あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
pilates

ピラティスバンド人気おすすめ10選!知っておきたい使い方の注意点も紹介!!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/26

更新日 :2019/03/14

ピラティスバンドの選び方と人気おすすめ10選を紹介していきます。
初めてピラティスバンドを購入する方は何を基準に選べば良いのか困ってしまいますよね。
そんな方に選び方も紹介しているため、ピラティスバンドを選ぶのに参考になるような内容になっております!
初めてピラティスバンドを購入する方にぜひ読んでいただきたい内容となっております!

目次

スポンサードサーチ

ピラティスバンドの選び方とポイントを紹介!

バンドの強度で選ぶ!

ピラティスバンドはものによって強度が異なってきます。
初めてバンドを使う方や女性の方は無理に強い強度のバンドを利用しても、思うような効果は見込めません。
そのため、まずは軽めの強度からバンドを選択しましょう。

また、目的によっても強度を変える必要があります。
ピラティスバンドを使用すると言っても、人によってその目的は異なっているでしょう。
目的が筋力アップであれば強度の強いバンドで少ない回数こなし、シェイプアップであれば軽い強度で多くの回数をこなしましょう。

バンドを利用する目的も考慮しながら、ピラティスバンドを購入する際は、必ず強度を確かめてから購入するようにしてください!

タイプで選ぶ!

バンドには大きく分けて丸いチューブ型のバンドとセラピーバンドと言われる薄いゴムのバンドがあります。
それぞれの違いは使い方と強度が挙げられます。
チューブ型は取っ手のようなものがついているため、手で掴んで行うエクササイズに向いています。また、全体的に強度は強めです。

一方、セラピーバンドは全体的に強度が軽く、体の様々な部分に巻きつけることが可能であるため、バンドを様々な部位で使用したい方におすすめです。

使い方やどの部位を鍛えたいのかによってタイプを選んでみてください!

ピラティスバンドを使う際の注意点!

正しい呼吸法

これはピラティスを通して言えることですが、正しい呼吸法で行うことは、狙っている効果を感じるためには必要なことです。
基本的には筋肉を伸ばすとき(力を入れるとき)に息を吐き、縮めるときに息を吸います。
また、息を吸った際に胸を膨らませる「ピラティス胸式呼吸法」を意識してみてください。

正しい呼吸法を意識することで、より効果的なエクササイズが可能になります。
初めての方は呼吸法のトレーニングが必要になりますが、ぜひ試してみてください!

正しいフォーム

バンドを利用するのにかかわらず、正しいフォームで行わないと狙っている効果が見込めません。
これはバンドを利用しないピラティスにも言えることです。
動画や本を参考に、自分ではあっていると思っていても間違えた方法で行っている可能は十分にあります。
一番は鏡の前で自分のフォームをチェックしながら行ってください。
あまり行ったことのない動きは難しいです。
ぜひフォームは鏡でチェックしながらバンドを利用してみてください!

無理をしない

ざっくり言うと、ピラティスは運動を通してリラックをするためのものです。
無理な強度に挑戦し、リラックスどころか筋肉が緊張してしまったら逆効果です。
ピラティスの他にバンドを利用する目的は様々ですが、故障の原因にもなり兼ねないため、正しいフォームと自分のレベルにあったエクササイズを行うことを心がけてください。

スポンサードサーチ

ピラティスバンド人気おすすめ10選!

LINTELEK エクササイズバンド トレーニングチューブ

Amazonで詳細を見る

ブラック/レッド/イエロー/ブルー/グリーン 重量 36g/27g/19g/15g/10g
サイズ 600×50×1.25mm/600×50×0.95mm/600×50×0.65mm/600×50×0.5mm/600×50×0.35mm 素材 天然ラテックス

LINTELEK エクササイズバンド トレーニングチューブのおすすめポイント

  • 強度レベル5色セット
  • 収納袋付き
  • 1年保証

トレーニングチューブ Aokeou フィットネスチューブ

Amazonで詳細を見る

イエロー/グリーン/レッド/ブルー/ブラック 重量 472g
サイズ 138cm 素材 天然ゴム

トレーニングチューブ Aokeou フィットネスチューブのおすすめポイント

  • 強度別5本セット
  • 最新ANTI-SNAP技術を利用し、断裂しない
  • 一年間の保証

OKISS エクササイズバンド ゴムバンド ループバンド

Amazonで詳細を見る

グリーン/ピンク/パープル/ブルー/オレンジ 重量 132g
サイズ 600×50×0.5mm/600×50×0.6mm/600×50×0.7mm/600×50×0.8mm/600×50×1.0mm 素材 天然ラテックス

OKISS エクササイズバンド ゴムバンド ループバンドのおすすめポイント

  • 強度別5本セット
  • 収納袋付き
  • 安心保障

Kivorich Fit®トレーニングチューブ エクササイズバンド

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

イエロー/ブルー/ブラック/グリーン/レッド 重量 1.06kg
サイズ 記載なし 素材 天然ラテックス

Kivorich Fit®トレーニングチューブ エクササイズバンドのおすすめポイント

  • 強度の異なるチューブ5つ、ソフトグリップ2個、ドアセーフアンカー1個、ソフトアンクルストラップ2個、収納袋1つ付き
  • 頑丈なラテックス素材
  • 持ち運び可能

TheFitLife トレーニングチューブ トレーニングゴムバンド

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック/パープル/ブルー/レッド/グリーン/イエロー 重量 118g
サイズ 310x50mm 素材 天然ラテックス

TheFitLife トレーニングチューブ トレーニングゴムバンドのおすすめポイント

  • 1年間保証
  • 携帯に便利な収納袋付き
  • 自分に合った負荷のトレーニングができる

UMTELE トレーニングチューブ マルチチューブ

Amazonで詳細を見る

ブラック/ブルー/レッド 重量 349g
サイズ 素材 天然ラテックス

UMTELE トレーニングチューブ マルチチューブのおすすめポイント

  • 場所を選ばずトレーニングできる
  • 持ち運びできる
  • 高齢者やお子様にも安心

AdoreFit エクササイズバンド トレーニングチューブ

Amazonで詳細を見る

ブラック/レッド/イエロー/ブルー/グリーン 重量 168g
サイズ 30 x 1 x 6 cm 素材 天然ゴム

AdoreFit エクササイズバンド トレーニングチューブのおすすめポイント

  • 1年の交換保障と満足保証
  • 強度別5本セット
  • 収納袋付き

エクササイズバンド Toplus トレーニングチューブ レジスタンスバンド

Amazonで詳細を見る

グリーン/ブルー/イエロー/レッド/ブラック 重量 118g
サイズ 30.5×5cm 素材 天然ゴム

エクササイズバンド Toplus トレーニングチューブ レジスタンスバンドのおすすめポイント

  • 強度別5本セット
  • 12か月保証期間付
  • 持ち運びに便利な収納袋付き

トレーニングチューブ marsboy フィットネスチューブ

Amazonで詳細を見る

ブラック/レッド/ブルー/グリーン 重量 99.8g
サイズ 長さ315mm、厚さ0.4/0.8/1.0/1.1mm 素材 天然ゴム

トレーニングチューブ marsboy フィットネスチューブのおすすめポイント

  • 強度別4本セット
  • 仕様幅が多様なエクササイズバンドで、老若男女問わず使える
  • 12か月の安心安全保障

エクササイズバンド LIVEPRO ループバンド トレーニングバンド

Amazonで詳細を見る

ブラック/ブルー/レッド/グリーン 重量 150g
サイズ 25.5×5cm 素材 天然ゴム

エクササイズバンド LIVEPRO ループバンド トレーニングバンドのおすすめポイント

  • 強度別4本セット
  • 携帯に便利な収納袋付き
  • どこでも手軽にトレーニングできる

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ピラティスバンドの選び方と各メーカーの特徴を紹介しました。
選び方を理解できても何から選べば良いのかわからない方もいるかと思います。
そんな方に人気おすすめ10選も紹介したので、紹介した商品の特徴も参考にぜひ自分にあったピラティスバンドを探してみてください!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike