あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
futsal

フットサルのディフェンスを解説!おすすめの練習法も紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/30

更新日 :2019/03/14

サッカーと比べて人数が少なく、コートも小さいフットサルではどんなディフェンスをすればいいのか分かりづらく、難しいですよね。
今回この記事ではそんなフットサルのディフェンスについてポジショニングといった基本からチーム戦術などの練習方法まで様々なことを動画付きで解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

フットサルでのディフェンスの重要性を解説!

まず、大前提としてフットサルは5人制のスポーツで、キーパーもそこに含まれているのでフィールドには4人しかいません。
なにが言いたいかというと、一人一人の役割が大きく、責任も大きいということです。
そのため、一人抜かれてしまうだけですぐに圧倒的な数的不利な状況が出来てしまいます。
フットサルではサッカーよりも攻守の切り替わりが激しく、バスケットボールと近く、オフェンスよりもディフェンスが重視されています。
よって、強いチーム作りで重要なのがディフェンス力の高いチーム作りです。
強いチームとは負けないチームで、そもそも点をとられなければ負けることはないので、ディフェンス力の強化は必要不可欠です。

フットサルのディフェンスの基本を紹介!

優先順位

フットサルのディフェンスにおいての優先順位は
1、シュートを打たせない
2、ドリブルでかわされない
3、チャンスに繋がる決定的なパスを出されない
の順に考えてください。
この考え方のポイントは相手を自陣のゴールに近づけさせないということを意識し、失点という最もされたくないことから遠ざけ、相手の目的を達成させないということを意識して守備をするということです。

ポジショニング

ディフェンスの際のポジショニングは「ボール保持者」と「自陣のゴール」の線上で相手の進路を防ぐというのが基本です。
シュートを打たせないという大前提を頭の中に入れて、意識しながら良いポジショニングをとりましょう。
さらに、1対1の状況でかわされてしまったときのことも頭に入れて、相手の利き足の方には抜かせないようにしたりするなどのかわされた後のフォローも考えながらポジショニングととると相手にとってより嫌なディフェンスが出来ます。

姿勢

フットサルのディフェンスで姿勢は非常に重要なポイントです。
一体どんな姿勢が正しいのか。先に結論を言うと、「骨盤の前傾を維持する」ことです。
それをどのように確認するかというと、尾てい骨に指を押し当て、猫背になってみると、尾てい骨がグッと下がり、背筋をピンと伸ばすと、尾てい骨がキュッと上に上がります。
これで確認してみてください。
骨盤が後傾していると、股関節の可動域が狭くなり、さらに太もも裏側にあるハムストリングスを使いづらくなり、それよりも小さな太もも前側の筋肉を使わざるを得なくなり、それだけ脚を素速く出せる瞬間が限られてくることになるので、全体のディフェンスの動きが遅くなり、ディフェンスの対応が遅れてしまいます。
しかし、骨盤が前傾していると、これらのことが逆になり、股関節の可動域が広がり、ハムストリングという大きい筋肉を簡単に動かせるようになり、全体の足の動きが素早くなります。

コツ

ディフェンスをする際に大事なのは、もちろん相手からボールを奪いきって自分のボールにすることが一番の理想ですが、相手が嫌がることをして、好きにプレーさせないことです。
ポイントとしては相手からボールを奪いきらなくても、ボールを突っついたりしてリズムを崩すことも大切です。
そこで狙うべきポイントは「トラップ際」や「ドリブル中」のボールが足から少し離れる瞬間です。
その一瞬を狙ってボールを突っついたり、体を入れて奪い切るのがコツです。
ただ、無理してボールを奪いに行こうとして突っ込んでかわされると上記で記したように数的不利を簡単に作られてしまい、一気に相手チームのチャンスになってしまうので非常に危険です。以下の動画を参考にしてみてください。
「ファールを取られない鉄壁ディフェンス」

スポンサードサーチ

フットサルのディフェンスの練習方法を紹介!

ディフェンスの練習は一人でするよりも二人以上で対人プレーや実際に試合をするなどの実践的な経験を積むほうがより効果的です。
また、これまでに上記で記したようなディフェンスの際の姿勢やポジショニングを意識しながら行うとなお効果的です。以下の動画を参考にしてみてください。

チームでの守り方の種類を紹介!

マンツーマン

マンツーマンディフェンスとは基本的に1対1でそれぞれのマークを決めて守る戦術で、これまで解説してきたことがメインとなり、個人の技量が重要になってくるものです。

ゾーンディフェンス

ゾーンディフェンスとはマンツーマンとは違って、人にマークをつくのではなく、それぞれのゾーンを決めてその範囲を守る、といった戦術です。
これはマークの受け渡しなどチームの連携が重要なので少し難しく、マッチアップの相手が試合中に何度も変わるため、ミスマッチが起こってしまうという点もあります。
以下の動画を参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。
フットサルの様々なハウツーを紹介してきました。
この記事を読んでディフェンスに詳しくなって、活躍できるプレイヤーを目指して、これからさらにフットサルを楽しんでいきましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike