あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
handball

ハンドボールのユーゴって?ポイントも解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

今回はハンドボールのユーゴについて解説していきます。
ハンドボールを始めるとユーゴと言っていきなり動き始めてると思います。
そのユーゴとはなんなのか、ポイント、最後には派生で使える動きまで紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

ユーゴとは?

そもそもユーゴとはなんのことでしょうか。
ユーゴとは旧ユーゴスラビアが考案したセンターと45のポジションチェンジのことです。
普通のセンターと45のポジションチェンジが発生するのはクロスをした時ですね。しかしユーゴはボールを持っていない2人がクロスをしてポジションチェンジをします。
センターと左45のユーゴの場合は、センターが右45にパスを出した際にセンターは前側から回るようにして左45の位置に行き、左45は後ろ側を大きく回るようにしてセンターの位置に入っていきます。
その時にセンターの位置に入ってきた選手に右45がパスをすることでユーゴは完了します。
このポジションチェンジは当時は画期的な戦術でしたが、今ではオフェンスのきっかけのように使われることが多いです。

ユーゴのポイント!

ユーゴを行う際のポイントとはなんでしょうか。動きとしては簡単です。きっかけとしても使いやすいですね。しかし漫然としたポジションチェンジを行なっても攻撃の成功率は高くなりません。
ここからはユーゴを使う上でのポイントや注意点を解説していきます。

まずは入っていく45が大事!

まず大事になるのがセンターに入る選手ですが、だらだらと入ってきては意味がありません。スピードに乗った状態でボールをもらえることがベストです。
また、入るコースに目的を持って入りましょう。そしてできるだけ真ん中に入らないようにしましょう。ディフェンスもユーゴと分かれば真ん中からの攻撃スタートとわかります。そのために3枚目の選手が少し高く出てコンタクトをしにくると思います。
そこに正面から入っていってはいけません。できる限り大きく回って右45に近い位置でもらったり、小さく回って左45に近い位置でもらうなどの工夫をしましょう。それでもおそらくそのディフェンスがついてきますが一対一で優位な位置を取ることを意識しましょう。

ポストの動きは?

また、ポストの動きも重要になってきます。ポストもユーゴになると分かれば、3枚目の下をスライドしてどちらが前に出るのか迷わせるのもいいでしょう。出たディフェンスに横ブロックや縦ブロックをかけても攻撃の幅は広がります。
ポストはポイントゲッターでもありますが、このように味方の動きがわかる時はその動きがうまくいくようなサポートの動きをするといいでしょう。

ボールを供給する45も大事!

また、ボールを供給する45も一対一をかけてもいいかもしれません。
ユーゴがくるから攻めてくると思っていないディフェンスを抜けるかもしれませんし、一瞬でも3枚目の視線や体の向きを自分に向かせることで、入ってくる選手の一対一が楽になります。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はハンドボールのユーゴについて解説をしました。ユーゴという動きは理解できました?ポイントを押さえてプレーしてみましょうね。
動き自体はシンプルで簡単なものです。ここから自分のチームオリジナルの動きを加えて、フォーメーションを作るのもいいかもしれません。
ぜひ練習して試合で使ってみましょう!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

外回りや立ち仕事での疲労を激減!特許技術採用のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

AspoleZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

AspoleZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減

【掲載メディア】

購入はこちら!

これはもうオーダーメイド。常識を蹴り飛ばしたサッカースパイク「蹴王」登場

BMZ_keiou

俊敏さに磨きがかかり、初速の勢いが爆発的に上がるサッカースパイク

蹴王の特徴は、以下の3点にあります。

  • 足指が自然に動く独自の構造設計で足が持つ本来の機能性を最大限に引き出す!
  • 足裏の運動をサポートし、足そのものを鍛え上げることで、運動中のトラブルを減らせる!
  • 五輪メダリストをはじめ、サッカー、野球、ゴルフなど多くのプロ選手愛用の国産メーカー!

日本有数のインソールメーカーだからこそできた、プレイヤーのことをとことん考え抜いた代物です。 ぜひその効果を自分の足で確かめてみよう!

詳しくはこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike