あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
kayak

初心者の方必見!シットオントップカヤック人気おすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/31

更新日 :2020/01/15

ここでは、おすすめのシットオンカヤック10選を紹介しています。そのため、シットオンカヤックを購入しようと考えている人は参考にしてください。
シットオンカヤックは、カヤックの種類の一つであり、さまざまな特徴があります。カヤックはボートに比べると転覆してしまいやすいですが、カヤックの中でもシットオンカヤックは転覆しにくい特徴があります。転覆してしまいやすいフィールドや操縦に慣れていない初心者におすすめのカヤックでもあります。

目次

スポンサードサーチ

シットオントップカヤックとは??

シットオントップカヤックとは、カヤックの上に乗るタイプのカヤックです。

シットオンとは別にシットインカヤックもあります。

シットオントップカヤックを購入しようと考えている場合は、シットオントップカヤックの特徴をよく理解しておくことをおすすめします。

また、シットオンカヤックは、誰でも簡単に操作できると説明される場合もありますが、軽い気持ちで挑戦してしまうと思わぬ事故に発展してしまう場合もあるため注意しましょう。

シットオントップカヤックの特徴をご紹介!

フィッシングに最適な安定性

カヤックは川や海の中で漕ぐだけではなく、フィッシングを行う事もできます。

フィッシングを陸上からする場合は、糸を垂らせるポイントが限られてしまいます。

そのため、あのポイントで釣りをしてみたいと考えたことがある人も多いのではないでしょうか。そのような方にはシットオンカヤックがおすすめです。

シットオンカヤックは、バランスを取りやすいカヤックなため、魚がかかっても転覆することを予防することができます。

身体を自由に向きに変えることができるため、吊り上げる際に変な体勢になることもありません。

積載量の多さ

シットオンカヤックは、他のカヤックに比べて積載量が多いです。

そのため、上記で説明したようにフィッシングにもおすすめです。また、二人乗りのシットオンカヤックも多く販売されています。

シットオンカヤックは好きな物を持ちこむことができますが、カヤックごとに最大積載量が決められているため確認しておくことをおすすめします。

いくら積載できるスペースが広くても好きなだけカヤック内に持ち込んでしまうと、転覆や沈没してしまう危険性があるため注意が必要です。

手軽な乗り降り

シットオンカヤックのメリットの一つであるのが乗り降りの手軽さです。

シットインカヤックとは違い、カヤック内に身体を入れるのではなく、上に乗っているだけなため、簡単に乗り降りすることができます。

万が一転覆してしまった際も、再び乗ることが簡単で特別な技術も必要ありません。カヤックの乗り降りは不安定な水の上で行うため、慣れるまで難しいと感じる場合は多いです。

しかし、シットオンカヤックは、バランスも安定しているため、より乗り降りがしやすいです。

重量

カヤックはタイプによって軽量化されているカヤックもあれば、重量があるカヤックもあります。

重量があれば持ち運びが困難になり、水辺までの移動が手間に感じてしまいます。

折りたたみ式や組み立て式のカヤックならコンパクトで運搬しやすいですが、それ以外のカヤックは、カヤックカートを購入することをおすすめします。

カヤックカートにも普通のタイヤとバルーンのタイヤの種類があります。フィールドに合わせたカヤックカートを購入する必要があります。

波による危険

シットオンカヤックはカヤックの上に乗っているだけなため、波によるしぶきを直接浴びてしまいます。

そのため、渓流下りや海をシットオンカヤックで行ってしまうとスブ濡れになってしまいます。

シットオンカヤックを使用する場合は、フィールドの事を考えて波がある場合は、濡れないような格好をすることをおすすめします。

また、渓流下りや海でカヤックを頻繁に使用する場合は、シットインカヤックがおすすめです。シットインカヤックでは、カヤック内が波しぶきで濡れることを予防することができます。

スポンサードサーチ

カヤックを安く手に入れる方法!

カヤックを購入するにしても新艇に手を伸ばすには躊躇してしまう金額で、折角これからカヤックを始めるのに出鼻を挫かれてしまうこともあります。

もう少し手頃な価格でカヤックを安く手に入れられる方法や注意点について紹介していきます。

中古を購入!

有名ブランドの新艇カヤックを購入するとなると、1艇10万円にも及ぶものがあり、購入するには尻込みしてしまうので、中古艇のカヤックを購入するのも方法の1つです。

ECサイトを使用するのはもちろんですが、オークションサイトで多くの中古カヤックを目にすることができます。

また、実店舗でも中古カヤックを割安な値段で手に入れることを検討してみると良いかもしれません。

ただ、新艇ではないため、注意点を挙げるとすれば、年式や船体の確認は必須です。

年式が古いカヤックの場合、経年劣化による老朽化、船体の確認はフォルム全体の写真だけだと目につきにくい損傷などに気づきにくいことを念頭に入れておきましょう。

しっかりと船体を細かく確認の上で、品質の良いカヤックを手に入れたいものです。

コストコ

現在では様々な店舗でカヤックの販売を目にするようになりましたが、その中でもコストコのカヤックに注目されている人が多いです。

中でもペリカン社のカヤックが他の有名ブランドのカヤックに比べてもかなりの低価格で販売されており、これからカヤックを始めたいと思っている初心者にとっても手を伸ばしやすいカヤックとされています。

ペリカンカヤックはカナダのカヤック老舗メーカーで、販売されているカヤック本体はフィッシング仕様のものもあります。

また、パドルやフットペダルなどの標準装備にも定評があり、低価格に対してのコスパが非常に優れています。重量は20kg未満で持ち運びしやすく、使用時には本体と船底に波止めもあり、機能性においても優れている点が多いです。

人気カヤック「忍」!

種類が豊富にあるカヤックの中でも人気の1つとして、バイキングカヤックの「忍」があります。

特徴としては、フィッシングカヤックとして設計されており、見た目のデザインもニモのような船体のデザインになっています。

サイズは大柄ではなくコンパクトで重さも軽量であり、使用感も水面に浮かべた時の安定さと進むスピードを感じられる高性能カヤックです。

船体には、フィッシング仕様であることから、ボディに大容量のスペースがあり、リアスペースには氷を入れてタートルシェルを締めることで、夏場におけるクーラー代わりにもなります。

また、豊富なオプションでの追加を行うことで、自分好みのフィッシングカヤックとしてカスタマイズを楽しめるポイントもあります。

スポンサードサーチ

カップルにおすすめの2人乗りカヤック!

カヤックには1人乗りだけでなく、2人乗り用のカヤックもあります。

もちろん2人乗りなので、気の合う仲間と乗るだけでなく、カップルで自然の中を水上散歩をして楽しむこともおすすめです。

使用場所としては、流れが少ない穏やかな川や湖で、天気の良い条件で使うと、とても気持ち良さを満喫できます。日常の陸上にいる時との違いや、周囲を見渡した景色など、非日常を楽しむのに良いアイテムになります。

2人乗りのカヤックの種類には、持ち運びをしやすいよう空気を入れて膨らませるコンパクトタイプがあります。

また、初心者でも安心して使えるようなタイプでは、水上に浮かべた時の安定性を重視したカヤックもあり、転覆する恐れが少ないカヤックだと穏やかに水上散策を楽しめます。

シットオントップカヤック人気おすすめ10選!

【ノーブランド品】ナイロン 生地 ブラック 快適 シットオン トップ カヤック

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 約46cm×33cm
カラー
素材 ナイロン、生地

ほとんどのカヤックに備え付けOK

シットオンカヤック用の背もたれシートで、基本的には豊富にあるカヤックのほとんどにサイズやシートの備え付けが可能である万能タイプになっています。

それは、サイズに合わせた備え付けの調整を行えるストラップが付いており、備え付けた際の調整方法も簡単に行えます。またボートに結合するために必要な固定部品は、固体真鍮のバックルが装備されています。

シート背面部にあたる後部には収納ポーチも付いており、携帯しておきたい小物などを持ち運ぶにも便利なので、初めて購入されるには外れがないおすすめアイテムです。

KOZEEY快適 背もたれ シート バック シットオン トップ カヤック

Amazonで詳細を見る
サイズ 約52cm×23cm
カラー
素材

快適性と安全性重視の設計

KOZZEYのカヤック用背もたれシートの特徴は、快適性と安全性を重視した設計にあります。

ナイロン素材で不快感を伴わない座面になっていることと、長時間座っている姿勢でもゆったり構えていられるようパッドが入っています。

これは水面での活動の際に不安定な場所になるので、滑り止めの効果として安全性を高めてくれています。

またほとんどのカヤックやカヌーのサイズに合わせてシートの取り付けができ、調整も簡単に行えるようになっています。そのシートの固定についても、ちょっとした動きでずれないよう、しっかりと固定できるストラップも付いています。

【ノーブランド品】カヌー用 シットオン トップ カヤック 背もたれシート

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 51cm×25cm
カラー
素材 PU

アクセサリーシートで腰の動きをサポート

カヤック用背もたれシートですが、座面セットではなくアクセサリータイプで、カヤックに取り付けられるようになっています。

長時間の背もたれの使用は背中が痛くなるなどの不快感が出てきますが、高品質のPU素材での製造で快適さを維持してくれます。

またパドリング時の腰から背中にかけての運動にも不快にならないようサポートしてくれます。

カヤックへの固定の際は、腰にフィットしやすいよう調節が可能で、シートに付随しているバックル付きのウェビングストラップを使用することで簡単に調整ができます。

T TOOYFUL Practiaclカヤックコンフォートテックシットオントップカヤック用シート

Amazonで詳細を見る
サイズ 53cm×61cm×1.5cm
カラー ブラック
素材 ナイロン

カヤックを楽しめる子供用シート

カヤック用背もたれシートですが、大人用ではなく子供用のサイズに適したシートです。

親子でカヤックを楽しみたい、1人でカヤックに挑戦したい時に準備ができます。

座面から背もたれをまで全体を覆うタイプになっており、長時間座っていても快適にカヤックを楽しめます。

また子供の成長段階に合わせてサイズ変更を考えると思いますが、ストラップによる調節を簡単に行えます。

また、子供用のサイズに合わせたシートの適切な設置位置になるようスイベルスナップフックにより、しっかりとシートを固定できます。

カヌー・カヤック用ライフジャケット ドラド MTI-806B

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ XS/S、M/L
カラー レッド
素材 ナイロン

通気性と着心地に優れたライフジャケット

MTIのカヤック用ライフジャケットで、水上スポーツで準備するのに欠かせない必需品です。

水上にはなりますが、常に太陽の元に体をさらすことになるので、暑さと発汗でもたらされる不快感が気になりがちです。

特に、接地面になる背中の部分が不快にならないよう、快適な通気性とキープされる着心地に優れたモデルとされています。

背中下部はメッシュ仕様で熱や水分がこもりにくいよう工夫されています。また着用によって着ぶくれを気にする人にも、パドリングをスムーズに行える運動の快適性も体感できます。

SYx ボートトレーラー カート カヤック ドーリー キャリー

Amazonで詳細を見る
サイズ 70cm×44.5cm×37.5cm
カラー シルバー/ブラック
素材 アルミ

折りたたみ式で移動も固定も便利で簡単

カヤックを楽しむにはカヤックを現地まで運ぶのに必要なキャリートレーラーが必要です。

カヤックの持ち運びに便利な固定ストラップ付きのカヤックカートで、直径25cmのタイヤで砂浜でも砂をかむことなく移動できます。カートにはフレームにクッションが付いており、移動時にカヤックを傷つけないように加工されています。

また、カートはアルミフレームで設計されていますが、タイヤを取り外しができ、カートを折りたたんでコンパクトにして収納できます。その際も、フレームはジョイントされてあるものなので、組み立ても簡単です。

Lixada 21PCS カヌーカヌー アンカートロリーキットクリューカヤックアクセサリー

Amazonで詳細を見る
サイズ ロープ・9.1m、リング直径・60mm
カラー シルバー/ブラック
素材 ナイロン、ステンレス

カヤックアンカーに不可欠なアクセサリーキット

カヌーアンカーに必要な備品工具をとりまとめたキットセットになっていて、ロープ、フック、リング、ネジなど計9種類に及ぶアクセサリーになっています。

カヌー本体は大掛かりな船体ですが、細々と必要な備品工具は紛失しやすかったり、不足工具があったりする恐れがあります。

また実際に使用する際には、安定した位置決めを維持できるよう、ジグザグクリートが含まれている仕様になっています。

使用時の注意点は、屋外で自然を相手にするので、弓から船尾までポールを張ったり、風に合わせてしっかりと調整する必要があります。

BLUEBORN Coasteer SRE240シットオントップボート

Amazonで詳細を見る
サイズ 240cm×88cm
カラー ブルー
素材 ナイロン、PVC

空気を入れることで安定性と操作性を実現

Bluebornの1人乗り用カヤックで、空気で膨らませることで使用できるコンパクト仕様です。

カヤックには3つの空気室があり、空気をしっかり満たすことで安定した浮揚と操作を実現できます。

カヤックに荷物を積み込み固定する時も、安定性の高いウェブ構造になっているストラップが、荷物固定に効果を発揮してくれます。

カヤックを使用するサイズは全長2mを超えますが、空気を抜いて収納する時は1m未満にまで比較的小さく梱包できるサイズまでコンパクトにできます。収納しやすいだけでなく持ち運びもしやすくなります。

1人乗りフィッシングカヤック ストリームジャーニーカヤック

Amazonで詳細を見る
サイズ 295cm×78cm×38cm
カラー ブラックモカ
素材 UV、高密度ポリエチレン

日々改良を遂げていく重厚感あるカヤック

ストリームジャーニーの1人乗り用カヤックで、全長3m近くになる大型サイズのカヤックになります。

このカヤックは主にフィッシング用とされていますが、様々なレクリエーション活動に対応が可能です。カヤックを楽しむのに必要なデラックスシートとアルミパドルが進呈される仕様になっており、購入後すぐにでも入水できるようになっています。

重量は22kgで見た目によらず軽量設計で積み下ろししやく、重厚感のあるカラーデザインが目を引きます。

プロアングラーのアドバイスなどを元に製造されており、日々改良がなされています。

Lifetime Tahoma 100 シットオントップ フィッシング

Amazonで詳細を見る
サイズ 120インチ
カラー 120インチ
素材 ライムグリーン

自然散策で気軽に楽しむ

ライフタイムの1人乗り用カヤックで、購入時からパドルが付いているのですぐに入水させてカヤックを楽しめます。

フィッシング用カヤックではなく、水上での自然散策を行うカヤックとして、湖や流れが穏やかな川を下っていくなどに重宝します。

カヤック本体は軽量で持ち運びも楽々と行えますが、船体は頑丈に加工されているので長く愛用できることを期待できます。

パドラーによってはカヤックのフットレストの位置が異なってきますが、サイズなどにも様々対応が利くよう複数のフットレスト位置で加工に工夫されています。

スポンサードサーチ

シットオントップカヤックの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

カヤックにはさまざまな種類があるため、使用用途やフィールドによって使い分けることが必要です。

ここでは、カヤックの種類の一つでもあるシットオンカヤックについて説明しています。

また、おすすめのシットオンカヤック10選も紹介しています。

ぜひ、上記で紹介した選び方などを参考にして、購入してみてください!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike