あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
exercise

子供用フラフープの選び方・他の遊び方を紹介!【人気おすすめ商品10選も】

スポシル編集部

公開日 :2021/04/29

更新日 :2021/04/29

フラフープで子供の筋力向上をしようと思っても、どんなフラフープを買えばよいのか、子供用のフラフープはどこで売ってるのか、迷うことはないでしょうか。フラフープの買うときの見るべきポイントと、すぐに上達できるフラフープの使い方を紹介します。

どこで売ってるか分からない方へ。今回紹介するのはAmazon・楽天で購入可能なフラフープのみ。記事後半で人気のおすすめフラフープを紹介しているので、ぜひお子様と一緒にみて、お子様が気に入るフラフープ探しに活用してください。

目次

スポンサードサーチ

子ども用フラフープの選び方とは?

最近のフラフープは、大きさ・形状・重さが様々あります。大きすぎてもうまく使えず、フラフープに飽きて使ってもらえなくなってしまうでしょう。この項目では、失敗しないための、子供用のフラフープの選び方を紹介します。

子ども用フラフープの選び方を以下の3つで解説します。


  • 子どもの身体に合うサイズや重さを選ぶ!

  • フラフープの形状や素材に注意!

  • 子どものお気に入りのデザインを選ぶ!

子どもの身体に合うサイズや重さを選ぶ!

フラフープには様々な種類があります。年齢や体に合うサイズを選ばないと、上手く回すことができません。フラフープの大きさは、直径が地面からおへその上にくるくらいがちょうど良いと言われています。購入前に、お子様の床からおへそまでを、測っておくのも良いでしょう。

大体の目安は、幼稚園くらいの子で60㎝、小学校低学年くらいの子で65~75㎝、小学校高学年以上の子が80㎝です。こちらを目安に選んでください。

またサイズと合わせて大事なのが、フラフープの重さです。遠心力を使って回すため、軽すぎても上手く回せない、重すぎると体に負荷がかかりすぎることもあります。上手く回せる、丁度良い重さを選ぶのがポイントです。

しかし、筋力がついてきたら体力向上のために、ある程度重さのあるフラフープを選んでみるのも良いかもしれません。

運動不足解消や部活の体力作りにも、効果を発揮してくれます。

フラフープの形状や素材に注意!

フラフープの形状は、輪っかタイプと組み立て式、フラットタイプがあります。

輪っかタイプは、届いたらすぐに使うことができます。組み立て式のようなつなぎ目がないため、引っかかることなく使うことができるでしょう。

しかし、ある程度大きめのフラフープを使うのであれば、収納場所や送られる際の送料に注意する必要もあります。

一方組み立て式は、コンパクトにまとめられるため、収納や送料に困る事はありません。パーツを減らして使用できるフラフープを選べば、子供から大人まで幅広く使うこともできます。

外で地面において遊ぶ場合は、フラットタイプがおすすめです。チューブが平たくなっているため、「けんけんぱ」などをしてもつまづくことはないでしょう。しかし、他のタイプに比べると、回しにくさがあります。体で回して遊ぶのであれば、フラットタイプ以外の方が良いかもしれません。

室内で遊ぶことが多い場合は、床に落とした落下音、家具などにぶつけて傷を作る恐れもあります。フラフープがスポンジで覆われているタイプは、室内でも音や傷を気にすることなく、回すことができるのでおすすめです。

子どものお気に入りのデザインを選ぶ!

一目で目を引くようなカラフルなデザイン、LEDライトで光るタイプや、キャラクターがプリントされているフラフープ。様々なデザイン・カラーが、豊富にあります。小さな子は特に、カラフルなデザイン・キャラクターがプリントされているだけで、楽しく使ってくれます。

大人になっても好きなデザインやカラーのモノを身に着けると、気持ちが高ぶったりするものです。長く使ってもらうためにも、お気に入りのデザインやカラーを選んであげると良いでしょう。

フラフープの回し方のコツは?

フラフープを、初めから上手く使いこなせる子は少ないでしょう。しかし、全く使えないとやる気も続きません。回すにはコツがあります。そのコツを掴めれば、飽きることなく楽しく使えます。

こちらの項目を読めば、すぐにフラフープを回すコツが掴めるかも。

フラフープの回し方のコツを以下の3つのポイントから解説します。


  • 足を肩幅に開いて姿勢を正す!

  • フラフープを水平に保つ!

  • 腰を前後or左右に回す!

足を肩幅に開いて姿勢を正す!

フラフープは、しっかりとした体幹がないと上手く回すのは難しくなります。外で遊ぶ機会が減っている子は、筋力不足があり初めのうちは上手く回せないかもしれません。

そこで意識してほしいポイントは、体の軸がブレないように、肩幅に足を開いて姿勢を正すことです。足を開かず背中が丸まっていると、フラフープの遠心力で体が持っていかれ、立っていることができません。

筋力が少ない子は、背中が丸まりがちです。歩幅と姿勢を気を付けるだけで、フラフープを回しやすくなります。

フラフープを水平に保つ!

フラフープを回し始める時、ただ何気なく勢いをつけて回しがちですが、フラフープの向きがとても重要になってきます。回し始めから、床と平行ではない方に勢いをつけてしまうと、上手く回すことはできません。

後ろにくる部分は腰につけ、その状態で床と水平になる様に持ちます。水平になっているのを確認してから回し始めると、上手く回しやすくなるでしょう。

子供ですでに歪みがある子は少ないとは思いますが、肩の高さ・骨盤の高さが左右で違う子は特に、回し始めのポジションの確認が必要です。

腰を前後or左右に回す!

フラフープは腰を360度に回しているイメージが強いですが、腰をグルグル動かしては、フラフープを上手く回すことはできません。

ポイントは、前後か左右どちらかに腰を動かすことです。この時、頭もフラフラ動かないように注意しましょう。

先程もお伝えしましたが、フラフープは体の軸がブレないよう回すのがポイントです。360度腰を動かしては、この軸がブレやすくなります。体の中の一本の筋がブレないよう、一定のリズムで腰を動かすためには、前後か左右に腰を動かすのが、上手く回すコツになります。

スポンサードサーチ

子ども用フラフープの人気メーカー

フラフープは子供用に限らず、たくさんの種類があります。この中から体に合うものや、気に入るデザインを探すのは一苦労でしょう。しかし、人気のメーカ3社に的を絞れば、迷うことも失敗することもありません。

迷った時にはぜひ、参考にしてみてください。

子ども用フラフープの人気メーカー3社を以下で紹介します。


  • アーテック

  • 鶴西

  • SWELLDOM

アーテック

アーテックのフラフープは、小さいサイズは500円前後で購入できるため、気軽にお試しすることができます。カラフルなパーツは、順番を変えてみるなどの組み立てる楽しさもあります。また、ばらして収納するため、片付けの練習にもなるでしょう。

内側が波打ったデザインになっており、小さな子でも握りやすく回しやすい形状です。

重量は、65㎝だと105g、大人が使える84㎝でも201gとかなり軽いです。筋力があまりない小さい子向けです。

鶴西

鶴西のフラフープは、パーツの数を変えれるため、体の大きさや筋力に合わせて調整できます。最小サイズにしても、800gあります。小学校高学年の体が大きい子や、部活動の体力作りをしたい子に向いています。

カラーも11色と豊富にあり、お気に入りのデザインが必ず見つかるでしょう。

落下音や家具の傷つきが気にならない、ウレタン素材でコーティング。室内でも思い切り使うことが可能です。

サイズ・重さ調整が可能なため、子供と一緒にダイエットしたいママにも向いているフラフープです。

SWELLDOM

SWELLDOMのフラフープは、回すことが苦手な子でも使える設計。

ウエストサイズに合わせてパーツを調節したら、フラフープに繋がれている重力ボールを回すだけ。落ちる心配なく、誰でも簡単に回すことができます。ウエストに密着されているため、体に当たる部分が痛いということもありません。効率よく筋力向上が目指せます。

子供だけでなく、大人も筋力をつけたい、ダイエットしたい方に向いています。簡単に回すことができるため、フラフープを使って遊びたい子には、向いていないでしょう。

子ども向け!フラフープを使った他の遊び方

フラフープは、お腹の辺りで回すだけではありません。実はたくさんの遊び方があり、飽きずに使い続けることができるアイテムなんです。遊びながらも全身運動ができる、フラフープ。ぜひ普段の遊びに取り入れてみて下さい。

フラフープを使った他の遊び方を以下の3つで説明していきます。


  • フラフープじゃんけん

  • フラフープ送り

  • フラフープリレー

フラフープじゃんけん

フラフープじゃんけんは、何個もフラフープが必要になる遊びですが、チョークで丸を書き代用することができる遊びです。
チーム対抗戦の遊びです。

1.まず2チームに分かれます
2.それぞれ自分の陣地を作り、フラフープ、または丸を書いて相手陣地まで繋げます
3.一人ずつ両足ジャンプで進み、相手チームの子と対面したら止まりその場でじゃんけんします
4.負けたら列の最後まで戻ります
5.相手チームまで先にたどり着いた方が勝ちです

対面した時に、じゃんけんではなく「あっち向いてホイ」にしたり、フラフープの距離を長くしたり、様々楽しむ方法があります。

フラフープ送り

フラフープ送りは、その名の通りフラフープを先頭の子から、最後の子まで送る遊びです。お友達同士隣に並び、手をつないだ状態でフラフープを送っていきます。チーム対抗戦で、早く最後の子までフラフープを送れたチームや、制限時間内で送れた人数を競うなどの遊び方があります。

チーム分のフラフープがあれば遊べるが、ロープやタスキで輪を作り代用しても楽しいでしょう。フラフープじゃんけんよりは、数を用意する必要がないため、すぐに取り入れられる遊びです。

フラフープリレー

フラフープリレーとは、2人でフラフープに入り、コースを走るチーム対抗戦です。

1.まず2列になり待機ます
2.前の子達が戻ってきたら、2人でフラフープに入りスタート
3.折り返し地点まで行きスタート地点に戻ります

より早く、みんなが走り終えた方の勝です。一生懸命走る遊びのため、熱中しすぎて転ばないよう注意が必要です。大きな広場で大人数で遊ぶと、盛り上がるでしょう。人数が合わない時は、元気な子や体力に自信のある子が、2回走るようにしても良いかもしれません。

スポンサードサーチ

子ども用フラフープの人気おすすめ10選

遊びや体力作りのため、子供が楽しく使えるようデザインやカラー様々なタイプを紹介します。人気のおすすめフラフープだけを集めたため、買ったけど使いにくかったということはないでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

サイズ 65㎝・84㎝
重量 105g・201g
素材 PE

低価格!体に合わせてお試しできる

アーテックは、主に学校で使う教材を作るメーカーです。そんな信頼できるメーカーが出しているフラフープは、気になったら迷わず購入できてしまうほどのお安さ。カラフルなデザインは、組み立て時のワクワクを掻き立てます。

小さな子供も使える軽めの形状。3歳児は、ものごとの理解力や、バランス感覚もついてきます。フラフープを使い、運動能力を高めるのも良いでしょう。

小学校高学年や大人には、軽すぎて回すのが大変になるかもしれません。筋力が少ない子供におすすめです。

鶴西 LICLI(リクライ) 大人用 子供用 フラフープ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 95㎝・85㎝・75㎝に調整可
重量 1000g・900g・800g
素材 やわらかいPVC発泡素材

サイズ・重さ調整で体に合わせて変更可能

鶴西 LICLI(リクライ)のフラフープは、全8パーツを減らして、体や筋力に合わせて調整可能です。最小の6パーツだと、75㎝・800gと少し重くなるため、小学校高学年の子に向いているでしょう。 
スポンジやクッションで良く使われるウレタン素材使用で、落としてしまっても落下音が響くことはありません。体に当たる部分の衝撃も、減らすことが可能です。カチッと音がする簡単はめ込みタイプで、収納にも困りません。

子供だけではなく、家族みんなで使用したい方、筋力をつけたい方におすすめです。

RANGS(ラングスジャパン) ラングス公園フラフープ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 69㎝・74㎝・79㎝
重量 400g・450g・490g
素材 ポリエチレン・水・ホイル

女の子が大好き!可愛いキラキラデザイン

ラングスジャパンのフラフープは、キラキラカラフルで、見ているだけで嬉しくなるデザインです。女の子はもちろん、お部屋にインテリアとして置いてあっても、目を引くインパクトがあります。サイズは69㎝~79㎝あり、6歳の子から使えるサイズがあります。

水が入っている重みを利用して回すため、初めてフラフープを使う子でも使いやすいでしょう。大きいサイズは大人が使っても満足の、重さ490g。安定した回転が骨盤矯正や、ダイエットにも最適です。

いくつかのデザインがあるが、好みの柄を選べないのが残念ですが、どのデザインも可愛いのでご安心を。小学校に入り、筋力向上させていきたい子におすすめです。

TOEI LIGHT(トーエイライト) フラットフープ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 40㎝~68㎝
重量 625g~1200g
素材 ポリプロピレン

5色1組!厚みが少ないフラットタイプ

TOEI LIGHT(トーエイライト) フラットフープは、厚みが少ないフラットタイプのため、床に並べて遊ぶときに、踏んでしまっても割れる心配はありません。青・緑・赤・白・黄の5色で1組みなので、トーエイライトのフラフープを買うだけで、回す以外の遊びも楽しめてしまいます。

しっかりとした重さがあるため、大人でも小さいタイプを腕で回してみたりなど、トレーニングのバリエーションも広がります。

フラフープをいくつか揃え外で遊びたい、大人も部位に合わせたサイズが欲しい方におすすめです。

サイズ 75㎝~150㎝
重量 299g
素材 -

ジャンボフラフープも作れる調節可能タイプ

サンスマイルのフラフープは、最小サイズが5パーツ繋げて75㎝。1セット6パーツ入りで、最大10パーツを繋げると、なんと150㎝にもなるジャンボフラフープを作れてしまいます。

重さに物足りなさを感じたら、砂などを内部に入れると丁度良い重さに調節可能。遠心力が働いて、より回しやすくなります。日本製のため、安心して使えます。

体力作りのため、子供の成長に合わせてフラフープを取り入れたい、家族みんなで使いたい方におすすめです。

サイズ 80㎝・90㎝
重量 280g・550g・660g
素材 PE

可愛い配色で気分をあげられるフラフープ

La-VIE(ラヴィ)のフラフープは、パールが入った艶のあるカラー。女子だったら見ているだけでキュンとするデザインでしょう。組み立て式で、好きなように色の配置を選ぶことができます。

サイズは80㎝からと、子供が使うには少し大きめにはなるが、子供の筋力に合わせた重さを選ぶことができます。お母さんも一緒に使い、ダイエットをすることができるでしょう。

他の子より、身長があり筋力をつけたい子、お母さんも一緒に使いたい場合におすすめです。

サイズ 72㎝~96㎝
重量 520g~680g
素材 新開発のプラスチック・発泡素材

体に合わせて調節可能!凸凹形状でさらに刺激

HOUSMART(ハウスマート)のフラフープは、体に合わせてサイズ・重さを調節できます。内側は三段階の凸凹形状で、回すだけでもお腹に刺激を送り続け、マッサージ効果を得られます。

フラフープ表面はスポンジ素材でコーティングされており、長時間使っても当たる部分が痛くなることはありません。子供でも簡単に組み立てられる差し込むタイプで、収納も楽々です。

運動不足解消したい子や、お腹周りが特に痩せにくい、お母さんも一緒に使えるでしょう。身長に対して体重がある子におすすめです

SASAKI(ササキ) 新体操 スタンダードフープ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 60㎝・65㎝・70㎝・75㎝・80㎝
重量 -
素材 ポリエチレン

新体操用の本格的なフラフープ

SASAKI(ササキ)のフラフープは、新体操で使われる耐久性のある本格的なフラフープです。つなぎ目がないため回す時はしなやかに、そして適度な重さで心地よく使えるでしょう。

サイズ展開も豊富で、体に合わせて5段階から選ぶことができます。5色のキレイな淡いカラーから選べるため、シンプルながらも可愛いと好評です。

ちゃんとした素材のフラフープが欲しい方、新体操をしている方におすすめです。コンパクトにはできないため、あらかじめ収納場所を決めておくと良いでしょう。

サイズ 73cm・87cm・98cmに調整可能
重量 1350g・1570g・1800gに調整可能
素材 HDPE・NBR

3段階に調整可能!腰に負担のなりにくい極厚クッション

PROIRON(プロアイロン)のフラフープは、子供用にはパーツを減らす、大人用にはパーツを増やすなどで対応可能。さらなるトレーニング効果を期待したい方には、フルパーツで1.8㎏の重量で、しっかり負荷を与えることができます。

毎日でも使える、腰への負担を考えた4.4mmの極厚クッション。継続した使用ができるでしょう。

また、静音設計で周りを気にすることなく使用できます。子供も大人も、しっかり負荷をかけてトレーニングしたい、室内で使用したい方におすすめです。

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) フラフープ 80 KW-725

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 80㎝
重量 270g
素材 ポリエチレン

小さな子供向け!カラフルパーツで組み立てまで楽しい

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)のフラフープは、赤・黄・緑・青の4色パーツを、自由な順番に組み立てれます。回して遊ぶだけではなく、組み立てる時から「どんな順番にしよう」と考え、楽めるから飽きずに使うことができるでしょう。

270gと軽めの重さなので、小さなお子様も楽しむことができます。使い終わった後は、分解して片付けの訓練することが可能です。

子供用のフラフープを探していた、低価格で収納できるタイプを探していた方におすすめです。

まとめ

フラフープは、体幹トレーニングには最適です。昔と比べ、子供が外で遊ぶ機会は減ってしまった今は、室内でも簡単に、遊び感覚で鍛えられるフラフープはおすすめです。

ネットでもお手軽に試すことができるため、ぜひお子様の普段の遊びに取り入れてみて下さい。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定