あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
fitness

アンダーアーマーのフィットネスシューズ人気おすすめ9選!アンダーアーマーの特徴は?

スポシル編集部

公開日 :2018/11/20

更新日 :2019/03/14

フィットネスジムでトレーニング前に、自分に合ったシューズを見つけることがとても大切です。筋トレをメインにする人もいれば、ランニングやサイクリング、エアロビクスなど様々なトレーニングができるジムだからこそ、どの運動に適したシューズなのかは効果を実感するためにとても重要です。

目次

スポンサードサーチ

フィットネスシューズの選び方とポイントを紹介!

サイズ

サイズは、しっかり自分の足の大きさだけでなく、幅や甲の高さにも着目してフィットするものを選ぶようにしましょう!ただ、爪先だけは1cmほど余裕を持たせるのを忘れないでくださいね!爪先もぴったりすぎると痛くなる場合が多いので気を付けましょう!

シューズはどのトレーニングでも大事なため、しっかり試着してから購入することをおすすめします。メーカーによっては幅など作りが違うため、必ず試着するようにしましょう!

デザイン

シューズもウエアのように、シンプルなものからカラフルな個性的なものまで様々なタイプが販売されています。おしゃれにシューズを履きこなしている人もみかけますよね。

トレーニングに力をいれるためにはまず形から!という気持ちはモチベーションを高くするためにもとても大切です。自分の気分が上がるような一足を見つけましょう!

他には、靴ヒモの有無や素材にもこだわってみるのもいいでしょう!

機能性

自分のトレーニングする種目に合わせて機能性を選びましょう!
ウエイトトレーニングなど重い重量を上げる方は、より安定感を重視して負担にならない程度にあ少し重さのあるものでグリップがしっかり効くものがおすすめです。

エアロビクスやダンスなど捻ったり横に動いたりする方は、足首などのホールドを重視。ハイカットでしっかり足首を保護してくれるものにしましょう。

ランニングをした方は、クッション性のあるものを。足に負担がかからないように、クッション性のあるものがおすすめです。そして軽量なシューズを選ぶものとても大切になります。

そして、1つに絞らず全てバランス良くトレーニングしたい方は、シューズも万能なタイプを選びましょう。グリップがある程度効いているものでクッション性があるものなど、自分の重視するところに合わせて選びましょう!

アンダーアーマーのフィットネスシューズの特徴とは??

デザイン

クッション性を追求するために、ソールが特徴的です。弾むように走れるようにアンダーアーマーが開発したかなり反発力が高いソールです。

外観的には、ビビットカラーが入っているものも多く、シンプルなシューズのなかにも少し個性を入れたい人にも使いやすいシューズです。もちろん、派手な色が好きな方や女性、男性問わず使用できるメーカーです。

機能面

全てのシューズに共通するのは、フィット感です。そして、軽量なのに低重心であることも大きな特徴です。機能性を確保しながらも薄い作りで、安定性が高いシューズが沢山あります。重心が低くく、安定しているものの中には、重量が比較的重い傾向がありますが軽量のものをお探しの方にはぜひ、使って欲しい一足です。

ランニングなどが目的の方は、クッション性と軽量なものがおすすめですが、安定してまだフォームができていない初心者の方には、重心が低く安定するものを使ってみるのもおすすめです。

スポンサードサーチ

アンダーアーマーのフィットネスシューズ人気おすすめ9選!

アンダーアーマー ショーストッパー2.0

Amazonで詳細を見る

RDR+BLK+RDR 重量
サイズ 25.0~30.0cm 素材 ソール素材または裏地: 合成底

アンダーアーマー ショーストッパー2.0のおすすめポイント

  • トレーニング全般に対応するオールマイティモデル
  • 全方向の素早い移動に対応するモデル
  • 360度全方向へ素早く動ける機能性を追求

[アンダーアーマー] チャージドレジェンドTR

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

全10色 重量
サイズ 25.0~30.0cm 素材 甲材/合成繊維・合成樹脂、底材/合成樹脂・ゴム底

[アンダーアーマー] チャージドレジェンドTRのおすすめポイント

  • 目的に合わせてフィジカルサポート
  • 適切にその衝撃を吸収、反発効果をもたらす革新的なクッショニングシステム
  • 加重に対し、しっかりと足元を支えるストロングモデル

UNDER ARMOUR アルティメイトトレーナーワイド

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

WHT×WHT 重量
サイズ 24.5~28.5cm 素材 甲材:人工皮革 底材:合成樹脂/ゴム底

UNDER ARMOUR アルティメイトトレーナーワイドのおすすめポイント

  • ストラップのアジャスタブル機能により、高い安定性
  • 力の分散を抑える為、アッパーサイドを補強
  • つま先には耐摩耗性を高めた素材を加え、日々の激しい練習にも対応

[アンダーアーマー] トレーニングシューズ スピードフォームAMP3.0

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

全11色 重量
サイズ 25.0~30.0cm 素材 合成底

[アンダーアーマー] トレーニングシューズ スピードフォームAMP3.0のおすすめポイント

  • AMPテクノロジーソールが、足のバネを生かしポテンシャルを引き出す
  • スピードフォームアッパーが足に吸い付くフィットを提供
  • マイクロGのクッショニングフォームが、適切な反発性能を提供

アンダーアーマー BAMトレーナーニューマテリアル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CHC/BLK/CHC、DTG/BLK/DTG 重量
サイズ 25.0~30.0cm 素材 合成底

アンダーアーマー BAMトレーナーニューマテリアルのおすすめポイント

  • 高い通気性、耐久性、ホールド性、軽量性を実現
  • エクササイズ時の摩擦を軽減し高い安定性を発揮
  • 高い反発性能を実現

[アンダーアーマー] トレーニングシューズ UA BAM Trainer Valor

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

MSG/GVG/DTG、FNV/ADY/GRV 重量
サイズ 25.0~30.0cm 素材 甲材:合成繊維/合成樹脂 底材:合成樹脂/ゴム底

[アンダーアーマー] トレーニングシューズ UA BAM Trainer Valorのおすすめポイント

  • トレーニング全般に対応するオールマイティモデル
  • 全方向の素早い移動に対応するモデル
  • 360度全方向へ素早く動ける機能性を追求

[アンダーアーマー] トレーニングシューズ BAMトレーナー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

全11色 重量
サイズ 25.0~30.0cm 素材 甲材:合成繊維/合成樹脂 底材:合成樹脂/ゴム底

[アンダーアーマー] トレーニングシューズ BAMトレーナーのおすすめポイント

  • トレーニング全般に対応するオールマイティモデル
  • 全方向の素早い移動に対応するモデル
  • 360度全方向へ素早く動ける機能性を追求

[アンダーアーマー] トレーニングシューズ UA W STREET PREC SPORT LO PR

Amazonで詳細を見る

BLACK+FLINT+GRAY MATTER 重量
サイズ 23.5/24.0cm 素材 甲材:合成繊維/合成樹脂 底材:合成樹脂/ゴム底

[アンダーアーマー] トレーニングシューズ UA W STREET PREC SPORT LO PRのおすすめポイント

  • 軽量で柔軟性の高い足の形状を考慮
  • 特殊縫製技術で成型
  • フラットヒール

[アンダーアーマー] ストリートプレシジョンスポーツLOWニュートラル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ホワイト 重量
サイズ 22.5~24.5cm 素材 甲材:合成繊維/合成樹脂 底材:合成樹脂/ゴム底

[アンダーアーマー] ストリートプレシジョンスポーツLOWニュートラルのおすすめポイント

  • あらゆるトレーニングアクティビティに幅広く対応
  • 軽量で柔軟性の高い足の形状を考慮して裁断された素材を特殊縫製技術で成型
  • 快適な履き心地とサポートを実現

まとめ

今回、アンダーアーマーのシューズの特徴やおすすめをご紹介しましたがいかがでしたか?大きく見てみると、初心者の方からベテランの方まで使いやすく、どのトレーニングにも対応できるシューズも多いと感じました。

そこからより細かく見ていくと、より自分に合ったシューズが見つかるのではないでしょうか。どのトレーニングにおいても、シューズは効率や効果をより良い状態にするためにも大切なアイテムとなります。妥協せずに、自分の要望を全て叶えてくれるようなシューズを探してみましょう!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
Cross country
volleyball
soccer
tennis
baseball
running
basketball
golf
badminton
rugby
road bike