの「プロダクトデザイン」の2つに分けることができます。

近年のロードバイクは機能性だけでなくデザイン性も重視しているため女性の方にも人気です。
単色でシックな雰囲気の自転車やロードバイクらしい派手なデザインのものまで多数の種類があります。

メーカーごとにデザインの系統が異なるためお気に入りのメーカーを見つけてみるのもいいでしょう。
また、初心者の方で機能性についてあまり詳しくない方は自分の気に入ったデザインのロードバイクを選んでみても楽しいかもしれません。

スポンサードサーチ

街乗りでは盗難に注意!鍵は絶対に購入しよう

街乗りの際は盗難に注意しなければなりません。
特にロードバイクは比較的軽いため自転車ごと持ち運ばれるケースも多々あります。そのため盗まれないために鍵を購入する必要がありますが壊れにくい持ち運びが簡単頑丈なロックができるという3点が特に重要です。

ダイヤルタイプの場合は鍵を持ち運ぶ必要がありませんが時間をかければ解錠出来てしまうため気を付けましょう。
また、チェーンロックは簡単に破壊することができるためU字ロックのものにするようにしましょう。
ロックする際は柵などの動くことのないものに固定すると安全性を保つことができるでしょう。

初心者必見!街乗り用ロードバイクのおすすめ10選

初心者の方にとって街乗り用ロードバイクは始めやすい趣味です。皆さんも自分に合ったロードバイクを選んでみてはいかがでしょうか。

Grandir(グランディール) ロードバイク 700C シマノ21段変速[サムシフター] 2WAYブレーキシステム搭載 フレームサイズ470 Grandir Sensitive ホワイト [470]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

初めて買うのにおすすめのロードバイク

Grandirから発売しているロードバイクです。
カラーリングはホワイト・ブラックで統一されておりシンプルなデザインになっています。フレームサイズはブラックに520mm、ホワイトには470mmを採用しています。
フロント3段、リア7段のシマノ製21段変速は信頼性に優れており様々な環境に対応することができます。

2パターンのブレーキレバーを装着しているドロップハンドルはフラットとロードタイプのどちらの乗車姿勢でもブレーキをかけることが可能になっています。
700Cのタイヤはスピード感だけでなく安定感があるため走行中も心地よく座ることが可能です。

値段もお手ごろな価格なので初めて買うにはおすすめの商品になっています。

CANOVER(カノーバー) ロードバイク 700C シマノ21段変速 CAR-015(UARNOS) アルミフレーム フロントLEDライト付 [メーカー保証1年]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

街乗りに最適なロードバイク

CANOVERの発売しているロードバイクです。街乗り用にロードタイヤを採用しているため普段使いに便利なロードバイクです。
700×28C のタイヤは振動吸収性を持っているため、地面の段差を吸収してくれるので乗り心地もよく、スピード感のある走行をサポートしてくれます。

ブレーキ作動軸が左右にある「ディアルピボットキャリパーブレーキ」を前輪と後輪のどちらにも採用しているため高い制動力が得ることができ、簡単な操作でスピードをコントロールすることが可能です。

ハンドルの高さを変更できる突き出し長さ90mm のアヘッドステム装備しているため自分に合った高さに調整することができ、走行中に不便なことはありません。

EXCY XC700 自転車 ロードバイク シマノ14段変速 700*28C クロスバイク アルミフレーム ディスクブレーキ

Amazonで詳細を見る

軽量アルミフレームのロードバイク

EXCYの発売しているロードバイクです。前輪と後輪には力強いな走行にも耐えることのできるようにディスクブレーキを装備しているので安心して走行することができます。

ブレーキは制動力に優れているため雨天時も安全に走行することができます。
シマノの14段変速を採用しているため信頼性にも優れており細かくシフトチェンジが可能になっており、様々な環境でも簡単に奏功することができます。
重さを感じない軽量アルミフレームなので持ち運びの際も比較的楽に持ち運びできます。
この製品は送られてくる時点でほとんど完成済みでカゴ・ハンドル・サドルの固定とペダルの取付けのみで十分なので初心者の方でも簡単に行うことができます。

DEEPER(ディーパー) 700×28C ロードバイク DE-3048 フレームサイズ480mm シマノ21段変速 前輪クイックレリーズ LEDライト装備 JIS耐振動試験合格フレーム採用 700C 2wayブレーキシステム 自転車 初心者 エントリーモデル

Amazonで詳細を見る

アフターサービスも充実しているロードバイク

DEEPERが発売しているロードバイクです。シマノのパーツを採用しているため信頼性にも優れています。
ロードバイクの快適な走行には欠かすことのできない変速シフターやディレイラー、リアスプロケットなどのパーツには最先端の技術が詰め込まれています。

プロライダーが実際に使用してからのフィードバックによって生み出されたシマノ製のパーツを採用しており、プロと同じような性能のロードバイクに乗ることができます

自転車は送られてくる時点でほとんど組み立てられた状態になっているためペダル、カゴの取り付け・ハンドルの固定・サドルの固定といった作業だけなので初心者でも簡単に行うことが可能です。

また、組み立て説明書や簡易工具も付属されており詳しく説明されているため専門知識は必要なく、メーカーサポートには専任のスタッフが付いているためアフターサービスも充実しています。

21Technology 700cロードバイク CL27-700 シマノ14段変速

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

小柄な女性でも乗ることのできるロードバイク

21Technologyの発売しているロードバイクです。最低サドル高が810mmなので女性の方でも乗ることが可能です。

14段変速ギアを採用しているため街乗り・ツーリング・サイクリングなどの様々なシーンや状況に応じて快適な走行を行うことができるようになっています。
ハンドルの中央にシフトレバーが装着されているためシフトチェンジも簡単に行うことができます。

サドルは大きめなので長時間の走行でもお尻が痛くなるようなことはありません。
ブレーキは前輪、後輪のどちらもキャリバーブレーキを採用しており、メンテナンスも簡単に行うことができるため初心者の方でも安心して購入できます。

Extrbici XC700 自転車 ロードバイク シマノ14段ギア 変速 クロスバイク アルミフレーム 700C ディスクブレーキ 街乗り 軽量 男女兼用

Amazonで詳細を見る

制動力に優れているロードバイク

Extrbiciの発売しているロードバイクです。軽快で瞬時に変速することができるのが特徴的なフロントチェーンホイール2スピードによって快適な走行を実現することが可能です。
アルミ製のフレームは強度・衝撃吸収性に優れており、重量も軽く自転車本体が14.5kgなので女性でも簡単に持ち運びすることができます。

ブレーキにはメカニカルディスクブレーキを採用しているため強力な制動力を発揮してくれて簡単にブレーキングできるようになっています。
そのため、雨の日でも十分な制動力を発揮してくれるため天候にかかわらず安心して走行することができます。
シートの前後の調整はボルト一本で簡単にできるので座る位置の調整もしやすくなっています。

アニマト(ANIMATO) ロードバイク DEUCE (デュース) 700C シマノ14段変速 A-14

Amazonで詳細を見る

大人びた雰囲気を与えてくれるロードバイク

ANIMATOの発売しているロードバイクです。カラーリングはホワイトとマッドブラックの2種類でどちらの色もシックで落ち着いた色合いをしており大人びた印象を与えることができます。

前輪にはクイックリリースハブを採用しているため工具を使う必要なく簡単に車輪を外すことができるようになっており、初心者でも安心してメンテナンスやカスタマイズを行うことができます。

シマノの14段変速を採用しているため信頼性も優れており、エクステンションブレーキレバーも採用しているため、様々な環境でも安心して走行することができます

フランス式のバルブを採用していますが変換アダプターが付属されているため、イギリス式のものにも対応しています。

NEX TYLE (ネクスタイル) ロードバイク シマノ製21段変速 RNX-7021DC ディスクブレーキ (アルミフレーム 男性 女性 ) (マッドブラック)

Amazonで詳細を見る

街中でのストップ&ゴーに優れているロードバイク

NEXTYLEの発売しているロードバイクです。アルミ製のフレームは軽量で剛性が高く、ペダリングに対しての反応が早いです。
フロント部分はクイックリリース式を採用しているため工具を使うことなく初心者でも簡単に車輪を外すことができます。

そのため持ち運びも簡単に行うことができます。リアにはアルミキャリパーブレーキを採用しており、強力な制動力を発揮してくれるため街中でのストップ&ゴーでの運転をする際に便利になっています。
坂道や雨の日でもブレーキ力が衰えることがないため安心して走行することができます。
シマノの21段変速なので信頼性にも優れており坂道での走行も簡単に行うことができるようになっています。

NEXTYLE(ネクスタイル) 700C シマノ7段変速 RNX-7007 アルミフレーム 【ブラック/ホワイト】

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

速度維持が簡単なロードバイク

NEXTYLEの発売しているロードバイクです。60mmのディープリムを装備しているのでスピードに乗った時にスピードの維持も簡単にできるような仕組みになっています。シマノ製の7段変速を装備しているため、信頼性にも優れており、坂道も簡単に走行することができます。
また、手元で素早く変速ができるようにサムシフターを採用しています。そのためシフトレベルも簡単に見分けることができるようになっている優れものです。
駐輪時にはバランスが崩れにくいスタンドを採用しているため倒れる心配は必要なく、スタンドも自転車の見た目を損なわないようにデザイン性にも優れています。

【完成車 組立済み】 RayChell(レイチェル) ロードバイク 700C RD-7021R シマノ21段変速(サムシフター) 2WAYブレーキシステム搭載 フレームサイズ470 ネイビーブルー

Amazonで詳細を見る

滑らかなブレーキングのロードバイク

RayChellの発売しているロードバイクです。振動吸収力に優れているスチール製のフレームを採用しています。カラーリングはグリーン・ブルーの落ち着いた色合いで高級感を演出してくれます。
ドロップハンドルバーなので乗車姿勢を選ぶ必要がなく走行することができます。また2WAYブレーキシステムのおかげで握り位置が自由ですぐにブレーキをかけることができるため制動力に優れています

シマノ21段変速を装備しているため信頼性にも優れており、登り坂でも簡単に登ることができます。前輪と後輪にはキャリパーブレーキを採用しているため滑らかなブレーキングになり、ブレーキの効き過ぎを防止することができて転倒の危険性が少なくなります。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 Grandir(グランディール) ロードバイク 700C シマノ21段変速[サムシフター] 2WAYブレーキシステム搭載 フレームサイズ470 Grandir Sensitive ホワイト [470] CANOVER(カノーバー) ロードバイク 700C シマノ21段変速 CAR-015(UARNOS) アルミフレーム フロントLEDライト付 [メーカー保証1年] EXCY XC700 自転車 ロードバイク シマノ14段変速 700*28C クロスバイク アルミフレーム ディスクブレーキ DEEPER(ディーパー) 700×28C ロードバイク DE-3048 フレームサイズ480mm シマノ21段変速 前輪クイックレリーズ LEDライト装備 JIS耐振動試験合格フレーム採用 700C 2wayブレーキシステム 自転車 初心者 エントリーモデル 21Technology 700cロードバイク CL27-700 シマノ14段変速 Extrbici XC700 自転車 ロードバイク シマノ14段ギア 変速 クロスバイク アルミフレーム 700C ディスクブレーキ 街乗り 軽量 男女兼用 アニマト(ANIMATO) ロードバイク DEUCE (デュース) 700C シマノ14段変速 A-14 NEX TYLE (ネクスタイル) ロードバイク シマノ製21段変速 RNX-7021DC ディスクブレーキ (アルミフレーム 男性 女性 ) (マッドブラック) NEXTYLE(ネクスタイル) 700C シマノ7段変速 RNX-7007 アルミフレーム 【ブラック/ホワイト】 【完成車 組立済み】 RayChell(レイチェル) ロードバイク 700C RD-7021R シマノ21段変速(サムシフター) 2WAYブレーキシステム搭載 フレームサイズ470 ネイビーブルー
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon Amazon楽天 Amazon Amazon Amazon Amazon楽天 Amazon

スポンサードサーチ

まとめ

ここまで街乗りに最適なロードバイクについて紹介してきました。街乗りを始める際には様々なものが必要になります。皆さんもこの記事を読んで自分に合ったロードバイクを選んでみてはいかがでしょうか。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike