あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
yoga

レッグスライダーって何?効果やメリット・デメリットを詳しく解説!

スポシル編集部

公開日 :2021/03/31

更新日 :2021/04/02

たるんだお尻や太ももをシェイプアップしたい。
特に女性には、そう強く思っている方も多いと思います。

しかし、ジムに通うにしろトレーニングを始めるにしろ、どちらにしても、多額の初期費用がかかってしまうので、運動を始めるハードルは決して低くありませんよね。

そんな方に、おすすめなのが「レッグスライダー」です!

この記事では、初心者の方でもハードルが低く、手軽に始められるレッグスライダーについて解説しました。

まずは、レッグスライダーとは何かという概要、効果やメリット・デメリットについて解説します。
その後に、レッグスライダーの使い方について、動画付きで紹介しました!

目次

スポンサードサーチ

レッグスライダーとは

レッグスライダーとは、足を左右にスライドさせて運動をするフィットネスアイテムのことです。

テレビの通販番組やディスカウントストアなどで見かけたことのある方も多いと思います。
太ももやお尻といった下半身のシェイプアップに効果があることから、ダイエットをしたい女性を中心に人気を博しています。

また、自宅で手軽に取り組めること、トレーニングや運動習慣があまりなくても手軽に始められることも、人気の理由の一つです。

レッグスライダーの効果

女性を中心に人気のレッグスライダーには、脚痩せやヒップアップなど、女性にとって嬉しいさまざまな効果があります。

この章では、レッグスライダーに取り組むことによって得られる効果について詳しく解説していきます!


  • 脚痩せ効果がある

  • お腹周りが引き締まる

  • 代謝アップ

  • ヒップアップ効果がある

脚痩せ効果がある

まず、レッグスライダーには「脚痩せ効果」があります!

レッグスライダーで取り組める運動は、左右への足のスライドを繰り返す運動です。
スライドを続け、左右への体重移動を繰り返す際には、内ももに最も大きな負荷がかかります。

ですので、内ももを中心に太ももを鍛えることができるので、脚痩せにつながる効果があるのです。

お腹周りが引き締まる

レッグスライダーに取り組むことで、お腹周りが引き締まる効果もあります。

内ももを中心とした下半身に負荷がかかりますが、上半身も使わなければ、左右への体重移動を繰り返せないので、腹筋にも刺激がいくのです。

また、レッグスライダーは、ジョギングやウォーキングと同じ有酸素運動です。
有酸素運動が、脂肪をエネルギー源として燃焼してくれことも、腹部の引き締め効果を大きくしています。

代謝アップ

レッグスライダーは、太ももやお尻、お腹の筋肉に刺激を与えることができます。

太ももの大腿四頭筋やハムストリング、お尻の大臀筋というのは、身体の中でトップクラスに大きな筋肉です。
大きな筋肉を鍛えることは、筋肉量が増えやすいことを意味し、筋肉量が増えると、代謝が上がります。

代謝が上がると、一日あたりのカロリー消費量が増えるので、痩せやすく太りにくい体質の獲得に繋がります。

ヒップアップ効果がある

レッグスライダーは、お尻の大臀筋にも負荷をかけられるので、ヒップアップにも繋がります。

ジョギングやウォーキングに一生懸命取り組んでいても、なかなか下半身が痩せない、という悩みを抱えている方も多いと思います。

しかし、レッグスライダーは、太ももやお尻といった痩せたい部位を重点的に鍛えることができます。
同じく、お尻や太ももを重点的に鍛えられるスクワットと同等の負荷を与えられます。

スポンサードサーチ

レッグスライダーのメリット

レッグスライダーには、レッグスライダーならではのメリットがあり、それが大きな人気の理由にもなっています。

そこでこの章では、レッグスライダーのメリットについて紹介していきます。
レッグスライダーの購入を考えている方は、是非参考にしてみてください!


  • 初心者でも自宅で手軽に始められる

  • 継続しやすい

  • 初期投資が少なくて済む

初心者でも自宅で手軽に始められる

まず、「初心者でも自宅で手軽に始められる」ことは、レッグスライダーの大きなメリットです。

レッグスライダーは、ダンベルやバーベルなどのトレーニング器具を使う他の種目と異なり、トレーニングフォームがシンプルなため、初心者の方でも手軽に始めることができます。

また、騒音や振動の心配も少ないため、集合住宅でも使いやすい点も大きなメリットと言えます。

継続しやすい

レッグスライダーは、非常に継続しやすいフィットネスアイテムです!

ジョギングやウォーキングであれば、天気が悪い日は行えませんし、騒音が気になるトレーニング器具であれば、時間や場所が制限されます。
しかし、レッグスライダーは、時間や場所だけでなく、天候も選ばないため、自分の好きな時に好きな場所で取り組むことができます。

運動は、何よりも継続することが重要であるため、継続しやすいことは、非常に大きな魅力と言えます!

初期投資が少なくて済む

レッグスライダーは、経済的な側面でも大きなメリットがあります。

レッグスライダーは、2,000〜4,000円程度で販売されています。
そして、一台購入すれば、他に器具を買い足す必要はありません。

しかし、他のトレーニング器具であれば、初期費用が嵩んだり、ダンベルやバーベルのように複数点購入する必要が出てきたりします。

レッグスライダーは、初期費用も追加購入もしなくて済むメリットがあるのです。

レッグスライダーのデメリット

どのトレーニング器具にも言えることですが、必ず長所と短所の両方を併せ持っており、レッグスライダーも例外ではありません。
実際に購入するのであれば、長短両面を理解した上で決めたいですよね。

そこでこの章では、レッグスライダーのデメリットを紹介していきます!


  • 即効性はない

  • 減量効果はあまりない

即効性はない

レッグスライダーを即効性があるフィットネス器具と思って使い始める方も多いですが、使い始めてすぐに効果が出ることはありません。

筋力トレーニングなどの他のエクササイズと同様に、目に見えて効果が現れ始めるまでには、少なくとも数ヶ月は必要とします。

運動において、最も重要なことは続けることであるため、即効性を期待して、いきなり高負荷でトレーニングを始めることはせず、低い負荷でコツコツと続けていきましょう。

減量効果はあまりない

レッグスライダーでは、減量効果はあまり期待できません。
太ももやお尻などの下半身、お腹周りを引き締める効果はありますが、体重が減少する効果は比較的低いと言えます。

比較対象として、負荷のかかる部位が似ているスクワットのカロリー消費量は1回あたり0.5kcalほどです。
レッグスライダーも大差なく、同じ程度のカロリー消費量と考えられるので、減量を第一の目的にはできないデメリットがあります。

スポンサードサーチ

レッグスライダーの使い方

レッグスライダーの効果やメリット・デメリットについて、だいぶ理解が深まってきたと思います。

レッグスライダーは、使い方を工夫することでさまざまな部位を鍛えることができるフィットネス器具です。
そこで次は、レッグスライダーのやり方について紹介していきます!


  • 前向き

  • 横向き

  • バストアップ

  • 腹筋

  • レッグ

前向き

まず紹介するのは、最もスタンダードな「前向き」です。
前向きによって、足を左右にスライドさせることで、内ももに負荷をかけることができます。

脚痩せの効果を見込んでいる方におすすめの使用法です!

やり方は以下の通りです。


  1. レッグスライダーに、正面前向きで乗ります。

  2. 背筋を伸ばして、視線は前方に向けます。

  3. 足を左右にスライドさせます。

  4. 30秒間繰り返します。

内ももを鍛えたい場合は、足を閉じる時に、強く内ももを意識するようにしましょう。

横向き

次は、横向きの乗り方を紹介していきます。
この乗り方でトレーニングすることによって、太ももの前側と後ろ側、大腿四頭筋とハムストリングを鍛えることができます。

太ももを引き締めたい方は、前向きと横向きの乗り方を中心にトレーニングしていきましょう!

それではやり方を紹介していきます。


  1. レッグスライダーに、横向きで乗ります。

  2. 背筋を伸ばして、視線は前方に向けます。

  3. 足を前後にスライドさせます。

  4. 30秒間繰り返します。

バストアップ

次は、バストアップを目的にした使い方について紹介します!

レッグスライダーは、その名の通り、足を乗せてスライドさせていくフィットネス器具ですが、ここではステップに手を乗せて運動していきます。

腕立て伏せのような体勢でレッグスライダーを使うことで、大胸筋に負荷をかけられるので、バストアップ効果が見込めます!

やり方は以下の通りです。


  1. レッグスライダーに、手を乗せます。

  2. 腕立て伏せの体勢をとり、肩甲骨を寄せて胸を張ります。

  3. 手を左右にスライドさせていきます。

  4. 30秒間行いましょう。

腹筋

次は、腹筋を重点的に鍛えるための乗り方を紹介します。

最もオーソドックスな乗り方である前向きの乗り方でも、腹筋に負荷がかかりますが、よりお腹を引き締めたい方は、前向きとは別で腹筋のトレーニングをすると、より大きな効果が見込めます。

それでは、やり方を見ていきましょう!


  1. ステップの片方に手を、片方に膝を置き、四つん這いの体勢をとります。

  2. 腹筋を意識しながら、前後にスライドさせていきます。

  3. これも30秒繰り返しましょう。

レッグ

最後に紹介するのは、レッグや体幹を鍛えられる乗り方です!

内ももの内転筋やお腹の腹直筋に高い負荷を与えられる種目となっています。
前向きや横向き、腹筋などの乗り方に慣れてきたら、最後の仕上げのトレーニングとして組み込むことがおすすめです!

やり方は以下の通りです。


  1. 足をレッグスライダーに乗せ、手は床につき、腕立て伏せのような体勢をとります。

  2. 腕を伸ばし、頭から足首までが一直線になるように構えます。

  3. その体勢のまま、足を左右にスライドさせます。

  4. 30秒繰り返します。

レッグスライダーの注意点・頻度

レッグスライダーに取り組む際は、長くやり過ぎないように注意しましょう。

レッグスライダーは、短時間でも非常にトレーニング効果の高いエクササイズです。
ですので、やり過ぎてしまうと、オーバーワークに繋がり、怪我や痛みの原因となることもあります。

何よりも続けることが重要なので、初心者の方は特に軽めの負荷で、そして短めの時間で行うようにしましょう。

また、頻度に関してですが、レッグスライダーは、短い時間で構わないので、毎日続けることがおすすめです。

忙しい方であれば、1日1-2分でも十分です。
気が乗ったときに、高い負荷で長時間行うのではなく、少しずつでもいいので、毎日積み重ねることがシェイプアップに効果的です。

スポンサードサーチ

まとめ

最後に、記事の内容をおさらいしていきましょう!


  • レッグスライダーとは、左右に足をスライドさせることで運動を行うフィットネスアイテムである。

  • レッグスライダーには、脚痩せやヒップアップ、代謝の上昇やお腹周りが引き締まる効果があり、基礎体力の低い初心者でも手軽に始められ、初期投資が低く済み、継続しやすいというメリットがある。

  • レッグスライダーは使い方を工夫することで、太ももやお尻だけでなく、腹筋や大胸筋にも負荷を与えることができる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定