あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
Camp

コールマンランタンの特徴とは?おすすめ9選も紹介

スポシル編集部

公開日 :2021/05/31

更新日 :2021/06/02

不思議な世界観や非日常的な空間を作り出してくれるランタンは、キャンプを行う際には必須のアイテムになっています。

特に数あるランタンの中でもアウトドアに必要な定番のアイテムを多数取り扱っているコールマンのランタンは、商品のバリエーション豊かであること、機能性や品質にも優れていることで多くの人に注目を集めています。

この記事ではコールマンのランタンについてとことん深堀し、コールマンのランタンの魅力から、実際の選び方まで、いろいろな視点から紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

コールマンのランタンの特徴

圧倒的な人気を誇っているコールマンのランタンの特徴として挙げられるのが、豊富な商品の種類の多さと、徹底的にこだわり抜かれたデザイン性、使いやすさにこだわった機能性があります。

最新のデザインからレトロなデザインまでかなり充実しているので、選択肢が多いところも人気の一つになっています。

そして機能性や品質にも優れているので長く愛用できることで、親しみを感じながら使い続けられるところも魅力です。

細かく用途別に分かれているので初心者の人でも選びやすく、使い分けがしやすいところも便利な点と言えるでしょう。

コールマンのランタンの価格帯

コールマンの平均価格は2000円~20000円台とかなり価格の幅が広くなっていますが、これはコールマンが取り扱っているランタンの種類が多いからという理由にも関係しています。

どんな商品にも共通して言えることですが、コールマンのランタンの場合も形や大きさ、その他にも使っている燃料はガスとガソリンどっちなのか、などに条件によって価格が変わります。
そしてメイン用サブ用なのか、充電式なのか電池式なのかなど備わっている機能性によって価格帯が変わってくるのです。
どういう使い方をしたいのか、どれくらいの明かりの大きさが欲しいのか、操作性など、いろいろな観点から考えてみて、その条件に合うものを選ぶのがいいでしょう。

スポンサードサーチ

コールマンのランタンはこんな方におすすめ!

自分の用途にしっかり合うものを見つけたい人、デザインやつくりに凝ったランタンがほしい人、長く愛用できるものがほしい人には、ぜひコールマンのランタンを使ってほしいです。

コールマンのメーカー自体100年以上の歴史がある老舗中の老舗のブランドであり、創業当初からガソリン式ランプやランタンの開発製造に取り組んできたため、その長い歴史の中で培われてきたノウハウは他のメーカーと比較してもずば抜けています。

豊富な商品のラインナップはもちろんのこと、品質と機能性の高さ、シックなデザインも人気を得ており、加えて耐久性にも優れているので、ずっと使い続けることができます。

一台目は有無を言わさずコールマンのランタンを選ぶことをおすすめしたいです。

コールマンのランタンの選び方

コールマンのランタンを選ぶ際、どんなポイントを見ながら自分に合うものを探していけばいいのかを、ここではチェックしていきます。

コールマンに限らず、ランタンを選ぶ際にはぜひ抑えておいてほしいポイントばかりなので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

コールマンのランタンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。


  • 種類で選ぶ | ガス・ガソリン・LED

  • 用途で選ぶ | メイン・サブ・テーブル

  • 給電方法で選ぶ | 充電・電池

種類で選ぶ | ガス・ガソリン・LED


  • ランタンを使うのが初めての人でも使いやすいガスランタン

専用のガスカートリッジでガスを燃やして使うもので、光も強く、広範囲を照らすのにぴったりのメインランタンとしても活躍してくれるのが特徴になっています。

火をつける時、消す時の操作が簡単で、メンテナンスも簡単に行えるので、初心者の人でも扱いやすくなっているのも魅力。

デメリットとして寒い環境には適しておらず、寒さでガス管が冷えてしまうことで光の強さが弱まってしまうことが挙げられます。

そしてガスを燃料としているので、明るさが持続する時間も比較的短くなっており、必ず予備燃料の用意が必須になることもあらかじめ注意が必要です。


  • 光の強さも文句なし、寒い環境でも問題なく使えるガソリンランタン

ガスランタンよりも光の量がかなり大きく、燃焼時間も寒い環境下でも数十時間持続するので、安定性があるのが魅力です。

燃料には揮発性に優れ強力な火力を実現してくれる、ホワイトガソリンが使用されます。

コールマンのガソリンランタンは空気の圧で燃料を送るポンピングで燃料を燃やす設計になっているため、火が点くまで時間が少し必要になるというところを忘れないようにしておきましょう。


  • 安全面ではダントツのLEDランタン

有名なLEDを使用したランタンで、ガスやガソリンと比較しても安全性に優れているので、テントなどの室内でも安心して使用することができます。

今までの電球より長く使用でき、電力の消費も少ないところも魅力。

発光時に紫外線や赤外線などが出ないものであれば、外で使用する際に虫が集まりにくいところも長所になっています。

充電式と電池式があるので自分のスタイルに合わせて選ぶことができます。

最新の技術であるLEDライトを使用しているので、クラシカルな雰囲気を求めている人には合わないかもしれません。

用途で選ぶ | メイン・サブ・テーブル

ランタンを吊るす専用のスタンドなどに取り付け、高めの場所から広い範囲を照らすメインで使用するランタンには、光の量や強さが大きいものを使うことが
必須条件です。

そのためメインランタンには光の量が大きいガソリンランタンやガスランタンを選び、1000ルーメン前後から130W程度の明るさを実現できるランタンをうことをおすすめします。

ここ最近ではLEDランタンでも発光が強いモデルも出てきているので、全種類の中から選んでみるのもありです。

サブで使用するランタンは、テーブルやその周辺に置いて使うことが多いので、なるべくコンパクトサイズのものを選ぶのがいいです。

わざとメインランタンと反対の位置に置くことで、メインランタンにプラスして広範囲を照らすことができます。

外側に吊るしてあるメインランタンに虫を引き付けることによって、サブランタンには虫があまり寄り付かなくなるので、その点でもメインとサブはダブルで使うことをおすすめします。

ガソリンランタンやガスランタンでもいいのですが、LEDでも十分にその役割を果たしてくれるので、自分のスタイルに合わせて選んでみてもいいでしょう。

LEDの場合テント内での使用もできるので、活躍の幅が更に広がります。

最後にテーブルランタンはテーブルの上に置いたり、料理やテーブルの上で何かをする際など、いつも自分自身の一番近くに置くことも多いテーブル用のランタンになります。

テーブルランタンにはガスランタンかLEDランタンを使用するのがおすすめで、光の量は200ルーメン以上あるのがベストです。

テーブルに置くことがメインになるので、可能な限りコンパクトなサイズ選ぶといいでしょう。

また移動時に使用する機械も多いので、持ち運びにも便利なものを選ぶのがおすすめです。

ガスランタンを使う際はランタン自体が熱のため熱くなりやすいので、火傷などに気をつけて使うように心掛けましょう。

給電方法で選ぶ | 充電・電池

主にLEDランタンについていえることですが、ランタンには乾電池式のタイプと充電式のタイプの2種類があります。

乾電池の場合は予備を準備しておけば、その都度電池を交換してすぐに使うことができるので、手間が省けるところがメリットですが、電池の買い足しが必要になるので、コストの面や準備に面倒臭さを感じてしまう人もいるかもしれません。

反対にコストがかからないことが大きな魅力であり、乾電池を使う必要がない分、ランタン本体の重さも抑えられる充電式もメリットはたくさんあります。

しかしその反面で充電をし忘れてしまった場合、ランタン自体が使えなくなるリスクも考えられます。
特にキャンプやアウトドアでは電源を引くのが難しいので、万が一充電が切れてしまった時のことを考えると、なすすべがないというところがデメリットになるでしょう。

それぞれメリットとデメリットがあるので、総合的に判断して選ぶのがおすすめです。

スポンサードサーチ

スタンドとケースもあわせてチェック!

ランタンを使用する際によく一緒に使われる道具にスタンドやケースがありますが、なかなかこの2つの道具についての必要性がわからないという人もいるのではないでしょうか?

実はランタンにスタンドやケースを組み合わせて使うことで、よりランタンの特性や機能性を上手く活用することができるのです。

せっかく大光量があるのにも関わらず、低いところに置いてしまってはその機能性を十分に活かしきることができません。

スタンドに吊るし高い位置に置くことで広い範囲まで光が届き、眩しさを防ぐこともでき、メインのランタンを置くことで虫を引き寄せることも可能です。

その他スタンド自体に給水用のウォータジャグを吊るしたり、ネットを吊るして物を乾かしたり、物を引っ掛けたりなどして使うことができます。

続いてランタンケースはランタンを保管するのに使用するケースですが、わざわざケースに入れなくても買った時の箱にそのまま入れて保管してもいいのでは?と思う人も多いかもしれません。

しかし紙でできている箱の耐久性を考えると長期間使用は難しく、特にガソリンなどのオイルを使用するランタンの場合、たれたオイルが箱に付着してしまうことで、万が一のことが起きる可能性も捨てきれません。

キャンプに頻繁に行く人や、オイルの抜き差しがついつい面倒になってしまう人は、ランタンを安全に管理するためにはケースも必須のアイテムになります。

【メイン用】コールマンのランタン人気おすすめ3選

アウトドア時に広範囲を照らすのに大活躍してくれるメイン用ランタンは、まずランタンを購入する際の1台目として必要不可欠なアイテムと言えます。

コールマンの中で厳選したメイン用ランタンを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

パワーハウスツーマントルランタン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約直径18×35(h)cm
重さ 約1.8kg
明るさ 約300CP/190W相当
連続点灯時間 約7~14時間
タイプ ガソリン

抜群の明るさで広い範囲をしっかりと照らしてくれる

コールマンのランタンの中でも定番中の定番のランタンで、元祖コールマンのランタンといっても過言ではないデザインと機能性を持ち合わせています。

燃料はガソリンを使用、光量が130Wとかなり明るく夜のキャンプも何の不安もなく過ごせます。

燃焼時間も最大14時間とかなりパワフルなので、メイン用のランタンとして何の不足もありません。

どんなものを買ったらいいのかわからない、どれをメイン用として選べばいいのか悩んでいるという人も買って絶対損のしないモデルになっています。

サイズ 約直径17.3×34.3(h)cm
重さ 約1.8kg
明るさ 約360CP/230W相当
連続点灯時間 約7~14時間
タイプ ホワイトガソリン

申し分のない光量と機能性にも非常に優れたモデル

チューブ型のマントルを採用したことでとにかく大光量のモデルになっており、今までのランタンの光量では満足できなかった人も納得して使えること間違いなしです。

コールマンから出ているガソリンランタンの中では新しめのモデルになっており、その分機能性や使いやすさもアップしています。

基本はホワイトガソリンが燃料になりますが、緊急時には無鉛ガソリンの使用も可能です。

持ちやすい設計であったり、ポンピングを行う際の目安になるプレッシャーインジケーターがついていたりと、使いやすさも追及されています。

ホワイトガソリンを使用しているランタンの中では初めての、電池による自走点火装置も付いているので、至れり尽くせりのモデルです。

サイズ W14.5xD14.5xH26 cm
重さ 1.3 kg
明るさ 約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時)約1543lm
連続点灯時間 約4-8時間(470g缶使用時)
タイプ コールマン専用LPガス

優れた機能性はもちろんのこと付属品のソフトケースで管理もしやすい

ガスを燃料とした320キャンドルパワーの大光量で夜も安心、初心者の人でも扱いやすいことから人気の高いモデルになっています。

本体に内蔵されている点火装置であるイグナイターのおかげで、手間もかからず火を点けることが可能になっており、その他の機能性の面でも優れています。

付属品にあらかじめソフトケースが付いているので、保管や移動の際も便利です。

長く愛用できるための工夫もあちこちにされているところも魅力になっています。

スポンサードサーチ

【サブ用】コールマンのランタン人気おすすめ3選

メイン用と一緒に使うことで、相乗効果によりお互いの良さを引き出してくれる効果のあるサブ用ランタン。

メイン用だけではカバーしきれない部分を補ってくれるので、ぜひ上手く使いコールマンの優れたランタンの機能性を活用しましょう。

サイズ 約直径13×高さ29.5cm
重さ 約775g
明るさ 約350ルーメン
連続点灯時間 約15~56時間
タイプ LED

ライトの向きを変えられるのでいろいろな使い方ができる

LEDランタンで逆さにして吊るすこともできるので、より広い範囲を照らすことができます。

LEDなのでテントなどの室内でも安心して使用することができ、クリアベンチレータによって光が上に抜けていくので、反射効果と合わせてにより室内を明るく照らしてくれます。

フロイト加工されたグローブで目にも優しい光になっているところも嬉しいポイントです。

温もりを感じられるライトの色なので、眺めているだけでも心がリラックスします。

サイズ 約直径7.4cm×12.6(h)cm
重さ 約180g
明るさ 200ルーメン
連続点灯時間 約15時間
タイプ LED

温かさを感じるライトの色でテント内でもテーブルランプとしても使える

LEDランタンで操作も難しくなく、温かみのあるライトが心を癒してくれます。

あらゆる方向からの水しぶきにも耐えることができるIPX4に対応した防水機能付きで、雨の日の使用も心配いりません。

他のLEDランタンと比較しても重さがとにかく軽いので、他のアイテムと一緒に吊るして使用することもでき、使い勝手の幅が更に広がっているランタンです。

電池式ではあるものの連続点灯時間は約15時間と申し分なし、消灯中の過放電を防いでくれる電池の無駄な消費を抑えてくれるバッテリーガード付き。

機能性にも大変優れています。

バッテリーロック USBリチャージブルランタン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約直径13×28(h)cm
重さ 1.4kg
明るさ 約350ルーメン
連続点灯時間 約5~70時間
タイプ LED

レトロなデザイン性と最新の機能性を上手く融合させたランタン

見た目からして少しレトロな感じがしますが、LEDランタンかつ最新の便利な機能があちこちに散りばめられているモデルになっています。

あらかじめリチウムイオン電池が本体に内蔵されており、充電式で繰り返し使えるので、電池を準備したり替えたりするのが面倒という人にもおすすめです。

2つの点灯モードがによって約5~70時間の連続点灯も可能になっていたり、ライトの色も白色・暖色の切替もできる、かなりの優れものになっています。

USBポートも付いているので、スマートフォンなどの充電もできるモバイルバッテリーの役目も兼ね備えている万能ランタンです。

底面には収納式のフックが付いており、どこかに掛けたりぶら下げたりいろいろな使い方もできるようになっています。

【テーブル用】コールマンのランタン人気おすすめ3選

ただ吊るしておいて照らす役割だけでなく、テーブルに置いたり、何かをする時や移動時にも使う、自分たちの一番身近で使うランタンになるので、使い勝手や持ち運びのしやすさなど細かいところまで見て選びたいランタンになっています。

自分に合うものをぜひ見つけてみてください。

サイズ 約直径7.3×6×18.3(h)cm
重さ 約210g
明るさ -
連続点灯時間 約28~38時間(230g缶使用時)
タイプ LPガス

見ているだけで癒されるキャンドル風ランタン

ガスランタンで炎もリアルに再現してくれる、グッドデザイン賞も受賞した、キャンドルを思わせる非常にオシャレな魅力溢れるランタンです。

マントル不要で着火でき、操作も簡単に行えるので初心者の人でも十分に扱うことができます。

その時の用途や気分に合わせて、炎の大きさは調節可能になっています。

炎を取り巻くホヤはガラスでつくられているので、使用しないと時は付属の専用プラスチックケースに保管する必要があります。

特別なキャンプの夜を演出してくれる、特別感を感じられるモデルです。

サイズ 約直径14.5×23.5(h)cm
重さ 約1.2kg
明るさ 最大約800lm
連続点灯時間 約20~196時間
タイプ LED

外でも室内でもマルチに使える実用的な機能を存分に兼ね備えたモデル

24個のLEDを搭載させた最大約800lmの光量を持つ非常に明るいランタンで、外でも室内でもどこでもしっかりと広い範囲を照らすことができます。

発光パネルは4つに分割することができ、マグネット式なので着脱も簡単、使用用途に合わせてランタンの形を自由自在に変えることができます。

USBポート付きなのでスマートフォンやラジオなどの充電も可能。

キャンプやアウトドア以外にも自宅に防災用として備えておいても、申し分のない機能性を持っているので、一台あるといろいろな使い方ができるところも大きなメリットです。

サイズ 約o12×9×19(h)cm。
重さ 650g
明るさ 約10~400lm
連続点灯時間 -
タイプ LED

充実した機能がフル装備され持ち歩きの際にも便利

さまざまな便利な機能や光量をバランスよく兼ね備えたモデルです。

LEDランタンである長所を生かし、2つの発光パネルの取り外しも可能になっているので、光を自由に使うことができます。

この発光パネルは本体に再度取り付けることで自動に充電してくれるという、かなり画期的な面も持っています。

IPX4相当の防水性能があるので多少濡れても問題ないので、更に使用できる幅が広がります。

USBポート付きなのでスマートフォンの充電も可能、その他にもいろいろと便利な機能がついているので、多機能型のモデルがほしい人にはおすすめです。

スポンサードサーチ

コールマンのランタンスタンドならこれ!

コールマンのランタンの優れた機能性をより上手く活用するための大事なアイテムです。

ランタンを吊るすだけでなく、物を引っかけたりその他の用途にも使えるものなので、なるべく耐久性に優れたものを選んでみることをおすすめします。

サイズ 高さ約109~226cm
重さ 約1.4kg
材質 アルミニウム、スチール、ナイロン他

ランタンを吊り下げる位置を細かく決められる便利なスタンド

一見非常にシンプルなつくりに見えますが、スライド式で高さを10段階で調整することが可能です。
シチュエーションや使用用途に応じてランタンを吊り下げる位置をしっかりと決めることができる、ランタンの機能性を十分に引き出すことができるスタンドになっています。

脚が引っ掛かりにくい構造になっているので使用時にも不便なく、組み立てのしやすさも人気を得ています。

使用しない時はかなりコンパクトな大きさまで小さく分解することができ、付属の収納ケースに入れれば保管も持ち運びも便利です。

おすすめのコールマンランタンケースはこれ!

大切なランタンを保管したり、持ち運ぶ際に必須アイテムになっているランタンケースは、長くランタンを使用するためにもぜひ使ってほしいアイテムです。

安心安全に使うためにも重要な役割を果たしてくれるので、ぜひ一緒に使うようにしましょう。

サイズ 約19×19×33(h)cm
重さ 約345g
材質 EVAフォーム他

衝撃からもしっかりと守ってくれるランタンの保管には必須のアイテム

持ち手付きで、ランタンの収納や持ち運びの際に大活躍してくれるケースです。

収納しやすいようにケース全面を開けられるフルオープンファスナー採用し、素材にはEVAフォームを使っているので、しっかりとランタンをあらゆる衝撃から守ってくれます。

使用しない時は折りたたんでコンパクトにすることもできるので、場所を取りません。

数種類のサイズの中から選べるので、自分の持っているランタンの大きさに合ったものを選ぶことができます。

スポンサードサーチ

まとめ

コールマンのランタンについて詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

老舗メーカーのランタンであるが故に品質はもちろんのこと機能性にも優れており、レトロなデザインが好きな人には特に人気が高いものになっています。

アウトドアには必要不可欠なアイテムなので、まず最初の1台目にはぜひコールマンのランタンを手に取ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定