あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
pilates

産後のピラティスを徹底解説|ピラティスの効果・方法も紹介

スポシル編集部

公開日 :2021/04/28

更新日 :2021/05/03

妊娠、出産を経て変化した女性の身体に対して、効果的とされているのがピラティスです。もともとリハビリを目的に作られたエクササイズであり、インナーマッスルを刺激する効果が高い運動として知られています。

こちらの記事で紹介するのは、ピラティスの定義やメリット、デメリットです。産後にピラティスをする際の注意点についても詳しく解説します。

産後に挑戦する運動を探している人は、以下で紹介している事柄を参考にピラティスに挑戦してみてください。

目次

スポンサードサーチ

ピラティスとは?

ピラティスとは、ドイツにおいて負傷兵がリハビリのための行う運動として発展した歴史があるエクササイズです。ドイツからアメリカに渡ったことで世界的に知られることになり、現在では日本国内でも多くの人々がピラティスを習慣にしています。

インナーマッスルをメインに鍛えていく点が一般的な筋トレやトレーニングとピラティスの違いです。インナーマッスルを鍛えることで、よりスムーズに肉体を動かしていくことが最終的な目標になります。

マットの上で行うマットピラティスが、一般的に知られているピラティスの種類です。これ以外にも、高齢者を対象としたマシンピラティスなど、運動する人のレベルに合わせたトレーニングが用意されています。

産後にピラティスがおすすめな理由を解説!

ピラティスが産後のエクササイズとして推奨される理由は、妊娠によって変化した肉体をもとに戻す効果に優れているからです。妊娠によって変化する部位としては、骨盤が挙げられます。

ピラティスはインナーマッスルを鍛えることで骨盤にアプローチし、歪んだ骨盤を正常に戻す効果が期待できます。

妊娠した女性によく見られるトラブルの中でも、姿勢の悪化や腰痛は産後の子育てにおいて大きな問題です。ピラティスには身体のバランスを整える種目も多く、妊娠による体型の変化で反り腰になりがちな女性の姿勢を改善することが可能です。

姿勢を改善することは、肩こりや腰痛といった症状の緩和にも繋がります。

スポンサードサーチ

産後のピラティスのメリット・デメリットは?

ピラティスの基本的な概念を理解したら、今度は産後にピラティスを実践することによるメリットとデメリットをチェックしていきましょう。

取り組み方次第では、メリットよりもデメリットを強く実感してしまう場合もあるので注意が必要です。

産後のピラティスのメリット・デメリットを解説します。


  • メリット

  • デメリット

  • 注意点

メリット

産後にピラティスをするメリットとして注目したいのが、妊娠中に変化した身体からもとの体型に移行するのがスムーズになる点です。特に、姿勢の部分で大きな影響があります。妊娠中の女性は、お腹が大きくなるにつれて背中を反りがちになる点に注目です。

背中を反る姿勢が習慣になった結果、産後も反り腰を続けて腰痛を招くケースがよく見られます。産後のピラティスは骨盤を矯正することで内側から身体の歪みを改善し、正しい姿勢に近づけることが可能です。

また、出産直後の女性は子育てや環境の変化によってストレスに晒されがちです。ピラティスは呼吸に合わせて身体を動かすことで、ストレスを軽減する効果を備えています。肉体とメンタルの両面において、産後のピラティスはメリットを備えているのです。

デメリット

ピラティスは基本的にデメリットが少ない種目ですが、やり方次第ではデメリットが生じるケースがあります。特に気を付けたいのが、メンタル面におけるデメリットです。真面目な人ほど、ピラティスを続けなくてはいけないという強い思いを抱くことがあります。

しかし、出産後は環境の変化や子育てに時間が取られるため、ピラティスに時間を割くことができないこともしばしばです。ピラティスを続けられないことに対してストレスを感じ、メンタル面に悪影響を及ぼすこともあるので気を付けましょう。

また、骨盤を矯正する動きを大胆に行い過ぎてしまうことで、股関節や腰に負担をかける恐れがあります。手本の画像や動画をチェックしながら、正しいフォームを習得しましょう。

注意点

ピラティスはインナーマッスルを鍛え、スムーズに動くことを目的としたエクササイズです。通常の筋トレや脂肪を燃焼させることが目的の有酸素運動とは異なる点に気を付けながら取り組まないと、ピラティス本来の効果を実感しにくいので注意しましょう。

ピラティスにおいて特に重要なのがインナーマッスルへの意識です。どのインナーマッスルを鍛えているのか、インナーマッスルを鍛えることでどのような効果があるのかを意識すると、ピラティスの効果を引き上げることが可能になります。

ピラティスはヨガと同様に呼吸が鍵となるエクササイズです。呼吸を止めたまま実践しても、ピラティスが想定した運動効果は得られないことが多いので、動きだけでなく呼吸のタイミングや呼吸法にも気を配りましょう。

産後におすすめのピラティスを動画で解説!

産後に取り組むピラティスは、身体への負担が少ない仰向けの状態から挑戦できるものをおすすめします。以下で紹介する運動を例に取り組んでみてください。

仰向けの基本は腰幅に脚を開き、肩甲骨を中に入れることです。腰を反ってしまうと、腰痛の原因になるので気を付けましょう。

最初に行うのが、両脚を内側と外側に開く運動です。腰幅よりもやや広めに足を開き、捻じるような動きで脚を閉じます。かかとを支点に、爪先を内側と外側に向けるイメージで取り組みましょう。

続いては両膝を立てた仰向けの状態から、腰を左右に捻じる運動に移行します。右に腰を倒したときは右膝の側面の床に着けて、左の膝は自然な形で追従しましょう。逆側にも同様に倒す運動を繰り返します。

膝を胸の前で抱えた状態からグルグルと腰全体を回す運動や、ヒップリフトの要領で背中を持ち上げる運動も産後のピラティスには最適です。

スポンサードサーチ

まとめ

ピラティスは産後の女性を悩ませる骨盤の歪みや姿勢の悪化を改善する効果があることから、産後に最適なエクササイズとして知られています。

身体や精神に負担をかけ過ぎないように注意しながらインナーマッスルを鍛え、出産前の体型に戻る足がかりにしていきましょう。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定