あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
Camp

ランタンスタンドの特徴と選び方解説!人気おすすめ10選も紹介

スポシル編集部

公開日 :2021/05/31

更新日 :2021/06/02

今やキャンプを楽しむ方が増え、キャンプ用品も様々なものがズラリと並んでいます。

当然、便利なグッズからおしゃれなアイテムまで幅広くあります。そんなキャンプグッズの中から、ランタンスタンドを紹介していきましょう。

ランタンスタンドとしても活用できますが、その他にも使い道があり、色々な観点から自分のキャンプスタイルに合ったランタンスタンドを選ぶことができます。

ランタンスタンドも様々なタイプがあり、それぞれの特徴があります。そんなランタンスタンドの特徴と一緒に選び方についても詳しく解説していきます。

最後に、人気のおすすめランタンスタンド10選も厳選してお届けしていきます。

目次

スポンサードサーチ

ランタンスタンドの必要性

ランタンだけあれば十分!そんな風に思っている方も少なくないかもしれません。

しかし、ランタンスタンドは、1台何役と非常に活用の幅も広く使いやすいキャンプアイテムです。

また、ランタンスタンドは、夜間キャンプでのランタンの明かりを上手く活用するために非常に大きな役割を担っています。

まさしく、ランタンの光を広範囲に使いこなすには、ランタンスタンドが欠かせないとも言えます。

1台のランタンの光を照らすだけでなく、更に有効に使うためにもランタンスタンドは、ぜひ揃えたいキャンプグッズです。

ランタンスタンドのメリット

ランタンスタンドは、当然ランタンの光を上手く使うためのアイテムでもあります。

しかし、その他にも、ランタンスタンドの活用の幅は広く、思いのほかメリットも多くあります。

そんな、ランタンスタンドのメリットについても解説していきましょう。

ランタンスタンドの3つのメリットを解説します。


  • ランタンの光の有効活用

  • キャンプで苦手な虫よけ

  • 昼間は物干し竿や荷物かけ

ランタンの光の有効活用

ランタンスタンドを使う事でランタンの光を大きく活用することができます。当然、ランタン1台の光りには限度があります。

しかし、ランタンスタンドを使用しランタンを吊るせば高さが生まれ、局部的ではなくランタンスタンド周辺を照らし明るくすることができます。

そのため、テント周辺を1つのランタンの光で照らす事ができる優れものなのです。

もちろん、ランタンスタンドもタイプが様々で、テーブルに取り付けるタイプなら、テーブル上にスペースをとることなく、テーブル全体を照らしてくれます。

暗くなってからのテーブル作業などにも非常に有効です。

キャンプで苦手な虫よけ

キャンプにつきものなのが、蛾などの虫です。しかし、そんな虫が苦手という方も多いはずです。

そこで、虫が光に集まる特性を活かした虫を寄せ付けない方法に役立つのがランタンスタンドです。

例えば、ランタンスタンドをテントから少し離した場所に立てて光を夜間照らしておきます。

そうすれば、自ずと虫たちが、ランタンスタンドめがけて寄ってきます。そうすることで、テントの方へ寄ってくる虫が自然と少なくなります。

ただ夜間に光を照らしているだけで、虫よけになるのです。当然、光は高い位置にある方が遠くまで光が届き効果が高いためスタンドが役に立つのです。

昼間は物干し竿や荷物かけ

当然、ランタンは昼間の間は使用しません。

そんな昼間に、川遊びで使ったタオル類や水着、そしてボートや浮き輪などを干すのにランタンスタンドが非常に役立ちます。

他にも、地面に直接置きたくない荷物をランタンスタンドに掛けたり、吊るしておくこともできます。

ランタンスタンドは、非常に安定感があるため、昼間は違った使い方ができます。

キャンプでは欠かせない一台で何役もの役割を担ってくれる優れものアイテムなのです。

荷物を最低限にしたいキャンプにはコンパクトになり、なおかつ使いまわしができる便利アイテムが非常に役立ちます。

まさしく、ランタンスタンドがそんなアイテムと言えます。

スポンサードサーチ

ランタンスタンドのおすすめメーカー

ランタンスタンドも多くのメーカーが手掛けています。その中でも、人気のメーカーについて紹介していきましょう。

各メーカーごとに、様々な特徴やタイプがあります。ぜひ、自分スタイルに合ったランタンスタンドメーカーを選ぶ参考にして下さい。

ランタンスタンドの人気おすすめメーカーを以下の3つのポイントから解説します。


  • Coleman(コールマン)

  • snow peak(スノーピーク)

  • UNIFLAME(ユニフレーム)

  • North Eagle(ノースイーグル)

  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

Coleman(コールマン)

非常にアウトドア用品では知名度も高く人気のコールマン。

そんなコールマンは、120年目を迎える老舗アメリカメーカーです。自然からの恵みを受け、自然と人とのつながりを大事に考えています。

また、未来の子供たちにも、より良い自然環境を残すための様々な取り組みを行っているメーカーでもあります。

日本において、20年以上もCSR活動や災害支援活動を行っています。

そんなコールマンが世に送り出すアウトドアアイテムは、非常に丈夫でロングライフ製品になっています。

また、簡単、軽い、安全、使いやすさなどを追求した安心でき信頼のおけるメーカーでもあります。

アウトドア総合メーカーで、コストパフォーマンスに優れています。

製品のラインナップも充実しており、アウトドア用品ならすべて揃っているのも魅力のメーカーです。

snow peak(スノーピーク)

新潟県のほぼ中央にあたるものづくりの町”三条市”に本社を構えるスノーピークです。

朝陽の光で目覚め満天の星空の下で眠りにつく、そんな当たり前で豊かな自然の中で過ごすことの正しい価値を共有したいと考えています。

また、自然の恵みのありがたさに気づく人を増やしつなげていきたいと強く願っているメーカーです。

そんな安心と信頼の国内メーカーであるスノーピークは、非常に使いやすく創造性にも富んだ製品を多く輩出しています。

例えば、ランタンスタンドも非常に人気の高い商品になっています。

人気の理由も使いやすくシンプルな構造、軽く持ち運びもしやすい設計、それでいてお手軽価格とかなり魅力たっぷりです。

国内はもちろんですが、海外でも非常に評価が高く、クオリティの高さが評価されたメーカーの1つでもあります。

UNIFLAME(ユニフレーム)

新潟県燕市が誇るアウトドアメーカーのユニフレームは、1991年から本格的にアウトドアメーカーとして活動し始めました。

ダッチオーブンをはじめとしたキャンプ用調理器具が非常に充実しています。

その他にも、焚火や炭火遊び器具などもおしゃれで使いやすく魅力たっぷりと人気があります。

もちろん、国内メーカーによる国内製造アイテムは、安心安全、信頼されたグッズばかりです。

そんなグッズには、ユニフレームのいつも自然と仲良くしていきたいという気持ちが様々な道具に込められています。

手の届きやすい価格設定にもかかわらず、こだわりを感じるアウトドア用品を展開しているメーカーです。

North Eagle(ノースイーグル)

北海道を拠点としたノースイーグルは、幅広い事業展開している株式会社ナニワメーカーのキャンプ用品ブランドです。

他にも、ヨガなどのフィットネス用品なども扱っているメーカーになります。

そんなノースイーグルブランドの商品は、非常にテント1つをとっても種類が豊富です。

もちろん、テントだけでなく、元々金物卸業をメインにされていたメーカーだけに、バーベキューなどのコンロやコンロ用のアミ、焚火グリルなども品揃えが非常に充実しています。

また、それらのアウトドア用品は、非常にお手頃価格でコストパフォーマンスに優れています。魅力溢れるアウトドアブランドです。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

キャプテンタッグと言えば、牡鹿のブランドロゴが目に焼き付いている方も多いはずです。

大地を悠々と移動しながらたくましく生きる牡鹿の群れ、そんな牡鹿の群れを統率し信頼の厚い牡鹿のリーダー「大自然の中で頼りになる存在」をイメージしています。

オールラウンドなアウトドアブランドで、ものづくりで有名な新潟県三条市が誇るパール金属株式会社から誕生しました。

圧倒的な商品の種類や幅で、キャンプのコンセプトごとにネーミングがされており、非常に洗練されたデザインや作りになっています。

日本のBBQスタイルを世に知らしめ、その後も日本発のV型コンロ、ミリオンセラーの小型ガスバーナーコンロと様々なアウトドア用品を生み出したブランドなのです。

常に目が離せないアウトドアブランドです。

ランタンスタンドの選び方

実際にランタンスタンドのタイプや選び方について詳しく解説していきましょう。

ランタンスタンドと言っても、タイプによって用途が異なったり、メリットも違ってきます。

それぞれの特徴を活かし自分スタイルに合わせたランタンスタンドを選びましょう。

ランタンスタンドの選び方を以下の3つのポイントから解説します。


  • 脚数で選ぶ | 一脚・三脚

  • 持ち運びやすさで選ぶ

  • 高さの調整幅で選ぶ

脚数で選ぶ | 一脚・三脚

ランタンスタンドと言ってもタイプがあります。その中でも代表的なのが一脚タイプと三脚タイプです。

一脚タイプは、見た目も非常にすっきりしています。地面に突き刺し設置するという非常にオーソドックスなシンプルスタンドです。

設置するのに、突き刺すだけのため簡単です。しかし、安定させるため、しっかり突き刺す必要があります。

また、平地だけでなく多少傾斜の地面でも使えるという大きなメリットがあります。

それに、一脚は足元も幅をとらず、足を引っかけて転倒することが少なく安全面でもおすすめです。

それに対して、三脚タイプは、安全性と安定感に長けています。カメラの三脚と同じく三脚を開き安定させる仕組みです。

風など気になる場合には、付属のペグを打ち込めば、固定できより安定させて使用できます。

地面深く打ち込む必要が無く、どなたにも扱いやすいのも大きなメリットです。ただ、平地使用に限られるため、使用する場合には場所を選ぶ必要があります。

持ち運びやすさで選ぶ

非常にアウトドア用品は、持ち運びしやすく設計されています。その中でも、ランタンスタンドに関しては、一概に軽量化されているのが良いとは言えません。

それは、一脚の場合には軽すぎると安定感に欠けるからです。特にランタンを吊るすため、安定感は重要です。

そのため、一脚タイプは1500~2000g程度の重量は不可欠と言えるでしょう。

三脚の場合には、その点ペグも付いていますので軽量化されたものを選ぶとよいでしょう。

ただ、コンパクトになるという点は、必須条件とも言えます。

ランタンスタンドは、最大200㎝以上にもなります。そのため、簡単に短く収納できるものが車などにも積み込みやすくおすすめです。

また、付属品なども一緒に収納できる専用袋が付いている方がより使いやすくおすすめです。

スライド式、ネジ式など長さ調整が簡単にできると組み立てやすく、なおかつ収納しやすくおすすめです。

アウトドアでは、荷物が多く面倒に感じる方も多いため、できるだけコンパクトに収納でき車に納められるタイプが良いでしょう。

高さの調整幅で選ぶ

ランタンスタンドは、高さがある方が広く全体を照らせるためおすすめです。

また、遠くから自分のキャンプ場所の目印にもなるため、人の多いキャンプ場では重宝します。

もちろん、テーブル作業の手元を照らすのもランタンスタンドが非常に役立ちます。

そんなランタンスタンドの高さ選びの目安は、調節幅が最大230㎝最低100㎝位を目安にするのが良いでしょう。

この高さ幅なら、どんなシュチュエーションでも使いやすく困ることもないでしょう。しかし、ちょうどその高さが無くても、最低200㎝は欲しいところです。

また、スタンドの高さを調節する方法も選ぶうえでは重要です。スライド式、ネジ式、ポールの継ぎ足し式などがあります。

スライド式やネジ式が、簡単に長さ調節できおすすめです。ポールの継ぎ足し式は、長さのパターンが決まっているため、細かな長さ調節ができません。

そのため、できればスライド式かネジ式が良いでしょう。

ただ、高すぎるだけでなくランタンを吊るすため安全性が重要です。その為、耐荷重も確認しておきましょう。

基本的にランタン重量は、ガソリン式、ガス式で約2㎏、電池式で約1㎏位ですので、その重さなども考えながら選ぶようにします。

スポンサードサーチ

ランタンスタンド人気おすすめ10選

様々なアウトドアメーカーやランタンスタンドに関することを紹介してきました。

紹介、解説してきた内容を基に、おすすめのランタンスタンドを紹介していきましょう。

選ぶポイントをじっくり見極めながら、自分スタイルのランタンスタンドを探してみて下さい。

スノーピーク(snow peak) パイルドライバー LT-004

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 スチール
サイズ 最長240㎝・収納時110㎝
重量 1700g
付属品 先端保護キャップ

シンプルで根強い人気のスノーピーク一脚ランタンスタンド

ランタンスタンドでは、すっかり定番にもなっているスノーピークの一脚ランタンスタンドです。

非常に打ち込みやすいランタンスタンドで、女性の方でも簡単に打ち込めるのが人気の秘訣でしょう。

本体のパイプをスライドさせることで、打ち込める便利なランタンスタンドです。逆に打ち込みすぎに注意が必要なほどです。

”カンカン”と打ち込む作業も楽しめると評判で、安定感も抜群です。先端が危ないため、保護キャップも付いています。

ランタンスタンドで迷った時には、このスノーピークのランタンスタンドをおすすめします。

キャンピングムーン(CAMPING MOON) パイルドライバー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 ステンレス
サイズ 最長246㎝・収納時115㎝
重量 2250g
付属品 丈夫な収納袋付(6号帆布生地)・先端保護キャップ

ランタンスタンド以外にもランタンハンガーで使い方も自由

28㎝のランタンハンガーが非常に重宝する一脚ランタンスタンドです。ハンガーは、360度方向、自由自在に変えられるため非常に便利です。

また、設置は女性でも簡単にスライドさせ自重で打ち込めるランタンスタンドになっています。蝶ボルト2段付きで、長さも調整しやすくなっています。

収納時には安全のため先端保護キャップが付帯されており、また、丈夫な持ち手付きの収納袋も付いています。

非常に簡単に扱え、丈夫な収納ケースなどワンセットになっているため、非常に使いやすくおすすめです。

UJack(ユージャック) ハンマーランタンスタンド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 ステンレススチール
サイズ 最大225㎝・収納時110㎝
重量 シングルタイプ1700g
付属品 収納ケース

高品質な錆びにも強い人気一脚ランタンスタンド

2012年創業と比較的若いUJackは、千葉県で誕生し、今やクオリティが高い評判のアウトドアメーカーと注目されています。

国内外の専門工場で製造された製品は熟練した日本人職人の目によって監修されています。

こちらの一脚ランタンスタンドも錆びにくく高品質なステンレススチールを採用し、非常に使いやすく価格以上の品質が魅力です。

耐久性にも優れ、長く愛用いただけるのも人気の秘訣のようです。

また、UJackでは、ユーザーの過失有無に関係なく、60日間無条件破損交換保証が付いています。

それだけ、品質に自信があるという表れとも言えるでしょう。

素材 ステンレス
サイズ 最大225㎝・収納時113㎝
重量 1700g
付属品 先端キャップ・黒×赤バイカラーの専用収納ケース付

国内で1つずつ検品!雨が降っても大丈夫安心一脚ランタンスタンド

ステンレス製の一脚ランタンスタンドで、雨や夜露に濡れても錆びにくく安心して使えます。

国内で1つずつ検品し、溶接部分を再度強化しています。かなり品質チェックはしっかり行われています。

また、硬い地面にも刺さりやすいように、先端部分はかなりシャープになっています。

そこで、安全のため先端保護キャップと黒と赤のおしゃれな専用カバーケースが付帯されています。

そのため、収納や持ち運びも楽ちんでおすすめです。価格もお手軽のため、初めて購入される方にもおすすめの一脚ランタンスタンドです。

VISIONPEAKS(ビジョンピークス) ランタンスタンド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 銅(耐熱焼付塗装)
サイズ 最長213㎝・収納時110㎝
重量 3100g
耐荷重 5㎏

ハンマーで簡単打ち込み一脚ランタンスタンド

金属(銅)製と言う事で重量も3.1㎏と重めになった一脚ランタンスタンドです。ハンマーで打ち込む従来タイプになっています。

しかし、ハンマーでの打ち込みは非常に簡単にできるように刺さりやすくなっているようです。

また、金属性のため耐久性にも優れており耐荷重は5㎏です。ランタンが、基本的に1~2㎏なので十分安定感もあります。

残念ながら、専用の袋が付帯されていないため別途購入が必要です。

従来のハンマーで打ち込むタイプをお探しの方におすすめのランタンスタンドです。

コールマン(Coleman) ランタンスタンド4

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 アルミニウム、スチール、ナイロン他
サイズ 高さ109~226㎝(収納時直径11㎝×長さ90㎝)
重量 1400g
付属品 アルミ製ピンペグ×3本、収納ケース

10段階スライド調整定番コールマン三脚ランタンスタンド

人気のコールマンの三脚型ランタンスタンドです。簡単設営、簡単撤収と非常に面倒な作業もありません。

軽量で持ち運びも専用ケースが付いているため、非常に楽にできます。また、スライド式で調節が10段階と高さ調整も簡単にできます。

他にも、子どもが足を引っ掛けて転倒するケースがあり気になりますが、こちらの三脚ランタンスタンドは、足元の三脚部分を工夫し引っ掛けにくい構造になっています。

非常に安全面でも工夫されたコールマンアイテムなのです。

ユニフレーム コンパクトランタンスタンド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 ステンレス鋼、アルミ
サイズ 高さ195㎝(収納時6×55㎝)
重量 1300g
付属品 ペグ3本、収納ケース

安定感抜群ピラミッド型三脚ランタンスタンド

まずランタンスタンドの構造がピラミッド型になっており、そのため安定感は抜群です。

ただ、その分足元が幅広くなるため、足を引っかけないように注意する必要が多少ありそうです。

また、組立も賛否両論ありますが、少し小さめの女性の方にとっては組み立てにくいかもしれません。

ただ、ランタンを吊り下げても、安定しており雰囲気もあり魅力的なランタンスタンドです。

特に風が少々強くても、フック形状と足元に転倒防止用のペグダウンループもつけたことで、より一層安定感があります。

また、持ち運びも軽く、テントフレームの様にコンパクト収納できる点もおすすめです。

ロゴス(LOGOS) システムランタンポール-PSL

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 スチール、アルミ
サイズ 90×79×245~105㎝(収納時11×11×99cm)
重量 2000g
付属品 ペグ3本、収納ケース

29段階高さ調整もできるロゴス三脚ランタンスタンド

高さも最高240㎝と非常に高さもあるランタンスタンドです。

人気ランタンスタンドで、ロゴスのパワーストックランタン1000もしくは2000をスタンドに専用ネジで固定できるようになっています。

そのランタンの角度も自由自在で、非常に簡単にランタンの光を効率良く使う事ができます。ランタンとセットにするとさらに使える幅が広がりそうです。

また、スタンドは29段階という調節ができ、様々な長さで角度も調整できるようになっています。

そのため、照らしたいポイントをしっかり照らしてくれます。また、タープ天井の雨溜まりの防止もしてくれ便利に使えます。

素材 本体フレーム:アルミ合金・フック:ステンレス
サイズ 高さ86・116㎝(収納時5×5×45cm)
重量 800g
付属品 ペグ3本、収納ケース

老舗ブランド「ogawa」のシンプル軽量三脚ランタンスタンド

1914年創業の老舗ブランド「ogawa」が作り上げた、職人技の質の高い三脚ランタンスタンドです。

2サイズのややコンパクトサイズになっています。家族でのキャンプにも良いですが、独りキャンプやツーリングなど荷物を最小限にしたい時に、かなりおすすめです。

その軽さも、何と1㎏切りの800gという軽さには驚きます。確かにバイクでのツーリングなら荷物は軽くコンパクトが必須条件とも言えます。

しっかりペグで固定でき軽量で安定感もあります。ただ、安全性からランタンなどの重量は1.5㎏までの重量制限は守って使用いただくことをおすすめします。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタンスタンド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 本体、開脚バー:アルミニウム(アルマイト加工、アーム:鉄(クロムめっき)、スタンド:鉄(エポキシ樹脂塗装)、アーム部:樹脂/ナイロン、ジョイント部、ロックネジ、キャップ:ポリプロピレン、ポール差し込み部、開脚部:ABS樹脂 )
サイズ 幅70×奥行60×高さ107-190㎝(収納時ポール幅9×奥行3.5×長さ107㎝)
重量 1200g
付属品 ペグ3本

コストパフォーマンスもおすすめ安定感抜群三脚ランタンスタンド

非常に設営が簡単な三脚ランタンスタンドです。サイズ調整はポールを回しながら高さ調整します。

非常に簡単で、本体も軽いため高さ調整なども負担なく扱いやすくなっています。ただ、購入時に商品が届くと、少し想像より大きくかさばる印象のようです。

しかし、コストパフォーマンスには、かなり優れたランタンスタンドになっています。ランタンスタンドとしては十分合格の範囲内と言えそうです。

しかし、ツーリングなどで荷物の大きさを気にする場合には、しっかり購入前に大きさについて検討されることをおすすめします。

まとめ

様々なアウトドアメーカーやランタンスタンド、商品について解説・紹介してきました。

ランタンスタンドも一脚、三脚など、それぞれのメリットやデメリット、特徴を理解するだけで、随分と選び方も異なってきます。

ぜひ、今回のランタンスタンドについての知識を活用してアウトドア生活を満喫してください。

それでは、最後に記事のまとめをおさらいしておきましょう。


  • ランタンスタンドを選ぶ時には、先に一脚か三脚タイプ決めましょう。

  • 組立スタンドの高さが最小100~最大230㎝位と幅広く調整できるものを選びましょう。

  • 特に一脚の場合には、軽量も大切ですが少し重量があっても安定感があるものを選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定