あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
kayak

持ち運びが便利!折りたたみ式カヤック人気おすすめ4選!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

ここでは、折りたたみ可能なカヤック10選を紹介しています。カヤックは水辺のレジャーとして人気があり、個人でカヤックを用意することでいつでも楽しむことができます。
しかし、一人でカヤックを水辺まで運搬することに苦労してしまう場合は多いです。そのような時に折りたたみ可能のカヤックを購入することで、持ち運びが簡単になり、一人でも運搬しやすくなります。
そのため、一人でも手軽にカヤックを行いたい人は参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

折りたたみ可能なカヤック2種をご紹介!!

フォールディングカヤック

フォールディングカヤックとは、アルミの骨組みに布を張りつけたカヤックです、折りたたみ式か組み立て式になっているため、その場で組み立てることで使用することができます。

以前までは骨組みに木材が使われていましたが、最近ではアルミが主流なため、軽量化されています。海や川で使用することができますが、とがった岩に接触してしまうと布が裂けてしまう可能性もあるためフィールドによっては適さない場合もあります。カヤックの中でも細長い形状をしているため、スピードを出やすい特徴があります。

インフレータブルカヤック

インフレータブルカヤックはゴムの素材で作られていて、空気を中に入れることで水に浮くことができます。使用しない時は空気を抜くことで、コンパクトにすることができます。
また、フォールディングカヤックに比べて軽量なため、一人でも持ち運ぶことができます。

しかし、空気を入れることに苦労してしまう事もあるため、電動空気入れを持参しておくことをおすすめします。海でも使用することができますが、渓流下りやラフティングで使用される機会が多いです。多少の岩なら衝突しても衝撃を和らげることができます。

どっちを買えばいいの?!

置き場所に困らないインフレータブルカヤック!

カヤックは水辺のレジャーで人気が高いですが、カヤックの置き場所に困ってしまう事が多いです。置き場所を確保することが難しい場合はインフレータブルカヤックがおすすめです。

空気を抜くことでコンパクトにすることができ、種類にもよりますがアタックケースぐらいの大きさまで小さくすることができます。そのため、車や電車で運搬することも可能です。

流されにくさで選ぶならフォールディングカヤック!

カヤックは転倒しやすい乗り物です。転倒してしまう主な原因は、風と波です。風が強いと自然と波も高くなってしまうため、転覆してしまったり、流されてしまいます。
そのようなフィールドでは、フォーディングカヤックがおすすめです。
上記のインフレータブルカヤックより船体が水の中に入っているため、波や風の抵抗を受けにくく、転覆や流されにくいです。

スポンサードサーチ

フォールディングカヤックの選び方!

重さで選ぶ!

フォールディングカヤックは全長が長いため、重量が重くなりがちです。重さががあると持ち運ぶ際に苦労するだけではなく、操作性にも大きな違いが表れます。重さがあると転覆しにくいため、カヤックの初心者は重量があるカヤックがおすすめです。

また、重さがあるとスピードが出るまでに時間と労力が必要になりますが、一度スピードに乗ると軽量化されているカヤックよりスピードが出ます。そのため、カヤックの用途に合わせて重さを選びましょう。

横幅で選ぶ!

フォールディングカヤックは細長い形状をしていますが、横幅に違いがあります。横幅が広い方が転覆しにくいため、初心者の場合は横幅が広いフォールディングカヤックがおすすめです。

上級者になるとカヤックのバランスとりもできているため、爽快感を味わえるように横幅が細いフォールディングカヤックがおすすめです。そのためフォールディングカヤックの横幅は自分の技量に合わせて選びましょう。

インフレータブルカヤックの選び方!

シットオンタイプ

インフレータブルカヤックにはシットオンタイプとシットインタイプに分けることができます。シットオンタイプのカヤックは、カヤックの上に乗るタイプのカヤックです。
そのため、転覆した際に再びカヤックの上に乗る頃ができ、再びカヤックを楽しむことができます。また、カヤック全体も安定しやすいため、初心者の方におすすめのタイプです。

シットインタイプ

シットオンタイプは、カヤックの中に身体を入れるタイプのカヤックです。転覆してしまうと再び乗り込むのに技術が必要になります。

また、漕いでいる時は船体が安定しますが、停止すると不安定になってしまいます。そのため、上級者向けのカヤックでもあります。しかし、シットオンタイプのカヤックの重量が30㎏以上あることに対して、シットインタイプのカヤックは数㎏程度の重さです。

スポンサードサーチ

折りたたみ式カヤック人気おすすめ4選!

チャレンジャーK2・カヤック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Muticolor 重量 17.1 Kg
サイズ 幅約351×奥行約76×高さ約38cm 素材 PVC、アルミ

チャレンジャーK2・カヤックのおすすめポイント

  • 耐荷重160kgまで可能
  • ハイアウトプットポンプポンプ、アルミオール付き
  • 大人2人にちょうど良いサイズ

INTEX(インテックス) チャレンジャーK1カヤック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

Muticolor 重量 11 Kg
サイズ 274x76x33cm 素材 PVC、アルミ

INTEX(インテックス) チャレンジャーK1カヤックのおすすめポイント

  • アルミオール&ミニポンプ付属
  • 空気で簡単に膨らませて持ち運びにも便利
  • 大人が快適に座れるサイズのシート
重量 8.9 Kg
サイズ 280×81cm 素材 PVC

ロゴス 2MANカヤックのおすすめポイント

  • ロープ、アルミオール、フットポンプ付き
  • 「初心者・中級」向け
  • 撤収時は、空気が抜けやすく簡単

Freein12’6”2人乗りインフレータブルカヤック

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

重量 12.4Kg
サイズ 380X89X20cm 素材

Freein12’6”2人乗りインフレータブルカヤックのおすすめポイント

  • フィン、パドル修理キット、手動エアポンプ、 収納バックがすべてセット!
  • 1年間の質量サーポートを保証
  • 安定性抜群で、釣りや冒険にも最適!カップルや家族にもお薦め!

まとめ

カヤックを楽しむためには、状況に合ったタイプを選ぶことも大切ですが、自分の技量に合ったカヤックを選ぶことも重要です。また、持ち運びやすさも考えて選ぶことでストレスなくカヤックを楽しむことができます。ここでは、折りたためるカヤック10選を紹介しています。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike