あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
health_equipment

心拍数の測定ができる活動量計おすすめ10選【人気メーカー・選び方も解説】

スポシル編集部

公開日 :2021/03/30

更新日 :2021/03/31

ここでは、心拍数を測定できる活動量計の選び方やメーカーごとの精度も比較しています。

また、おすすめの活動量計も紹介しているため、心拍数や消費カロリー、筋肉量などを知りたい人は参考にしてください。

活動量計を活用することで身体の状態を数値で確認することができ、ダイエット時やトレーニング時に活用することができます。

睡眠の質を測定すればどのような睡眠の仕方をしているのかを把握することもでき、さまざまな用途で活用することが可能です。

目次

スポンサードサーチ

心拍数とは

心拍数とは、一定時間内に心臓が何回拍動しているかを数字化したものです。

心拍数の標準は年齢や性別によって分かれ、極端に心拍数が高いと心臓に負担がかかっている証拠です。

心拍数は運動することで高まる傾向があり、心拍数を確認しながらトレーニングすることで身体や心臓に余計な負担をかけることを防ぐ効果が期待できます。

また、睡眠時の心拍数を知ることで睡眠の質の善し悪しを知ることができるなど、心拍数だけでさまざまな情報を読み取ることが可能です。

心拍計とは何か徹底解説!

心拍数を測定する機器のことを心拍計と言いますが、どのような仕組みで心拍数を測定しているのか知らない場合が多いです。

大人になるほど心拍数を気にする必要があり、調べる機会も増えます。

心拍計を以下の3つから紹介します。


  • 心拍計とは?

  • 心拍計の精度ってどうなの?

  • 心拍数の精度をメーカー別に比較!

心拍計とは?

心拍計とは、心拍数を測定して表示する機器のことです。

以前までは胸に装着するタイプが主流でしたが、最近ではリストバンド式の心拍計が主流となっています。

心拍計が心拍数を測定できる仕組みは光学式心拍センサーが内蔵されていることが大きく関係しています。

光学式心拍センサーとは皮膚にLEDライトを照射し、光が反射する回数などを元に心拍数を測定する仕組みのことでリストバンド式の心拍計に活用されている場合が多いです。

リストバンド式の心拍計はさまざまなメーカーが販売していることもあり、コスパにも優れていることで購入しやすくなっています。

以前までは個人が心拍数を知るためには病院に訪れる必要がありましたが、現在では誰でも簡単に測定することが可能となっています。

心拍計の精度ってどうなの?

心拍計では心拍数を測定することができますが、精度はどうなっているのか気になる人もいるのではないでしょうか。

いくら心拍数を測定できても精度が低ければあまり信頼することができません。

心拍計の精度は種類によって異なります。

リストバンド式の心拍計の場合は簡単に心拍数を測定できるメリットはありますが、精度はややかける一面があります。

また、指を動かしたり、適したフィット感で装着されていないと同じく精度が劣ります。

一方、胸に付けるタイプの心拍計は心臓の電気信号をカウントするため、精度は高いです。

そのため、より正確な心拍数を測定したいのであればチェストタイプがおすすめです。

心拍計の種類が異なるだけではなく、測定する方法が違うことが精度が異なる原因の一つです。

心拍数の精度をメーカー別に比較!

心拍計はさまざまなメーカーが販売しており、精度もメーカーごとによって異なります。

そのため、メーカーごとの精度比較を行うことでどのメーカーが精度の高い心拍計を開発しているのかを知ることができます。

心拍計の機能が備わっている活動量計を販売しているメーカーは主に、fitbit・ガーミン・タニタ・オムロンの4つとなっています。

最も心拍計の精度が高いメーカーはfitbitであり、高性能に仕上げられていることでも有名です。

その分販売価格が高く設定されているデメリットはありますが、値段相応の活動量計に仕上がっています。

他のメーカーも決して精度が極端に劣っているわけでもなく、信頼を置ける心拍数を測定することでき、fitbitにはない特徴も活かされている特徴があります。

スポンサードサーチ

活動量計の種類を紹介!

活動量計には種類別で販売されている特徴があり、種類が異なることで装着する部分や精度にも違いが現れます。

種類が異なっても心拍数を測定できる機能はどちらでも備わっているため、種類ごとのメリットが自身にあっている方を選ぶようにしましょう。

活動量計の主な2つの種類を解説します。


  • リストバンド型

  • クリップ型

リストバンド型

リストバンド型の活動量計は手首に装着するタイプであり、現在の活動量計の大半はリストバンド型です。

リストバンド型の特徴は肌に直接触れて装着できるため、心拍数など正確に測定することができることです。
また、気軽に着脱することができたり、多機能に仕上げられているなどメリットになる部分が多いです。

リストバンド型の活動量計の代表的な商品がスマートウォッチであり、スマホと連動させることもでき、スマホのような機能が多く備わっています。

ラインナップ数が多いことで好みの活動量計を購入しやすいメリットもあります。

しかし、正確に心拍数を測定するのであれば適したフィット感で装着する必要があり、場合によっては正しくない数値が表示される可能性も捨てきれません。

ちなみに足首に装着するアンクレット型や指輪型の活動量計もあります。

クリップ型

クリップ型の心拍計は指に挟んで使用するタイプです。

医療関係で簡易的に心拍数が測定できるため、重宝されている機器でもあります。
そのため、一般人が購入する割合は低くなっています。

クリップ型はその場だけの心拍数を測定したいときにおすすめであり、継続的に心拍数を測定したい場合には不向きとなっています。

また、指を激しく動かしてしまうと正確な心拍数を測定できにくいデメリットもあります。

正しく使用すればリストバンド型よりも精度を高めることは可能です。

その代わりに測定するリストバンド型よりもやや時間がかかってしまうデメリットもあります。

その他にもスマホと連動する機能がなかったり、過去の数値を記憶することができないなど一般人が使用するにはデメリットになる部分が多いです。

活動量計の人気おすすめメーカー

活動量計はさまざまなメーカーが販売していることもあり、購入する際に悩んでしまうことも少なくありません。

メーカーごとの特徴が異なるため、特徴をそれぞれ把握することで自身に適している心拍数を測定できる活動量計を購入することが可能になります。

活動量計のおすすめ人気メーカーは以下の3つです。


  • フィットビット(Fitbit)

  • タニタ(TANITA)

  • オムロン(OMRON)

  • ガーミン(GARMIN)

フィットビット(Fitbit)

フィットビットはアメリカのメーカーであり、家電の他にフィットネス用品も販売している特徴があります。

活動量計も販売しており、高性能に仕上げられていることでさまざまな人からの人気が高いです。
特に、睡眠の質を測定する技術は他のメーカーと比べて優れている特徴があります。

そのため、活動量計で睡眠の質を知りたい人におすすめであり、海外のメーカーではありますが、日本国内でも購入することができます。

高性能に仕上げられている反面他のメーカーと比べると販売価格が高く設定されていること多く、安い活動量計を購入したい人には不向きなメーカーと言えます。

海外メーカーではありますが、信頼できるメーカーであり、さまざまな種類の活動量計を販売しています。

タニタ(TANITA)

タニタはさまざまな測る商品を販売しており、活動量計ももちろん販売しています。
主に、健康に関する商品を開発しているメーカーであり、最近では食事に関する事業も行っています。

タニタ食堂が有名な事業の一つで、健康を維持できる食事の提供やメニューの掲載なども行っています。

日本人であれば馴染みにあるメーカーで信頼することもできます。

身体の情報を測る活動量計や体重計だけではなく、計量器なども販売しており、主婦の方であればタニタを知っている人も多いのではないでしょうか。

タニタが販売している活動量計はクリップタイプが主流であり、ラインナップ数を豊富に用意されています。

そのため、クリップ型の活動量計を購入したいのであればタニタがおすすめです。

オムロン(OMRON)

オムロンは体重計やマッサージ機などのヘルスケア用品を販売しているメーカーです。
そのため、体重計型の活動量計も販売しており、家電用とメインとして販売しています。

オムロンが販売している活動量計の特徴はコストパフォーマンスに優れていることです。

安い活動量計を購入したい人やあまり予算を割くことができない場合におすすめです。

活動量計はさまざまな種類別で販売していますが、オムロンが販売している活動量計はコンパクトに仕上げられている物が主流となっています。

コンパクトサイズであるため、ポケットなどにも収納することができ、歩数などを測定する際に適しています。
しかし、ポケットやバッグに入れるタイプは心拍数を測定することはできません。

ガーミン(GARMIN)

ガーミンはGPSを開発しているメーカーではありますが、腕時計なども販売しているメーカーです。
また、活動量計も販売しており、得意分野でもあるGPS機能が備わっている特徴があります。

活動量計にGPS機能がそなわっていることで正確な移動距離を測定することができたり、自身の場所を知ることもできます。

GPS機能はアウトドアを行う際に重宝される機能で万が一遭難してしまっても遭難から脱出することができたり、助けを呼ぶことも可能になります。

ガーミンの活動量計の特徴はGPS機能が備わっているだけではなく、デザイン性が高いことも人気の一つです。

スタイリッシュなデザインに仕上げられていることでさまざまな場面でも違和感なく装着することができます。

スポンサードサーチ

心拍数の計測ができる活動量計の選び方を紹介!

心拍数が測定できる活動量計を選ぶ場合はポイントを把握しておくことをおすすめします。

選び方を把握しているだけでも自身に適している性能に仕上げられている活動量計を購入することができます。

心拍数を測定するために活動量計を購入しようと考えている人は参考にしてください。

心拍数の計測ができる活動量計の選び方3つ紹介します。


  • GPS機能が内蔵されているか

  • 防水性能

  • デザインが優れているか!

GPS機能が内蔵されているか

GPS機能があれば移動距離を正確に測ることが可能になります。

そのため、ウォーキングやランニング時の心拍数を知りたいのであれば同時にGPS機能が備わっている活動量計を購入するようにしましょう。

ランニングに特化した活動量計であればほぼGPS機能が備わっている場合が多く、なかには地図を表示できる活動量計も販売されています。

ウォーキングやランニング時の運動量は高低差があれば当然変わってきます。
しかし、単純な作りの活動量計やGPS機能がなかったらそこまで配慮して測定結果を表示することはできませんが、GPS機能があれば高低差によってうまれる運動量に違いも知ることができます。

また、アウトドア用のとして活動量計を購入したい人にもおすすめの機能です。

防水性能

防水機能が備わっていれば汗や雨で活動量計が濡れてしまっても壊れてしまうことはありません。
そのため、激しい運動を行う際や雨の中でも運動をする際におすすめの機能です。

また、水泳時にも使用することができ、泳いでいる際の心拍数を測定したい場合の必須機能と言えます。

防水機能と言ってもさまざまな性能に分かれているため、防水機能があっても耐えられない水量や水深があります。

防水性を求めて活動量計を購入するのであればどの程度の水量に耐えられるかを購入する前に確認しておきましょう。

しかし、注意しなければならないこともあり、例え防水性が備わっていても海水や温水に耐えることはできないため、使用しないように心がけましょう。

デザインが優れているか!

活動量計はさまざまなデザインで販売されていることもあり、デザイン性に優れているかも確認しましょう。

デザイン性に優れている活動量計であればおしゃれに見せることができ、運動時にファッションアイテムとして身につけることが可能になります。

デザイン性の好みは人によって異なるため、一概にデザイン性に優れているかどうかを説明することは難しいです。

リストバンド型の活動量計は画面が四角か丸で販売されており、文字盤もアナログやデジタルの2種類が用意されています。

さらに、カラーが異なるだけでも見た目に大きな違いが現れるため、好みのカラーの活動量計が販売されているかも考えましょう。

なかにも文字盤をアレンジできるリストバンド型の活動量計も販売されています。

活動量計の人気おすすめ10選を紹介!

活動量計を購入すれば気軽に心拍数や歩数、消費カロリーなどを測定することができ、トレーニングやダイエットを行う際に活用することができます。

次に、おすすめの活動量計10選を紹介します。

自身が求めている機能が備わっている活動量計を購入しましょう。

カラー ブラック ブルー グリーン ピンク パープル
重量 23g

画面が見やすい

0.96インチのカラースクリーンが採用されていることで画面の文字が見えやすくなっています。

そのため、視力が低い人や高齢の方でも見えやすいです。また、画面の明るさを5段階に調整することが可能になっていることで野外の日差しが当たっても見えにくくなりません。

軽量化されている活動量計であるため、装着することで負担に感じたり、不快感を感じてしまうこともなく、快適に運動などをすることも可能です。

バンド部分には肌に優しい素材が採用されているため、長時間装着することもできます。

カラー ブラック シルバー
サイズ 幅75×奥行14×高さ35mm
重量 26g

持ち運びしやすい

コンパクトなサイズに仕上げられている活動量計であり、バッグやポケットに収納して持ち運ぶことができます。

カロリズムエンジンPROが搭載されていることで従来の活動量計より短い時間で測定することができ、6秒間ずつさまざまな情報を取得できます。

また、歩く・走る・安静・生活の4つのパターンを自動で分類することができ、適した運動量を測定することが可能となっています。

スマホと連動することでデータの管理をすることができ、比較することもできます。

カラー ブラック ブルー グレー メルローローズ
サイズ ディスプレイサイズ:6.6 mm x 17.7 mm
重量 17.5g

ストレス度をチェックできる

薄型に仕上げられていることで軽量化にも成功しており、付け心地に不快感を感じてしまうことはありません。
また、防水性も備わっているため、水泳時にも装着することができ、泳いでいる際の運動量や心拍数も測定できます。

薄型であることで水の抵抗も受けにくく、泳ぎに支障が出てしまうこともありません。

ストレス度をチェックする機能も備わっているため、日ごろどの程度ストレスを感じてしまっているのかを知りたい人におすすめです。

ストレスはさまざまな病気の原因にもなるため、ストレス度を知ることで健康的な身体を維持できます。

カラー 8パターン
サイズ 24.7 x 2.9 x 1.2 cm

運動時におすすめ

さまざまなカラーが用意されており、バンドのデザインやカラーが豊富に用意されています。
一般的なバンド以外にも細かい穴が多数空けられているバンドもあります。

穴が多く空けられていることで通気性が高ます。

活動量計は運動時にも装着するため、通気性が高いことで蒸れてしまうことを防ぎます。

心拍数も測定することができ、一定の数値を超えると通知してくれるシステムが採用されているため、身体への負荷を数値と感覚で知ることができます。

カラー ブラック レッド グリーン ホワイト
サイズ 43.8 x 43.8 x 13.3 mm
重量 47g

リカバリー時間がわかる

心拍数が高くなりすぎたり、ランニングなどのペースが乱れるとアラームで知らせてくれる機能があります。

そのため、ペースを乱すことなくランニングすることができ、快適に運動することができます。

ウォーキングやランニング以外にもさまざまな運動に対応することができ、ボタン一つで設定することも可能です。

また、リカバリー時間を表示してくれる機能もあり、どの程度休息すれば筋肉の修復が完了するのかを知ることができ、無理なトレーニングを防ぐ効果が期待できます。

カラー ブラック ホワイト
サイズ 38 42mm

防水性に優れている

活動量計としての機能はもちろん、通話もできるため、スマホに近い活動量計と言っても過言ではありません。
サイドにボタンとダイヤルが取り付けられており、ダイヤルを回すことで音量などを調整することができます。

高い防水性が備わっている特徴があるため、シャワーや手を洗う際の水だけではなく、水泳時の水にも耐えることが可能です。

そのため、水泳時の心拍数を活動量計で測定したい人におすすめです。

測定した数値はグラフとしても表示され、見やすくなっています。

カラー ブラック
重量 21g

自動化が多数搭載されている

5種類のエクササイズを自動で感知する機能が備わっており、身体を動かす前に設定する必要がなく、適したエクササイズで心拍数や消費カロリーなどを計測してくれます。

また、同じく自動でストレスのチェックも行ってくれるため、ストレスがどの程度溜まっているのかを知ることができます。

活動量計にあまり見られない機能ではありますが、一定時間ごとに手を洗うことを通知するシステムが搭載されていることで衛生面にも気を付けることができる活動量計です。

カラー レッド ブルー ブラック ホワイト
重量 38.5g

トレーニングステータスがわかる

トレーニングステータスを表示することができ、運動不足なのかや過剰運動なのかを知ることが可能で効率のよいトレーニングを行うことが可能になります。

日本限定モデルも販売されており、バンド部分が日本の国旗のカラーでもある紅白に分けられている特徴があります。

心拍数の変動から休むべきなのかや身体を動かすべきなのを支持してくれる機能もあり、無理のない運動をすることも可能です。

効率よく運動したい人やトレーニングで怪我をしたくない人におすすめの活動量計です。

カラー ピンク ブラッ

女性におすすめ

柔らかさを感じることができるデザインに仕上げられていることで女性らしさを表現することができます。

活動量計の多くは機械的なデザインや男性受けしやすいデザインに仕上げられている場合が多く、女性が装着すると違和感を感じてしまったり、可愛らしさが半減してしまうこともあります。

しかし、可愛らしいデザインに仕上げられていることでファッションアイテムとしても装着可能です。

バンドは柔らかい素材が採用されていることで長時間装着しても痛さを感じてしまうこともありません。

カラー ブラック
重量 52g

バッテリーが長持ちする

577 mAhの大容量バッテリーが搭載されていることで最大45日間使用することが可能となっています。

また、二層ディスプレイが搭載されていることで省エネと視認率向上の効果が得られ、バッテリーが長持ちすることと見やすい活動量計です。

二層ディスプレイとはモノクロ液晶とカラー液晶を採用した次世代のディスプレイ構造です。

1000以上の文字盤が用意されていることでアレンジ性が高く、自分好みの活動量計に仕上ることも可能です。

スポンサードサーチ

まとめ

活動量計に心拍数を測定する機能があれば体調を確認することができたり、どの程度心臓に負担がかかってるのかを知ることができます。

心拍数を把握することで運動量を決めることができ、無理のないトレーニングや運動を行うことが可能になります。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定