あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
mountain bike

マウンテンバイクのフレームを紹介!素材による違いと最強おすすめメーカーも紹介!!

スポシル編集部
更新日 :2018/10/20

目次

違いと今回はマウンテンバイクのフレームについて紹介していきます。
マウンテンバイクのフレームはアルミ・カーボンなど素材によって特性が大きく異なり、メーカーによって性能や値段も変わります。

スポンサードサーチ

マウンテンバイクフレームとは

まずはマウンテンバイクのフレームについて紹介していきます。フレームは素材によって振動吸収性や乗り心地は大きく異なります。
マウンテンバイクを購入しようと思っている方はオフロードでの走行を検討されている方が多いと思います。

以前はクロモリが主流でしたが近年徐々にアルミに変わってきています。また他の素材も出てきているので自分に合ったフレームを選ぶようにしましょう。

マウンテンバイクとロードバイクのフレーム比較

マウンテンバイクは舗装をされていない悪路を走行する自転車のためフレームは悪路走行の衝撃を吸収するためのサスペンションを搭載しているフレームモデルが主流で素材としてはアルミが多く使用されていますがロードバイクは自転車の中でもっとも軽量な自転車のためフレームには非常に軽量な素材が用いられます。

素材としてはカーボンやアルミ合金が主流で出来るだけ軽量にするように工夫されています。

スポンサードサーチ

マウンテンバイクフレームの素材

マウンテンバイクのフレームの素材について紹介していきます。クロモリやアルミなどフレームの素材によってマウンテンバイクの特性を大きく作用するため選ぶ際には意識するようにしましょう。

また初心者の方はフレームの素材ごとの特性を知っておくようにしましょう。

マウンテンバイクフレームの主な素材を解説します。

  • クロモリ
  • アルミ
  • チタン
  • カーボン
  • ステンレス

クロモリ

まずはクロモリのフレームについて紹介していきます。クロモリのフレームは振動吸収性が高いため長時間の走行でもお尻が痛くなることがありません。
また素材自体が弾性があり頑丈のためフレームの傷が付きにくく、耐久性に優れており長期間使用することができて、もし折れてしまっても溶接して再び利用することができます。

価格も他のフレームに比べてそれほど高くないためコストパフォーマンスが高く初心者が始める際におすすめのフレームです。

アルミ

続いてアルミのフレームについて紹介していきます。
アルミにフレームの最大の特徴はコストが安いことです。そのため特に初心者向けの自転車に多く使われており爆発的な人気を誇っています。

またアルミは密度が低いため軽量なフレームが作りやすくなっています。そのため上級者向けのモデルはカーボン並みに軽いです。

他にも剛性が高いため漕いだ際の力が逃げることがないため、推進力を生み出すことができます。

チタン

続いてチタンのフレームについて紹介していきます。
チタンのフレームは頑丈で錆び付きにくいという性質を持っています。そのため自転車アのフレーム以外にも船やゴルフクラブなどの部品にも使われています。

またチタン自体が非常に軽いためフレームを軽くすることができて車体が軽くなるため持ち運びの際に便利です。走りやすさを重視している場合はチタンを選ぶとよいでしょう。

カーボン

続いてカーボンのフレームについて紹介していきます。
カーボンの特徴としては劣化しにくく、カーボン繊維を固めているため非常に軽い点です。

また振動吸収性に優れているため乗り心地がいいです。ペダルを踏み込んだ際の力もあまり逃がさないため力を素直にスピードにつなげることができます。
しかし全体的に性能に優れているため他の素材に比べて値段が少し高くなってしまいます。また壊れた際に修理不能のため買い替えなければならないことも注意しましょう。

ステンレス

最後にステンレスのフレームについて紹介していきたます。
ステンレスの特徴は何といっても耐久性です。またステンレスは見た目が美しいため塗装することなく表面を磨くデザインになっているフレームが多いです。

また衝撃吸収性に優れているためマウンテンバイクで悪路を走行する際に向いているということができます。しかしステンレスは加工が難しいので他の素材よりも値段が高いため注意しましょう。

マウンテンバイクのフレームののおすすめ人気メーカー

続いてマウンテンバイクのフレームの人気メーカーについて紹介していきます。
初心者の方はどのメーカーのフレームを買えばいいのかわからないと思います。そんな時は人気メーカーのフレームを買うといいでしょう。

マウンテンバイクのフレームのおすすめ人気メーカーは以下の3つです。

  • トレック
  • アンカー
  • ジャイアント

トレック

まずはトレックについて紹介していきます。
TREKはジョン・バークによって1976年に設立されたアメリカに本社を構えているメーカーです。TREKの名を世界に広めた要因の一つはアームストロング選手は成し遂げたツールドフランスの前人未到の7連覇を成し遂げた影響です。
そのおかげでTREKの自転車の性能の良さが広がりました。

通勤・通学や軽い運動で気軽に使えるクロスバイクからレースで勝つためのロードバイク・マウンテンバイクまで幅広いラインアップを取り揃えている世界的な人気メーカーです。

アンカー

アンカーは1930年に創業してタイヤメーカーとして世界第一位のシェアを誇っているブリヂストンのスポーツバイクブランドです。

全日本チャンピオンやオリンピック出場選手を数多く輩出している国内トップチームの「チーム ブリヂストンサイクリング」の走りから得たデータをフィードバックして開発して理想の走りを追求しています。
幅広いラインナップを取り揃えており日本のメーカーのため日本人の体形に合いやすいのが魅力です。

ジャイアント

GIANTは1971年に創業して現在世界最大の自転車メーカーに成長している総合自転車メーカーです。

GIANTの魅力としては品質の高い自転車を安く販売していることによるコストパフォーマンスの良さとストアで購入した場合はメンテナンスが無料である点です。そのため初心者の方でも安心して購入することができます。

充実したラインナップを取り揃えているため自分に合った自転車を見つけることができます。

スポンサードサーチ

マウンテンバイクの選び方

続いてマウンテンバイクの選び方について紹介していきます。新しくマウンテンバイクを始めようと思っている方はどのようにフレームを選べばいいのかわからないと思います。以下の選び方を参考にしてみて下さい。

マウンテンバイクの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • パイプの厚さで選ぶ
  • フレームのサイズで選ぶ
  • フレームの素材で選ぶ

パイプの厚さで選ぶ

まずはパイプの厚さで選んでみるといいでしょう。マウンテンバイクは軽量化するためにフレームパイプの厚みをできるだけ薄くしています。
パイプの厚みは部分によっても異なっており、力がかかりやす部分は厚くなっている一方で力がかかりにくい中央部分はパイプの厚みは薄くなっています。

マウンテンバイクは競技用の自転車になればなるほど、パイプの厚さは薄くなっていき軽量化されていくためスピードが出やすくなる一方で耐久性や外からの傷による損傷には弱くなってしまい、普段使いにはあまり向いていません。

自分のレベルや使用目的に合ったパイプの厚さを選ぶようにするといいでしょう。

フレームのサイズで選ぶ

続いてフレームのサイズで選ぶようにするといいでしょう。フレームサイズが合っていなければ、疲れが溜まりやすくなったり、上手く乗りこなすことが出来なくなります。
インチで表しているのか、それとも「mm」なのかはメーカーによって異なるため注意しましょう。

小さいサイズに乗るとサドルを限界まで上げても両足が地面に付いてしまい、ハンドルと膝の距離が近いため運転しにくくなりまし小柄な人が大きいサイズに乗ると、前側に座ってもハンドルに手が届かないことがあります。

フレームのサイズの計算方法は適正身長表の最低値と最高値を足して2で割って出た数値から誤差5cm以内が自分に適したサイズです。

フレームの素材で選ぶ

最後にフレームの素材で選んでみましょう。フレームの性能は各部の寸法によっても大きくことなりますが先ほども紹介した通りマウンテンバイクのフレームは素材によって大きく異なります。

素材によるフレームの違いを実際に味わいたい時は店頭で実際に一度乗ってみましょう。路面からの振動が少ない、ペダルひと踏みで軽く前に進む、フレームが軽いなどそれぞれに特徴があります
それぞれの素材にメリット・デメリットがあるためどの素材が最も優れていることはなく、それぞれの個性を楽しむのもフレーム選びの面白さの一つです。

自分のマウンテンバイクの走り方や用途に合った素材を選ぶようにしましょう。

最新フレーム搭載のおすすめ人気マウンテンバイク5選

最後に最新フレームを搭載しているおすすめマウンテンバイクを紹介していきます。
初めてマウンテンバイクを購入しようと思っている方は様々な種類があるためどれを選べばいいのかわからないと思います。是非参考にしてみて下さい。

SHINEWOOD 自転車 26インチ マウンテンバイク MTB フロントサスペンション シマノ21段変速(ブラック&レッド)

Amazonで詳細を見る

SHINEWOOD(シャインウッド) 自転車 26インチ マウンテンバイクの詳細情報

重量 16㎏

コストパフォーマンスの高いマウンテンバイク

SHINEWOODの販売しているマウンテンバイクです。カラーリングはブラック&グリーン・ブラック&レッド・ホワイト&ブレーの3種類です。
組み立ては自分に行う必要がありますがYouTubeに動画があるためそれを参考にするとそれほど時間はかかりません。

ただ組み立てを自分で行うため値段は抑えられています。フレームにはスチール使われており、振動吸収性が高く長時間の走行でもお尻が痛くなることがありません。
また素材自体が弾性があり頑丈のためフレームの傷が付きにくく、耐久性に優れています。

初心者の方で初めてマウンテンバイクを購入しようと思っている方におすすめのコストパフォーマンスの高いマウンテンバイクです。

Extrbici RD100 自転車 マウンテンバイク 折りたたみ MTB shimano シマノM310 24段変速 タイヤ26インチ 一体式リム 通勤自転車 通学マウンテン 自転車 軽量 (緑)

Amazonで詳細を見る

Extrbici RD100 自転車 マウンテンバイク MTB 折りたたみ シマノ24段変速の詳細情報

適正身長 165~185cm
重量 16㎏

強力なブレーキ性能を発揮してくれるマウンテンバイク

Extrbiciの販売しているマウンテンバイクです。カラーリングはオレンジ・グリーン・レッドの3種類です。
変速機はシマノ製を採用しているため瞬時に変速が可能です。24段変速のため通勤・通学やツーリングなどの際の登り坂も楽に登ることができます。
ディスクブレーキは強力なブレーキング性能によってすぐに停車することが可能です。雨の日でも十分な制動力を発揮してくれるため安全性にも優れています。

サドルは穴付きで厚いため通気性もよく蒸れる心配はありません。シートクランプにはボルト締めタイプを採用しており、レンチ一つで簡単に好みの高さに調整することができます。

また、ボルト締めのためサドルの盗難防止にも役に立っています。

EXCY(エクシ) XF770 自転車 折り畳み MTB 26インチ 500w 48V10ahリチウム 27段速 マウンテンバイク デスクブレーキ 通勤 通学 山登り (グリーン)

Amazonで詳細を見る

EXCY XF770 自転車 折り畳み MTB 26インチの詳細情報

サイズ 26インチ
フレーム アルミ製

初心者が始めやすいマウンテンバイク

EXCYの販売しているマウンテンバイクです。カラーリングはグリーン・ホワイト・レッドの3種類です。
アルミニウム合金フレームのため、密度が低くて軽量なフレームになっており、剛性が高く、漕いだ際の力が逃げることがなくて推進力を生み出してくれます。

フルサスペンションのため女性でも簡単に乗ることができます。世界的に人気のあるシマノ製27段変速を採用しており登り坂も楽々です。
ディスクブレーキを搭載しておりブレーキ性能に優れているため安定して走行することができます。

また電動バッテリーを搭載しているため初心者や体力に自信のない方も始めやすいマウンテンバイクになっています。

ANIMATO(アニマート) マウンテンバイク SANDPIPER A-6-G マットカーキ

Amazonで詳細を見る

ANIMATO-アニマート-マウンテンバイク-SANDPIPER-マットカーキの詳細情報

タイヤサイズ 26×1.95
フレームサイズ 450㎜
重量 16.2㎏

軽量なフレームを搭載しているマウンテンバイク

ANIMATOの販売しているマウンテンバイクです。カラーリングはホワイト・マッドブラック・マッドカーキ・マッドレッドの4種類です。
アルミフレームのためコストが安くて、密度が低いため軽量なフレームになっています。剛性も高いため漕いだ際の力が逃げることがなくマウンテンバイクの推進力を生み出してくれます。

信頼性に優れているシマノ18段変速を採用しているため様々な環境でも簡単に走行することができます。
ブレーキはVブレーキであるため制動力にも優れています。フロント・リアサスペンションには搭載しており、乗り心地もよいです。値段も手ごろな価格のマウンテンバイクを始めようと思っている方におすすめです。

Raychell(レイチェル) 26インチ 折りたたみ マウンテンバイク MTB-2618RR シマノ18段 前後サスペンション 前後フェンダー ホワイト [メーカー保証1年]

Amazonで詳細を見る

Raychell(レイチェル) 26インチ 折りたたみ マウンテンバイクの詳細情報

適正身長 160㎝以上
タイヤサイズ 26インチ
フレーム素材 スチール

ここに商品の特徴が伝わるキャッチコピーを記入

Raychellの販売しているマウンテンバイクです。カラーリングはホワイト・ブラック・レッド/ブラック・イエローの4種類です。
マウンテンバイクによく使われるVブレーキを採用しており激しい段差や下り坂の時に優れた制動力を発揮してくれます。

シマノ製の18段変速とグリップシフトを採用しているため走行中でもグリップから手を離すことなく瞬時に変速が可能です。

サドルはクッション性・快適性を高められているサドルを採用しているため振動が気になることはありません。
前後のフェンダーによって雨の日や路面が濡れている状態の走行でも泥はねの汚れを防止してくれます。
見た目のスタイリッシュで街乗りにも向いているマウンテンバイクです。

スポンサードサーチ

まとめ

ここまでマウンテンバイクのフレームについて紹介してきました。
フレームは素材やメーカーによって大きく異なります。自分の用途に合ったものを選ぶとサイクルライフをより充実させることができます。

皆さんもこの記事を読んで自分に合ったマウンテンバイクを選んでみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

サッカー
マウンテンバイク
マウンテンバイクのフレームを紹介!素材による違いと最強おすすめメーカーも紹介!!
サッカー
マウンテンバイク
マウンテンバイクのプロテクター人気おすすめ10選!最強級の肘と膝のプロテクターを選ぶならこれだ!!
サッカー
マウンテンバイク
マウンテンバイクのタイヤの種類と人気おすすめ12選を紹介!初心者は見落としたくない!!
サッカー
マウンテンバイク
マウンテンバイクのグローブ人気おすすめ10選!最強おすすめメーカーや季節に合わせたグローブを紹介!!
サッカー
マウンテンバイク
マウンテンバイクのペダル人気おすすめ10選!最強おすすめメーカーも紹介!!
サッカー
マウンテンバイク
女性におすすめのマウンテンバイク人気10選!おしゃれで安い!!
【三段跳日本一の山本選手監修】三段跳とは?
ソフトテニスラケット人気おすすめ12選【選び方&前衛・後衛用も!】
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike