あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
fitness

フィットネス用タンクトップ人気おすすめ10選!選び方と最強おすすめメーカーも紹介!!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/21

更新日 :2019/03/14

フィットネス用タンクトップといっても「フィット感」「機能性」「デザイン・色」などメーカーごとに打ち出す特徴が異なります。

目次

スポンサードサーチ

フィットネス用タンクトップの選び方を紹介!

フィット感で選ぶ!

フィットネス用タンクトップを選ぶ際、フィット感で選ぶことが重要です。

たとえばヨガのように、体を大きく動かしてさまざまなポーズをとるエクササイズでは、体にフィットしたタンクトップがおすすめです。ゆったりめのタンクトップを着ていると、自分の顔に被さってしまったり、服の中が見えてしまったりすることがあります。

ヨガは無心になってポーズをとりながら、正しい呼吸をすることで、体の調子を整えるエクササイズなので、周りの目が気になるような服装はエクササイズの質の低下につながります。

もし、「露出がちょっと・・・」とタンクトップの着用に抵抗があるならば、タンクトップを重ね着する方法もあります。重ね着することで体型をある程度カバーできますよ。

機能性で選ぶ!

フィットネス用タンクトップを選ぶ際、機能性に優れた素材のタンクトップを選ぶことをおすすめします。ポリエステル素材ならば吸汗速乾性に優れているので、汗をかいたあとベタつきが気になることがありません。

レディース向けとして、カップ付きのフィットネス用タンクトップもあります。
カップ付きなのでフィットネスブラを着用する必要がない点がメリットですが、自分に合った正しいサイズを選ばないと、バストを正しくサポートできない点がデメリットです。

デザインや色で選ぶ!

近年、フィットネス用タンクトップのカラーバリエーションが増えました。
フィットネス用タンクトップを選ぶ際、デザインや色にもこだわりたいですよね。
一般的に人間は色によって気持ちの変化があると言われています。自分にとって気持ちを高めることができる色を選ぶようにしましょう。

自分にとって気持ちを高めることができる色を選ぶのは構いませんが、薄い色は汗シミが目立つので、避けることをおすすめします。

もし、どうしても迷ってしまうならば、シンプルなデザインで汗シミが目立たない黒色などの濃い色を選ぶのが無難です。

女子にはバッククロスタイプもおすすめ!

レディース向けとして、バッククロスタイプのフィットネス用タンクトップもありますよ。バッククロスタイプといっても、ストラップが細めのタイプと太めのタイプがあるので、どちらが良いのかわからないですよね。

たとえばNIKEでは、「ナイキ Dri-FIT エラスティカ」というバッククロスタイプのフィットネス用タンクトップがあります。
太めのストラップがにちょうど良く背中になじんでいるので、体の可動域を制限させることなく体を動かせるというメリットがあります。

NIKE以外にも取り扱いがありますので、自分に合うバッククロスタイプのフィットネス用タンクトップを見つけてみてください。ストラップがズレ落ちないというメリットもあるので、おすすめです。

フィットネス用タンクトップの人気おすすめメーカーを紹介!

NIKE(ナイキ)

NIKEは、機能性に優れたバッククロスタイプのフィットネス用タンクトップが多いのが特徴的です。

NIKEのバッククロスタイプのフィットネス用タンクトップには、NIKE独自の技術である「Dri-FITテクノロジー」が施されています。汗をかいてもさらっとした状態のままで着用できます。

NIKEのアパレル製品には「Dri-FITテクノロジー」を採用している製品が多いです。サッカーウェアやゴルフウェアなど。もちろんメンズ向けフィットネス用タンクトップにも「Dri-FITテクノロジー」を採用していますよ。

バッククロスタイプのフィットネス用タンクトップが欲しい人には、NIKEがおすすめです。

adidas(アディダス)

adidasは、メンズ向けがNIKEに比べて少なく、レディース向けカップ付きフィットネス用タンクトップが多いのが特徴的です。

adidasのカップ付きフィットネス用タンクトップには、adidas独自の素材である「climalite」が採用されています。汗をすばやく乾かしてくれるので、着心地が快適です。

adidasのアパレル製品には「climalite」素材を採用している製品が多いです。陸上競技ウェアやサッカートレーニング用Tシャツなど。

カップ付きフィットネス用タンクトップが欲しい人には、adidasがおすすめです。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

UNDER ARMOURはシンプルなデザインでシックな色合いのフィットネス用タンクトップが多いのが特徴的です。

フィットネス用タンクトップならばどの製品にもカラーバリエーションに黒色があります。先ほども紹介しましたが、黒色ならばコーディネートに悩む必要もなく、汗シミを気にしなくてすみます。上下が黒色のコーディネートでも、違和感なく着られますよ。

自分に似合う色がわからない人には、UNDER ARMOURのフィットネス用タンクトップがおすすめです。

スポンサードサーチ

フィットネス用タンクトップ人気おすすめ10選!

ナイキ(NIKE) メンズ プロ コンプレッション スリーブレス

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック、ホワイト、ネイビー 重量
サイズ サイズ:身長/チェスト、S:155-176/86-91、M:155-176/91-97、 L:176-185/97-103、XL:176-185/103-109 素材 ポリエステル92%、ポリウレタン8%

ナイキ(NIKE) メンズ プロ コンプレッション スリーブレスのおすすめポイント

  • アンダーレイヤーにおすすめなデザインで重ね着に最適
  • 首下、脇下にメッシュパネルを配置
  • Dri-FIT素材が布地の表面に汗を逃がしてすばやく蒸発させ、さらりと快適な状態をキープする。

ナイキ NIKE レディース トレーニング タンクトップ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ストームピンク/ホワイト 重量
サイズ S:対象胸囲(cm)/ 83-90対象身長(cm)/ 155-176 M:対象胸囲(cm)/ 90-97対象身長(cm)/ 155-176 L:対象胸囲(cm)/ 97-104対象身長(cm)/ 176-185 素材 ポリエステル100%

ナイキ NIKE レディース トレーニング タンクトップのおすすめポイント

  • クロスバックストラップのミニマルなデザインで自然な動きをサポー
  • 速乾性に優れたDRI-FITテクノロジーと、通気性に優れたメッシュのサイドパネルを組み合わせ、クールで快適な着心地を実現
  • トレーニングも楽しくできる女性に人気のピンクを採用。

ナイキ NIKE レディース トレーニングウェア ノースリーブ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ピュアプラチナム 重量
サイズ S、M、L、XL 素材 ポリエステル85%、リヨセル15%

ナイキ NIKE レディース トレーニングウェア ノースリーブのおすすめポイント

  • Dri-FITテクノロジーでさらりと快適な状態をキープ
  • 内蔵のスポーツブラが快適なサポート力を発揮
  • 伸縮性に優れたアンダーバストバンドがぴったりと快適にフィット

ナイキ タンクトップ Nike Dry Legend トレーニングタンクトップ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

(010)ブラック/クールグレー/ホワイト、(652)バーガンディクラッシュ/ラッシュピンク/ホワイ 重量
サイズ XS~XL 素材 ポリエステル100%

ナイキ タンクトップ Nike Dry Legend トレーニングタンクトップのおすすめポイント

  • 速乾性素材を採用したマッチョタンク風のシルエット。自然な動きに対応するスリーブレスのデザイン
  • Dri-FITテクノロジーでさらりと快適な状態をキープ
  • シンプルなTシャツのデザインでどの服にも合わせやすい

(アディダス) adidas トレーニングウェア ヨガ カップ付

Amazonで詳細を見る

重量
サイズ J/S : 身長152-158cm チェスト78-82cm ウエスト59-63cm、J/M : 身長157-163cm チェスト81-85cm ウエスト62-66cm、J/L : 身長162-168cm チェスト84-88cm ウエスト65-69cm、J/OT : 身長167-173cm チェスト87-91cm ウエスト68-72cm 素材 ポリエステル100%

(アディダス) adidas トレーニングウェア ヨガ カップ付のおすすめポイント

  • 優れた吸汗性、透湿性、速乾性で運動中の身体を快適でドライな状態に。
  • ストラップ付きのレーサーバックスタイル
  • 紫外線カット性がある女性におすすめのウエア。

[アディダスネオ]タンクトップ ビッグロゴ カップ付 レディース

Amazonで詳細を見る

クリスタルスノー、アーバンブラック 重量
サイズ バスト(胸囲)M:79~87cmL:86~94cmLL:93~101cm 素材 本体: ポリエステル60%, 綿35%, ポリウレタン5%(綿,エステルベア天) 首, 脇テープ部: ナイロン85%, ポリウレタン15%

[アディダスネオ]タンクトップ ビッグロゴ カップ付 レディースのおすすめポイント

  • 汗をすばやく吸収、発散し、身体をドライにキープ。
  • ストレッチ性もあるので、着ごこちがいいアイテム。
  • インパクトのあるビッグロゴデザイン。

NIKE ナイキ DRI-FIT ウィメンズ フロー グラフィック

Amazonで詳細を見る

ライトフォトブルー/ブラック 重量 249 g
サイズ レディースSサイズ 150-159cm 胸囲80-84cm 素材 本体:Dri-FIT リサイクルポリエステル100% メッシュ:Dri-FIT ポリエステル81%、スパンデックス19%

NIKE ナイキ DRI-FIT ウィメンズ フロー グラフィックのおすすめポイント

  • 自由な動きを実現 速乾性に優れたタンクトップ。
  • ワークアウト中に軽くて快適な着心地と自由な動きを実現する。
  • ゆったりとしたフィット感、深い袖ぐり、長いレーサーバックで可動域を確保。

[アンダーアーマー] ヒートギアアーマーコンプレッション

Amazonで詳細を見る

重量
サイズ SM・MD・LG・XL・XXL・3XL 素材 ポリエステル84% ポリウレタン16%

[アンダーアーマー] ヒートギアアーマーコンプレッションのおすすめポイント

  • 伸長性に優れた生地を使用。高い吸汗速乾性を誇り、あらゆる動作において動きやすい。
  • 通気性を高めるために切替部にメッシュ素材を使用。
  • ベンチレーションにより、体温コントロールを可能にする。

(アンダーアーマー) UNDER ARMOUR UA HEATGEAR ARMOUR SL

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

010 BLK/BLK、111 WHT/WHT、443 MDN/MDN、44A RYL/RYL、660 RED/RED、9IN CBH/BLK 重量 998 g
サイズ SM・MD・LG・XL・XXL・3XL 素材 ポリエステル84% ポリウレタン16%

(アンダーアーマー) UNDER ARMOUR UA HEATGEAR ARMOUR SLのおすすめポイント

  • 汗の吸収が速く瞬時に気化し乾く構造をしている為、常にドライで清潔な状態を維持します。
  • 伸縮性にも優れており機動性と快適性を兼ね備えつつ、スマートなシルエットで見栄えに着痩せ効果抜群。
  • ゆったりと着用し着心地に対するストレスを軽減することで、快適なリラックス感を実現。

Under Armour Women ‘s Pinnacleタンク

Amazonで詳細を見る

Tourmaline Teal/Metallic Silver 重量 454 g
サイズ 素材 ポリエステル

Under Armour Women ‘s Pinnacleタンクのおすすめポイント

  • 首周り、胸元の空きが狭く運動に集中しやすいすっきりとしたデザイン。
  • 手持ちの服に合わせやすい2色。
  • ウエストのサイドがメッシュになっており、通気性を確保。

まとめ

今回は「フィットネス用タンクトップ 人気おすすめブランドや選び方を解説!」と題して、NIKEやadidas、UNDER ARMOURのフィットネスパンツ人気おすすめ10選を紹介しました。

メーカーごとに特徴が大きく異なりますので、自分に合うおしゃれなフィットネス用タンクトップを見つけてください。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike