あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
field hockey

【女子フィールドホッケー日本代表 及川栞選手監修】フィールドホッケーって何人でやるの?試合時間は?少し複雑なルールを徹底解説!

及川栞

公開日 :2019/03/31

更新日 :2019/04/13

ここではフィールドホッケーのルールについて紹介しています。

フィールドホッケーのルールを学ぶ際には直接指導者や先輩から教えてもらうこともできますが、ルールブックを購入することでどのようなスポーツかを事前に把握することも可能です。

フィールドホッケーは11人制が最もメジャーであり、さまざまな試合でも採用されているルールでもあります。

フィールドホッケーに限った話ではありませんが、ルールが変更されることもあるため、最新のルールを学ぶように心がけましょう。

目次

スポンサードサーチ

フィールドホッケーとは?


フィールドホッケーとは、スティックと硬球を使用する球技であり、相手ゴールにボールを入れてポイントを競い合う競技になります。

また、男子競技と女子競技が行われており、男子は1908年ロンドンオリンピックから、女子は1980年モスクワオリンピックからオリンピックの正式種目として行われています。そのため、2020年東京五輪でも行われる競技の一つであるため、フィールドホッケーの試合を観戦し、みんなで応援できるようにまずはルールをしっかり覚えましょう。

フィールドホッケーにはさまざまなルールが決められており、反則行為も当然決められています。基本的なルールを学ぶだけではなく反則行為も同時に学ぶことをおすすめします。

フィールドホッケーの基本的なルール

フィールドホッケーにはさまざまなルールがあり、正しいルールを身につけておかないとプレーをすることができませんし、観戦できなくはありませんが、少し難しいです。

そのため、フィールドホッケーに興味があるものの、基本的なルールがわからない人は下記を参考にしてください。

フィールドホッケーの主なルールを4つを解説します。

試合時間

勝敗

チームの人数・出場登録選手

コート

試合時間

フィールドホッケーの試合時間は各15分の4クオーター制の合計60分)で行われます。また、第1クオーターと第3クオーターの後は2分。第2クオター終了後は10分のハーフタイムがあります。

ただ、一部の国内の試合では、前後半各35分の合計70分で行われ、5~10分のハーフタイムが入るという試合時間の形もあります。

勝敗

フィールドホッケーの勝敗の決め方はいたって簡単であり、試合終了までに多くのポイントを獲得したチームが勝利になります。

そのため、攻めるだけではなく守るときにはしっかり守ることで勝利する可能性を高めることができます。

60分の試合時間で同点または両チームとも無得点の場合は延長戦なしですぐにSO(シュートアウト)というサッカーでいうPK戦と同じようなプレーヤーとGKの1vs1をやります。

ルールもサッカーのPKと同じで両チーム5人ずつプレーヤーを用意し、順番に1vs1で勝負を行います。

チームの人数・出場登録選手


フィールドホッケーは6人制と11人制があり、6人制は小学生や中学生に採用され、11人制はシニアの試合で採用されます。

フィールドホッケーの11人制の試合では、11人の選手がコート内に入り試合を行うことができます。11人の中にはキーパーも含まれるため、実際には10人の選手で攻防を行います。

チームに登録できる選手は18人であるため、ある程度の交代選手を用意しておくことができます。

一般的に7人の補欠の中に一人はキーパーの予備選手を登録し、他の6人はさまざまなポジションの選手を登録する場合が多いです。フィールドホッケーでは、選手交代できる回数やタイミングが決まっていないので自由に交代させることができます。

どの選手の運動量が多いかや状況に応じた選手交代が試合自体にも大きな影響を与え、勝敗にも大きな影響を与えます。

選手交代は監督やコーチが行う権限があり、力量が図られる場面でもあります。

コート


フィールドホッケーのコートはサッカーコートにとても似ています。

フィールドホッケーのコートは

バックライン(サッカーでいうとゴールライン)が60ヤード(55m)
サイドライン(サッカーでいうとタッチライン)が100ヤード(91.4m)

の長方形でサッカーコートよりもひとまわり小さいサイズです。

男子だからコートが女子よりも広いということはなく、サッカー同様、男女共にこのコートの大きさで競技が行われます。

ゴールはハンドボールとほぼ同じような大きさで、ゴール前に「サークル」と呼ばれるシュートをするエリアがあり、そのサークル内からシュートを打たなければ得点となりません。

コートが広く、競技人数も多く、あまりゴールも大きくない。ましてや、サークル内から打たなければ得点にならないというルールもあるため、どの競技もポイントは大切ですが、フィールドホッケーの場合は特に1ポイントに相当な重みがありますし、1ポイントを取るのがとても大変です。

そのため、その1ポイントを取るために相手よりも走り、相手よりも攻守の切り替えを早くすることが求められるので、縦91.4m×横55mのコートを60分間走れる体力が必要になります。

スポンサードサーチ

フィールドホッケーの細かいルールとポイント

フィールドホッケーの基本的なルールを説明しましたが、ここからは細かいルールを紹介していきたいと思います。試合を行う際には必ず必要になる知識であるため、身につけておくことをおすすめします。

フィールドホッケーの細かいルール5つを解説します。

オフサイドの廃止

サークル

選手の交代

警告・退場

ペナルティーコーナー

オフサイドの廃止

フィールドホッケーはサッカーの試合進行に非常に似ているため、ルールもサッカーに似ている部分が多くあります。サッカーのルールの中にオフサイドというルールがありますが、理解できていない人が多くいて観戦者を混乱させることも少なくありません。

以前のフィールドホッケーにも同じくオフサイドのルールが採用されていました。ですが、現在ではオフサイドは廃止されています。

オフサイドが廃止されたことで観戦者が混乱することがなく、試合自体もスピーディーに進行することができるようになっています。また、迫力のあるプレイも増えているため、より緊張感が味わえる試合展開を可能にしています。

サークル


先ほどもちらっと説明しましたが、フィールドホッケーにはサークルと呼ばれるものがあります。サークルはゴールポストから約14mの距離から半円で白線で引かれています。

フィールドホッケーの得点はこのサークル内からのシュートしか得点が認められません。サッカーのようなロングシュートを決めることができないため、いかにサークル内に侵入するかが勝敗に大きく影響します。

しかし、サークル外からシュートを打つことはできませんが、サークル内にいる味方選手にロングパスをして、その味方選手が少しでもボールに触れば1点ですので、そのように得点を狙うことはできます。

また、フィールドホッケーは基本的には地面近くで競う球技ですが、空中でのプレーも多いです。そのため、空間を使ったループパスや空中でドリブルする3Dドリブルなどの技術は必要になります。むしろ、3Dドリブルは今では主流となっているため、身につけておきたい技術になります。

空中プレーは多いとは言いましたが、顔付近での空中プレーは危ないので禁止されています。

選手の交代


上記でも紹介したようにフィールドホッケーは選手交代は自由に行うことができます。

どのスポーツでも選手交代することが可能な場合が多いですが、交代できる回数が制限されている場合が多いです。

しかし、フィールドホッケーの試合では交代回数に制限がありません。そのため、好きな回数、交代させることができる自由度が高い球技でもあります。

選手交代をすることで試合にも大きな影響を加えることもできるため、状況をより分析することができれば選手交代を大きな武器に変えることも可能です。

しかし、ペナルティーコーナーの場合は交代することができません。

また、選手交代をするときには試合時間が止まることがないため、スピーディーに選手交代をすることが必要になります。

ただし、ゴールキーパーが交代する時に限り試合時間が止まる決まりになっています。

警告・退場


フィールドホッケーには、違反を行為をした選手に審判が警告や退場の判断を下します。サッカーと同じように色がついたカードを使用してどの程度の判定を下したのかが一目でわかるようになっています。

サッカーの場合は2色のイエローとレッドカードを使用しますが、フィールドホッケーの場合はグリーン・イエロー・レッドの3色のカードが用意されています。

【グリーンガード】2分間、試合から一時的に退場しなければなりません。2分間経過したら再び試合に参加することができます。3つのカードの中で最も軽い罰則になります。

【イエローカード】5分間以上、試合から一時的に退場しなければなりません。5分以上、経過したら再び試合に参加することができますが、退場の時間は審判の裁量に任されています。3つのカードの中で2番目に重い罰則になります。

【レッドカード】即退場で再び試合に参加することはできません。3つのカードの中で最も重い罰則です。

ペナルティーコーナー

ペナルティコーナーは、フィールドホッケーにおいて最も特徴的なルールになります。

ペナルティコーナーはセットプレーの一つで、やり方としては、

①攻撃側はゴールポストから10m離れた地点からボールをストロークする。
②そのボールをサークルの外でストッパーがボールを止める。
③その止められたボールをシューターがシュートする。

というやり方になります。

攻撃側は何人でも参加することができますが、守備側はゴールキーパーと4人の選手しか参加することができず、それ以外の選手は後方に控えていなければなりません。

攻撃側が圧倒的に有利なセットプレーであるため、守備側はいかにペナルティーコーナーが適用されないプレーを行うかが大切になります。

このペナルティーコーナーは以下のような反則が起きた場合に攻撃側に与えられます。

①サークル内で守備側が反則を犯した場合
②自陣23mエリア内で守備側が故意の反則を犯した場合
③守備側が故意にバックラインをこえるようにボールを出した場合

動画で見てみるとよりわかりやすいと思うので、ペナルティコーナーがどういうものか学んで、よりフィールドホッケーの面白さを知りましょう!

フィールドホッケーのルール動画


フィールドホッケーのルールがまとめられた動画をのせておきますので、もう一度フィールドホッケーのルールを振り返って学んでいただき、実際にプレーするのに役立てたり、観戦がより楽しめるようになっていただきたいです。

少し複雑ではありますが、ものすごい難しく覚えられないというルールではないと思いますので、一つずつ丁寧に覚えていって欲しいです。

スポンサードサーチ

フィールドホッケーのルールを覚えたら実際の試合を観戦しよう!


フィールドホッケーのルールを一通り覚えることができたら、実際の試合を観戦しましょう!

試合会場に足を運んで生でフィールドホッケーを観ることが一番楽しめると思います。プレーの迫力を感じながら、学んだルールの知識を持って観戦できるので、「フィールドホッケーってこんなに面白いスポーツなんだ!」と感じれるはずです。

しかし、フィールドホッケーの試合を観に行きたいけど時間がなかったり、まずはどういう競技なのかという全体像を把握したいという方もいると思います。

ですので、女子フィールドホッケー日本代表の試合の動画を載せておきますので、是非一度1試合を通して見てみてください。
女子フィールドホッケー日本代表は「さくらジャパン」の愛称でも親しまれています。

フィールドホッケーはオリンピック種目でもあるため、2020年東京オリンピックでさくらジャパンが金メダルを獲得するには日本全員が一体となって、戦う必要があるでしょう。そのためにはフィールドホッケーのルールをまずは知り、そして試合を観戦してみんなでさくらジャパンを応援する。これが大切になると思いますので、この記事がきっかけでそうなっていただけたら幸いです。

女子フィールドホッケー日本代表選手 及川栞選手にSPOSHIRU編集部が聞いた!


SPOSHIRU編集部がこの記事の監修者である及川栞選手にフィールドホッケーについて色々とお聞きしました!

及川選手が思うフィールドホッケーの魅力






SPOSHIRU編集部



Q.及川選手が思うフィールドホッケーの魅力は何ですか?







及川栞選手



私が思うフィールドホッケーの魅力はゲーム展開の速さです。フィールドホッケーは攻守の切り替えがすごく早いため、ボールの展開も自然と速くなります。そして、その激しいゲーム展開のなかでひとつのボールをみんなで繋いでゴールを決めた時の嬉しさは何にも変えられないものがあります。チームスポーツの良さです!そこがフィールドホッケーの魅力だと思います。あと、どの競技よりもユニホームが可愛いことも魅力の一つですね!(笑)



さくらジャパンのここを見て!






SPOSHIRU編集部



Q.さくらジャパンのどんな所に注目して見て欲しいですか?







及川栞選手



私たちさくらJAPANは『Play for each other』を常にモットーとして活動しています。どんなときもチームのために。それはスタッフ、選手関係なく、さくらJAPANとしてです。チームワークを大切に、一人一人がその役割を徹底する。そのチームワークをピッチの上で爆発させます。アジア大会の王者として東京オリンピックでは金メダルを取りに行きますので、応援よろしくお願いします。



上記でペナルティーコーナーのルールの紹介をしましたが、及川選手は日本代表のペナルティーコーナーのシューターでもあります。以下の動画はさくらジャパンのゴール集になります。1つ目の映像に早速、及川選手のペナルティーコーナーでのゴールシーンがありますので、及川選手のゴールを見ながら、もう一度、ペナルティーコーナーのルールを学びましょう!

スポンサードサーチ

まとめ


フィールドホッケーはアイスホッケーとルールが似ている場合がありますが、当然違う部分もあります。

正しいルールを学ぶことで快適にプレイすることができたり、楽しく観戦することも可能です。

ここでは、フィールドホッケーのルールを詳しく紹介しています。そのため、フィールドホッケーに興味がある人は参考にしてください。

ルールを知っているのと知らないのでは大きな違いであり、実際にプレイする場合はもちろんですが、観戦する際の楽しみ方にも影響が出るため、正しいルールを把握してフィールドホッケーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定