2018年10月28日

ハンドボールのシュートの種類をポイントとともに紹介!

今回はハンドボールのシュートの種類について解説をしていきます。ハンドボールのでは様々なシュートの打ち方があるのをご存知ですか?
基本的なステップシュートやジャンプシュートの他にも様々なシュートの打ち方があり、中にはとてもトリッキーでおしゃれと言われるシュートの打ち方もあります。
ある程度ハンドボールを経験して、新しいシュートの打ち方を覚えて、得点力をあげたいという方にぜひおすすめの内容になっています!

スポンサードサーチ

ハンドボールのシュートの種類を解説!

ここからはハンドボールのシュートの種類を解説していきます。各シュートの特徴やポイントを解説していきます。ただステップシュートや、ジャンプシュートを打つだけでなく、様々なシュートの打ち方を覚えることで、得点力をアップさせましょう!

ステップシュート

まずは基本中の基本であるステップシュートです。これを習得しなければこの後に紹介するシュートに入るのは早いと言えるでしょう。
ステップシュートの特徴は、もっとも速いシュートを打つことができ、もっともコントロールがつきやすいです。これを聞いて少し驚かれる方がいるかもしれませんが、冷静に考えると当たり前のことです。
ジャンプをして、バランスを取りながらシュートを打ったりするよりも確実に地面に足をつけて安定して打った方がいいに決まっています。
ステップシュートのポイントとしては腰の回転と腕のしなりと手首のスナップをどれだけ連動させられるかというところにかかってきます。これらのタイミングがずれると下半身の力を伝えることができずに、速いシュートを打つことはできません。

ジャンプシュート

続いてジャンプシュートです。ジャンプシュートは試合中でもっとも使うシュートです。
ジャンプシュートも基本のシュートの1つです。まずはこれを習得してから他のシュートに移行した方が良さそうです。
ジャンプシュートの特徴は、ジャンプによる上下の移動と、ジャンプ中による横の移動があることでしょう。この移動があることにより、シュートに落差が生まれたり、キーパーの上から打てたり、キーパーのポジショニングをずらすことができます。

また、6m付近からとべば6mエリア内に侵入していることになります。つまり、ゴールまでの距離が近く、キーパーが反応しにくくなります。よって得点率が上がってきます。
ポイントとしては空中姿勢を正しく取ることを意識するということです。ギリギリの体勢で飛んだりすると体勢が低く、下しか打てない状況に陥ります。この状況はキーパーにとってとてもコースを読みやすく、止めやすい状況になります。
自ら体勢を崩すことなく、出来るだけ上に飛ぶことで体勢を高く保つことで、多くのシュートコースを確保し続けましょう!

ブラインドシュート

次はブラインドシュートです、ブラインドシュートは言葉としては、キーパーからボーツが見えない位置からシュートを打つというものですが、プレー的にはサイドスローで打つシュートのことを指します。
特徴としては、繰り返しになりますが、キーパーがボールの出どころを認識できないため反応を遅らせることができるということと、普通のシュートとは弾道が違い、上に上がってくるシュートや足元でバウンドなど、止めにくいシュートになることも特徴でしょう。
ポイントとしては肘を柔らかく使うということと、手首のスナップを意識して投げることで強いシュートを打つことができます。

プロンジョンシュート

次はプロンジョンシュートです。これは半身の体勢をとっていれば、背中側に体を倒しながらシュートを打つシュートです。右利きの右サイドはこの技術を習得していないとシュートを決めることは難しいでしょう。
右利きの右サイド以外にも、バックプレーヤーが壁となるディフェンスをかわしながら打つときのシュートとしても使われます。
特徴としては交わす動作とシュートを打つ時の腰の回転を同時に行うことができるため、ボールがキーパーから見えた瞬間にはシュートは放たれています。これによりキーパーはタイミングをずらされて、止めることがむずかしくなります。
ポイントとしては体を倒しながら腰をひねる動作を一瞬で行なって、その勢いをボールに乗せるということです。この動作をゆっくりやってしまうと勢いも乗らないほか、キーパーにタイミングを合わせられてしまいます。

スピンシュート

続いてスピンシュートです。スピンシュートは強いシュートを打つと見せかけて、強いスピンをかけたボーツをバウンドさせてキーパーの横を通して決めるというものです。
これはトリックプレーのようなシュートの一種ですが、キーパーが前に出ている時などには効果的なシュートになります。
特徴としては、キーパーの予想とは違うシュートを放つことでキーパーに止められる確率が下がるということです。
しかし強いスピンがかけられなければゴールまで曲がりきらずに外れてしまうこともありますし、もしキーパーに読まれてしまうと止められてしまう確率が高くなってしまうという欠点もあります。
ポイントとしては手首から腕まで全体を使ってスピンをかけることで、強いスピンをかけることができます。

ランニングシュート

最後にランニングシュートですが、ランニングシュートはその名の通りに走りながら打つシュートですが、これも最初の段階で覚えておくことでプレーの幅を広げることができるでしょう。
特徴としては軸足が逆ということです。普通のシュートは右利きであれば左足が軸足となりますが、ランニングシュートでは右足が軸足になります。
サッカーで左足のシュートを打つように手足を動かすと右でのランニングシュートのフォームやタイミングに近いと言えるでしょう。
技術的な難しさはありません。タイミングをずらしたりと得点率をあげる上で助けになります。最初は慣れない打ち方になると思いますが、練習をして自分のものにしましょう!

まとめ

今回はハンドボールのシュートの種類について解説しました。最初から全部のシュートを習得するのは難しいと思いますが、これらすべてのシュートを習得することで、得点力はぐんと上がると思います。
様々なシュートを打ってキーパーを翻弄させましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。