あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
Camp

ランタンフックの使い方、選び方のポイントとおすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2021/05/31

更新日 :2021/06/18

ランタンフック(ハンガー)は、キャンプを手軽に自分流にアレンジし楽しむためのお手軽アイテムです。

非常にどなたでも扱いやすくおすすめのアイテムです。

ランタンをより美しく魅せるため、また、ランタンに虫を引き寄せる虫よけアイテムとしても活用させる立派な役割があります。

その構造もいたってシンプルで”梃子の原理”を上手く活用したものやクリップ型で挟むだけのものなどがあります。

ランタンフックには自然の中で木に巻き付けるタイプもあれば、ランタンスタンドやテントポールなどに取り付けるタイプなどがあります。

そんな、ランタンフック活用方法について、詳しく解説していきます。解説後は、おすすめのランタンフックも紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

キャンプに必須?ランタンハンガー(フック)

キャンプに今や欠かせないランタン、そしてランタンスタンド。しかし、それだけではありません。

ランタンの光をより効率よく使い、そしてスタンドを更に便利アイテムにしてくれるのが、ランタンハンガー(フック)なのです。

手軽に購入でき、簡単にどなたでも扱う事ができるため非常におすすめです。

単なるポールが、ランタンハンガー(フック)を使えば、便利に有効活用できます。きっとあなただけの使い方も見つける事ができます。

ランタンハンガー(フック)のメリット

ランタンハンガー(フック)のメリットについて説明します。コンパクトでありながら、想像以上に役立つアイテムです。

ランタンだけのためのアイテムでなく、様々な魅力を兼ね備えています。そんなランタンハンガーの魅力を紹介しますので、参考にしてみて下さい。


  • スタンドやテント、ポールの有効活用

  • 自由自在にランタンなど何でも吊り下げられる

  • 軽量で気軽に購入可能

スタンドやテント、ポールの有効活用

ランタンスタンドやテント、ポールなどに、ランタンハンガーやフックを巻き付けることで、様々なものをぶら下げる事ができます。

特に昼間には、ランタンは必要ありません。そんな昼間には、ちょっとした調理道具をぶら下げたりすることもできます。

また、川遊びなどで使った衣類や浮き輪などを乾かすためにも使えます。もちろん、ゴミ袋など飛んでいきそうなものを引っ掛けて使用するのにもおすすめです。

他にも、ランタンスタンドが無くても、テントのポールにランタンをぶら下げることもできます。

ハンガーやフックが無ければ、単なるテントのポールも、このフック1本で有効に活用することができます。

その事で荷物を減らすこともでき、非常におすすめの便利アイテムなのです。

自由自在にランタンなど何でも吊り下げられる

当然耐荷重がありますので、何でも吊り下げられるわけではありません。しかし、耐荷重さへクリアすれば、様々なものが吊り下げる事ができます。

高さや方向も自由自在に決める事ができるため、非常に使いやすくフックを活用できます。

中には、木の幹に巻きつけるフックもあります。スタンドを使わず自然の中にランタンをぶら下げたいという願いを叶えてくれるフックでもあります。

巻きつけるタイプのハンガーやフックは、梃子の原理でずり落ちないように設計されており、クリップタイプも挟むだけと非常にシンプル構造です。

そのため、余計なものが無く軽量化されています。ランタン、荷物、洗濯ものなど地面に置きたくないものをぶら下げそれぞれの使い方ができる便利アイテムです。

軽量で気軽に購入可能

人気の巻きつけるハンガー(フック)タイプはシンプルにポールに巻きつけるだけ、クリップ型は挟むだけの構造になっています。

シンプルな構造のため、どのハンガー(フック)も軽量化されています。荷物としてもかさばらず、持ち運びしやすいのが特徴でもあります。

また、コストパフォーマンスにも優れており、気軽に購入できる良心的価格になっています。

もちろん、メーカーやブランドにより、価格は異なります。しかし、高いハンガー(フック)でも、非常に悩むほどの価格ではありません。

また、その価格以上に、使い道もあり重宝するアイテムです。

これならランタンスタンド無しでも、テントのポールを活用したり、木の幹を活用することができます。

最近では、100円均一ショップなどでS字フックなどを代用として、ランタンハンガー(フック)を簡単に自作する方もいます。

また、実際にYouTubeで多くの作り方も紹介されています。

スポンサードサーチ

ランタンハンガー(フック)の選び方

基本的にランタンハンガー(フック)は、どれも同じように使えます。しかし、素材や取り付け方、そして重さなどはかなり違いがあります。

そんなランタンハンガー(フック)の違いについて、少し詳しく解説していきます。

自分スタイルに合わせた選び方や、既に持っているアイテムに合わせた選び方などがありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


  • 取り付け方法で選ぶ | クリップ型・巻き付け型

  • 素材で選ぶ | スチール製・木製

  • 重さで選ぶ

  • 長さで選ぶ

取り付け方法で選ぶ | クリップ型・巻き付け型

初心者にも使いやすくおすすめなのが、クリップ型です。どなたでも使えるランタンハンガー(フック)で、固定力も強くズレにくいのが特徴です。

そのため、初心者にはおすすめです。しかし、クリップサイズがしっかりポールを挟めるかどうかのサイズ確認が必要となります。

ポールの太さもメーカーなどによって異なっていますので、しっかり挟めないと当然ズレ落ちてくる恐れがあります。

また、グリップ型に対して、一般的な巻きつけ型は、どんなポールにも巻きつけやすいのがメリットです。

しかし、梃子の原理を使って固定させる構造のため、あまり軽い物をランタンハンガー(フック)に吊り下げると固定できず、ズレ落ちる事があります。

バランスをとるため、ある程度吊り下げるものに重さが必要となります。

素材で選ぶ | スチール製・木製

色々な素材がありますが、基本的にはスチール製と木製があります。よく耳にするステンレスはスチール製の一種になります。

スチール製は、耐久性に優れ、錆びや汚れなどにも強く雨などの天候に左右されることなく、扱いやすいのが大きなメリットです。

また、軽くリーズナブルなため、多少キズがつきやすくてもさほど気にせずに使えます。

それに対して、木製はあくまでもおしゃれな雰囲気を重視する方におすすめです。木製なので自然に溶け込み、生活感もなくキャンプ生活を満喫できます。

しかし、木材は天然素材のため、雨に弱くシミやひび割れなどのデメリットがあります。

因みに、よく使われる木材は楓や桜が多いようです。また、耐荷重はさほど大きくないため、購入の際には確認の上、検討されることをおすすめします。

重さで選ぶ

基本的に、ランタンハンガー(フック)は、コンパクトで軽いことが大きなメリットです。

また、非常に便利に使えるため、一本ではなく何本か使いたい場合などもあります。そうなれば、やはり重さも重要になります。

一本なら気にならない重さでも複数本となれば、やはり重さも気になります。また、当然、重さと一緒に耐荷重にも注意して選ぶのが良いでしょう。

しかし、いくら軽さが魅力と言っても、軽すぎて耐荷重が小さければ、安全性や安定感に欠けます。

持ち運びやすさと使いやすさを考えれば、自然と重さと耐荷重がポイントになってきます。

もちろん、ランタンスタンドやポールにかける場合には、ランタンスタンドやポールの耐荷重や耐久性も要チェックです。

長さで選ぶ

250㎜前後の長さのものが一般的で使いやすいかもしれません。この長めのタイプは一本ずつで利用する場合が多くなります。

長めのハンガーを左右対称に固定すれば、バランスもとれ安定します。

また、長めだとランタンなどが揺れてもポールに当たることが無く、安心して吊るす事ができます。

逆に、ショートの場合には、二本のポールにランタンハンガー(フック)の高さを合わせ、それぞれ固定します。そこに竿を掛け、物干し竿のように使う事ができます。

他にも、ツーリングなどによる一人キャンプの場合には、荷物を減らすためにも、やはり短く運びやすい邪魔にならないものが断然おすすめです。

ランタンハンガー(フック)人気おすすめ10選

ランタンハンガー(フック)について、タイプや選び方などについて紹介、解説してきました。

その選び方を上手く生かして、自分キャンプスタイルに合ったランタンハンガー(フック)を選んでみて下さい。様々なタイプがありますので、ぜひ比べてみて下さい。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ハンガー M-7918

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 幅56×奥行240×高さ100㎜
材質 18-8ステンレス鋼(ポリエチレンコーティング)
対応ポールサイズ 19~30㎜

安定感抜群!キャプテンスタッグ人気ランタンハンガー

安定感あるキャプテンスタッグのランタンハンガーです。非常にズレ落ちにくく、しっかりランタンなどを吊り下げてくれます。

元々、ハンガー自体が二本で丈夫なクリップ構造になっているため、安心して使えると評判も良く人気があります。

また、ステンレス製で耐久性もありますが、更にポリエチレンコーティングすることで、一層撥水性に優れたランタンハンガーになっています。

雨にも負けず強く非常に丈夫で使いやすいのが、大きな魅力となっています。

スノーピーク(snow peak) ランタンハンガー LT-006

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 径6×奥行255㎜
材質 SUS304(=18-8ステンレス鋼)塩化ビニールコーティング
対応ポールサイズ 19~22㎜

ポールに巻きつけ「梃子の原理」で簡単設定ランタンハンガー

簡単にポールに巻きつける事ができるランタンハンガー(フック)です。梃子の原理を上手く使い、しっかり安定させてくれます。

また、ランタンなどが落下しにくいように、フック部分はループ状の構造になっているのも魅力の1つと言えます。

この他にも、塩化ビニールコーティングが施されているため、雨にも強く丈夫に出来ています。

取りつけができるポールのサイズが、径19~22㎜と少し細めになっています。しかし、もう少し太めのポールに取りつける際には、Lサイズのスノーピークランタンハンガー(フック)もありますので、選んでいただけます。

購入の際には、サイズだけ注意しましょう。

FLYFLYGO ランタンハンガー ランタンフック ポール用 2本セット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 奥行約180㎜
材質 ステンレス鋼
対応ポールサイズ 19~32㎜
重量 120g/1本あたり
耐荷重 1.5㎏

軽くてリーズナブル!太い幹でもしっかり固定ハンガー

2本セットで非常にリーズナブルなランタンハンガー(フック)です。ハンガー部分が2本のクリップタイプで安定感があります。

このランタンハンガー(フック)の対応できるポールの太さも19~32㎜と幅が広く使いやすさも魅力のようです。

また、クリップタイプのためもう更に太めのポールでもしっかり固定できると口コミでも評価されています。

材質もステンレス鋼で雨などにも強く軽量で扱いやすくなっています。このように、非常に重宝するキャンプアイテムなのです。

また、2本セットにもかかわらず、かなりお手頃価格でゲットできるため人気となっています。

Thous Winds ポール用ランタンフック

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 奥行約165㎜・260㎜(2サイズ)
材質 真ちゅう製・牛革
対応ポールサイズ 10~20㎜・20~33㎜(2サイズ)
重量 78~110g
耐荷重 4.0㎏

ここまでおしゃれにこだわったランタンハンガーは、これだけ!

非常におしゃれにこだわったランタンハンガー(フック)です。ポールに巻きつける部分には牛革が巻かれています。

確かに、おしゃれでレトロなランタンの雰囲気を壊すことなく、吊るしてムードを味わいたい方も多いはずです。

そんな方には、とことんおしゃれにこだわったランタンハンガーがおすすめです。

このランタンハンガー(フック)は、真ちゅう製で4タイプのサイズがあります。長さが2通りと巻きつける対応ポールサイズも2通りあります。

ただ、真ちゅう製という事で、雨の日にはあまりおすすめできません。

やはり基本的に真ちゅうは、雨に当たると錆びの原因となり、色が変色することもあります。

その点を、よく理解したうえで検討してみて下さい。ただ、ランタンの魅力を引き出してくれるという点では、最高におすすめです。

コールマン(Coleman) ポールランタンハンガー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 使用時/約26×4cm、ハンガーの長さ/約19cm
材質 ホールド部/アルミニウム、PVC、ハンガー部/ステンレス
対応ポールサイズ 約直径19~30㎜
重量 125g
耐荷重 3.5㎏

さすがコールマンのランタンハンガーで安定感抜群!役立つフック!

アウトドア用品大手コールマンだけに、さすがランタンハンガー(フック)でも安定感抜群です。

人気のため、カラーによっては品薄状態になりつつあります。そのため、購入検討時には在庫確認が必要になります。

しっかり、ポールをキャッチしてくれるため、安定感が抜群です。ポールの対応幅も19~30㎜と広く対応できるのもポイントの1つです。

簡単にフックをポールに引っ掛ける事ができ、あとは物の重量がかかれば、しっかり安定してくれます。

少し、他のメーカーとは異なる構造ですが、同じ梃子の原理を利用したフックで安心してお使いいただけます。

ロゴス(LOGOS) ランタンパーツ ランタンフック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約25㎝
材質 ステンレス(塩化ビニールコーティング)
対応ポールサイズ 約直径19~22㎜

超シンプルで使えるロゴスランタンフック

ロゴスの非常にシンプルなランタンフックです。シンプルで使いやすくリーズナブルなため、人気があります。

非常に知名度のあるアウトドアメーカーのロゴス商品で、安心して使えます。また、ステンレス製で耐久性も良く、軽量なため持ち運びしやすくなっています。

塩化ビニールコーティングが施されているため、雨などにも強く非常に丈夫でおすすめです。

サイズ的には、19~22㎜の円形ポールに取りつける事ができます。少しポールのサイズ幅が狭い気もしますが、一般的なポールなら取りつけができます。

また、耐荷重は公表されていませんが、2~3㎏の荷物でもフックを使用しているとの声もありますので、フックとしての役割は十分はたしてくれそうです。

サイズ 長さ250㎜・直径5㎜
材質 304ステンレス製
対応ポールサイズ 約直径12~30㎜
重量 125g
耐荷重 8㎏

耐荷重8㎏と従来のシッポ式ハンガーよりグレードアップ

従来のシッポ式ハンガーよりも安定性がアップしたため、耐荷重も驚異的な8㎏となっています。

そのため、ランタン以外のものを吊り下げて使う事も十分できキャンプでも役立ちます。

もちろん、ポールの耐荷重も確認する必要がありますが、非常に耐久性にも優れたランタンハンガー(フック)です。

対応できるポール直径も12~30㎜と非常に幅広くなっています。他にも人気の理由は、2本セットでリーズナブルなに購入できる点です。

ただ、ポールが太いとハンガーの仰府角(ぎょうふかく)が大きくなる傾向にあります。その点は、少し注意が必要です。

因みに仰府角とは、水平を基準にした時の上下方向の角度の事を言います。つまり傾きと言えば分かりやすいかもしれません。

サイズ 長さ135㎜
材質 スチール・PVC
対応ポールサイズ 約直径19~25㎜
重量 130g

ハンガーポールフックにも役立つショートランタンフック

ショート丈フックなら、このロゴスのランタンハンガー(フック)がおすすめです。

ミニタイプで収納も簡単なため、ツーリングの独りキャンプにもおすすめです。

テントの外のランタンフックとしても使えますが、テント内のランタンフックとしてもショート丈のため、邪魔になりにくくおすすめです。

また、ランタンだけでなくハンガーポールフックとしても2本セットのため非常に役立ちします。簡単に装着でき片付けも簡単なアイテムです。

トングのような調理グッズをぶら下げたりと、長めのランタンハンガー(フック)とは、違った使い方ができます。

ぜひ、2本目の追加フックとして検討されてはいかがでしょうか。

コールマン コンビニハンガー 170-9439

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約8.5×10×4.8(h)㎝
材質 ポリアセタール、他
対応ポールサイズ 直径20~25㎜
重量 約85g(1個)
耐荷重 約1㎏

コンパクトサイズで便利なコールマンコンビニハンガー

クリップタイプのコンパクトコンビニハンガーです。さて、このコンビニハンガーは、どなたでも取り付けやすく簡単に扱えます。

対応ポールサイズは一般的な20~25㎜となっています。また、軽く持ち運びもできツーリングなどの独りキャンプにも最適でおすすめです。

確かに、耐荷重が約1㎏と軽い点が気になりますが、既に長めのランタンハンガー(フック)を持っている方に、コンパクトサイズをプラスすることで、より様々なものが吊り下げられます。

特に、調理器具のトングやゴミ袋などコンパクトの方が扱いやすいものもあります。ぜひ、すでにお持ちの方に、追加ハンガー(フック)としておすすめです。

BUNDOK(バンドック) ランタン ハンガー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ W28xD5xH5㎝
材質 スチール・ポリ塩化ビニル
対応ポールサイズ 19~22㎝・25~28㎝
重量 約120g(1個)
耐荷重 約5㎏

2サイズで雨にも負けないランタンハンガー(フック)がおすすめ

2個セットで2サイズのおすすめランタンハンガー(フック)です。非常にコストパフォーマンスにも優れています。

また、耐荷重も5㎏とランタンなどでも十分にクリアできるようになっています。

スチール製でポリ塩化ビニルをコーティングしているため、雨などにも負けない耐久性があります。この点もポイントと言えそうです。

様々なポールのサイズにも対応できるサイズ幅があり、コストパフォーマンスにも優れているため、検討の価値ありのランタンフックです。

スポンサードサーチ

まとめ

ランタンハンガー(フック)について解説してきました。大切なランタンでキャンプを盛り上げるのもキャンプを楽しむ方法の1つです。

また、そんな昼間のランタンスタンドの有効活用にも、紹介したランタンハンガー(フック)が非常に役立ちます。

キャンプを気軽に楽しむためにも、キャンプアイテムは厳選する必要があります。

ぜひ、キャンプの有効アイテムにランタンハンガー(フック)を活用してください。あなたのキャンプをより快適に演出してくれるはずです。

最後に記事のおさらい!


  • ランタンハンガー(フック)は、ランタンの魅力を引き立てる必須アイテム!

  • 手軽に誰でも使えるハンガー(フック)は、クリップ型と巻きつけ型が基本!

  • 素材や重量、そして対応ポールサイズが選ぶポイント!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定