あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
Camp

充電式ランタンのメリットとは?選び方やおすすめ商品10選を紹介

スポシル編集部

公開日 :2021/05/31

更新日 :2021/06/02

アウトドアや災害時、寝る前の読書タイムなど、幅広いシチュエーションで活躍できる点が充電式ランタンの魅力です。充電方法や連続点灯時間が商品によって異なるので、自分が求めるスペックを備えたモデルを手に取りましょう。

こちらの記事で紹介するのは充電式ランタンのメリットやデメリットです。充電式ランタンを展開するメーカーの特徴や実際に販売されている商品の中から自分に合ったものを選ぶポイントも紹介します。

おすすめ商品10選も取り上げるので、興味が湧いた人は最後まで目を通してみてください。

目次

スポンサードサーチ

充電式ランタンとは?

充電式のランタンとは、ACアダプタやUSB、ソーラー発電といった方法で蓄えた電力をもとに発光し、周囲を照らすランタンのことです。

ランタンといえばガスやオイルを用いるタイプが一般的と思われがちですが、最近では充電式のランタンも人気を集めています。

キャンプや天体観測といったアウトドアの場面ではもちろんのこと、災害に巻き込まれたときの備えとしても有用です。

今までランタンを使ったことがない人や、手軽に使えるランタンを求めている人におすすめします。

充電式ランタンのメリット

充電式ランタンの購入を検討している人にまず知って欲しいのが、他のランタンや電灯と比較したときのメリットです。

充電式ランタンの強みを知っていれば、自分が欲しい商品を探し出しやすくなることが、メリットを知るべき根拠として挙げられます。


  • 無臭で使える

  • 電池や燃料をわざわざ用意しなくても良い

  • 条件が整えば長時間連続で使用可能

無臭で使える

充電式ランタンのメリットの中でも、他のランタンと差が開くポイントといえば臭いの有無です。ガスやオイルを燃焼させるタイプのランタンは、灯りを点けている最中はもちろん、消した後にも臭いが残ります。

しかし充電式ランタンは電気を活用して灯りを点けるため、ガスやオイル特有の悪臭に悩まされる必要がない点がメリットです。

臭いが付くと困る衣服を着用しているときや、車の中でランタンを使いたいときなど、臭いによるトラブルが生じる可能性がある場面で充電式ランタンは重宝します。

電池や燃料をわざわざ用意しなくても良い

充電式ランタンは電池やガス、オイルといった目に見える形での燃料を用意しなくても使用できます。ランタンを使用したいけれど、燃料や電池が手元になくて使えないといったトラブルに悩まされる必要がなくなる点もメリットです。

充電式ランタンはパソコンなどのUSB接続や家庭用コンセントのACアダプタなど、豊富な手段で電力を獲得できることから、気軽にランタンを使いたいときにピッタリです。

オイルランタンや電池式のランタンの扱いが面倒に思える人は、充電式ランタンを購入してみましょう。

条件が整えば長時間連続で使用可能

燃料切れや電池切れといった他のランタンにありがちな問題を予防しながら、長時間使用できる点も充電式ランタンを使用するメリットです。バッテリーなどを通じて電力を常に供給し続けていれば、一晩中使用することも可能です。

ガスやオイルを使用するランタンは、予備の燃料があっても燃料を追加する際には一度消灯しなくてはいけませんが、充電式であれ電力を供給しながら使用できるモデルもあります。

ランタンの灯りを長時間楽しみたい人や、常夜灯としてランタンを使いたい場面では充電式ランタンがおすすめです。

スポンサードサーチ

充電式ランタンのデメリット

充電式ランタンはメリットだけでなく、デメリットも存在します。実際に運用する場面では、デメリットに悩まされない使い方を見出すことが大切です。

あらかじめデメリットを理解したうえで、自分のニーズを満たす充電式ランタンを探していきましょう。


  • 充電切れに対処するための準備が必要

  • 定期的に充電しておかないといざというとき使えない

充電切れに対処するための準備が必要

充電式ランタンは蓄えられた電力を消費した瞬間に置物と化してしまうため、充電が切れた後の電力補充手段を確保しなくてはいけません。状況によっては、ガスやオイルよりも予備の電力の方が確保しにくいことがデメリットです。

特に災害時は停電が発生し、追加の電力を補給しにくいことがしばしばあります。こうした場面での使用を想定しているなら、充電式ランタンに対応したバッテリーやソーラー発電タイプの充電式ランタンを用意しておきましょう。

定期的に充電しておかないといざというとき使えない

充電式ランタンに限らず、充電によって動くタイプの機器は、充電してから時間が経つにつれて、その機器を使用していなくても蓄えられた電力が勝手に消費されます。

そのため、定期的に電力が足りているか確認しておかないと、いざというときに電力が足りず、すぐに充電が切れてしまう可能性があることが充電式ランタンのデメリットです。

ただし、こちらのデメリットは定期的な充電を心掛けるだけで対処できます。災害や急なお出かけのときに充電式ランタンを持ち出しても困らないように、充電をチェックする習慣を身に付けましょう。

充電式ランタンのあったらうれしい機能

近年の充電式ランタンは、ランタンとしての使い勝手を向上する機能や周囲を照らす以外の機能を備えていることが多い傾向にあります。

数ある機能の中でも、充電式ランタンを選ぶときに重視したいポイントについて詳しく見ていきましょう。


  • 防水・防塵機能

  • モバイルバッテリー機能

  • 明るさ調整機能

防水・防塵機能

充電式ランタンはアウトドアで活用されることが多いグッズです。自然豊かな環境でバーベキューやキャンプをする際には、防塵性能が搭載された充電式ランタンを使用しましょう。

埃や塵、花粉などが飛び交う環境でも、防塵機能が備わっていればランタンが故障する確率は低くなります。また、突然の雨に降られることを想定するなら、防水機能が搭載されているモデルもおすすめです。

防塵や防水機能を備えたモデルは、アウトドアグッズを展開しているメーカーの充電式ランタンに多く見られます。

モバイルバッテリー機能

モバイルバッテリー機能とは、パソコンやスマートフォンといった機器に電力を送ることができる機能です。

モバイルバッテリー機能は、電力を供給する環境がない場面でパソコンやスマートフォンの充電が切れてしまったときに重宝します。具体的には、アウトドアや災害による停電といったシチュエーションです。

屋外でのレジャーを楽しむことが多い人や防災グッズのひとつとして充電式ランタンを活用しようと思っている人は、モバイルバッテリー機能が搭載されているモデルを選択しましょう。

明るさ調整機能

ランタンが放つ光の明るさを調節する機能があると、幅広いシチュエーションで充電式ランタンを使うことができます。照明器具の光は明るいほど良いと思われがちですが、実際は状況に適した明るさがあるのです。

暗い環境を歩くときに必要な光量と、テントのような区切られた環境を照らすときの光量を考えてみましょう。後者の場合はそこまで多くの光を必要としません。

充電式ランタンを選ぶときは、自分が必要な明るさの光を備えていることはもちろん、複数の状況に適応できる明るさ調節機能を備えたモデルをおすすめします。

段階的に光の大きさを調節できるタイプや無段階調節を売りにしているモデルもあるので、ニーズに合わせて選択しましょう。

スポンサードサーチ

充電式ランタンのおすすめメーカー

信頼するメーカーの商品を優先して購入することも、充電式ランタンを選ぶ方法のひとつです。ただし、メーカーを頼りにする場合は、各メーカーがどのような特徴を持つ充電式ランタンを展開しているのか知っておく必要があります。

充電式ランタンを展開するメーカーの中でも特におすすめの3つについて見ていきましょう。


  • GENTOS(ジェントス)

  • Coleman(コールマン)

  • makita(マキタ)

GENTOS(ジェントス)

懐中電灯を扱う国産メーカーとして1978年に産声を上げたのがジェントスです。品質にこだわった製品を長年提供し続けている点が支持されています。

懐中電灯の開発と販売から得た経験をもとに生み出された充電式ランタンは、シンプルながらも使い勝手に優れていると評判です。明るさの上限や電力を蓄える方法ごとに、多様な商品を展開しています。

そのため、事前に仕様書を確認したうえで、自分のニーズを満たすアイテムを購入することを心掛けましょう。

Coleman(コールマン)

アウトドアの趣味を持つ人にとって、コールマンは非常に身近なメーカーです。ランタンはもちろんのこと、テントなどのアウトドア用品を総合的に扱うメーカーとして国内外のユーザーから信頼されています。

コールマンの製品が特に評価されているポイントはコストパフォーマンスの高さです。手に取りやすい価格と、安心して使うことができる品質を兼ね備えています。

充電式ランタンについても、昔ながらのランタンを趣を残しつつ、充電式の良い面を活かした製品を展開している点に注目です。

makita(マキタ)

マキタは国産の工具メーカーとして厚い信頼を集めているメーカーであり、日曜大工が趣味の方や、工具を仕事で使うことが多い方によく知られています。

マキタから販売されているのは、他の工具と同様に実用性を重視した充電式ランタンです。マキタの製品は、バッテリーを使い回すことが可能な点が他のメーカーとの違いといえます。

すでにマキタの工具を所有している場合、その工具で使っているバッテリーが充電式ランタンでも使える可能性があるというわけです。

充電式ランタンの選び方

充電式ランタンに関する知識が深まってきたところで、今度は自分のニーズを満たすアイテムを手に取るために知っておくべき選定基準を紹介します。

デザインや値段といった目に入りやすいポイントだけを重視していると、本当に自分が欲しい機能を備えた充電式ランタンを見逃してしまう恐れもあるので気を付けましょう。

充電式ランタンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。


  • 明るさで選ぶ

  • 明かりの種類で選ぶ

  • 連続稼働時間で選ぶ

明るさで選ぶ

充電式ランタンを選択するとき、必ずチェックしておきたいのが明るさです。LEDライトを用いることが多い充電式ランタンは、ルーメン(lm)と呼ばれる単位で明るさを表現します。

300ルーメンは使い勝手に優れた明るさです。リビングなどを照らすサブ用のランタンとしても使えます。500ルーメンを越えると直視することが困難な明るさになることを覚えておきましょう。

4~5人が暮らすリビングを照らすことができる程度の明るさが500ルーメンといわれています。1000ルーメンはその倍なので非常に明るく、キャンプの場合はメインランタンとして活用されることが多い明るさです。

500ルーメンを越える充電式ランタンには大抵、明るさ調整機能が備わっています。適切な明るさのランタンを選びたいなら、販売されている店舗に足を運んだうえで商品を手に取り、明るさを確かめてみましょう。

明かりの種類で選ぶ | 白色・暖色

明るさではなく、光の色に注目して充電式ランタンを選ぶ方法もあります。照らし出された空間の雰囲気を大きき変化させるのが白色と暖色です。

白色は昼間の太陽光に近い色の光なので、覚醒した状態で過ごしたい空間を照らし出すのに向いている色といえます。アウトドアの場合は、食事などをするメインサイトを照らすときに適した色合いです。

一方、暖色は夕日のようなオレンジに近いカラーリングなので、白色よりも落ち着いた雰囲気を演出したいときに重宝します。

眠るためのテントを照らすときや、ガーデンライトのようにあまり明るさを必要としないタイプの灯りとして活用するときは、暖色がおすすめです。

白色と暖色のどちらが自分に必要なのか見極めたうえで、充電式ランタンを手に取りましょう。

連続稼働時間で選ぶ

連続稼働時間とは、充電がマックスの状態から連続で光を放ち続けられる時間のことです。連続点灯時間と呼ばれることもあります。

最近では、平均で10時間越えの連続点灯時間を売りにしている充電式ランタンが増えていることを覚えておきましょう。

ただし、充電式ランタンが複数の点灯モードを用意している場合、連続稼働時間は暗めのモードで記録されることがほとんどです。

購入してから明るさが足りなかったなどの事態に陥らないためにも、連続稼働時間と明るさの両方を確認する癖を付けましょう。

夕方以降に使用し、一晩中照らすことを想定するなら、20時間以上の連続稼働時間を誇る充電式ランタンがおすすめです。

スポンサードサーチ

充電式ランタン人気おすすめ10選

充電式ランタンの特徴や選び方を理解した人は、実際に販売されている商品を比較していきましょう。ランタンのデザインやサイズはもちろん、明るさや連続稼働時間にも気を配ることが大切です。

以下では、充電式ランタンの中でも特におすすめしたい商品を取り上げているので、必要な機能を備えているかチェックしてみてください。

電源 USB充電/単一アルカリ電池×3
光の種類 白色/昼白色/暖色
機能 吊り下げ様フック付き

好みに合わせて3色の光を調節可能

3色の光で空間を照らし出すことができる点が、ジェントス EX-300Hの評価を高めているポイントです。暖色と白色に、加えて、昼白色と呼ばれる光の色合いも備えています。

昼白色は白色に比べると光の強さが控えめなカラーです。また、光の強さを無段階で調節できるため、広い空間を照らすときはもちろん、テントのような狭い場所に光をもたらしたいときにも重宝します。

耐塵や防水仕様も備わっていることから、屋外でも安心して使用できる充電式ランタンです。

電源 USB充電
光の種類 白色/昼白色/暖色/赤色点滅
機能 モバイルバッテリー機能

明るさを記憶する機能が嬉しいリモコン付きランタン

ランタンを点灯、もしくは消灯するために、わざわざランタンが吊り下げられている場所やテーブルまで移動しなくてはいけないという悩みを解決したのがBRISIE LEDランタン リモコン付です。

その名の通り、リモコンを用いた操作によって、離れた場所からも灯りを調節することができます。アウトドアの場面はもちろん、災害時に用いる灯りとしてもリモコン機能は有用です。

消灯前の明るさをランタンが記憶する機能が備わっているので、灯りを点ける度に明るさを調節する手間が省ける点も評価されています。

電源 USB充電/ソーラー充電
光の種類 白色
機能 折りたたみ式/モバイルバッテリー機能

コンパクトなサイズに折りたためる充電式ランタン

オイルやガスを用いたランタンに比べて、充電式ランタンは持ち運びの利便性に優れています。特に、EENOUR LEDランタンは灯りをカバーする部分を折りたたむことで、ポケットにも入るコンパクトなサイズになる点が魅力です。

明るいうちはポケットに入れておいて、灯りが必要な場面になってからすぐに取り出すといった使い方ができます。

アウトドアや災害の画面でスマートフォンの充電が切れてしまったときもモバイルバッテリー機能を使って電力を供給することが可能です。

電源 USB充電
光の種類 白色/暖色
機能 懐中電灯/磁石内蔵

懐中電灯としても使える!磁石内蔵型の充電式ランタン

複数の手段で充電することができるAHTZI LEDランタンは、幅広い場面での使用に耐えうる汎用性の高さが人気の理由です。具体的には、USBやACアダプタ、車載用アダプタを活用して充電することができます。

他の充電式ランタンとの大きな違いとして挙げられるのが強力な磁石を内蔵している点です。磁力のおかげで金属面に吸着するので、他のランタンよりも収納性に優れています。

普段は冷蔵庫やホワイトボードに吸着させておいて、いざというときに灯りとして活用するといった使い方も可能です。

電源 USB充電/電池
光の種類 白色
機能 分離して懐中電灯に

災害時にあると役立つ分離式

懐中電灯とランタンの機能を備えているランタンは数多く見かけますが、Lighting EVER LEDランタン 分離式はどちらも同じタイミングで両立できる点が特徴です。

具体的には、ランタンの一部を切り離して懐中電灯として利用できます。USB充電と車載用アダプタに対応しているので、幅広い場面で活用できる点にも注目です。

アウトドアはもちろん、災害で停電してしまったときも、ランタンと懐中電灯を両立できる機能は役立ちます。

電源 ACアダプター/USB充電
光の種類 白色
機能 光調整機能

シンプルなデザインと使いやすい機能

昔ながらのランタンによく見られるシンプルなデザインを充電式ランタンにも採用したのがColeman CPX 6です。

室内を照らすのにも効果的な400lmと手元を照らすときに有用な100lmの2段階に明るさを調節することができます。400lmは明るすぎない程度の光なので、雰囲気を大切にしたいアウトドアの場面での使用がおすすめです。

USBとACアダプタから充電できるため、自宅やモバイルバッテリーなど、状況に合わせて電力を補給しましょう。

電源 USB充電
光の種類 白色
機能 モバイルバッテリー機能

6種類の光り方と防水仕様が利便性を向上

ランタンといえば懐中電灯に比べて光が弱いと思われがちですが、SOTOHE LEDランタンは最大260mまで光が届きます。遠くからもよく見える仕様なので、災害時の灯りとしても重宝するランタンです。

光り方は全6種類用意されています。光の強さに合わせて3段階に分かれた通常点灯モードと懐中電灯モード、ストロボ、SOSの6種類です。コンパクトなサイズなので、車中泊の際の電灯として使うこともできます。

雨にぬれても壊れにくい防水加工が施されているため、アウトドアで活用したい人にもおすすめです。

電源 USB充電
光の種類 暖色
機能 防滴仕様

キュートなデザインと温もりのある光が高評価

Octantis LEDランタンは吊り下げて使うタイプの充電式ランタンです。暖色の灯りが温もりのある光を放つことで、キャンプの雰囲気を盛り上げてくれます。風鈴のようなおしゃれで可愛らしいデザインも評価のポイントです。

サイズが非常にコンパクトなので、1人用のテントや車内でもスペースを確保しやすいメリットがあります。防滴仕様となっているため、急な雨に降られたときや誤って水に落としてしまったときも壊れにくい仕様です。

2年間の保証期間や充実のアフターケアも用意されています。

電源 バッテリー充電
光の種類 暖色
機能 防塵・防滴仕様

防塵・防滴機能を備えた安心のマキタ製

砂埃が気になる環境でも問題なく動作する充電式ランタンを求めている人に使って欲しいのがマキタ 充電式LEDランタンです。防塵・防滴保護等級IP54の耐久力を誇っているため、過酷な環境でも使用できる点が魅力といえます。

マキタが展開するバッテリーを活用しているので、すでにマキタの工具を持っている場合はバッテリーを別途購入する必要がありません。吊り下げ方によって光が拡散する具合が変化するため、用途に合わせて使い分けましょう。

電源 USB充電/ソーラー発電/リチウムイオン電池
光の種類 白色
機能 懐中電灯

明るさ重視で充電式ランタンを選びたい人に

広い範囲を照らすことができる明るさを備えたランタンが欲しい場合は、namisen LEDランタンを手に取ってみましょう。最大1000ルーメンの明るさと360度の照射角度のおかげで、キャンプサイトを明るく照らしてくれます。

USB充電に加えてソーラー発電機能も搭載していることから、長時間の使用に耐えうる充電式ランタンです。別売りのリチウムイオン電池を活用すれば、さらに長時間活用できます。

ランタンとしてだけでなく、懐中電灯としても使える汎用性の高さも魅力です。

まとめ

充電式ランタンはオイルやガスを燃料とするランタンよりも使い勝手に優れた機能を盛り込んだモデルが数多く存在します。キャンプなどのアウトドアを盛り上げるだけでなく、災害時の手助けとなることも多いアイテムです。

各メーカーが展開する充電式ランタンを比較しながら、自分が求めるスペックの商品を探していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定