2018年10月28日

ハンドボールの一対一のコツを攻守に分けて解説!

今回はハンドボールの一対一について解説していきます。
ハンドボールの攻防の基本とも言える一対一です。試合中に軽いものも含めれば100を優に超える数の一対一が行われているのではないでしょうか。
つまり、一対一を制することができれば試合を制することができると言っても過言ではありません。そこで今回はオフェンスとディフェンスのコツを紹介していきます。
苦手意識を持っている方も多いと思いますが、ぜひ練習して得意になりましょう!

スポンサードサーチ

一対一のコツを攻守に分けて紹介!

一対一のコツを紹介していきます。オフェンスがやりたいことをディフェンスはやらせず、ディフェンスがやりたいことをオフェンスはやらせないという反対のことをやるような形にはなりますが、ポイントを絞って解説していきます。

オフェンスのコツ!

オフェンスのポイントは、間合いと入り方です。高度で多彩なフェイントで抜き去る姿はとてもかっこいいですし憧れますが、基本はそこにあると思います。
まずは間合いですが基本的にオフェンスの間合いというのはオフェンスとディフェンスが互いに手を伸ばした腕2本分の距離です。この距離だとすぐ掴むことはできませんし、動いてから後追いすると横からになってしまうという間合いです。
この間合いをいかに作れるかということになります。もちろんディフェンスも前に出てくるため、間合いが変化します。上手く抜けない人は、近くなりがちな傾向があります。

次に入り方ですが、これはディフェンスの正面に入らないということです。正面に入ってしまうとディフェンス的には待ち構える形になるため、守りやすくなります。
自分が抜きたい方向と逆側に相手を釣り出してから抜くことで、抜けるスペースが広くなるほか、ディフェンスは横に移動をして当たるという、やることを1つ増やすことができます。正面に入らないというものは、ディフェンスをずらすときにも効果的です。

ディフェンスのコツ!

次にディフェンスのポイントですが、間合いと、方向付けです。基本的にはディフェンスの方が後から反応して対応をしなければいけないため、オフェンスよりは不利になります。
そこで、間合いと方向付けによってその差を埋めていきます。
まずは間合いですが、簡潔に言えばオフェンスの間合いにしない、ということです。間合いを詰めることで、動く前に止めることが可能ですし、間合いを開ければ動いてから追いつくことも可能です。
また、間合いという意味でいうと、相手に攻めさせないということがあります。相手が攻めるために入ってくる前に間合いを詰めたり、ボールをもらった瞬間に捕まえてしまうことで相手にフェイントや一対一をさせないということが可能です。

次に方向付けですが、これは基本的には内側、ゴール側を厚く守るということです。オフェンスが左45と想定するとディフェンス的には左が内側で、右が外側になります。
この場合では相手の右手側を厚く守り、外側に追いやることで、抜かれたとしても角度の狭いシュートを打たせることができます。
また、方向付けをすることで相手に内側は抜けないという印象を与え、外側に行かせます。つまり、相手が行く方向を予想しやすくなります。よってディフェンスをしやすくなります。

まとめ

今回はハンドボールの一対一について解説をしてきました。一対一を苦手としている方は多いと思いますが、基本的な考え方や、コツを掴むだけで苦手意識は解消されると思います。
一対一を制して試合を制しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

コメントを残す

※承認後に表示されます。