あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
futsal

これは知らなかった!フットサルの歴史を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/31

更新日 :2019/03/14

フットサルの歴史についてご存知ですか。ここの記事ではフットサルの歴史をそもそもの起源や日本の歴史、ブラジルやスペインなどの世界数国の歴史や現在の現状を紹介していきます。
この記事を読んで、フットサルをより深く知りましょう。

目次

スポンサードサーチ

フットサルの起源とは?

フットサルの起源は大きく分けて2つの流れがあります。
1つはブラジルなどを中心とした南米地域から始まった弾まないボールを使って行う「サロンフットボール」というものです。
もう1つはサッカー発祥の地であるイギリスを中心としてヨーロッパ、北米に広がって行った室内でプレーし、壁の跳ね返りを利用したスカッシュやアイスホッケーのような要素をもったゲームの「インドアサッカー」というものです。
名前の由来はスペイン語でサッカー=futbolの「fut」と、部屋=salónの「sal」を合わせて作ったものです。

日本のフットサルの歴史

日本のフットサルの始まりは1970年代に日本に来日していたサッカーのブラジル人選手のアドバイスによるものからです。
その後、1977年に日本サッカー協会の傘下に日本ミニサッカー連盟が発足しました。
さらに、1994年よりJFAが「ミニサッカー委員会」を設立し、その後「フットサル委員会」と名称を変更し、これを機に日本にフットサルを普及させる取り組みがなされ、1996年には第1回の全日本フットサル選手権大会が開催されました。
その後、少年の大会、U-15の大会、女子の大会も行われる事となり、現在の日本の世界ランキングは10位になりました。

スポンサードサーチ

世界で人気なフットサル

世界ではまずフットサルの呼ばれ方が違います。
ここではそれぞれの国のフットサルについて紹介していきます。

スペイン

スペインではフットサルのことを「フットボールサラ」といいます。
しかも、サッカーの本場スペインですがフットボールサラの方がサッカーより競技人口が多く、100万人以上いると言われています。
そのため、プロリーグもあり、四部制の構成になっています。
そして、スペイン代表チームの公式戦の成績は2000年・2004年のFIFAフットサルワールドカップ、2005年のヨーロッパ選手権などで優勝を果たしています。

ドイツ

ドイツではフットサルのことを「ハ-レンフッスバ-ル」といい、ブンデスリーガのサッカー選手たちが1月のシ-ズンオフに選手達がフェスティバル的にはじめたのがきっかけで広まっていきました。
ブンデスリーガの現役選手はもちろん、引退後の選手も楽しんでいます。
しかし、ドイツではフットサルの普及がフットサル代表チームを持たないなどで遅れていましたが、2006年に、第1回ドイツフットサル選手権が開催されました。

イタリア

イタリアではフットサルのことを「カルチェット」といい、1980年代から広がり始めました。
サッカーと同じくセリエAという名のプロリーグがあり、セリエB、「Serie A femminile(女子)」などもあります。
また、セリエBの大半のチームは、ブラジル人などの外国人選手が多く所属しているのが特徴です。
しかし、サッカーと比べると知名度と人気は低いのですが、年々競技人口は増加していて、フットサルイタリア代表は、2008年ブラジル開催のW杯で3位に入賞しています。

アメリカ

アメリカではフットサルのことを「アメリカンインドアサッカー」といい、10年以上前からプロリーグも存在し、子供を中心に普及が進んでいます。

ブラジル

ブラジルではフットサルのことを「フチボル・デ・サロン」といい、サッカ-同様、国民的スポ-ツです。
また、アルゼンチン、ウルグアイ、メキシコなどの他の南米の国でも非常にフットサルが盛んですが、フットサルの南米選手権ではほとんどがブラジルが優勝していることから、ブラジルがレベルが高いことが証明されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回この記事ではフットサルの歴史について紹介してきました。
この記事を読んでフットサルの歴史に詳しくなってください。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike