あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
Camp

人気のLEDランタンを紹介!おすすめメーカー・選び方も解説

スポシル編集部

公開日 :2021/05/31

更新日 :2021/06/18

私たちの日常生活の中でもとても身近な存在になっているLED。

そんなLEDはキャンプなどのアウトドアのシーンでも、LEDランタンとして大活躍しています。

わざわざ火を点けるための事前準備や手順も必要なし、スイッチを押せばすぐに点灯するので、初心者の人でも簡単に使える手軽さも人気です。

最近では用途に合わせて非常に多くの種類のLEDランタンが発売されており、購入時どれを買えばいいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

今回はLEDランタンを使用するメリット、おすすめのメーカーや選び方など、LEDランタンを徹底解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

LEDランタンとガスランタン・ガソリンランタンとの違い

ledランタン_1
ランタン初心者の人でも扱いやすいガスランタン
専用のガスカートリッジが燃料となっており、大光量で広い範囲を照らすことができるメインランタンとしても活躍することが多いです。

点火時、消化時の操作も比較的簡単で、メンテナンスの手間もかからないので、本格的なランタンを使ってみたい初心者の人でも安心。

寒さが原因でガス管が冷え光が弱くなることがあるので、冬や温度の低い環境で使用するにおすすめできません。

またガスが燃料なので、使用できる時間や明るさが持続する時間が比較的短くなっているため、予備燃料の用意が必須となっています。

光の強さも十分、環境に左右されず使用できるガソリンランタン
ガスランタンと比較しても光量が大きく、寒さも関係なし、どんな環境でも数十時間燃焼可能で、火が安定しているところがポイントです。

ガソリンランタンは、空気の圧を利用して燃料を送るポンピングを取り入れているモデルが多いため、点灯に時間が少しかかることがあります。

機能性、安全面など総合的にバランスが良いLEDランタン
私たちの生活の中では既に身近な存分であるLEDを使用しているランタンです。

ガスやガソリンと比較してみると、操作性はもちろんのこと、とにかく安全性に優れておりテントや室内でも安心して使用できます。

電球より長く使用できること、電力消費も抑えられるところもポイント。

発光時に紫外線や赤外線などが出ないモデルであれば、虫が集まりにくいところも長所と言えるでしょう。

充電式と電池式があり、燃料など余分に準備する必要もなく、荷物が増えることもありません。

デメリットとしては、照明器具を思わせるモ電子的なモデルが多いので、自然でゆらゆら揺れるようなナチュラルな光を求めている人には不向きです。

LEDランタンのメリット

ledランタン_2
LEDが既に便利なものであることが多くの人に認知されていますが、LEDランタンとしてどんな良いメリットを持っているのかを紹介。

さまざまなメリットがありますが、ここでは特にお伝えしたい3つのメリットについて見ていきます。


  • 点火に必須のマントルも必要なし、メンテナンスもほぼする必要がない

  • 外気の気温を心配する必要がなく、どんな環境でも使用できる

  • 本体に熱が発生しないので取り扱いしやすい

点火に必須のマントルも必要なし、メンテナンスもほぼする必要がない

LEDランタンはメンテナンスをする必要がほとんどありません。

もしメンテナンスをするとなれば、布で軽く拭いてあげる程度でしょう。

ガスランタンやガソリンランタンは、点火に必須のマントルという部分の交換が必要であったり、定期的にその他の部品交換や掃除をする必要があります。

メンテナンスに手間がかかり、部品代などのコストがかかることも。

それに引き換えLEDランタンは故障などしない限り、部品を交換する必要もなく、大きなメンテナンスや掃除をする必要がありません。

外気の気温を心配する必要がなく、どんな環境でも使用できる

寒い場所だとガスやガソリンランタンの場合、本体や燃料が冷えてしまうことで、火の強さや持続力が安定しないことがあります。

ですが、LEDランタンは寒さに影響されることはほぼありません。

電源が電池や充電のため、あまりにも寒すぎると影響を受けることもあるかもしれませんが、他のランタンと比較してもその差は歴然です。

本体に熱が発生しないので取り扱いしやすい

他のランタンと大きく異なっているのが、器具自体が高熱にならないというところです。

燃料が燃えることによって火が点くランタンは設計の特性上、どうしても本体に熱を持ち高温になります。

そのため熱を持ったランタンを操作したり移動させようと思うと、持つことが難しいことが不便に感じたり、火傷の危険性があったりというデメリットが出てくるのです。

LEDランタンも連続点灯しているとわずかに本体が熱くなる場合もありますが、やはり他のランタンと比較すると非常に安心して使うことができます。

スポンサードサーチ

LEDランタンのおすすメーカー

現在さまざまなメーカーからLEDランタンが発売されていますが、特にその中でも人気を集めているメーカーを紹介してきます。

LEDという共通の部分は持っているものの、それぞれのメーカーが自社にしかない工夫を凝らしてつくっているので、どんな違いがあるのかぜひ比較してみてください。


  • Panasonic(パナソニック)

  • Coleman(コールマン)

  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

  • WAQ(ワック)

  • Superway(スーパーウェイ)

  • BRISIE(ブリージー)

  • GENTOS(ジェントス)

Panasonic(パナソニック)

あの松下幸之助が創業者の、知らない人はいない超有名メーカーであるパナソニック。

日本生まれの大手電機メーカーで、家電製品から照明器具、リチウムイオン二次電池などの車に関するものまで、幅広く手掛けています。

もともとは電球用ソケットの製造販売から始まった会社なので、実は照明器具に関しての膨大なノウハウを持っているメーカーなのです。

現在LEDを使ったさまざまな照明器具も製造販売されており、その中にランタンとしての機能も十分に果たしてくれる、アイテムもたくさんあります。

品質、機能性、総合的に安定している商品ばかりで、ユーザーからの人気も抜群。

Coleman(コールマン)

ウィリアム・コフィン・コールマンが創業者である、アメリカ発祥のアウトドアメーカー。

ランタンはもちろんのこと、現在ではさまざまなアウトドア商品を扱っており、ファンも多く世界中で人気を集めています。

コールマンも創業当時からガソリン式ランプを始めとして、さまざまなランタンの開発製造を行ってきたこともあり、ランタンに関してのノウハウも十分です。

LEDランタンでもその地位は揺らいでおらず、音楽と共に光を楽しめたり、携帯電話の充電など、さまざまな機能を兼ね備えたランタンも製造しています。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

新潟県生まれのパール金属株式会社が扱っているブランドの中の一つが、このキャプテンスタッグです。

さまざまな家庭用品を開発していた中、アメリカでの市場調査の際に目にした家族団欒でバーベキューを行っている様子に衝撃を受け、キャプテンスタッグが生まれました。

大型から小物まで幅広いアウトドア用品を製造していますが、サイクリング用品やカヌー用品など、更に扱う商品が増えていっています。

コストパフォーマンスが良く、特徴的なデザインや、さまざまな工夫を凝らしているランタンも人気です。

WAQ(ワック)

歴史は浅いメーカーですが、ここ最近特に人気を集めているワック。

アウトドアをしたことがない人にもその魅力を伝えたい、ということで生まれた日本のメーカーです。

ワンタッチ式で組み立てられるテントをからスタートして、現在はさまざまなキャンプ用品を展開しています。

特にそれらのアイテムの中でも人気が高いのが、充電式LEDランタンです。

コンパクトサイズで使いやすいことがもちろんのこと、十分な光量を持ち照明の色合い調整も可能、スマホの充電もでき、付属品も充実。

全ての面おいて満足できるという点で、ユーザーからの支持も厚くなっています。

Superway(スーパーウェイ)

中国生まれのメーカーになっており、中国国内に3つの工場を持ち、さまざまな家具をメインに製造販売しています。

質の高さ、デザインや使い勝手の良さ、機能性など、総合的に優れた商品を日々研究開発しているメーカーです。

光量は通常メールやワットなどの単位で表記されることが多く、いまいちどれぐらいの光量なのかわからないと思ったことはありませんか?

このスーパーウェイのランタンに関しては、明るさを数値で表示し、明るさなのイメージが掴みやすいということでユーザーに人気を集めています。

商品自体の感想は賛否両論あるものの、総合的には申し分ないとのユーザーの声が多く、最近注目を集めているメーカーです。

BRISIE(ブリージー)

ブリージーは、主にLEDランタンやドライブレコーダーなどの電子機器をメインに取り扱っている、中国生まれのメーカーです。

「より良い製品でより良い生活を」のメッセージを掲げ、ユーザーに合った製品開発を行っています。

他社と比較すると、そこまで大きい規模を誇るメーカーではないものの、その分細かい部分にまでこだわった商品づくりを行っているのが特徴です。

LEDランタンに関しては取り扱っている種類はまだ少ないものの、コストパフォーマンスが高いことで人気を集めています。

GENTOS(ジェントス)

ジェントスはLED製品メインに扱っている日本のメーカーです。

光は必要不可欠な存在であり、暮らしに欠かせないパートナーグッズであることをテーマに掲げ、さまざまな商品開発を行っています。

アウトドアだけでなく、日常生活や工場、緊急時などいろいろな場面で使用できる、光のアイテムを日々提供しているところも特徴です。

ジェントスの商品は、品質に優れているところ、そして種類の多さも魅力。

ランタンだけでなくヘッドライトやデスクライトまで、さまざまなアイテムを揃え、買いやすい価格設定になっています。

LEDランタンの選び方

実際にランタンを選ぶ際、一体どんなことに重点を置いて選んでいけばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか?

ここではそんな悩みを解消できるように、LEDランタンを選ぶ際にぜひ大事にしてほしい3つのポイントについて紹介していきます。


  • 給電方法で選ぶ | 充電・電池

  • 使用場所で選ぶ | メイン・サブ・テント内

  • 明かりの色で選ぶ | 暖色・白色

給電方法で選ぶ | 充電・電池

LEDランタンの電源になる給電方法には充電式と電池式の2種類があります。

充電池式の場合、自宅のコンセントやUSBケーブルを使っての充電が可能なので、わざわざ乾電池を買いに行く必要もなく、コスト面でも抑えられます。

事前に充電をしておかなければならないという手間はありますが、やはり便利で気軽に使用できるという点は揺るがないでしょう。

商品によって異なりますが、外で充電しなければならなくなった場合でも、車のシガーライターなどで充電できるものもあるので便利です。

乾電池式の場合は、万が一電源が切れてしまっても電池交換のみで継続して使用することができるので、何の手間もかからず

再度すぐに使えるというところが魅力になります。

デメリットとしては予備の電池を用意しておくこと、電池を購入するお金が必要になることです。

どちらもメリットとデメリットを持ち合わせているので、それぞれを考慮したうえで自分に合うものを選択してみてください。

使用場所で選ぶ | メイン・サブ・テント内

ランタンを上手く活用するには、それぞれの場所ごとに適した機能や光量を持つランタンを置いてあげることが大切です。

そしてLEDランタンの明るさを示す単位にはルーメンが使われており、光のもととなる位置からすべての方向に放射される光量を表わしています。

この数値が大きければ大きいほど光は明るくなるので、その部分も考慮してランタンを選ぶようにしてみてください。

メインランタンの場合、広範囲を照らす必要があるので、一般の電球でいう80ワット程度の明るさにあたる、1,000ルーメン程度のものを選ぶようにしましょう。

これくらいの明るさであれば、広範囲を十分に照らしてくれるパワーがあるので、夜のキャンプでも安心です。

サブランタンを含め、テント内で使用する場合は、一般の電球でいう20~30ワット程度の明るさにあたる、50~300ルーメン程度のものがおすすめ。

ルーメンの数字だけ見てみると、メインランタンよりかなり暗いように思えます。

しかし、あくまでもサブランタンやテント内で使用するランタンは、メインランタンでカバーしきれない細かいエリアをサポートするためのものなので、そこまで大きな光量は必要ありません。

逆に明るすぎてしまうと、眩しかったり目が疲れてしまったり、強い光によって虫を集めてしまう可能性もあります。

そのためサブランタンはメインランタンより、暗めにしておくことがポイントです。

もし吊り下げて使用したい場合、移動時にも使用したい場合は、あまりランタン自体の重さが重くないものがいいでしょう。

そしてLEDランタンにはランタンとしてだけでなく、その他の便利な機能がついた多機能型のものも増えてきています。

ランタン以外の機能がほしい人は、その部分を兼ね備えているモデルを選んでみてもいいかもしれません。

明かりの色で選ぶ | 暖色・白色

明かりの色によって見えやすさもそうですが、場の印象や雰囲気ががらっと変わるので、ランタン選びの際は明かりの色にもぜひ注目してみてほしいです。

明かりの色の調整ができるのは、LEDランタンだからこそなせる技でもあります。

料理など何か細かい作業を行う際に使用するならば、白色がおすすめです。

蛍光灯に近い色合いになっているので、明るく見えやすく、くっきりとしっかり照らしてくれます。

逆にゆったりとした雰囲気や、落ち着いた空間を演出した場合は、やすらぎを与えてくれるオレンジ色の光を持つ暖色がいいでしょう。

白色と比較するとはっきり照らすという点では劣ってしまますが、リラックスできる空間をつくることができるので、テント内で使用するのもおすすめです。

スポンサードサーチ

LEDランタン人気おすすめ10選

LEDランタンについて詳しくなったところで、ここからはぜひ実際に使ってみてほしいおすすめのLEDランタンを紹介していきます。

どれも優れた機能や特徴を持っている商品ばかりなので、お気に入りのものを見つけるのは難しいかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてください!

サイズ 約60×60×125mm
重量 -
連続点灯時間 強モード時は60時間/弱モード時は1100時間
明るさ -
給電方法 乾電池

シンプルな形で使い勝手も抜群

いかにも電球という非常にシンプルなデザインですが、あえての球形状を用いたこのデザインだからこそ、広く範囲を照らすことができるのです。

ランタンでも懐中電灯としても使用可能になっており、なんと小雨の中でも使用できる防滴構造になっています。

明るさは2段階で調整可能になっており、強モード時は60時間、弱モードでは1100時間と連続点灯時間も十分。

電源用の乾電池エボルタNEOが付いており、届いた時点でその場ですぐに使用できるので、電池を買い忘れた!なんて心配もありません。

パナソニックの電池と一緒に使うことによって、更に電池寿命がよくなっています。

寝る際に枕元に置いて使ってもよし、暗い場所での作業時に使ってもよし、いろいろなシーンで幅広く活躍してくれること間違いありません。

コールマン ランタン バッテリーガード LED 600

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約直径10.0cm×20.8(h)cm
重量 約490g
連続点灯時間 High 約30時間/Low 約200時間
明るさ High 600ルーメン/Low 75ルーメン
給電方法 乾電池

電池を長持ちさせる工夫がされている

コールマンのバッテリーガードシリーズは、電池を入れたまま置いておいても消灯中の過放電を防いでくれるので、電池の寿命も長くしてくれます。

災害時はもちろんのこと、電池の液漏れも防いでくれるため、電池を入れっぱなしにしがちな人にもおすすめです。

光の色は暖かさを感じられるウォームカラーになっており、サブランタンとしてテーブルの上に置いたり、テント内での使用にも向いています。

全方向からの水しぶきにも耐えられる防水性能を誇る、IPX4対応なので天候が悪い時でも使用可能になっているところも魅力です。

ランタンに精通したコールマンだからこそ実現できる、品質、機能性、耐久性の高さをひしひしと感じられるランタンです。

コールマン ランタン マルチパネルランタン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 直径14.5×23.5(h)cm
重量 約1.2kg
連続点灯時間 約20時間(High)、約120時間(Mid)、約400時間(Low)、4本/約13時間(High)、約69時間(Mid)、約196時間(Low)
明るさ 約20時間(High)、約120時間(Mid)、約400時間(Low)、4本/約13時間(High)、約69時間(Mid)、約196時間(Low)、パネル/約3時間 (High)、約14時間(Low)、約4時間(Spot)、約800lm(High)、約200lm(Mid)、約100lm(Low)、4本/約500lm(High)、約140lm(Mid)、約60lm(Low)、パネル/約100lm(High)、約25lm(Low)、約100lm(Spot)
給電方法 充電

コールマン ランタン マルチパネルランタン

キャンプなどのアウトドアではもちろんのこと、緊急時や防災時にもしっかりと大きく役立ってくれるランタンです。

自宅に防災用のランタンとして置いておいても便利。

最大約800lmの明るさで外でも室内でも、しっかりと広い範囲を照らしてくれます。

4つに分割できるかなり珍しい特徴を持っている発光パネルは、このモデルの大きな特徴1つ。

さまざまな使い方ができるのはもちろんのこと、背面についている可動式ハンドルはスタンドにもなるので、それぞれが使いたい場所で使用することも可能です。

料理の準備や後片付け、テント内での就寝時など、いろいろな場面で活躍してくれます。

ランタンとしての機能はもちろんのこと、充電ができるUSBポート付きなので、多機能型のLEDランタンを探している人にもおすすめです。

サイズ 約o12×9×19(h)cm。
重量 約650g
連続点灯時間 -
明るさ 約400lm(ルーメン/High)、約40lm(ルーメン/Low)、[パネル]約100lm(ルーメン/High)、約10m(ルーメン/Low)、約100lm(ルーメン/Spot)
給電方法 乾電池

明かりを持ち歩くことができる万能モデル

2つの発光パネルの取り外しができるので、移動の際には必ず持ち歩きたいアイテムになること間違いなしです。

それぞれのパネルや本体を、好きな場所に置いて光をレイアウトして使うことができるので、お気に入りの自分の空間をつくることもできます。

発光パネルを取り外しても、本体は光ったままでランタンとして機能を果たしてくれるのでお得感も満載です。

取り外した発光パネルは本体に戻すことで自動充電してくれるので、いつでも自由な使い方だできるところも大きな魅力。

USBポート付きで携帯電話やラジオなどの充電も可能になっています。

全方向からの水しぶきに10分間耐えるることができる、IPX4対応なので少し雨などに濡れても問題ありません。

サイズ 約直径129×246mm
重量 約1.22kg
連続点灯時間 -
明るさ 1300ルーメン、昼白色/660ルーメン、暖色/600ルーメン
給電方法 乾電池

大光量の圧倒的なパワーでメインランタンとしても使える

コンパクトな大きさにも関わらず1300ルーメンの明るさという大光量を持っているので、メインランタンとしても十分に活躍してくれるランタンです。

キャリングハンドル付きなので吊るして使ったり、本体を吊すための便利なハンガーフックも付いているので、テント内での使用もおすすめ。

電池式なので充電のし忘れなどの心配もなし、急な停電や緊急時にも大いに役立ってくれるモデルになっています。

白色、昼白色、暖色の3段階の調色機能付きなので、シーンに応じての使い分けも可能。

スローライティングスイッチや、インスタントオフスイッチによって操作も簡単。

キャンドルモードも搭載しているので、本物の炎のような光を楽しむこともできます。

サイズ 約直径73×158mm
重量 約400g
連続点灯時間 18時間
明るさ 450ルーメン
給電方法 乾電池

サブライトにもぴったり、その他にも嬉しい機能が満載

使いやすい適度な光量で、活躍できるシーンも多彩です。

ビルトインフックを使えば吊るして広範囲を照らすことができ、ハンガーフックを使えばテント内でも便利に使えます。

白色、昼白色、暖色と光の色を3段階で調整可能なので、自分の好きな色、その場に合った光の色選びが可能、夜の活動をしっかりサポート。

スローライティングスイッチ、インスタントオフスイッチで細かい部分まで簡単に操作できるので、初心者の人でも使いやすくなっています。

さまざま調整を行う際の操作もスイッチ1つで可能なのなところも魅力。

本物のキャンドルの光をリアルに再現しているキャンドルモードも人気です。

事前に電池の準備をしておけば、防災用や非常用のランタンとしても使用することができます。

キャプテンスタッグ 雷神 COBランタン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約)幅130×奥行き130×高さ210mm
重量 約630g
連続点灯時間 約:HIGH=8時間、MIDDLE-1=20時間、MIDDLE-2=30時間、LOW=200時間
明るさ 約1000ルーメン
給電方法 乾電池

強力な光でコストパフォーマンスにも優れたモデル

1000ルーメンの大光量の明るさがある、メインランタンとしても活躍してくれるランタンです。

買いやすいお財布にも優しい価格設定なので、価格に見合ったモデルになっており、コストパフォーマンスにも優れています。

まずはとりあえずLEDランタンを使ってみたいという人に、1台目のランタンとしてもおすすめです。

明るさは細かく4段階で調整可能なので、その場の状況や用途に応じて、ぴったりな明かりを選ぶことができます。

アウトドアでも活躍してくれますが、その他コテージでの宿泊や車内泊などで使用する、サブランタンとしても使用可能になっています。

機能性としてはランタンのみですが、逆に余計な機能がついていないノーマルでシンプルなLEDランタンがほしい人にはおすすめです。

サイズ 8.1x8.1x2.6cm
重量 220g
連続点灯時間 最長100時間
明るさ 最大1000lm
給電方法 充電

隅々までこだわって作られた多機能型LEDランタン

ここ最近かなりの人気を得ているLEDランタンで、ユーザーからの支持も厚い、実用性に優れたランタンになっています。

コンパクトなその本体からは想像もつかない最大1000ルーメンの光量を持ち、メインランタンとしても十分に使用できるランタンです。

その場に応じて3つの点灯パターンが選択できたり、4段階の調光機能など光に対するこだわりを感じられる機能もいろいろと搭載されています。

あらゆる面で優れた機能性を感じることができ、使い勝手もばっちり。

10,000mAhモバイルバッテリ機能も付いているランタンなので、携帯はもちろんのこと、その他の電気製品の充電も十分に可能です。

本体の機能をフルに使いこなすための、充実した付属品の数々も嬉しいポイントです。

サイズ 横70×縦108mm
重量 -
連続点灯時間 -
明るさ -
給電方法 充電

ランタンとモバイルバッテリー2つの役割を果たしてくれる

ランタンとしての機能はもちろんのこと、大容量モバイルバッテリーの機能も付いており、携帯電話だけに限らずタブレットなども充電も可能になっています。

モバイルバッテリーとしての役割もしっかり果たしてくれるので、普段カバンの中に入れて充電器として使用するのもありでしょう。

光の色合いを昼光色、電球色、昼白色と3色で切替ることができるので、自分が好きな色合いの選択も可能です。

使い勝手がよく、さまざまシーンで使用することができる、マルチなランタンになっています。

IP65等級防水防塵の認証を受けているので、雨や砂にも強く、どんな環境下でも使用可能。

コンパクトサイズで重さも軽く、持ち歩きの際にも便利なランタンになっています。

サイズ 直径80mm x 60mm
重量 198g
連続点灯時間 -
明るさ ハイモード:196ルーメン、ローモード:24ルーメン、ミドルモード:64ルーメン
給電方法 充電

さまざまシーンで活躍してくれるどこでも使えるランタン

IP65の防水機能と防塵認証取得済みなので、濡れても、落としても、何の心配もする必要のない強力なボディを持っています。

ボディの強さももちろんですが、機能性にも優れているので、どんな環境下でもどんな場所においても、選ばず使用できるランタンです。

マグネットと吊り下げ用のフックも付いているので取り付けも簡単、使いたい場所ですぐに使うことができます。

モバイルバッテリーの機能もついているので、携帯電話の充電も可能です。

サイズもコンパクトで軽く、持ち歩きにも便利、保管の際も場所を取らないので、自宅でも使用するのにもぴったり。

電球色が暖かなオレンジ色なので、サブランタンやテント内での使用に向いている商品になっています。

まとめ

一昔前まではLEDランタンはちょっとしたライトとして使用されることが多かったですが、最近ではかなり大きな進化を遂げています。

最近では大光量ものも多くなり、活躍できる場面も圧倒的に増えてきました。

LEDを使っているからこそ搭載させられる機能がたくさんあるのも、LEDランタンの大きな魅力といえるでしょう。

使い勝手も抜群、操作も簡単なLEDランタンを、ぜひ使ってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定