あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
handball

【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのブルーカードってなに?

徳田新之介

公開日 :2019/04/20

更新日 :2019/05/02

ハンドボールのブルーカードって知っていますか?

ハンドボールでは反則をするとイエローカードで警告、2分間退場、そしてこれが3回目になるとレッドカードが出て、退場となります。

では、ブルーカードとはどんな時に出るのでしょうか?

今回はブルーカード自体の解説と、どんな状況になるとブルーカードが出るのか紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

ハンドボールのブルーカードって何?

そもそもブルーカードとはなんでしょうか?

日本ハンドボール協会の競技規則ではこのように書かれています。

違反行為が意図的で、危険または悪質なものと判断したならば、レフェリーはレッドカードを示した後、ブルーカードを示すことによって、両チーム責任者に対し、報告書を失格であることを明確に伝えなければならない。

報告書が必要な場合、レフェリーは試合の後、報告書を提出しなければならない。裁定委員会が更なる処罰についての決定をする立場にある。

とあります。

つまり、失格に相当する行為をさらに上回る行為をした場合に失格に報告書をつけて提出し、さらなる処罰が与えられるということです。

ハンドボールでブルーカードが出る状況を紹介!


ここからは判断基準に用いられている状況とはどんなものなのか解説をしていきます。

・あまりにも無謀な行為, またはあまりにも危険な行為
・競技の状況とかけ離れた意図的で悪質な行為

あまりにも無謀な行為、またはあまりにも危険な行為


あまりにも無謀な行為や、危険な行為として、シューターが空中にいるときの接触や、シュートに向かう際にスピードを上げている時の、後ろや横からの接触です。

これらはシューターが、回避することが難しく、スピードにも乗っているため、大きな怪我などにつながる可能性があるとても危険な行為です。

競技の状況とかけ離れた意図的で悪質な行為

競技の状況とはかけ離れている、というのはボールホルダーやプレーに関わろうとしている選手に対する妨害や、接触ではなく、プレーに関わっていないプレーヤーや、ゲームが止まっている際のプレーヤーに対して、悪質な行為を行うということです。

スポンサードサーチ

【ハンドボールの試合】実際のブルーカードの対象となったプレー動画

実際にハンドボールの試合でブルーカードが出たプレー動画をいくつか載せておきたいと思います。

このようなプレーはとても危険でいくら勝ちたいがためのプレーといっても、相手を傷つけるようなプレーをしてはいけません。

どのようなプレーがブルーカードの対象となるかしっかり動画で確認して、自分はこのようなプレーをしないように心がけましょう。

まとめ

今回はハンドボールのブルーカードについて紹介しました。

ハンドボールは接触が多く激しいスポーツです。

毎試合のようにイエローカードや2分間退場がでます。

それだけ警告等が出るのは、一生懸命にプレーをしているからというところもあると思います。

しかし、スポーツである以上、危険な行為にをすることはいい事ではありません。フェアプレーで後味が悪いものにならないような試合ができるといいですよね。

みなさんもブルーカードをもらわないようにスポーツマンシップに則ったプレーをしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定