あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
handball

ハンドボールのサイドの役割について解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

ハンドボールを始めるとそれぞれのポジションが決まってきますよね。その中でも、サイドが自分のポジションになった方もいるかと思います。

目次

スポンサードサーチ

サイドの役割って?

サイドの役割は様々あります。ポイントゲッターとしての働きや、ディフェンスの一角を担っているのももちろんですが、速攻にでて点を取ってくることや、逆に、相手の速攻を止めること、バックプレーヤーのサポートをすることなど、役割は多岐に渡りますし、チームによっても様々です。

サイドの動きをセクションごと解説!

ここからはサイドプレーヤーの動きをセクションごとに紹介、解説をしていきます。

どのプレーもサイドプレーヤーとしてなくてはならない要素です。1つずつできるようにしてきましょう!

シュート!

まずはシュートです。サイドからのシュートは他のところからのシュートとは違い、常に角度が変化するところがポイントです。ジャンプを開始した位置と着地をする位置は約3m~5mにも及びます。つまり、跳べば跳ぶほどゴールへの角度は広くなるため、シュート確率が上がっていきます。

サイドシュートは基本的には通常のジャンプシュートと同じように飛びますが、ゴールの方向がより引っ張る方向にあるため通常より、外に抜けやすいことを覚えておきましょう。

またオーバースローではなく、サイドスローなどで、より角度をとるという方法もあります。サイドスローはよりシュートの精度が落ちやすいものなので練習が必要です。

また、横方向に流れているため体制が崩れやすくなります。しかし、うまいサイドプレーヤーほど体勢をギリギリまで維持しています。角度を作るために体を倒したくなりますが、体勢を維持することを意識しましょう!

速攻!

次は速攻についての解説です。速攻とはディフェンスからオフェンスにターンオーバーになった時に、相手のディフェンスが戻りきる前に得点を素早く取ってしまうというものです。

キーパーや、ターンオーバーになったポイントから直接パスを通すような速攻を一次速攻、何本かパスをつなぎながらスピードに乗ってオフェンスをする速攻を二次速攻といいます。

サイドが主役になるのは一次速攻です。サイドはディフェンスにおいてはメインの位置にいることは少ないため、相手のシュートが打たれた瞬間に走り出します。キーパーがシュートを止めれば速攻のチャンスです。

9mライン付近でパスをもらい、フリーでシュートを打ちます。これはとても理想的な形で、実際には相手もいるため、そこは走り勝てるかというサイド同士の戦いになります。

フェイント!

フェイントはバックプレーヤーのモミが必要なスキルだと思っていませんか?フェイントはサイドでも必要なスキルです。

サイドから崩す時に、相手のサイドを抜いて、カバーによらせることができればチャンスは一気に広がりますし、抜いてシュートが打てるなら打ってしまっても良いでしょう。ただし角度があまり広くないためシュート確率は多少低くなります。

そこは自分のシュート力と相談ですね。

フェイントはボールを持っている時だけではなく、もらう時や速攻の時など、様々な場面で使うことができます。最低限のスキルとして身につけておきましょう!

ディフェンス!

ディフェンスも重要な役割の1つです。確かに3枚目のように真ん中を守っている人たちから比べると、重要度が低いのかもしれません。しかし、サイドからマークの声をかけたり、ポストの位置を教えてあげたり、牽制をかけたりと、できることはたくさんあります。

また、相手のサイドが良い角度でシュートには入れないようにすることも重要です。

端っこのディフェンスだからといって、いらないポジションではありません。チームをサポートし、次の速攻の準備をしましょう!

スポンサードサーチ

世界的サイドの名手を紹介!

ここからは世界的なサイドの名手や日本人で活躍するサイドプレーヤーを紹介します。

お手本になるようなシュートや、かっこいいシュートばかりです。参考にしましょう!

ウーヴェ・ゲンスハイマー

世界ランキングで常に上位のドイツで不動の左サイドプレーヤーといえばウーヴェ・ゲンスハイマー選手です。現在はパリ・サンジェルマンに所属しており、ポイントゲッターとして活躍しています。

この選手の特徴としてあげられるのが、異常なリストの強さと、肘の柔らかさからくる多彩なシュートです。

7mスローもよく打つゲンスハイマー選手ですが、どうやったらその回転がかかるのかよくわからないスピンシュートや、異常にクイックなサイドスローなどバリエーションが豊富です。

これらのシュートをサイドでも駆使して、得点を量産しています。

これらは幼少から松ヤニを使っている等の環境的な要因もあるため、真似をするのが難しいですが、すぐに真似するべきポイントがあります。

それは姿勢の良さです。体勢を崩されない限り、常に姿勢とボールを高く保っています。これによりキーパーはシュートの的を絞ることができません。

あなたはサイドシュートの時に自分から体勢を崩していませんか?世界的プレーヤーは体勢を崩しません。

リュック・アバロ

続いて右サイドの世界的プレーヤーといえば、フランス代表、リュック・アバロ選手でしょう。

この選手の特徴は何と言っても跳躍力です。飛び抜けたバネで狭い角度でもゴールを量産します。ゲンスハイマーと違って体勢を自らたいせを倒すことも多い選手です。真似をするには向かない選手かもしれませんが、かっこいいシュートのお手本として見ているだけでもモチベーションが上がる選手です!

土井レミイ杏利

最後に日本人で活躍するサイドプレーヤーの紹介です。土井レミイ杏利選手です。日本人とフランス人のハーフで、現在はフランス2部のシャルトル・メトロポール・ハンドボール 28でプレーしています。

この選手の特徴は跳躍力と、体勢の良さです。どんな時でも自分の中で最高のシュートフォームを作ることを心がけているそうです。世界のプレーヤーと比べると小柄かもしれませんが、技術でカバーできるということを証明してくれています。

まとめ

今回はハンドボールのサイドについて紹介、解説しました。サイドというポジションは職人気質なところがあります、やればやるほど上手くなるでしょう。

体勢を整えること、最大のジャンプをすること、がとても重要です。

杏利選手の動画ではサイドシュートのコツについて解説されています。参考にしてみてください!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike