あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
health_equipment

アンクレット型の活動量計おすすめ10選|人気メーカーや選び方も紹介

スポシル編集部

公開日 :2021/03/30

更新日 :2021/03/31

ここでは、アンクレット型の活動量計のメリットや選び方などを紹介しています。

また、おすすめのアンクレット型の活動量計も紹介しているため、おすすめの活動量計を知りたい人や購入を検討している人は参考にしてください。

活動量計を使用するころでさまざまな情報を手に入れることができ、トレーニングやダイエット時に参考にすることで効率よく体を鍛えたり、痩せることもできます。

活動量計を活用して健康的な体や理想の体型を手に入れましょう。

目次

スポンサードサーチ

活動量計とは?

活動量計とは、身体に装着することで心拍数や消費カロリーなどを測定できる機器のことです。

リストバンド型が最も人気がありますが、アンクレット型のように手首ではなく、足首に装着するタイプもあります。

活動量計で測定したデータを元に運動量を知ることができたり、健康状態を確認することもできます。

特に消費カロリーは目に見えるものではないため、数字として表示されることで実際どのくらいの運動をすればよいのかを知ることができるようになります。

アンクレット型活動量計のメリットは?

上記でも紹介したように活動量計の多くはリストバンド型であるため、アンクレット型は珍しいです。

しかし、リストバンドでは得られないメリットがアンクレットにあるため、アンクレットのメリットを把握したうえでどちらが自身に適しているかを決めるようにしましょう。

アンクレット型活動量計のメリットを紹介します。


  • スポーツする時に邪魔にならない

  • 24時間使用できる

スポーツする時に邪魔にならない

アンクレット型の活動量計は足首につけるため、スポーツの邪魔にならないメリットがあります。

リストバンド型も邪魔になりにくいイメージがありますが、多くのスポーツは腕や手を使用することが多いため、意外と手首に装着すると邪魔になってしまいます。

また、激しい運動をすれば手首に装着した活動量計がズレてしまうこともあります。

スポーツ時に邪魔になりにくいアンクレット型ですが、サッカーなど足でボールを操作するスポーツには不向きです。

スポーツ時に邪魔にならないことでパフォーマンス能力を低下させずにスポーツを行うことが可能になり、スポーツをしている時の正確な数値を測定することができます。

また、走る際のデータはリストバンド型よりも正確に取得できるメリットもあります。

24時間使用できる

アンクレット型の活動量計は24時間使用することができるメリットがあり、1日の正確なデータを取得可能です。

リストバンド型も24時間装着しようと思えばできますが、ビジネスなどの仕事をしている人では、仕事柄活動量計が見えないことが好ましいです。

しかし、スーツを着ていても身体の動かしようでは手首が見えてしまうことも多く、仕事中は外してしまう人も多いです。

一方、アンクレット型であれば足首に装着することができ、ビジネスの仕事をしている人でも見えることがないため、外さずに24時間装着することができます。

ただし、スカートを履く女性の場合はリストバンド型の方が目立ちにくく、服装によって24時間装着できるかできないかが変わってきます。

スポンサードサーチ

活動量計の種類を紹介!

活動量計はどのような種類別で販売されているのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

上記ではアンクレット型以外にもリストバンド型が存在していることを紹介していますが、それ以外の種類も販売されています。

非常に珍しいですが、指輪型の活動量計もあります。

活動量計の主な3つの種類を解説します。


  • アンクレット型

  • リストバンド型

  • クリップ式

アンクレット型

アンクレット型は足首に装着するタイプの活動量計であり、目立ちにくいメリットがあります。

また、歩く際や走る際の運動量を正確に測定できるメリットもあり、ウォーキングがランニングをする際にもおすすめです。

目立ちにくいメリットはありますが、測定したデータを瞬時に確認できないデメリットがあります。

足首に装着しているため、データを確認する際には足を止めて一度、活動量計を外さなければなりません。

また、スカートを履く女性では逆に目立ってしまうデメリットもあります。

アンクレット型もリストバンド型と同じような形状に仕上げられており、バンドで固定することができます。

アンクレット型の活動量計はリストバンド型と比べるとラインナップ数が少ないです。

リストバンド型

リストバンド型の活動量計は、さまざまなある種類の中で最も多い種類でもあり、多くの人が愛用しています。

ラインナップ数が多いことで好みのデザインの活動量計を見つけることも可能です。

名称にあるように手首に装着するタイプであり、腕時計と併用して使うことが可能になっています。
また、手首に装着することで好きな時に画面を確認することができ、気軽にデータ内容を見ることが可能です。

一方で、目立ちやすいメリットがあり、活動量計のデザインが好まない人にとっては大きなデメリットになってしまいます。

また、ビジネスをしている際には相応しくないと思われる場合も多く、仕事柄仕事中には装着できない人もいます。

使い勝手を選ぶのであればリストバンド型がおすすめです。

クリップ式

クリップ型の活動量計は上記で紹介した2種類とは異なり、バンドで固定するのではなく、クリップで固定することができます。
そのため、好きな部分に挟むことで装着することができ、ウェアやズボン、リュックなど幅広い部分に装着可能です。

しかし、肌と触れていないため、歩数や消費カロリーなどは測定できますが、心拍数や体温などの情報を取得することはできません。

また、正確性がかけてしまうこともあり、リュックなどに装着すると正しい歩数が測定しづらいです。

クリップタイプはコンパクトに仕上げられている場合が多く、ポケットに収納することも可能で邪魔になりにくいです。

クリップ型の中には指に挟むことで心拍数を測定できるタイプもあり、医療関係で使用されている場合が多いです。

活動量計の人気おすすめメーカー

活動量計はさまざまなメーカーが販売しており、人気のメーカーを知ることである程度購入する際に商品を絞ることができます。

メーカーごとに特徴が違い、デザイン性に優れているメーカーもあれば機能性に優れているメーカーもあります。

活動量計のおすすめ人気メーカーは以下の3つです。


  • フィットビット(Fitbit)

  • ガーミン(GARMIN)

  • オムロン(OMRON)

フィットビット(Fitbit)

Fitbitはアメリカの家電やフィットネス用品を販売しているメーカーです。

なかでも活動量計の人気は高く、歩数や消費カロリーの他に睡眠の質も測定することが可能です。

睡眠は健康な身体を手に入れる際に必要不可欠なことであるため、睡眠の質を確認できることが大きなメリットであり、特徴の一つでもあります。

Fitbitの活動量計はバンドと本体を取り外すことができる構造に仕上がっている場合があり、バンドが取り外し可能になることでハンドを綺麗にすることができます。

活動量計は運動時に装着する場合も多く、汗をかいてしまうと汚れてしまいます。

しかし、ハンドが取り外して洗えるため、清潔な状態にすることが可能です。

ガーミン(GARMIN)

ガーミンはGPSなどを開発しているアメリカのメーカーであり、航空・船舶・自動車などの業界にも進出しています。

ガーミンが販売している活動量計にもGPS機能が備わっている場合が多く、自身の位置を確認することが可能です。

また、アスリートが求めているデータを取得できる特徴があることで本格的にスポーツを行っている人やトレーニングを行っている人におすすめのメーカーでもあります。

世界で初めて子供用の活動量計を販売したメーカーでもあり、子供用の活動量計を購入しようと考えている人にもおすすめのメーカーです。

アンクレット型はもちろん、リストバンド型の活動量計も販売されており、かっこよいデザインに仕上げられている特徴もあります。

オムロン(OMRON)

オムロンは日本国内のメーカーであり、日本人にとっては馴染みにあるメーカーでもあります。

測ることに精通しているメーカーであるため、活動量計はオムロンの得意分野と言えます。

活動量計以外に体重計や体組成計・料理用のはかりなどさまざまなジャンルの測りを開発している特徴があります。
そのため、測る機器でもある活動量計の品質も高く、正確な数値を測定することも可能になっています。

さまざまなメーカーが活動量計を販売していますが、オムロンが幅広い活動量計を販売していることもあり、ラインナップ数も多くなっています。

日本国内のメーカーであるため、品質や機能性に優れている活動量計を購入したい人はオムロン製がおすすめです。

スポンサードサーチ

アンクレットの活動量計の選び方を目的別に紹介!

アンクレット型の活動量計を購入するのであれば選ぶポイントを把握しておくことをおすすめします。

目的に応じで適した活動量計も異なるため、まずは活動量計を使用する目的を明確に決めるようにしましょう。

目的に適した活動量計を購入すれば後悔するリスクを下げることが可能です。

アンクレットの活動量計の選び方を目的別に解説します。


  • 睡眠の分析

  • サイクリングやジョギングにおすすめ?心拍数

  • 消費カロリーを測定!

  • デザイン性で選ぶ!

  • GPS内蔵

睡眠の分析

睡眠は誰もが重要なことであり、睡眠の質が低ければ健康を損ねてしまう原因にもなります。

活動量計で睡眠の質を分析したいのであれば、睡眠の質を測定できる活動量計を購入しなければなりません。

活動量計は歩数や消費カロリーを測定できる機能が備わっている場合が多いですが、睡眠の測定の有無は分かれています。

活動量計で睡眠を分析することで浅い眠りの時間と深い眠りの時間、総合の睡眠時間などを測定することができます。

そのため、実際どのくらい睡眠の時間を確保できているのかを知ることができます。

浅い眠りと深い眠りには波がありますが、深い眠りが多いほど睡眠の質が良いとされています。

上記で紹介したように睡眠に関する知識が豊富なFitbitのメーカーがおすすめです。

サイクリングやジョギングにおすすめ?心拍数を計測

サイクリングやジョギングをするのであれば心拍数が測定できる活動量計がおすすめです。

心拍数を確認しながらサイクリングやジョギングを行うことでペースを把握することができ、無理なく身体を動かすことができます。

また、マラソンに挑戦する際も普段から心拍数を確認しておくことでペースが速いのか遅いのかを知ることができ、練習通り走ることが可能になります。

心拍数が極端に高まることはそれだけ心臓にも負担がかかってしまっている証拠であるため、高齢者の方が運動をする際にもおすすめの機能です。

心拍数は運動不足の人が運動を開始することで急上昇しやすいですが、体力が付けば心拍数が上昇しにくくなり、体力が付いたことを数字で確認することも可能です。

消費カロリーを測定!

消費カロリーはダイエットに挑戦したい人におすすめの機能です。

ダイエットでは脂肪を燃焼させることが求められるため、必然的に消費カロリーの数値が必要になります。

消費カロリーを把握することで運動量を確認することもできます。

また、食事で摂取したカロリーを把握しておくことで摂取した分消費できているのかも知ることができ、ダイエットの運動量や食事内容を決める際の判断材料にもなります。

アンクレット型は足の運動の数値をより正確に取得することができるメリットがあるため、ウォーキングやランニングでの消費カロリーを把握したいのであればリストバンド型よりもアンクレット型の方がおすすめできます。

消費カロリーを把握することはダイエット成功に大きく影響するため、痩せたいのであれば消費カロリーが測定できる活動量計を購入しましょう。

デザイン性で選ぶ!

活動量計はさまざまなデザインで販売されていることもあり、デザイン性を重視して購入することもできます。

そのため、かっこよく決めたい人や可愛らしく決めたいのであれば求めているデザイン性に優れている活動量計を購入するようにしましょう。

長ズボンを履いていれば見られることも少ないため、デザイン性を求めない場合も多いですが、運動時にはアンクレット型でも見えるようになりやすく、デザイン性を重視することも大切です。

デザインの好みは人によって大きく変わるため、好みのデザインの活動量計を購入しましょう。

他の人とデザインを被らせたくないと考えているのであれば珍しいデザインの活動量計を選ぶことをおすすめします。

デザインが被らないようにするためには、色々な活動量計を見て、デザインの幅を確認することも大切です。

GPS内蔵

GPS内蔵されていれば正確な移動距離を知ることができ、歩数を合わせることで運動量を把握することができます。
また、GPS機能があれば自身の場所を特定することもでき、登山中に遭難してしまった際に非常に有益な機能となります。

そのため、アウトドアや登山などを行う人におすすめであり、GPS機能があるのとないのでは大きな違いです。

GPS機能は非常に便利な機能ではありますが、バッテリー消費が激しくなるデメリットがあるため、事前に充電したり、モバイルバッテリーを持参するようにしましょう。

登山やアウトドアを行う人には必要性が高い機能ではありますが、街並みを歩くなどウォーキング目的で使用する場合にはそこまで必要性は高くありません。

アンクレットの活動量計人気おすすめ10選を紹介!

活動量計はさまざまなメーカーが販売していたり、種類も豊富に用意されているため、購入する際に悩んでしまうことも少なくありません。

次に、おすすめのアンクレット型をふくめた活動量計10選を紹介します。

活動量計を購入しようと考えている人は参考にしてください。

カラー ブラック ネイビー グレー
防水性の有無

防水性に優れている

手首に使用することもできますが、薄く作られていることで足首にも違和感なく装着することができ、アンクレット型としても活用できます。

防水性に優れており、雨に濡れても壊れてしまうことがありません。

また、水深50mまで耐えることができる性能に仕上げられている特徴もあり、水泳時にも装着することができ、運動量を測定することも可能です。

睡眠の質を測定できるだけではなく、サイレントアラーム機能も備わっています。

サイレントアラームは振動で優しく起こしてくれる機能です。

カラー ブラック
サイズ ディスプレイサイズ:47.2×18.5×12.4mm
防水性の有無

画面が見やすい

1.1"AMOLEDカラースクリーンが採用されていることでディスプレイのサイズが大きく、鮮明に見ることが可能となっています。
また、ディスプレイ画面が見にくい日差しが当たる環境でも見えやすいメリットがあります。

そのため、活動量計で入手したデータを好きな時に、明確に見ることができます。

文字盤は45パターン用意されていることでアレンジ性に優れており、アプリを利用すればよりアレンジ性を高めることができます。

好みの文字盤にしたい人におすすめの活動量計です。

カラー 6色
防水性の有無

心拍数を頻繁に測定できる

心拍数を5分ごとに測定できるため、細かく心拍数を測定したい人におすすめの活動量計です。
また、座っている時間が長いと注意勧告してくれる機能が備わっていることで長時間座ってしまうことを予防できます。

バンド部分と本体を取り外すことができ、バンドを外すことで充電することが可能になります。

充電時にケーブルなどは必要なく、USB端子だけあれば直接接続することができ、充電を開始します。

シンプルなデザインに仕上げられていることで男女関係なく使用できます。

カラー ブラック
防水性の有無

スケジュール管理ができる

心拍数や歩数測定だけではなく、スマホのスケジュール管理も活動量計で行うことができます。
そのため、大事な用事を忘れてしまうこともなく、通知してくれることでトラブルを未然に防ぐことが可能です。

ベルトは簡単に取り外すことができる仕組みに仕上がっていることでベルト交換が用意です。

防水性が備わっている特徴もあり、突然の雨にも対応することができ、手洗いをする際に活動量計を外す必要もありません。

しかし、水泳などには使用することができないため、注意しましょう。

カラー レッド イエロー
防水性の有無

おしゃれなデザイン

一目で歩数・心拍数・消費カロリーを確認することができます。
そのため、色々操作する必要がなく必要な情報を見ることができ、すぐに確認したい人におすすめの活動量計です。

時刻は大きく表示されていることで視力が弱い人でもしっかり確認することができます。

バンドのデザインがおしゃれに仕上げられている特徴もあり、外側と内側ではカラーが異なっています。

おしゃれな活動量計を装着してさまざまな情報を取得したい人におすすめの活動量計でもあります。

カラー 9色
サイズ 45 x 45 x 15.3 mm
防水性の有無

耐久性に優れている

9色のカラーが用意されていることで好みの活動量計を購入することができます。
アウトドア用に開発されているため、衝撃に強く、壊れにくい特徴もあります。

そのため、アウトドアを行っている際の心拍数などを測定したい人におすすめです。

スタイリッシュなデザインに仕上げられていることでかっこよく装着することが可能です。

複数の衛星測位システムに対応していることでGPSだけでは受信しにくい環境でも受信することができ、現在地などを確認できます。

カラー ブラック
サイズ 255mm
防水性の有無

ビジネスでも活用できる

ディスプレイ画像を変えることができますが、一見アナログ式の腕時計となっています。

活動量計の多くはデジタル表示が採用されている場合が多く、使用する場面が限られてしまうデメリットがあります。
しかし、ディスプレイ画面にアナログの基盤を映し出すことができ、使用する場面を選ばない活動量計となっています。

そのため、ビジネスを行っている際にも違和感なく装着することができます。

PPG動的心拍数監視モデルが搭載されていることで正確な心拍数を測定可能です。

スマートウォッチ 活動量計 両耳イヤホン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
防水性の有無

イヤホンが取り付けられている

一目で歩数・心拍数・消費カロリーを確認することができます。

そのため、色々操作する必要がなく必要な情報を見ることができ、すぐに確認したい人におすすめの活動量計です。

時刻は大きく表示されていることで視力が弱い人でもしっかり確認することができます。

バンドのデザインがおしゃれに仕上げられている特徴もあり、外側と内側ではカラーが異なっています。

おしゃれな活動量計を装着してさまざまな情報を取得したい人におすすめの活動量計でもあります。

カラー ブラック
サイズ 42.6 X 42.6 X 9.2 mm
防水性の有無

操作性に優れている

ボタンが2つしか取り付けられていないことで操作性がシンプルであり、スマホなどを扱うことも難しい人でも使用することができます。

また、バッテリー残量を確認することもでき、充電忘れでバッテリー切れを起こしてしまうことを未然に防ぎます。

歩数や消費カロリーを計測することができ、GPS機能も備わっています。

専用のアプリをダウンロードすることで全ての機能が使えるようになるため、購入するのであればアプリをダウンロードすることをおすすめします。

カラー ホワイト
サイズ 4.8 * 4.8 * 1.36cm
防水性の有無

耐久性に優れる

アウトドア用であるため、非常に耐久性に優れている特徴があります。

耐久性に優れている活動量計は他にも多く販売されていますが、高度や塩分にも耐性がある活動量計は珍しいです。

塩分は精密機械にとって大敵であり、故障の原因となります。
そのため、潮風に当たっても壊れる心配はなく、海岸線沿いをランニングやウォーキングしたい人におすすめの機能です。

日の入りや日の出時間、悪天候時のアラーム機能などアウトドアで重宝される機能が多く搭載されています。

スポンサードサーチ

まとめ

活動量計を活用すればさまざまな情報を入手することができ、ダイエットやトレーニングに活用することができます。

リストバンド型やアンクレット型などさまざまな種類が販売されており、購入する際にどの種類の活動量計を購入したいのかを決めておきましょう。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定