あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
handball

ハンドボールのユーゴって?ポイントも解説!

スポシル編集部
更新日 :2018/10/28

目次

今回はハンドボールのユーゴについて解説していきます。
ハンドボールを始めるとユーゴと言っていきなり動き始めてると思います。
そのユーゴとはなんなのか、ポイント、最後には派生で使える動きまで紹介していきます。

スポンサードサーチ

ユーゴとは?

そもそもユーゴとはなんのことでしょうか。
ユーゴとは旧ユーゴスラビアが考案したセンターと45のポジションチェンジのことです。
普通のセンターと45のポジションチェンジが発生するのはクロスをした時ですね。しかしユーゴはボールを持っていない2人がクロスをしてポジションチェンジをします。
センターと左45のユーゴの場合は、センターが右45にパスを出した際にセンターは前側から回るようにして左45の位置に行き、左45は後ろ側を大きく回るようにしてセンターの位置に入っていきます。
その時にセンターの位置に入ってきた選手に右45がパスをすることでユーゴは完了します。
このポジションチェンジは当時は画期的な戦術でしたが、今ではオフェンスのきっかけのように使われることが多いです。

ユーゴのポイント!

ユーゴを行う際のポイントとはなんでしょうか。動きとしては簡単です。きっかけとしても使いやすいですね。しかし漫然としたポジションチェンジを行なっても攻撃の成功率は高くなりません。
ここからはユーゴを使う上でのポイントや注意点を解説していきます。

まずは入っていく45が大事!

まず大事になるのがセンターに入る選手ですが、だらだらと入ってきては意味がありません。スピードに乗った状態でボールをもらえることがベストです。
また、入るコースに目的を持って入りましょう。そしてできるだけ真ん中に入らないようにしましょう。ディフェンスもユーゴと分かれば真ん中からの攻撃スタートとわかります。そのために3枚目の選手が少し高く出てコンタクトをしにくると思います。
そこに正面から入っていってはいけません。できる限り大きく回って右45に近い位置でもらったり、小さく回って左45に近い位置でもらうなどの工夫をしましょう。それでもおそらくそのディフェンスがついてきますが一対一で優位な位置を取ることを意識しましょう。

ポストの動きは?

また、ポストの動きも重要になってきます。ポストもユーゴになると分かれば、3枚目の下をスライドしてどちらが前に出るのか迷わせるのもいいでしょう。出たディフェンスに横ブロックや縦ブロックをかけても攻撃の幅は広がります。
ポストはポイントゲッターでもありますが、このように味方の動きがわかる時はその動きがうまくいくようなサポートの動きをするといいでしょう。

ボールを供給する45も大事!

また、ボールを供給する45も一対一をかけてもいいかもしれません。
ユーゴがくるから攻めてくると思っていないディフェンスを抜けるかもしれませんし、一瞬でも3枚目の視線や体の向きを自分に向かせることで、入ってくる選手の一対一が楽になります。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はハンドボールのユーゴについて解説をしました。ユーゴという動きは理解できました?ポイントを押さえてプレーしてみましょうね。
動き自体はシンプルで簡単なものです。ここから自分のチームオリジナルの動きを加えて、フォーメーションを作るのもいいかもしれません。
ぜひ練習して試合で使ってみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

サッカー
ハンドボール
ハンドボールのユーゴって?ポイントも解説!
サッカー
ハンドボール
ハンドボールのブルーカードってなに?
サッカー
ハンドボール
ハンドボールとは?特有の用語も解説!
サッカー
ハンドボール
ハンドボールの試合について解説!おすすめのリーグも紹介!
サッカー
ハンドボール
ハンドボールのリストバンドの人気おすすめ10選を紹介!必要性や選び方は?
サッカー
ハンドボール
ハンドボールジャージの人気おすすめ10選を紹介!
【三段跳日本一の山本選手監修】三段跳とは?
ソフトテニスラケット人気おすすめ12選【選び方&前衛・後衛用も!】
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike