あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
judo

九櫻の柔道着人気おすすめ10選!着心地重視な人必見!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/27

更新日 :2020/12/25

子供が柔道着が必要になったんだけど何を選んでいいのかわからない。そんなお悩みを解決するお手伝いができればと思います。

柔道着はまず、どのような目的で使うのかで大きく変わります。大会に出るのか出ないのか、その大会が国内なのか国際大会なのか。ですのでその使用目的で選びましょう。次に重さ、扱いやすさ、縮み具合などで一つのものに絞り込みましょう。

これを読めば大体の選び方がきっとわかるはずです。

目次

スポンサードサーチ

九櫻とは

九櫻とは、柔道着を始めとする総合武道具メーカーで世界に知られており、中でも柔道着は生地から一貫生産を手掛ける唯一のメーカーです。

柔道衣の重量や強度の基準を満たしながら幅広い体型に合わせた細かなサイズ感や染色などにこだわり、長年柔道をはじめ、武道家に愛されている武道メーカーです。

中でも柔道は九櫻の中でも主力となっています。
そんな九櫻が展開する柔道着は品質も評判の最高と言えるでしょう。

九櫻の柔道着の選ぶポイントを紹介!

ここからは柔道着を選ぶポイントを細かく分けてご紹介します。

使用目的はなにか、を1番最初に決めそれに合ったものをピックアップしましょう!
次に柔道着は重たいものですが作り方によっては軽さが重視されたり、重さがあるが耐久性が重視されるものもあるのでお好みで選ぶことをオススメします。

また、柔道着(上下)と帯のセットなんてものもありますよ。

九櫻の柔道着の選ぶポイントを紹介!


  • ・目的別で選ぶ!

  • ・品質で選ぶ!

  • ・サイズ感で選ぶ!

目的別で選ぶ!

まずは、どのような【目的】で柔道着を使うのか。といった目的別での選び方をご紹介します。

柔道ができるなら何を着てもいいというわけではありません。
子供の授業で使う、本格的な技能を持った大人が稽古用として使う、選手として大会に出場するために使うなど、その使用目的で選ぶ柔道着は異なってきますのでぜひ参考にしてみてください。

学校の授業が使用目的であれば上下セットで白帯がセットになった正課用を選ぶことをオススメします。1つ購入すれば授業d必要なものが全て揃います。

選手として大会に出ることが目的ならば、IJF(国際柔道連盟)規格に対応した柔道着が必須となります。規格対応しているものは公認マークが入っているので確認してから購入をしましょう。

品質で選ぶ!

単に柔道着といえど、着心地や丈夫さは製品によって大きく異なります。
次に紹介するのは【品質】にあった選び方です。

あなたが動きやすさや丈夫さを道着に求めるのであれば『背継仕様』のものをオススメします。
この背継仕様は、上衣の背中に継ぎ目を施したもので強度を上げる役割を担っています。また、背中部分の動きがスムーズに行えることもポイントで、たるみにくさもメリットです。

他にも動きやすさを求めるのであれば『一重織』、耐久性を求めるのであれば過『二重織』がオススメです。
特に学年が小さいお子様は成長も早く、耐久性よりも動きやすさを求める方が多くみられます。また着替えやすさの面でも、二重織よりは重さがあるため一重織の方が向いていると言えるでしょう。

サイズ感で選ぶ!

最後に【サイズ感】での選び方をご紹介します。

安全面や動きやすさを考慮すると柔道着はジャストサイズでの購入を推奨します。特に小さいお子様や成長期のお子様の道着選びは成長を踏まえて大きいものを買いがちですが、ケガの防止のためにも体に合ったものの購入が望ましいです。
また、素材によっては縮みが激しいものもあるので以下点を注意しましょう。

柔道着のサイズは号数で表記されます。各メーカーによって若干規格が異なりますので必ず確認をしてから購入しましょう。また、標準より太めの「B体」「L体」、細めの「Y体」など体型に合わせた商品があるので、体型に合わせて選日ましょう。

ジャストサイズでも洗濯をすると縮みが発生することがあります。縮みを防ぐには「サンフォライズ加工」を施したものを選ぶと安心です。この加工が施されているものの収縮率は1%以下になると言われています。加工には薬剤不使用ですので肌の弱い方でも大丈夫です。

スポンサードサーチ

【最新版】九櫻の柔道着のおすすめ4選!

九桜 JSY 標準サイズ用大和錦柔道衣 上下セット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
商品仕様 上衣:ロゴ刺繍グリーン「S」、ズボン:ブランドマーク付
素材 綿100%
生産国 中国
サイズ 標準

お子さんの学校用にぴったり!

子供が学校で使うから買わなければいけない、でも柔道着って何を選んだらいいのかわからない…。

柔道を経験しなければなかなか柔道着でどれを選んでいいかわからないですよね。安いものではないので適当なものを選ぶわけにはいかないし、体に合わないものを選べばケガの可能性も出てきます。

紹介するものは学校の授業用にもってこいの一着です。

上着・ズボン・白帯のセットで購入後すぐに使うことができます。授業で使うとなれば耐久性よりも重さや着替えやすさの方が重視されると思います。この商品は一重織柔道衣なので、軽量でお子様も扱いやすくできております。

標準サイズなのでほとんどの体型にマッチしますが、綿100%なので洗濯をした時の縮みは避けられません。縮みが気になる方は上で説明した加工が施されたものを選ぶことをオススメします。

九桜 柔道 IJF・全日本柔道連盟認定柔道衣(新規格) 3.5Y 上下セット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 上衣:綿70%、ポリエステル30%、ズボン:綿100%
サイズ 身長168−173㎝
原産国 中国

連盟認定!新規格対応!

お子様が柔道の大会に出るようになれば上でご紹介した柔道着を着用できません。

違いは全日本柔道連盟(IJF)が認定し、認定マークの入っているかいないかです。
上でご紹介したものは柔道着の中では価格も安いため授業で使用する分には非常に良いものなのですが、大会に出るとなるとこの認証マークがついたものがなければ参加を認められません。

また、先程の商品とは違い帯がセットではございませんので別途購入が必要ですのでご注意ください。

ご紹介の商品は体型が3.5Yと一般的な中学生の体型に対応しておりますが、柔道着はかなり細かくサイズ(号数)分けがされているので不安な方はサイズチャートのようなものでお調べいただくと確実だと思います。

九桜 柔道 IJF・全日本柔道連盟認定柔道衣(新規格) レギュラーサイズ 4.5 上下セット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 上衣:綿70%、ポリエステル30%、ズボン:綿100%
サイズ 175−180㎝
原産国 中国

柔道着は白だけではない!!

柔道着といえば【白】ですよね。国内の大会だとなかなか青の柔道着というものは見かけませんが、ここ30年程前から国際大会で青の柔道着が登場しました。

発祥の日本では『清い心』の象徴として白や生成色が伝統的なカラーです。
そしてこの伝統が守られ、国際柔道連盟(IJF)も白またはオフホワイトというルールを制定していましたが、柔道世界に普及すると同じくして、同じ色の柔道着よりも色を変えたほうが見やすい、誤審を避けられるといった理由で国際試合では青の柔道着を使用するようになりました。

ですが、国内ではまだ白以外の柔道着を着ることに反感があるため国内試合では青の柔道着の着用は認められていないため着ることはできませんが、いつか国内の試合でも青の柔道着が着られる日が来るかもしれませんね。

まとめ

柔道着は経験者でないと選ぶのがなかなか難しいところですが、お子様が必要となれば買わないわけにはいきませんよね。

通常の服であれば成長するから…という理由でちょっと大きいサイズを購入しても問題はないのですが、ケガがついてくるとなるとサイズ選びも難しいです。

また、用途によって使える種類が異なりますので注意して選びましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定