あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
kayak

安全第一!カヤック用ヘルメット人気おすすめ5選と選び方・メーカーを紹介

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2020/10/29

ここでは、カヤック用のヘルメット10選を紹介します。さまざまなタイプのヘルメットを紹介しているため、用途に合ったヘルメットを探している人は参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

カヤックではヘルメット着用必須!

カヤックを行う際にヘルメットは不要と考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、カヤックは転覆してしまう可能性が高く、浅瀬で転覆してしまうと川底に頭をぶつけてしまう危険性があります。

また、渓流下りでは、岩に激突してしまう場合もあるため、頭を守るヘルメットが必要不可欠です。

海のような水深が深く、周りに衝突する物がない場合はヘルメットの必要性は下がりますが、川でカヤックを使用する場合は必ずヘルメットを装着することをおすすめします。

カヤック用ヘルメットの選び方!

ここではカヤックの選び方を紹介していきます。

以下の選び方について解説していくので、カヤック用のヘルメット選びにお困りの方はぜひ参考にしいてみてください。


  • 自分の頭に合っているかが一番重要!

  • つば有りがおすすめ!

  • 穴あきタイプを選ぼう!

自分の頭に合っているかが一番重要!

ヘルメットは頭を守る役割がありますが、頭に合っていないと効率よく衝撃を吸収することができません。

また、衝撃の際にヘルメットが外れてしまう可能性もあります。

そのため、頭のサイズに合ったヘルメットを選ぶことが大切です。頭の形や大きさは個人差があるため、試しにかぶってみることをおすすめします。

つば有りがおすすめ!

カヤック用のヘルメットにはつば付きとつばがないタイプがあります。

カヤックを快適に行うためにはつば付きのヘルメットがおすすめです。

つばがあることで日差しを直接浴びずにすむだけではなく、雨が降っている状況でも雨粒が顔に付きにくいです。

そのため、視界を確保することができやすいため、つば付きのヘルメットがおすすめです。

穴あきタイプを選ぼう!

カヤック用のヘルメットには、穴があいているタイプがあります。穴あきタイプのヘルメットでも十分衝撃を吸収することができるため、安全性に対して不安がる必要はありません。

穴があいていることで、通気性をよくでき、頭が蒸れることを軽減することができます。

また、転覆した際にヘルメット内に水が入ってしまいますが、穴があいているため、水がヘルメット内に溜まりにくいメリットもあります。

スポンサードサーチ

カヤック用ヘルメットの人気おすすめメーカーを紹介!

カヤック用のヘルメットはさまざまなメーカーが販売しており、デザイン性や機能性に違いが現れます。

そのため、ヘルメットを購入する際にはメーカーを確認して選ぶことをおすすめします。

ここではカヤックのヘルメットを販売しているおすすめのメーカーを紹介します。


  • Vihir

  • Lovoski

  • alohapi

  • mont-bell

  • Hiko

  • Predator

  • CAPTAIN STAG

  • WRSI

Vihir

Vihirが販売しているカヤック用のヘルメットの特徴は、水抜きや通気性を確保するための穴があいていることです。

そのため、水辺のレジャーを行う際に快適に使用することができます。

また、急流下りや転覆してしまいやすいカヤック初心者におすすめです。

カラーバリエーションも豊富に用意されているため、おしゃれに装着することもできます。

手入れも簡単にすることができる構造なため、ストレスなくヘルメット内を綺麗にすることができます。

Lovoski

Lovoskiのヘルメットは安全性をより追求しているメーカーです。

そのため、安全にカヤックを行いたい人におすすめです。

上記でも説明したようにヘルメットの衝撃吸収能力を最大限発揮するためには、頭にフィットしている必要があります。

しかし、頭の形は人により違いがあるため、完全にフィットさせることは難しいです。

Lovoskiのヘルメットには、ミニラチェットが取り付けられており、フィット感を微調整することができ、衝撃吸収能力を高めることが可能です。

購入してから頭に合わないことを回避することもできます。

alohapi

alohapiが販売しているヘルメットの特徴は、男女兼用することができることです。

利用者の幅が広いため、多くの利用者が使用しています。男女兼用できると聞くと、フィット感を犠牲にしてしまっているイメージがありますが、アジャスターを調整することでフィット感を調整することができます。

ワンタッチバンクルを採用しているため、手軽に装着することもできます。

デザインはシンプルな物が多く、カラーも一色に統一されています。カラーとは別に、光沢ありとマットを選ぶこともできます。

mont-bell

mont-bellは一大ブランドといっても過言ではないアウトドア用品を扱っているメーカーです。

そのため、カヤックのヘルメット以外にもアウトドア用のウェアやレインウェアなど幅広く販売しています。

mont-bellは他の海外メーカーとは異なり、コストパフォーマンスに優れている特徴があります。

安いヘルメットを購入したい人におすすめです。

コストパフォーマンスに優れている一方で、性能はしっかりしているため、耐久性や通気性に優れています。

Hiko

Hikoはシンプルなデザインのヘルメットを多く販売しているメーカーです。

シンプルなデザインな分、カラーバリエーションは豊富に用意されており、好みのカラーのヘルメットを購入することできます。

そのため、シンプルなヘルメットを購入したい人にはおすすめのメーカーですが、おしゃれなデザインのヘルメットを探している人には不向きなメーカーです。

水に浮きやすく、水分を吸収しにくい特徴があるため、ウォータースポーツ用のヘルメットとして最適です。

Predator

Predatorが販売しているヘルメットの特徴は、高性能に仕上げられていることです。

耐久性や通気性の高さはもちろんですが、フィット感や重量なども使用者が快適に感じられるように作られています。

そのため、長い時間装着しつづけていても不快感を感じてしまうことがなく、疲れてしまったり、首が痛くなることもありません。

もちろん、衝撃吸収能力にも優れているため、頭を衝撃からしっかり守ってくれるます。

しかし、高性能な分、販売価格が高いデメリットがあります。

CAPTAIN STAG

CAPTAIN STAGはアメリカ発祥のアウトドアメーカーであり、テントやバーベキューセットなどの販売を行っています。

カヤック用のヘルメットも販売されていますが、商品数が少ない傾向があり、店頭に並べられていないケースもあります。

アウトドアを楽しんている人からすれば有名なメーカーではありますが、カヤックを行っている人の中にはCAPTAIN STAGのメーカー名を知らない人も少なくありません。

アウトドア用品を扱っているため、ヘルメットの性能は高いです。

WRSI

WRSIはホワイトウォーターの知識や安全性を提供するために作られたメーカーであり、大学教授とエンジニアの構成で創業しています。

カヤックなどのホワイトウォーターでの安全性を確保できるヘルメットの開発と初心者でも購入しやすいような価格設定を行っているため、安全を確保しつつ、経済的にも優しいメーカーです。

カヤック上級者の方はもちろんですが、あまり高価なヘルメットが必要ない初心者におすすめのメーカーです。

カヤック用ヘルメット人気おすすめ5選

カヤック用のヘルメットはウォータースポーツ用のヘルメットであるため、普通のヘルメットで代用することはできず、所持していないのであれば購入する必要があります。

次に、カヤックにおすすめのヘルメット5選を紹介します。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSスポーツヘルメット EX ホワイト

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
重量 420g
サイズ 縦260×幅220×高さ180mm
素材 ABS樹脂

ダイヤル式のヘルメット

顎ベルトはダイヤル式であり、適したフィット感に調整することができます。

正しいフィット感にすることでヘルメットの効果を高めることができ、衝撃を効率よく吸収することが可能です。

また、ソフトな素材とハードな素材を使用していることも衝撃を吸収しやすくなっている理由でもあります。

頭頂部には穴が空けられており、通気性にも優れ、頭が蒸れてしまうことを防ぎます。

自身の頭とフィットしたヘルメットを見つけることができないでいる人におすすめのヘルメットです。

WRSIトライデントコンポジットカヤックヘルメットブラックS/M

Amazonで詳細を見る
重量 4.59 ポンド
サイズ 48-55 cm
素材 カーボンコンポジットシェルとEVAフォームライナー

衝撃を分散できる

丈夫なカーボンコンポジットシェルの素材が使用されていることで衝撃を効率よく吸収することができるヘルメットです。

また、柔らかい素材も配合されたことで衝撃を分散する能力にも優れ、頭へのダメージを最小限に抑えることが可能です。

頭の安全を確保するとともに、おしゃれなデザインに仕上げられていることでかっこよくコーデすることもできます。

そのため、ヘルメットもおしゃれアイテムの一つとして装着したい人におすすめです。

重量 440 g
サイズ 54-60cm
素材

通気性に優れている

通気孔が11個も空けられているヘルメットであり、通気性に優れています。

そのため、水で濡れてしまっても頭が蒸れてしまうことがありません。

カヤック用のヘルメットとして使用することはもちろんできますが、そのほかの用途でも使用することができ、さまざまなアウトドアで楽しむ人におすすめです。

シンプルなデザインであり、単色に仕上げられています。

使用されている原材料を選択して使用されていることで安心して装着することができます。

Lovoski マリン カヌー スケートボード 漂流 ヘルメット

Amazonで詳細を見る
重量
サイズ
素材

コストパフォーマンスに優れている

カラーが4色用意されていることでおしゃれアイテムとしても使用することができるヘルメットです。

通気孔は頭頂部だけではなく、おでこ部分にも用意されていることで頭全体の通気性を高めることが可能となっています。

フィット感はダイヤル式を採用しているため、簡単にフィット感を得ることができます。

ダイヤルは大きいサイズが取り付けられていることで装着した後でも調整しやすくなっています。

販売価格も低く抑えられていることで初心者でも購入しやすいです。

重量
サイズ 54-57cm
素材 硬質プラスチック素材

光沢の有無を選べれる

さまざまなカラーが用意されているだけではなく、光沢の有無も用意されているため、選び幅が広いです。

一般的なヘルメットにも使用されている硬質プラスチックと発泡スチロールのヘルメットであるため、販売価格が低く設定されています。

発泡スチロールは約2㎝と厚いこともあり、安物のヘルメットではなく、しっかり頭を守ることができ、衝撃が加わっても痛さを感じません。

カラーのラインナップ数や耐久性などの性能が高いにも関わらず、低価格で販売され、購入しやすいメリットもあります。

スポンサードサーチ

まとめ

カヤックを安全かつ快適に行うためにはヘルメットを被ることをおすすめします。

ヘルメットをかぶっているだけで怪我をする可能性を大幅にさげることができます。

ここでは、カヤックにおすすめのヘルメット10選を紹介しています。

さまざまなタイプのヘルメットを紹介しているため、用途に合ったヘルメットを見つけることも可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定