あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
futsal

フットサルのコートの大きさって?他スポーツとの比較も!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/30

更新日 :2019/03/14

みなさん、フットサルコートの大きさはご存知でしょうか。
意外と他のスポーツと比べると大きさの大小が微妙だったりしますよね。
今回この記事ではフットサルコートの大きさについて他のスポーツとの比較などして、様々なポイントから解説していきたいと思います。

目次

スポンサードサーチ

フットサルコートの大きさってどのくらい?

まず、フットサルコートの大きさの正式な規定は縦の長さが最短25m〜最長42mで、横幅の長さが最短16m〜最長25mです。
ただし、国際試合での規定は少し異なり、縦の長さが最短38m〜最長42mで、横幅の長さが最短20m〜最長25mとなっているので注意してください。
その他にもセンターサークルは半径3mの円、ペナルティーエリアはそれぞれのゴールポストの外側を中心として、半径6mの四分円をゴールポストの外側のゴールラインから、ゴールラインに直角に描いた仮想ラインのところまで描き、それぞれの四分円の先端を、ゴールポストの間のゴールラインに平行な3.16mのラインで、ペナルティーマークがそれぞれのゴールラインの中央から6mの位置のペナルティーエリアのライン上で、第二ペナルティーマークがゴールライン上の中心から10mの位置です。
また、コーナーアークは各コーナーに半径25cmの四分円で、さらに交代ゾーンまで規定があり、各チームベンチの前のタッチライン上に5mです。
フットサルのコートの大きさと言っても全てのコートが同じ大きさといけではなく、誤差であったり、それぞれのコートの特徴があるので注意してください。

フットサルのコートの大きさを他の競技と比較!

サッカー

サッカーの公式規定のコートの大きさはタッチライン長さが90m~120mでゴールライン長さが45m~90mです。
ただし、サッカーもフットサル同様に国際規定がありタッチライン長さが100m~110m
ゴールライン長さが64m~75mなので注意してください。
フットサルコートと比較するとサッカーコートは約7倍の大きさに規定されています。
人数比で見てみるとフットサルは5人制に対してサッカーは11人制なのでフットサルの方がフィールドに対しての人数の割合が小さいので、一人あたりのスペースがポジションなどの条件は除いて、数字だけ見ると小さく細かな動きが必要となります。

バスケットボール

バスケットボールのコートの大きさは28m×15mの大きさの規定です。
これはフットサルコートに近い大きさですが少し小さめで人数は同じ為、フットサルの方が一人あたりのスペースが少し大きくなっています。

スポンサードサーチ

コートの大きさを試合前に確かめよう!

上記でも記したように実際のコートの大きさはそれぞれの会場ごとに特徴があるとともに異なります。
縦長で長細いようなコートや横長でワイドにコートを使うことができるところもあるわけです。
そこで、試合前にコートを見て、実際に歩いて、コートの大きさを把握しておきましょう。
具体的には、コートが狭めならドリブルがしにくいからタッチラインや敵の位置に注意する必要がある、コートが広ければドリブルしやすいかつディフェンダーの裏を取りやすいなど様々な準備ができます。
試合前にコートを把握して、試合を有利に自分のペースで進めていきましょう。

レベルに合わせてコートの大きさを選ぼう!

初心者andエンジョイ

初心者の方々やエンジョイフットサルを楽しみたい方々は小さめのコートを選びましょう。
小さめのコートだとポジショニングやパスのズレやドリブルなどの細かな部分で実力差が出にくいです。
また、小さなコートなら走行距離も少なくすむのでバテにくく、年齢差があってもそこまで大きな差を感じずに楽しむことができます。

上級者andガチ

上級者やガチで高いレベルでのフットサルを求める方は大きめのコートを選びましょう。
理由としては上記で記した理由の逆で、様々な面で技術差が出やすいからです。
さらに、広さが故にチーム戦術を出す事もできたりとよりレベルの高い試合になりやすいです。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回この記事ではフットサルコートの大きさについて様々なポイントから解説してきました。
この記事で読んだことを生かしてコートの大きさも活かした楽しみ方をしていきましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
Cross country
volleyball
soccer
tennis
baseball
running
basketball
golf
badminton
rugby
road bike