シットオン トップ カヤック
2018年10月31日

初心者の方必見!シットオントップカヤック人気おすすめ10選!

ここでは、おすすめのシットオンカヤック10選を紹介しています。そのため、シットオンカヤックを購入しようと考えている人は参考にしてください。
シットオンカヤックは、カヤックの種類の一つであり、さまざまな特徴があります。カヤックはボートに比べると転覆してしまいやすいですが、カヤックの中でもシットオンカヤックは転覆しにくい特徴があります。転覆してしまいやすいフィールドや操縦に慣れていない初心者におすすめのカヤックでもあります。

スポンサードサーチ

シットオントップカヤックとは??

シットオントップカヤックとは、カヤックの上に乗るタイプのカヤックです。シットオンとは別にシットインカヤックもあります。シットオントップカヤックを購入しようと考えている場合は、シットオントップカヤックの特徴をよく理解しておくことをおすすめします。

また、シットオンカヤックは、誰でも簡単に操作できると説明される場合もありますが、軽い気持ちで挑戦してしまうと思わぬ事故に発展してしまう場合もあるため注意しましょう。

シットオントップカヤックの特徴をご紹介!

フィッシングに最適な安定性

カヤックは川や海の中で漕ぐだけではなく、フィッシングを行う事もできます。フィッシングを陸上からする場合は、糸を垂らせるポイントが限られてしまいます。そのため、あのポイントで釣りをしてみたいと考えたことがある人も多いのではないでしょうか。そのような方にはシットオンカヤックがおすすめです。

シットオンカヤックは、バランスを取りやすいカヤックなため、魚がかかっても転覆することを予防することができます。身体を自由に向きに変えることができるため、吊り上げる際に変な体勢になることもありません。

積載量の多さ

シットオンカヤックは、他のカヤックに比べて積載量が多いです。そのため、上記で説明したようにフィッシングにもおすすめです。また、二人乗りのシットオンカヤックも多く販売されています。シットオンカヤックは好きな物を持ちこむことができますが、カヤックごとに最大積載量が決められているため確認しておくことをおすすめします。いくら積載できるスペースが広くても好きなだけカヤック内に持ち込んでしまうと、転覆や沈没してしまう危険性があるため注意が必要です。

手軽な乗り降り

シットオンカヤックのメリットの一つであるのが乗り降りの手軽さです。シットインカヤックとは違い、カヤック内に身体を入れるのではなく、上に乗っているだけなため、簡単に乗り降りすることができます。
万が一転覆してしまった際も、再び乗ることが簡単で特別な技術も必要ありません。カヤックの乗り降りは不安定な水の上で行うため、慣れるまで難しいと感じる場合は多いです。
しかし、シットオンカヤックは、バランスも安定しているため、より乗り降りがしやすいです。

重量

カヤックはタイプによって軽量化されているカヤックもあれば、重量があるカヤックもあります。重量があれば持ち運びが困難になり、水辺までの移動が手間に感じてしまいます。

折りたたみ式や組み立て式のカヤックならコンパクトで運搬しやすいですが、それ以外のカヤックは、カヤックカートを購入することをおすすめします。カヤックカートにも普通のタイヤとバルーンのタイヤの種類があります。フィールドに合わせたカヤックカートを購入する必要があります。

波による危険

シットオンカヤックはカヤックの上に乗っているだけなため、波によるしぶきを直接浴びてしまいます。そのため、渓流下りや海をシットオンカヤックで行ってしまうとスブ濡れになってしまいます。シットオンカヤックを使用する場合は、フィールドの事を考えて波がある場合は、濡れないような格好をすることをおすすめします。

また、渓流下りや海でカヤックを頻繁に使用する場合は、シットインカヤックがおすすめです。シットインカヤックでは、カヤック内が波しぶきで濡れることを予防することができます。

スポンサードサーチ

シットオントップカヤック人気おすすめ10選!

【ノーブランド品】ナイロン 生地 ブラック 快適 シットオン トップ カヤック カヌー ボート シート 背もたれ バックバッグ付き

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

重量
サイズ 46x 33センチメートル/ 18.1×13インチ 素材 ナイロン、生地

【ノーブランド品】ナイロン 生地 ブラック 快適 シットオン トップ カヤック カヌー ボート シート 背もたれ バックバッグ付きのおすすめポイント

  • ほとんどのシットオントップに嵌合されることを可能にする完全に調整可能なストラップ
  • 背面の後部には便利な収納ポーチを装備
  • ボートとの結合も簡単

KOZEEY快適 背もたれ シート バック シットオン トップ カヤック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

重量
サイズ 約52x 23センチメートル 素材 ナイロン

KOZEEY快適 背もたれ シート バック シットオン トップ カヤックのおすすめポイント

  • 快適&安全のための滑り止めパッド入りの座面
  • ほとんどのカヤックやカヌーに合わせて調整することが可能
  • ウェビングのストラップを装備しており、丈夫な場所にも固定可能

SONONIA 背もたれ シート バック シットオン トップ カヤック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

重量
サイズ 52x 23センチメートル 素材 ナイロン

SONONIA 背もたれ シート バック シットオン トップ カヤックのおすすめポイント

  • 乗り心地をUPさせるパッド入りの座面
  • どんなカヤックにも着脱可能
  • 簡単取り外し!

Docooler カヤック 後部シート クッションシートパッド 軽量ナイロンパッド シットオントップカヤック用クッション

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 118 g
サイズ 40x35cm/15.7x13.8インチ 素材 エチレン酢酸ビニルコポリマー、ナイロン、テープ

Docooler カヤック 後部シート クッションシートパッド 軽量ナイロンパッド シットオントップカヤック用クッションのおすすめポイント

  • 両面フォームテープはカヤック後部シートに密着
  • パッド入りクッションは座骨を快適にサポート
  • 長時間カヤックを漕ぐ際に最適
重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

まとめ

カヤックにはさまざまな種類があるため、使用用途やフィールドによって使い分けることが必要です。ここでは、カヤックの種類の一つでもあるシットオンカヤックについて説明しています。また、おすすめのシットオンカヤック10選も紹介しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

※承認後に表示されます。