あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
health_equipment

スマートウォッチ式活動量計を紹介|選び方やおすすめメーカーも解説

スポシル編集部

公開日 :2021/03/30

更新日 :2021/03/31

ここでは、活動量計の機能が備わっているスマートウォッチの選び方や精度について紹介しています。

また、活動量計としても活用できるおすすめのスマートウォッチ10選も紹介しています。

そのため、活動量計で歩数や心拍数をスマートウォッチで測定したいと考えている人は参考にしてください。

最近ではさまざまなメーカーがスマートウォッチを販売している傾向があり、性能に優れてる場合やコスパに優れていることもあります。

目的に応じて適したスマートウォッチを購入しましょう。

目次

スポンサードサーチ

活動量計のスマートウォッチとは

活動量計のスマートウォッチとは、スマートウォッチに活動量計の機能が備わっていることであり、時計としてだけではなく、歩数や心拍数・消費カロリーなどが測定することができます。

スマートウォッチの背面部分にさまざまな数値を測定できる光学センサーが内蔵されている場合が多く、運動時や日ごろの状況を知りたい際におすすめです。

最近ではさまざまなデザインで販売されていることもあり、環境を選ばずに使用することができ、おしゃれに決めることも可能です。

活動量計のスマートウォッチを徹底解説!

活動量計のスマートウォッチと聞いても詳しく知らない人も多くいるのではないでしょうか。

活動量計の機能が備わっているスマートウォッチを購入するのであれば仕組みについても把握しておくことをおすすめします。

スマートウォッチのことを詳しく紹介しているので参考にしてください。

活動量計のスマートウォッチを徹底解説します。


  • 腕時計の併用はできる?

  • 活動量計の精度は?

  • スマートウォッチはどこにつけるの?

腕時計の併用はできる?

活動量計のスマートウォッチは時刻も表示されるため、腕時計と併用して活動量計としての役割も果たしています。

そのため、一般的な腕時計としても充分に活用することができ、時刻や曜日などを確認することができます。

しかし、スマートウォッチの多くがデジタル表示される傾向があり、ビジネスなど特別な環境ではそぐわない場合もあります。

最近ではディスプレイ画像を好きに編集することもできる機能が備わっていたり、アナログ式のスマートウォッチも増えてきています。

活動量計の精度は?

活動量計としての精度は決して低くはありませんが、医療関係で使用されている機器を使用した場合では誤差が出てしまう場合が多いです。

特に、心拍数の精度には誤差が出やすく、原因は測定する方法が異なるからです。

医療関係ではオシロメトリックという方法で測定されますが、スマートウォッチでは光学式センサーを応用して数値を導き出しています。

そのため、持病などがあり、心拍数や血圧に注意しなければならないのであればスマートウォッチで計測できる数値を過信し過ぎず、定期的に医療施設の機器で測定することをおすすめします。

スマートウォッチはどこにつけるの?

スマートウォッチは腕時計としての機能があるため、一般的に手首に装着します。

手首に装着することで好きなタイミングでスマートウォッチを見ることができ、運動時の心拍数もその都度確認することが可能です。

しかし、なかには腕に装着するタイプもあれば足首に装着するアンクレット型のスマートウォッチもあります。

そのため、購入する際にはどこに装着するタイプのスマートウォッチか確認するようにしましょう。

装着する際に適したフィット感にしないと活動量計の機能が正常に働かない場合もあります。

スポンサードサーチ

スマートウォッチの選び方を紹介!

スマートウォッチを購入しようとしているのであれば選び方についても注目しましょう。

特に、活動量計の機能を目的にスマートウォッチを購入するのであれば備わっている機能を知る必要があります。

購入後に後悔しないように選ぶポイントを把握しておきましょう。

スマートウォッチの選び方を3つ紹介します。


  • デザイン性で選ぶ!

  • ケータイと連携

  • バッテリー持ちがいいか

デザイン性で選ぶ!

スマートウォッチはさまざまなデザインに仕上げられている場合が多く、好みのデザインのスマートウォッチを購入するようにしましょう。

以前までは四角のディスプレイの形が基本でしたが、最近では丸形のスマートウォッチも販売されており、女性の方でも違和感なく装着することが可能となっています。

シンプルなデザインであれば私生活や運動時におすすめであり、スタイリッシュなデザインに仕上げられている場合は仕事をする際におすすめです。

デザインに違いがあるだけではなく、カラーも豊富に用意されている場合もあり、好みのカラーのスマートウォッチを購入することができます。

バンド部分だけを交換することもできる機種もあり、アレンジ性が高めれます。

ケータイと連携

スマートウォッチとスマホを連動させる機能があれば活動量計を活用することができます。

スマホと連動させることで得られるメリットは測定したデータをスマホに移動させることができ、保存も可能なことです。

そのため、以前のデータと比較することもできます。

その他にもスマホの着信をスマートウォッチでも確認できたり、音楽を聞くことも可能です。

スマホが不要でスマートウォッチ単体で活動量計として機能する場合もありますが、スマホに専用のアプリをダウンロードして初めて活動量計として機能する場合もあるため、購入する際にはよく確認しましょう。

古いバージョンのスマホでは連動できない場合もあり、自身が使用しているスマホでも連動できるか知ることも大切です。

バッテリー持ちがいいか

スマートウォッチはスマホと同じくバッテリーが内蔵されており、腕時計のようなボタン電池ではありません。

そのため、その都度充電する必要があり、バッテリーが長持ちするスマートウォッチの方がおすすめです。

バッテリーが長持ちすることで充電する頻度を少なくすることができ、長期間の心拍数や血圧を測定しつづけることができます。

内蔵されているバッテリーの容量や省エネの仕組みが採用されているかによってバッテリーが長持ちするか大きく変わってきます。

なかには1回の充電で1週間以上使用できる場合もあります。

より多くの機能が備わっているほどバッテリーの消費は激しく、スマホと連動したり、GPS機能を活用すればどうしてもバッテリーの減りは速くなってしまいます。

スマートウォッチの人気メーカーと商品を紹介!

スマートウォッチはさまざまなメーカーが販売しており、活動量計の機能が備わっている場合が多いです。

そのため、スマートウォッチを購入すれば必然的に活動量計として活用することも可能になります。

販売しているメーカーごとに特徴があるため、把握しておくことで購入時に判断材料にすることができます。

スマートウォッチのおすすめ人気メーカーは以下の3つです。


  • フィットビット(Fitbit)

  • タニタ(TANITA)

  • ガーミン(GARMIN)

フィットビット(Fitbit)

Fitbitはアメリカのメーカーであり、活動量計を多く販売しているメーカーです。

その他にも家電やフィットネス用品も販売しているメーカーであり、本国では知名度が高いメーカーでもあります。

Fitbitが販売しているスマートウォッチの特徴は活動量計としての機能が優れていることです。

そのため、測定できる精度も高く、信頼できる数値でもあり、正確な数値を知りたい人におすすめのメーカーです。

特に、睡眠に対する知識が豊富なメーカーでもあり、スマートウォッチに睡眠の質を測定できる機能が備わっている場合が多くなっています。

また、睡眠の質を向上させるアドバイスも行ってくれるため、睡眠改善をしやすくなります。

海外のメーカーではありますが、日本国内でも知名度はあります。

アラーム機能がある

Fitbit Inspire 2 スマートウォッチ 活動量計 フィットネストラッカー 心拍計 FB418

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

心拍数を継続的に測定することで異常に数値が高まった際に通知してくれる機能が備わっています。

そのため、過剰な運動をしてしまった際に確認することができ、運動を中断したり、軽い運動に変更することも可能です。

運動をすることは身体に良いことではありますが、過剰な運動は心臓に負担がかかってしまいます。

健康的な身体を維持するためにも心拍数の異常上昇は回避すべきであり、通知してくれる機能は非常に便利です。
また、スマホと連動することでもスマホの通知をスマートウォッチ側でも通知してくれるようになります。

タニタ(TANITA)

タニタは日本国内のメーカーであり、医療関係の機器やヘルスケアを開発しているメーカーでもあります。

そのため、活動量計も販売しており、歩数や心拍数、消費カロリーなどを測定することができる機能が備わっています。

しかし、タニタは活動量計は販売していますが、スマートウォッチは販売しておらず、タニタのスマートウォッチはありません。

その代わりにコンパクトサイズに仕上げられている歩数計などが多く販売されており、コストパフォーマンスにも優れている特徴があります。

そのため、スマートウォッチを購入したい人には不向きなメーカーではありますが、歩数や消費カロリーのみを知りたい人であればおすすめのメーカーです。

日本国内のメーカーでもあるため、品質に対して信頼できます。

ガーミン(GARMIN)

ガーミンはGPS機能を開発しているメーカーであり、スマートウォッチも販売しています。

GPSの仕組みに対して精通しているメーカーでもあるため、他社が開発しているスマートウォッチに備わっているGPSよりも高性能に仕上げられている特徴があります。

そのため、GPS機能を活用する機会が多い人におすすめのメーカーです。

また、GPS機能はアウトドアで活用される場合が多く、アウトドアの運動量を測定するために活動量計のスマートウォッチを購入したい人にもおすすめできます。

GPS機能があることで正確な移動距離を測定することができ、移動速度も把握することが可能になり、ウォーキングやランニング、サイクリングの運動量を正確に知ることができます。

スポンサードサーチ

まとめ

スマートウォッチに活動量計の機能が備わっている場合が多く、手軽に歩数や消費カロリー、心拍数などを測定することができます。

私生活だけではなく、運動時にも活用することができ、健康的な身体を手に入れることも可能になります。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定