あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
kayak

安全第一!カヤック用ヘルメット人気おすすめ5選!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

ここでは、カヤック用のヘルメット10選を紹介します。さまざまなタイプのヘルメットを紹介しているため、用途に合ったヘルメットを探している人は参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

カヤックではヘルメット着用必須!

カヤックを行う際にヘルメットは不要と考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、カヤックは転覆してしまう可能性が高く、浅瀬で転覆してしまうと川底に頭をぶつけてしまう危険性があります。また、渓流下りでは、岩に激突してしまう場合もあるため、頭を守るヘルメットが必要不可欠です。

海のような水深が深く、周りに衝突する物がない場合はヘルメットの必要性は下がりますが、川でカヤックを使用する場合は必ずヘルメットを装着することをおすすめします。

カヤック用ヘルメットの選び方!!

自分の頭に合っているかが一番重要!

ヘルメットは頭を守る役割がありますが、頭に合っていないと効率よく衝撃を吸収することができません。また、衝撃の際にヘルメットが外れてしまう可能性もあります。そのため、頭のサイズに合ったヘルメットを選ぶことが大切です。頭の形や大きさは個人差があるため、試しにかぶってみることをおすすめします。

つば有りがおすすめ!

カヤック用のヘルメットにはつば付きとつばがないタイプがあります。カヤックを快適に行うためにはつば付きのヘルメットがおすすめです。つばがあることで日差しを直接浴びずにすむだけではなく、雨が降っている状況でも雨粒が顔に付きにくいです。そのため、視界を確保することができやすいため、つば付きのヘルメットがおすすめです。

穴あきタイプを選ぼう!

カヤック用のヘルメットには、穴があいているタイプがあります。穴あきタイプのヘルメットでも十分衝撃を吸収することができるため、安全性に対して不安がる必要はありません。穴があいていることで、通気性をよくでき、頭が蒸れることを軽減することができます。また、転覆した際にヘルメット内に水が入ってしまいますが、穴があいているため、水がヘルメット内に溜まりにくいメリットもあります。

スポンサードサーチ

カヤック用ヘルメットの人気おすすめメーカーを紹介!

Vihir

Vihirが販売しているカヤック用のヘルメットの特徴は、水抜きや通気性を確保するための穴があいていることです。そのため、水辺のレジャーを行う際に快適に使用することができます。また、急流下りや転覆してしまいやすいカヤック初心者におすすめです。カラーバリエーションも豊富に用意されているため、おしゃれに装着することもできます。手入れも簡単にすることができる構造なため、ストレスなくヘルメット内を綺麗にすることができます。

Lovoski

Lovoskiのヘルメットは安全性をより追求しているメーカーです。そのため、安全にカヤックを行いたい人におすすめです。上記でも説明したようにヘルメットの衝撃吸収能力を最大限発揮するためには、頭にフィットしている必要があります。しかし、頭の形は人により違いがあるため、完全にフィットさせることは難しいです。Lovoskiのヘルメットには、ミニラチェットが取り付けられており、フィット感を微調整することができ、衝撃吸収能力を高めることが可能です。購入してから頭に合わないことを回避することもできます。

alohapi

alohapiが販売しているヘルメットの特徴は、男女兼用することができることです。利用者の幅が広いため、多くの利用者が使用しています。男女兼用できると聞くと、フィット感を犠牲にしてしまっているイメージがありますが、アジャスターを調整することでフィット感を調整することができます。ワンタッチバンクルを採用しているため、手軽に装着することもできます。デザインはシンプルな物が多く、カラーも一色に統一されています。カラーとは別に、光沢ありとマットを選ぶこともできます。

カヤック用ヘルメット人気おすすめ5選!

Lovoski カヤック サーフィン ウォータースポーツ用 ヘルメット ヘッドプロテクター

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

オレンジ/ブラック/ホワイト/レッド/ブルー/イエロー 重量
サイズ L(55〜61cm) 素材 ABS、EVA

Lovoski カヤック サーフィン ウォータースポーツ用 ヘルメット ヘッドプロテクターのおすすめポイント

  • バックル付き調節可能なストラップ
  • ヘルメットの後ろに調節可能なミニラチェットがあり、ぴったりとフィット!
  • 耳の保護にも最適なデザイン

Dovewill カヌー スケートボード 漂流 ウォータースポーツ ヘルメット ヘッドプロテクター

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量
サイズ S/M 素材 ABS

Dovewill カヌー スケートボード 漂流 ウォータースポーツ ヘルメット ヘッドプロテクターのおすすめポイント

  • 11個のエアーベント&イヤーカバーデザイン
  • カヤックに限らずウォータースポーツ全般に最適!
  • 軽量で付け心地抜群!

Baosity スポーツヘルメット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

オレンジ/ピンク/白/紫/緑/赤/黄 重量
サイズ S/M/L 素材 ABS + EVA

Baosity スポーツヘルメットのおすすめポイント

  • 優れた保護と快適性!
  • 男女ともに使いやすい
  • 種類豊富なカラーから選べれる

クローズアウト JWBA認定品 超軽量ウォータースポーツ用ヘルメット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック/カーキ 重量 381g
サイズ M/L 素材

クローズアウト JWBA認定品 超軽量ウォータースポーツ用ヘルメットのおすすめポイント

  • JWBA 公認
  • ヨーロッパ安全基準クリア!安心・安全のCEマーク取得!
  • インナーは水を吸わないので、着け心地抜群

Caudblor スポーツヘルメット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック/ホワイト/ローズレッド 重量
サイズ M/L 素材 ABS

Caudblor スポーツヘルメットのおすすめポイント

  • 子供から大人まで使用可能
  • 高通気性で頭の汗を流しやすい人にも使いやすい
  • 今なら1カ月の品質保証付き!
重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

重量
サイズ 素材

のおすすめポイント

スポンサードサーチ

まとめ

カヤックを安全かつ快適に行うためにはヘルメットを被ることをおすすめします。ヘルメットをかぶっているだけで怪我をする可能性を大幅にさげることができます。ここでは、カヤックにおすすめのヘルメット10選を紹介しています。さまざまなタイプのヘルメットを紹介しているため、用途に合ったヘルメットを見つけることも可能です。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike