あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
health_equipment

足首につける活動量計おすすめ5選|メーカーから種類まで徹底解説

スポシル編集部

公開日 :2021/03/30

更新日 :2021/03/31

ランニングやトレーニングの記録、日々の健康管理などに使えるウェアラブル活動量計。

ウェアラブル活動量計といえば、腕時計型のランニングウォッチやスマートウォッチのイメージが先行しますが、足首につけるタイプの活動量計もあることをご存知でしょうか?

この記事では、おすすめの足首につける活動量計を10台厳選して、紹介しています!

まず、足首につけるタイプのメリットやデメリット、人気メーカーの特徴や選び方について解説します。
その後に、おすすめの活動量計について、それぞれの特徴を踏まえながら紹介しました!

目次

スポンサードサーチ

足首につける活動量計とは?

まず、活動量計について解説していきましょう。

活動量計とは、アクティビティー・トラッカーやフィットネス・トラッカーとも呼ばれ、主にウォーキングやランニングの際の距離や消費カロリー、心拍数などの測定を行う器具です。

活動量計には、腕時計型で手首につけるタイプやベルト型になっている胸部に巻きつけるタイプなど、さまざまなタイプがあります。

そして、アンクレットのように装着するタイプが、足首につける活動量計です。

足首につける活動量計のメリット・デメリットを紹介!

前述の通り、活動量計にはさまざまなタイプがありますが、足首につけるタイプには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

この章では、足首につける活動量計のメリットとデメリットについて詳しく紹介していきます。

足首につける活動量計のメリット・デメリットを紹介します。


  • 足首につけるメリット

  • 足首につけるデメリット

足首につけるメリット

足首につける活動量計には、「外部から装着していることが分からない」、そして「手首につける煩わしさがない」というメリットがあります。

活動量計を足首につけて、その上からロングパンツを履けば、外部から活動量計を装着していることが分からなくなります。
活動量計を一日中つけておくことで、通勤の際の歩数なども計測できます。

手首につけるタイプの場合は、どうしても袖から見えてしまうこともありますが、足首につける場合は、見えないようにすることもできるのです。

また、手首につける煩わしさがないこともメリットです。
ウォーキングやランニングの際に、手首に重さのある活動量計があると、邪魔になったり不快感を感じる方もいると思います。

しかし、足首につけるタイプであれば、煩わしさを感じることなく、運動に集中できます。

足首につけるデメリット

一方、足首につけるタイプのデメリットは、「足首に重さや違和感を感じる」ことと「リアルタイムでの確認が難しい」ことが挙げられます。

ランニングやウォーキングの際に、足首に活動量計を装着すると、運動中に違和感や重さを感じてしまう方もいると思います。
手首につけることに煩わしさを感じる方がいるのと同様に、足首につけることに違和感を感じる方もいます。

足首に重さのある物をつけることが苦手な方にとっては、大きなデメリットとなるでしょう。

そして、リアルタイムでデータの確認がしづらいこともデメリットの一つです。

足首につける活動量計でとったデータを見るには、足首にある活動量計を見るか、接続したスマートフォンやスマートウォッチを見るしかありません。

手軽には見られないので、リアルタイムでデータを確認したい方には、あまりおすすめできません。

スポンサードサーチ

足首につける活動量計の人気おすすめメーカーを紹介!

足首につける活動量計には、それぞれの活動量計にも特徴がありますが、メーカーごとにも特徴に違いがあります。

メーカーの特徴を把握できれば、自分好みの活動量計を見つけられる確率が高まります。

そこでこの章では、足首につける活動量計の人気おすすめメーカーを紹介していきます!

足首につける活動量計の人気おすすめメーカーを3つ紹介します。


  • フィットビット(Fitbit)

  • ガーミン(GARMIN)

  • MISFIT RAY(ミスフィットレイ)

フィットビット(Fitbit)

まず、紹介するのは「フィットビット」です!

フィットビット製品は、健康管理サポート機能が充実している点が最大の特徴です。
歩数や心拍数、カロリー消費量の計測といった基本的な機能はもちろんですが、睡眠の状態やストレスレベルのチェック機能なども備わっています。

運動だけでなく、健康には不可欠となる睡眠や精神的な側面のケアも行えるので、健康に多方面からアプローチしていきたい方には、非常におすすめのメーカーです。

また、装着感にこだわっていることも特徴の一つです。
運動中に足首につけるため、フィット感や軽量感はもちろん、通気性や耐汗性に優れた生地を使用しています。

このように、フィットビットは量的にも質的にも、機能性に優れたメーカーです!

ガーミン(GARMIN)

次に紹介する「ガーミン」は、活動量計やランニングウォッチの定番と言えるメーカーです。

特筆すべきは、ランニングやウォーキングをする人に対するサポートです。
「ガーミンコーチ」という機能が搭載されている活動量計では、ランニングの専門家から、走り方やメニュー作成に関するアドバイスを無料で受けることができます。

そして、ガーミンは本来、GPS機器を製造するメーカーであったため、製品の多くにGPS機能が搭載されています。
日本の真上に飛んでいる衛星「みちびき」に対応しており、GPSの精度が高いことでも知られています。

また、価格帯も幅広く用意されています。
機能を最低限にとどめ、価格を低く抑えた活動量計もあるので、初心者の方の初めての一台にもおすすめのメーカーです!

MISFIT RAY(ミスフィットレイ)

最後に紹介するのは、「ミスフィットレイ」です!

ミスフィットレイの大きな特徴は、洗練されたデザインと軽量感にあります。

ミスフィットレイは、24時間身に付けることを前提とした製品づくりを心がけています。
ですので、活動量計が他者の目に入っても、違和感を感じさせないシンプルでスタイリッシュなデザインを採用しています。

そして、運動中にも睡眠中にも不快感なく、快適なつけ心地を感じられるように、軽さにもこだわっています。
人気モデルの「SHINE 2」を始めとして、多くの製品で10gを切る軽さを実現しています。

つい、付けていることを忘れてしまうほどの驚きの軽さなので、足首につけることが苦手な方にもおすすめしたい高性能メーカーです!

足首につける活動量計の選び方を紹介!

足首につける活動量計は、量も種類も多くのものが販売されています。
数が多いことは消費者として嬉しいことですが、これだけの量があると、どのように選んだらいいのか分からなくなってしまいますよね。

そこでこの章では、足首につける活動量計の選び方を紹介していきます!

足首につける活動量計の選び方を以下の3つのポイントから解説します。


  • 防水性能

  • つけ心地

  • 活動量計の重量

防水性能

まず、活動量計を選ぶ際は、「防水性能」に目を向けましょう。

活動量計を足首につけながらウォーキングやランニングを行うと、汗をかくため、ほとんどの活動量計は、最低限の防水性は兼ね備えています。

しかし、防水性能に優れた活動量計を選べば、雨の日でも気にせずに装着しながら運動することができます。
また、プールでのウォーキングや水泳など水中で使用しても問題ないほどの防水性を備えた活動量計もあります。

防水性は、m(気圧)という単位で表示されており、5m防水あると雨などの悪天候に耐えられ、20m防水以上あると水中でも問題なく使用できます。

水中での運動は、全身にバランスよく適度な負荷がかかるだけでなく、関節への負担も低いので、ダイエットにも高齢者の方にもぴったりです。
そんな水中運動を、活動量計をつけながら行えば、さらに効率を上げることができます。

つけ心地

「つけ心地」も、活動量計選びにおいて見逃せないポイントです!

正確にデータを採るためには、活動量計は、肌に直接装着しなければいけません。
肌に触れるものであるにも関わらず、つけ心地が悪い活動量計だったら、せっかく購入しても使うことがためらわれてしまいます。

ランニングや水泳などの運動中であれば、つけ心地の悪さはパフォーマンスの低下にも繋がります。
ですので、装着しているときに不快感を感じないか、邪魔にならないかを確かめることは、非常に重要です。

装着の際に不快感があり、付け方や位置を直すと、正確なデータが計測できなくなってしまう恐れもあります。

口コミや評判に目を通すことはもちろん、可能であれば試しに装着して、つけ心地をチェックするようにしましょう。

活動量計の重量

「活動量計の重量」も欠かさずにチェックすることをおすすめします!

さまざまな活動量計が販売されていますが、それぞれの活動量計によって重さは大きく異なります。
スポーツで使うのであれば、重さのある活動量計だと、パフォーマンスの妨げになることもあるので、当然軽いほうがいいですよね。

重い活動量計であれば、50g程度の重量ですが、軽いものだと10gを切るものもあります。
重量は必ず表記されているので、購入前に欠かさず確認しましょう。

ただし、軽ければ軽いほどいいというわけではありません。
重いからといって、必ずしもつけ心地が悪かったり、不快感を感じたりするわけではなく、同様に軽いからといって、つけ心地がいいとも限りません。

適度なつけ心地と不快感を感じない重さ、両方をしっかりと考慮することが重要です。

スポンサードサーチ

活動量計をつける注意点とは?

活動量計を装着する際には、いくつかの注意点があります。
事前に最低限の知識をつけておかなければ、購入後に後悔してしまうことになりかねません。

そこでこの章では、購入前に知っておくべきことと、購入後の使い方に関する注意点について紹介していきます!

活動量計をつける注意点を以下の2つ紹介します。


  • めざまし時計には向かない

  • 貧乏ゆすりをする人は注意!

めざまし時計には向かない

まず、足首につける活動量計は、目覚まし時計には向きません。

腕時計型のランニングウォッチやスマートウォッチであれば、睡眠管理機能がついていたり、目覚まし時計としても使用できる活動量計もあります。

しかし、足首につける活動量計の場合は、布団に入るとアラーム音が聞こえにくく、振動も分かりにくいので、目を覚ますのに十分な機能を果たせません。

目覚まし時計として必須の機能である音と振動という面で、目を覚ますには不十分なので、目覚まし時計としての使用はおすすめできません。

貧乏ゆすりをする人は注意!

貧乏ゆすりをする癖がある人も、活動量計を使用する際は注意しなければいけません。

足首に活動量計をつけていながら貧乏ゆすりをしてしまうと、活動量計が貧乏ゆすりを運動として捉えてしまうことがあります。

運動ではない貧乏ゆすりを、運動したものとして誤計測してしまうと、運動記録が正確なデータではなくなってしまいます。

貧乏ゆすりをしてしまう癖がある人は、活動量計の装着中はしないようにするか、貧乏ゆすりを計測しない設計になっている活動量計を選びましょう!

足首につける活動量計の人気おすすめ5選

足首に装着する活動量計のメリットやデメリット、選び方や注意点などについて、だいぶ理解が深まってきたと思います。
そこで次は、おすすめの活動量計を紹介していきます!

それぞれの活動量計の特徴やこだわり、どのような方におすすめかについて解説しました。
是非、お気に入りの活動量計選びの参考にしてみてください!

MISFIT 活動量計 フィットネストラッカー RAY ローズゴールド/グレーレザーバンド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 17.5 x 9.2 x 4.3 cm
カラー ブラック、ネイビー、ローズゴールド
重量 8g

デザインにも優れた高機能活動量計!

ミスフィットの活動量計「レイ」は、機能性にもデザイン性にも優れた活動量計です!

まず、プールでも安心して使える50m防水性能を備えています。
そして、歩数や消費カロリー、移動距離などの基本的な情報の記録はもちろん、睡眠の質や長さを記録してくれたり、LINEや電話の通知も行ってくれます。

さらに、本体重量8gという驚きの軽さは、つけていることを忘れてしまうほどです。

また、非常にスタイリッシュで洗練されたデザインなので、スポーツシーンだけでなく、デイリーシーンでも使いやすさを感じさせてくれます!

スマートウォッチ 足首専用万歩計バンド ATiC

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 8.2 "-12.2"(210mm-310mm)
カラー ブラック、グレー
重量 39g

正確に歩数を計測する足首専用活動量計

スポーツシーンとデイリーシーン双方で、正確に歩数を計測してくれる足首専用活動量計です!

足首につけることによって、手首につけるより正確に歩数や距離などのデータを採ることができます。

素材にこだわっていることも特徴で、使用しているのは、ソフトな肌触りと通気性の高い特性を持つ、ネオプレンとマイクロファイバー製の素材です。
これらの素材を使うことで、フィット感を高め、快適なつけ心地を実現しています。

データの正確性とつけ心地を重視する方におすすめの活動量計です!

サイズ 15.7 x 8.4 x 1.8 cm
カラー ブラック
重量 20g

調節が簡単でフィット感抜群!

バンドの長さ調節が5段階から選べ、男性だけでなく女性でも適度なフィット感を感じられる活動量計です!

素材にはメッシュ素材を用いているので、通気性がよく、長時間つけていても蒸れたり不快感を感じることがありません。
ですので、スポーツの最中はもちろん、家事や仕事中、睡眠時などでも違和感なく、つけ続けることができます。

また、バンドの内部に配されたホックは、ホールド力が優れているので、計測機をしっかりと守ってくれます。

Fitbit Flex2 フィットネストラッカー Black L/Sサイズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 22.5 x 10.8 x 3.4 cm
カラー ブラック
重量 180 g

水深50mまで耐えられる高性能活動量計!

フィットビットの「Flex2」は、防水性に優れた活動量計です!

水深50mまで対応できる耐水性能を兼ね備えているので、プールやシャワーはもちろん、海でも装着も可能です。
ですので、水泳やトライアスロンなど、水中運動を行う方には、非常におすすめの一台となっています。

また、無料のフィットビットアプリと連携すれば、食事や水分摂取量の記録、BMI(体格指数)や体重の記録まで計測・記録することができます。

多角的に自分の体に関するデータが取れるので、さまざまな面から健康管理に取り組んでいきたい方にも、非常におすすめの
活動量計です!

サイズ 15.24 x 7.62 x 1.52 cm
カラー レッド
重量 23 g

装着感に優れ、正確性の高い活動量計

軽量感や肌触り、足首のホールド感など、フィット感にこだわって作られた活動量計です!

サイクリングやエアロバイク、ショッピングやベビーカーを押している際など、スポーツや日常において、手が固定されているシーンでも使えるよう、足首に巻きやすい設計となっています。

バンド素材には、柔らかい素材を使い、滑らかな肌触りを感じられるので、一日中つけていても不快感を感じません。

また、20gと軽量感に優れているだけでなく、内部のポーチはトラッカーをしっかり包み込んでくれるので、安心感も感じられます。

つけ心地のいい活動量計をお探しの方に、おすすめの一台です!

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一言に足首につける活動量計といっても、本当にさまざまな活動量計がある、ということが分かったのではないかと思います。
それぞれの活動量計は、似ているようで性能やデザイン、価格など本当に多種多様です。

あなたも、自分に合った活動量計をしっかりと選び、運動や人生の質をより高めていきましょう!

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定