あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
ice skate

初心者から上級者まで必見!おしゃれでかわいいアイススケート用手袋5選!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/30

更新日 :2021/02/28

ここではアイススケートの時に使用する手袋について紹介します。

手袋の選ぶポイントやおすすめのアイススケート手袋5選も紹介しているため、アイススケートに適している手袋を購入したい人は参考にしてください。

手袋はさまざまなデザインや素材で作られている特徴があり、機能性を重視したり、デザインを重視して購入することも可能になっています。

ファッションアイテムとしても着用することができ、かっこよく決めたい人や女子力を高めたい人にもおすすめのアイテムです。

自身に適している手袋を着用して快適にアイススケートを行いましょう。

目次

スポンサードサーチ

アイススケートに手袋が必要な理由!

アイススケートに手袋が必要な理由は怪我を防止するためです。

アイススケートを行っていると転倒してしまうリスクがあり、転倒した際に他の人のスケート靴の刃に触れてしまう場合もあります。

刃は非常に鋭いため、簡単に切れてしまいます。

そのため、多くのアイススケート場では手袋を着用することが義務付けられている場合が多いです。

仮に手袋を着用せずにリンク上に入ると係員に止められてしまいます。

初めてアイススケートを行う人ほど知らない知識であるため、把握しておきましょう。

アイススケートの手袋選び方を紹介!

アイススケートの手袋はさまざまな種類別で販売されているため、選ぶ際に悩んでしまうことも少なくありません。

そのため、正しい選び方の元手袋を購入することが大切になってきます。

購入後に後悔しないためにも正しい手袋の選び方を把握しておくことをおすすめします。

また、正しい選び方で手袋を購入すれば快適にアイススケートを行うことも可能になります。

アイススケートの手袋選び方を紹介!


  • ・目的で選ぶ!

  • ・機能性で選ぶ!

  • ・デザインで選ぶ!

目的で選ぶ!

アイススケート用の手袋を選ぶときは目的にあったものを選ぶのがおすすめです。

例えば、デートなどのレジャーでアイススケートを楽しみたい場合は最低限の保温性・防寒性のある手袋を選べば十分です。
一方で、競技としてアイススケートの練習をしたい場合は速乾性や防水性などの機能性を重視して選ぶようにしましょう。

レジャー用の手袋ならだいたい数百円程度から、競技用の手袋ならだいたい数千円程度からの価格で販売されています。

機能性で選ぶ!

アイススケート用の手袋を選ぶ際には機能性を重視するのもおすすめです。

レジャー目的でアイススケート用の手袋を購入する場合、最低限の保温性・防寒性があればいいですが、その他の機能があるに越したことはないです。

例えば、速乾性の手袋ならスケートリンクで転倒して手袋が濡れてしまってもすぐに乾くので不快感が少なく手も冷えにくいです。
また、防水性の手袋ならそもそも手袋が濡れるのを防ぐことができます。

たとえレジャー目的だとしても機能性のある手袋を選ぶと不快感なくアイススケートを楽しめるのでおすすめです。

デザインで選ぶ!

アイススケート用の手袋はデザインで選ぶのもおすすめです。
せっかくアイススケートで遊ぶならおしゃれなデザインの手袋で楽しみましょう。

おしゃれなデザインの手袋やカラフルな手袋は1000円以下でも販売されているので、今回紹介する人気おすすめ5選も参考にお気に入りの手袋を探してみてください。

特に一般開放されているスケートリンクでは人もかなり多いので、他の人とデザインを被せたくない方は手袋のデザインにもこだわるのもおすすめです。

スポンサードサーチ

アイススケートで使用する手袋の種類

アイススケートで使用する手袋はさまざまな種類別で販売されており、デザインや機能性に大きな違いが現れます。

そのため、手袋の種類別の特徴を把握しておくことで自身に適している手袋を購入することができ、快適にアイススケートを行うことが可能です。

本格的にアイススケートを行う人ほど種類別の特徴を把握しておくことをおすすめします。


  • ・アウトドア用手袋

  • ・競技用手袋

アウトドア用手袋

アウトドア用の手袋は耐久性に優れている特徴があり、販売されているラインナップ数も多くなっています。

そのため、好みのデザインの手袋を見つけやすく、コーデしやすいメリットがあります。

多くのアウトドア用の手袋は防水性が備わっている場合がありますが、中には防水性が備わっていない場合もあるため、注意しましょう。

また、夏用の手袋では通気性が高く、保温性が欠けてしまうため、アイススケート用の手袋としては適していません。

競技用手袋

競技用の手袋はアイススケートを行うために開発されている手袋であるため、付け心地や機能性は高いです。

そのため、本格的にアイススケートを行う人や競技に参加する人におすすめの手袋です。

しかし、デザイン性に欠けてしまうデメリットがあり、おしゃれに決めたいと考えている人ではコーデに悩んでしまいやすいです。

また、アウトドア用の手袋と比べるとラインナップ数が少なくなってしまうデメリットがあります。

その代わりに保温性に優れていることで指先が冷たくなってしまうことを防ぐことができます。

アイススケートの手袋人気おすすめメーカー

アイススケートの手袋はさまざまなメーカーが販売しています。

販売しているメーカーが異なることで機能性やデザイン性に違いが現れます。

そのため、メーカーの特徴を把握していれば自身に適した手袋を購入することができ、快適にアイススケートを行うことが可能になります。

アイススケートの手袋はどのようなメーカーが販売しているのか知りたい人は参考にしてください。

アイススケートの手袋人気おすすめメーカーを紹介します。


  • ・THE NORTH FACE

  • ・asics

  • ・WIFA

THE NORTH FACE

THE NORTH FACEはアウトドア用品を販売しているメーカーであり、さまざまな用途別の手袋を販売しています。

アウトドア用の手袋はもちろんアイススケート用の手袋も販売されているため、より多くの手袋の中から選んで購入したい人におすすめです。

手袋以外にもアウトドアで使用するウェアやパンツなども販売されており、アイススケートを行う服装一式を揃えることも可能です。

知名度も高く品質に優れていることもあり、おすすめのメーカーです。

asics

asicsは日本の総合スポーツ用品のメーカーであり、特にスニーカーなどのシューズを幅広く販売されている特徴があります。

そのため、アイススケートに適したシューズを購入することも可能です。

シューズのイメージが強いメーカーでありますが、手袋も販売しています。

しかし、手袋のラインナップが少なく、アイススケート用の手袋はさらに数が少ないです。

asicsが販売している手袋は日本のメーカーでもあるため、品質に優れ、フィット感にも優れています。

WIFA

WIFAは多くのアイススケート用品を販売しているメーカーです。

そのため、手袋はもちろん、アイススケートに適しているウェアやスケート靴も販売している特徴があります。

アイススケートの用品を多く販売していることもあり、知名度が高く、本格的にアイススケートを行う人に人気があります。

手袋の種類も豊富に用意されているため、好みの手袋を購入することも可能です。

一からアイススケートに挑戦する人にもおすすめで、一式の用品を揃えることも可能です。

スポンサードサーチ

アイススケートの手袋人気おすすめ5選

アイススケート用の手袋を使用することは必須なことであるため、アイススケートに挑戦するのであれば事前に購入しておくことをおすすめします。

次に、アイススケートの手袋5選を紹介します。

人気の手袋を知りたい人や自身に適している手袋を購入したい人は参考にしてください。

人気の手袋を購入することで当たり外れがなく、快適にアイススケートを行うことが可能になります。

カラー ベージュ
サイズ S

目立ちにくい

撥水性が備わっている手袋であるため、転倒した際にも濡れてしまうことを防ぎます。

しかし、防水性ではないため、多くの水に触れてしまうと手袋が濡れてしまいます。

内側にはフリース素材が使用されていることで保温性に優れ、暖かくスケートを楽しむことができます。

また、伸縮性にも優れている素材あでり、締め付けられる不快感を感じることがなくなり、快適に装着することができます。

目立ちにくい手袋を使用したい人におすすめであり、肌と同化させることが可能です。

マリーナアイス(Marina Ice) スケート手袋

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー グレー
素材 ポリエステル

手や腕が綺麗に見える

手首部分が長く作られている特徴があり、指が細く見え、腕が長く見せる効果があります。

アイススケートはテクニックの他に優雅さも競技対象になっているため、自身を美しく見せれることは大きなメリットとなります。

星のデザインが小さく施されていることでシンプルなデザインの中にもおしゃれ感が感じられます。

伸縮性に優れていることでフィットさせることができ、快適にアイススケートを行うことも可能になります。

汗を吸収し、蒸発させることができるため、蒸れも防ぎます。

カラー ブラック
サイズ S~XL
素材 レザー

タッチパネルに対応している

高い撥水性と保温性に優れている特徴があり、アイススケートを行っても指先が冷たくなってしまうことを防ぎます。

指先には滑り止め加工が施されていることで物をしっかりと掴むことができます。

また、手首部分が長く作られていることで雪や風が侵入しないような作りで、寒さを感じにくくすることができます。

丈夫な仕上がりになっているため、耐久性に優れ、長い期間愛用しつづけることも可能です。

タッチパネルも操作でき、手袋を付けたままスマホなどを使用できます。

[ザノースフェイス] グローブ ヌプシイーチップグローブ NN61815

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック パープル ゴールド ウッドランド
素材 XS~M
サイズ ナイロン

軽量化されている

中綿にPRIMALOFTSILVERが採用されていることでさまざまなタッチパネルに対応することができます。

また、伝導率が高い特徴があり、タッチパネルを確実に操作することができ、ストレスが溜まってしまうことを防ぎます。

軽量化されているリップストップナイロンが使用されていることで軽い手袋に仕上がっています。

パーム側には通気性に優れている素材が使用され、蒸れてしまうことを防ぎます。

さらに摩擦が生まれやすい部分には補強がされています。

TRIWONDER キッズ スキー スノー グローブ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー 9色
素材 S M
サイズ ポリエステル

保温性に優れている

4重構造に仕上げられていることで保温性に優れています。

それぞれが薄く軽く作られていることで4重構造にも関わらず指先が動かしやすいです。

両手止めバックルが取り付けられていることで使用しないときに紛失してしまうことを防ぎます。

立体裁縫が採用されていることでより快適な付け心地であり、不快感を感じてしまうことがなく、さまざまな動作にも体操することができます。

そのため、スケートはもちろんですが、さまざまな用途で活用することが可能です。

まとめ

アイススケートには手袋が必須であり、保温性を高めつつ安全性も高めることができます。

さまざまなデザインで販売されている手袋であるため、自身にあった手袋を購入するようにしましょう。

また、デザインも豊富に用意され、ファッションアイテムの一つとしても活用することができます。

自分に適した手袋を購入して快適にアイススケートを行うようにしましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定