2018年10月28日

ハンドボールのパスについて徹底解説!練習法も紹介!

今回はハンドボールのパスについて解説していきます。
パスはハンドボールの基礎中の基礎と言えます。パスができなければシュートを打つことはできません。パスができなければ試合が成り立ちません。
そんな大事なパスの投げ方を種類ごとに紹介していきます。またパスの重要性と、練習方法も紹介します。パスが上手になりたい方はぜひ参考にしてください。

スポンサードサーチ

パスの投げ方を種類ごとに解説!

ここからはパスの投げ方を種類ごとに解説していきます。パスの投げ方は基本的には4種類で、ショルダーパス、プッシュパス、バウンドパス、ラテラルパスがあります。バックパスなどのような高等技術もありますが、それらは最初は気にする必要はないでしょう。

ショルダーパス

まずはショルダーパスの解説です。ショルダーパスは、最も基本的なパスの投げ方で、試合中最も使うものでしょう。特徴は最もスピードを出しやすく、コントロールもつきやすいです。また、遠くに投げることもできます。しかしモーションが大きく、スピードが遅いとディフェンスにカットされる可能性があります。
それでは投げ方ですが、右利きの場合、左足が前になるように半身の体勢になり、右腕を引きます。この時ボールが体の外側に向くように手首を返します。投げる時は肘から出していき手首を返しながら肘先を鋭く振ることでパスを出します。
最後に指でボールを引っ掻くようにすることで回転をかけます。投げる時は肘から出しますが、リリースポイントが高くなるように腕をあげることを意識することと、野球のように肘をたたみすぎないことを意識します。
肘をたたみすぎると、肘や肩を痛める結果になります。投げる時にはこ腕を振るのと同時に腰も回転させることでスムーズなパスになりますし、スピードを速める時や、遠く投げる時には重要になってきます。

プッシュパス

次にプッシュパスですが、プッシュパスは胸の前あたりに構えてあるボールを押し出すように出します。特徴としては、パスをキャッチしたその体勢から出せるということや、走りながら出しやすいこと、モーションが小さいということがあります。
しかし、遠くに投げることはできませんし、パススピードは遅いです。
投げ方は胸のあたりに構えているボールを押し出すようにして出します。この時にバックスピンをかけながら出すことでパスの軌道を安定させることができます。
このパスは速攻で近い味方に出す時や、走りながらとっさに出す時に使います。

バウンドパス

次はバウンドパスです。種類としては分けられますが、投げ方としてはショルダーパスと一緒です。
用途としては軽いパス回しの際に使ってる人がいるのは別として、相手にカットされないために、下を通すという使い方があります。相手は手で、届く範囲のコースをカットすることができます。上を通そうとしてもジャンプできるでしょう。
しかし、下に向けられたバウンドのパスというのはカットしにくいのです。走っているときはなおさらです。それを利用して相手の間を通して味方のチャンスを演出します。ポストパスとしても多用されます。

欠点としては、味方も走っているときや、パスの精度が低い場合は取りにくいものです。精度のいいパスを供給しないと逆にミスに繋がってしまいます。

また、バウンドパスの応用で、スピンパスというものもあります。曲げたい方向に強烈にスピンをかけて、バウンドをさせます。そうすることでバウンドする前とは違う方向にボールがバウンドして、パスを通すことができます。
直線的なパスのコースがない時に使うものですが、とても難しいパスになるため、ミスの確率も高くなります。

ラテラルパス

最後にラテラルパスです。これは胸の位置から横方向に出すパスのことです。特徴としては、モーションが小さい、見てる方向、体が向いてる方向と違う方にパスを出すことができるなどがあります。
しかし、パススピードが遅いこと、精度が落ちやすいことが欠点と言えます。
このパスはいつ使うのかというと、バックプレーヤーが攻めているときに相手を引きつけてパスを出したり、前を向きながらパスを出したりする時に使います。また速攻の際にも、横にいる味方にパスを出す時に使います。
ショルダーパスに比べたら遅いですが、とっさに出すパスとしては力を込めれば速いパスを出すことも可能です。
投げ方は、胸に構えたボールを横に押し出すようにしてパスをします。この時手の甲は上を向いていて、親指で押し出します。また脇を締めて出すことでボールが浮くのを防ぐことができます。
注意点として両面テープのくっつきに任せて投げてはいけないということです。それでは精度が低く、思わぬ高さに浮いてしまうことがあります。しっかりと親指で押し出すことを意識しましょう。

パスの重要性を解説!

ここからはパスの重要性について解説します。先ほどまでで様々なパスを紹介しましたが、パスの目的は味方にボールをつなぐことで、なぜつなぐかと言えば、ゴールを決めるためです。
その目的を忘れないようにしましょう。パスは受け手が次のプレーに移りやすいような位置に適切な強さで出すことが大切です。
あまりにも遅いパスだとタイミングが合いませんし、早いパスだとキャッチに意識を向けなければいけず、スムーズに次の攻撃に移ることができません。
自分もプレッシャーを受けているためそんなことは考えられないかもしれませんが、ゴールを決めるためには受け手が受けやすいパスを意識するようにしましょう。
パスひとつでゴールを奪うこともでき、ミスをして相手ボールになってしまうということもあることを意識しましょう。

スポンサードサーチ

おすすめのパスの練習方法を紹介!

ここからはおすすめの練習方法を紹介していきます。
パスの練習は日々の中で行えることがベストですが、特別に時間を取ることも初心者の方や、苦手な方にとってはとても重要です。

対面パス

普段行なっている対面パスの際に多くのことを意識するようにしましょう。
相手の胸にパスがいっているか、縦回転がかかっているか、フォームはどうか、パススピードは適切か、など意識するだけで、練習の質が上がります。
また、ここでバウンドパスや、スピンパスの練習をしてみましょう。練習でできないことは試合ではできません。やってみたいプレーであるなら、練習が必要です。

ランパス

こちらも定番の練習ですが、2人組ならラテラルパス、3人組ならプッシュパスの練習になります。これらを行う際には全力で走ること、走っている受け手が取りやすい位置に出すことを意識しましょう。
またラテラルパスは自分たちが出せる最大の距離で行うことで、自然と強く押し出す習慣ができます。ワンハンドキャッチにも挑戦してみましょう!

まとめ

今回はハンドボールのパスについて解説しました。パスには様々な種類があり、それぞれに意味がや用途があります。つなぐだけでなく、受け手のことも考えられるようになりましょう。
ハンドボールにおいて、パスは基礎中の基礎です。しっかりと習得しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。