あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
handball

ハンドボールの速攻をポイント解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

皆さんのチームはどんなチームでしょうか。様々なチームがある中で、速攻のチームもあると思います。また、速攻のチームになるためのチーム作りをしているチームもあるでしょう。
今回はハンドボールの速攻について解説をしていきます!
速攻の種類から、おすすめの練習方法までを紹介していきます。
速攻が苦手なチームや、苦手な方はぜひこの記事を読んで練習してみてくださいね。

目次

スポンサードサーチ

速攻の種類

まずは速攻の種類を解説していきます。速攻には一次速攻と二次速攻があります。これら上手に使い分けることでボールを失う機会を減らすことができますし、得点力も挙げることができます。

一次速攻

まずは一次速攻について解説をしていきます。一次速攻とは、キーパーやディフェンスライン付近にいる選手から、相手ゴール付近に走っている選手に一気にパスを通したり、1人の選手が独走してドリブルで決めてしまうものです。
ボールを得てから最速でゴールを狙う速攻です。
主にサイドの選手が走り出していたり、立体ディフェンスのトップの選手が走ってパスを受けてシュートを決めます。

二次速攻

続いて二次速攻です。二次速攻とは一次速攻がダメだった時にパスをつないで勢いのある状態でシュートまで持っていくものや、最初から一次速攻に出られなかったために、パスをいくつかつないで勢いのある状態でシュートに行くものです。
二次速攻ではオフザボールの動きが大きく成功に関係してきます。空いてるスペースを見つけ出し、走りこむことが大切です。

速攻のオフェンスのコツを紹介!

ここからは速攻のオフェンスのコツについて正気をしていきます。速攻というのはただ速く前に走ればいいというだけではありません。チームとしての意図を持って動くことによって速攻は成功するのです。

ポイントはここ!

ポイントとしてあげられるのは、サイドに開くということがあります。一次速攻で出ているサイドや、最初から二次速攻の形の時のサイドでも開くということが大切です。ディフェンスは真ん中が一番シュート確率が高いため、真ん中に集まります。
そこでサイドに開いていると、そのまま決めることもできますし、そこからディフェンスを寄せて、中央で決めることもできます。
また、ドリブルを極力使わないということです。速攻というのは相手が戻りきる前にせめてしまおうというものです。しかし相手も全力で戻ってきているでしょう。そこでドリブルを使うと、ボールを前に運ぶスピードが遅くなります。
パスでつないでもう一度もらいに走った方が効率的に得点できるでしょう。
速攻のイメージ動画として銘苅淳選手の動画を紹介します。サイドに開く動きからの速攻を解説しているものです。ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードサーチ

速攻のディフェンスのコツを紹介!

続いて速攻のディフェンスのコツを紹介していきます。ディフェンスとしてやられてはいけないのは、シュート確率の高いところから撃たれるということです。つまり中央から撃たれるということをされてはいけませんね。
よってまずは中央に戻ることです。
しかし、相手が走っていたらどうでしょうか。そこにパスを出されてしまいます。よって相手の速攻に走っている選手のマークも忘れてはいけません。
これが基本的な戻り方になります。

ポイントはここ!

ここからはポイントの紹介ですが、速攻のディフェンスでは、一番最初に戻った人と、一番最後に戻っている人がとても重要です。特に相手の二次速攻を停める際にはとても重要になります。
急いで戻っていると自分のマークがどれなのか見失うこともありますよね。もちろん相手もまっすぐ走ってくるだけではありませんから、常に同じ人のマークということはありません。
そこで一番最初に戻ってきて前を向けた人は戻ってきている仲間に誰のマークにいけばいいかコーチングをしましょう。これは最後に戻っている人も同じことができます。
この2人がマークのコーチングをすることで戻ってはいるけど速攻が止められないということが減っていくでしょう。

おすすめの練習方法!

ここからはおすすめの練習方法を紹介します。
オールコートでの3対3なのですが。一度オフェンスが終わったら次の組が入って行うというもので、条件として、ドリブルを禁止します。
ゴールラインにオフェンス、6mラインにディフェンスが向かい合ってたちスタートします。この練習ではドリブルが使えないため、周りが動かなけらばいけませんし、意図がなければ、シュートまで行くことは難しいです。
また、首を振って周りの状況を確認することも必要です。この練習を行うことで二次速攻の際のスペースを見つける力や、走ってスペースを創る力を鍛えることができます。
ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードサーチ

まとめ

今回はハンドボールの速攻について解説をしました。速攻のチームを目指しているチームの方は多いと思いますがなかなかうまくできていないこともあると思います。
速攻についての基本的な考え方とコツを紹介しています。
ぜひ参考にして、速攻の強いチームを作りましょう!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike