あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
handball

ハンドボールのセンターの役割は?おすすめの練習法も紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

今回はハンドボールのセンターについて解説していきます。
ハンドボールを始めてしばらくしてくると自分のポジションが決まってきてきたり、やりたいポジションが決まってきたりしてきますよね。
その中で、センターになった方や、センターをやりたいという方も多いと思います。
センターはバックプレーヤーの中でもボールに触れる回数が多く、チャンスメイクをするパスから、シュートにわたるまで様々なプレーができる人がなる場所で、憧れのポジションのひとつと言えるでしょう。
そんなセンターの役割とはなんでしょうか。センターの役割や、センターに非梅雨なスキルを高められる練習方法を紹介します!

目次

スポンサードサーチ

センターの役割とは?

ここからはセンターの役割について解説していきます。センターはマルチプレーヤーであることが求められます。そんなセンターの役割にはどんなものがあるのでしょうか。

ポイントゲッターとしてのセンター

まずはコートプレーヤーである以上は、ポイントゲッターの1人になります。センターが基本的にいる位置というのはゴールの正面です。ゴールの正面はもっともゴールに対してのコースが広く、もっともシュートが打ちやすい位置になります。
そこでセンターは得点のチャンスがあれば積極的なシュートでゴールを決めれることが求められます。正面の位置であるため、相手ディフェンスも背が高かったりうまいかもしれもしれませんが、その中で相手にとって脅威であることが求められているのです。
シュートとしては、クイックでシュートが打てることが求められます。ゴールの正面は、相手ディフェンスのプレッシャーがもっとも強いところです。その中でシュートを打つためにはクイックで打つことが求められる場面が多いです。
また、フェイントで相手を躱してカットインできる能力もあるといいでしょう。そのままシュートに行って得点することはもちろんのこと、そこから相手を引きつけての展開ということもできます。
チャンスメイクについては次で説明していきます。

チャンスメイカーとしてのセンター

センターはチャンスメイカーとしての能力も求められます。チームのエースである45たちにパスを供給したり、サイドやポストにもパスを供給することで、得点を演出します。
このチャンスメイクをするためには正確なパスが出せることや、広い視野を持つこと、そして、相手にとって脅威であることが求められます。
正確なパスは当たり前ですよね。いくら45のシュート力があろうとも、センターからのパスが悪ければ、いいシュートを打つことはできません。いいパスがあるからこそのいいシュートということを忘れないようにしましょう!
広い視野を持つことは、チャンスメイクをする上で、とても大事な要素になります。ディフェンスは45のプレーヤーに自由に攻めさせたくないために、しばしば牽制をかけてくると思います。
その時にパスを出してしまえばカットをされてしまいますが、その権勢に出たプレーヤーの元の位置が空いていますから、サイドなどが空くわけですよね。そこでサイドに飛ばしパスを出すことができる視野を持っているのかということです。
また、ポストに対してパスを出す時も広い視野が必要となるでしょう。

ゲームメイカーとしてのセンター

ゲームメイカーとしての能力も求められるでしょう。チャンスメイクとゲームメイクの違いとはなんでしょうか。チャンスメイクは得点を取るチャンスを作り出すことで、ゲームメイクは試合を通して勝つための行うことです。
例えば最初に点が取れた戦術をずっと使い続けたらどうでしょう。次第にディフェンスに対応されてしまいますよね。そこで戦術を変えてみたり、これを見せてからこの戦術を使うなどのことを考えることもゲームメイクの1つです。また、ゲーム展開のペースをコントロールするのもゲームメイクと言えるでしょう、
これはセンターが行わなければならないことではありません。しかし、オフェンスのサインの多くをセンターが出す場合はセンターがその役割を担う必要がありそうです。

このようにセンターには多くの役割があり、多くのスキルが求められます。次にはそれらのスキルを養うための練習方法を紹介します。

センターとしての練習方法を紹介!

ここからはセンターとしてのスキルを身につける練習方法を紹介します。

フェイントを練習しよう!

まずは相手の脅威であるためには強力なシュートを打てるようになりたいですが、その前にフェイントを身につけることが大切です。
相手を抜くことができるフェイントができるということはずらしが行えるということです。ディフェンスを抜けば、隣のディフェンスがカバーに寄ってきます。
カバーに来ているということはそのディフェンスがもともといた場所が空くということです。そこにパスを供給することで、得点のチャンスが広がります。
誰かにずらしてもらい、そのズレを大きくして展開をするという技術も必要ですが、自分で抜いてずらせるフェイントの技術がを身につけたほうがいいでしょう。
まずはコーンを立ててのフェイント練習で、抜いた後のカバーがいることを想定してフェイントの練習をしましょう。そして、人との練習に移りましょう。
フェイントの練習で大事なことはタイミングを練習することや、重心の移動を練習しましょう。速いだけではフェイントは成り立ちません。相手が逆側に動いてしまうようなフェイントになるように練習しましょう。

視野を広げよう!

視野を広げるということも大切です。チャンスメイカーとしてのところでもありましたが、どんなにいいパスを出せても得点できるところを見つけられなければ意味がありません。
そこで、ドリブルなしでの3対3や、パスゲームを行いましょう。ただ漫然と行うだけではなく、常に首を振って、周りの情報を仕入れるようにしましょう。
瞬時に空いているスペースや味方を見つけることができたら、チャンスメイクできる確率は高くなるでしょう!

パスの練習をしよう!

パスの練習も必要です。いいパスを供給できなければいいオフェンスはできません。正確なパスは必須のスキルと言えるでしょう!
パスは普段の練習で意識的に丁寧に投げることが大切です。
意識するポイントとしては、受け手の胸にボールがいっているか、受け手のもらいたい位置に出せているか、強さが適切かどうかという点に注意して練習をしましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はハンドボールのセンターについて解説しました。センターは多くのプレーとスキルを必要とするポジションです。全てを完璧にすることは難しいですが、多くのことに挑戦をして様々なプレーができるようになりましょう!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike