あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
volleyball

バレーボールにおけるタッチネットの定義|どこに触れたら反則?

スポシル編集部

公開日 :2019/04/09

更新日 :2019/04/09

バレーボールのタッチネットは、その名の通りネットにさわったときに取られる反則です。
スパイクを打つとき、ブロックをしたとき、ユニフォームが当たったとき…と状況はさまざまです。
しかし、ネットにさわったときに反則にならないケースもあります。

この記事では個々のケースごとに、実際にどうなるとタッチネットになるのかを解説します。
タッチネットを理解しておくと、接戦を争うときにムダな1点を与えずに済みます。

大事な試合をモノにするためにも、ぜひ理解を深めてください。

目次

スポンサードサーチ

タッチネットの定義|どこに触れたら反則?


タッチネットは手や体がネットに当たると反則を取られます。そのままですね。
今のルールは、中央の両サイドに立つアンテナの内側すべてのネットが反則の対象です。
例えば、プレー中に明らかにネットをさわったり、つかんだりしたときには反則を取られます。

しかし、ブロックを完全に終えて振り返ったときや、ボールがネットに当たった反動で偶然さわってしまった。と審判が判断したら反則になりません。
そのため「タッチネットは、ボールに関わる一連の動きはすべて反則」といえます。

ネットにさわってしまう場面は1つに限らず、プレイの状況により異なります。
さまざまな状況で、どうしたら反則を取られてしまうのかをより詳しくみていきましょう。

タッチネット:スパイクに関して


スパイクの場合は、助走やジャンプ、ボールを打つ瞬間に手や体がネットに当たると反則です。
得点を決めたあとは、プレイ中ではないため、セーフです。

助走がうまくとれなかったり、ジャンプの勢いが強かったりするとタッチネットが多くなります。
そんなときは、ジャンプのときに踏み込む足を内側に向けると、前に向いていた勢いが上に向き、しっかり飛べタッチネットを減らせます。

足の向きに気をつけて、上に飛ぶ意識を心がけましょう。

スポンサードサーチ

タッチネット:ブロックに関して


ブロックのときも、基本的にネットに当たると反則です。
しかし、ブロックの場合はケースによって異なります。

例えば、バックアタックのような真正面からの攻撃に対してブロックする場合は、ネットに当たると反則を取られます。
しかし、レフトやライトから打つようなフェイク攻撃のときにブロックいこうとしたときは反則を取られません。
ようするに、相手のフェイクにつられて、ボールとは関係のない場所でブロックをした場合は反則を取られないのです。

ただし、その時もネット上段の白帯やアンテナに当たると反則なので注意しましょう。

ユニフォームや髪の毛がネットに触れた場合は?


ユニフォームや髪の毛がネットに当たった場合はどうなるのか?
結論からいうと、反則にはなりません。

基本的にタッチネットは、ボールに関係のある一連の動きがアウトです。
つまり、ボールを実際にさわったときや、さわろうとしたとき、またスパイクを打つときなどが反則の対象です。

しかし、ユニフォームや髪の毛の場合は、明らかにわざとであるときしか反則になりません。
そのため、プレー中でも相手に迷惑をかけたり、ゲームが中断したりしない限りはセーフです。

スポンサードサーチ

類似の反則も理解しよう!


ネット近くの反則は、タッチネットの他にもあり、おぼえておく上で大切なことです。


  • 味方のコートと相手のコートを分ける中央の線(センターライン)を踏みこえる

  • アンテナ付近をボールが通る


なども反則になることがあります。以下で解説します。

スパイカーネットしたのラインを超えた場合


相手コートに入ってしまう反則を「ペネトレーションフォールト」といいます。
ペネトレーションフォールトは、ネットの下にある中央の線をこえる「パッシング・ザ・センターライン」と、ボールが相手コート内にあるときにさわってしまう「オーバーネット」があります。

スパイクをするときは、足がネット下中央の線をまるっきりこえなければセーフです。
また、一連の動きを終えたあと(得点を取った、取られたあと)もセーフです。

ただし、「相手のプレイのじゃまになる行為だ」と、審判が判断したら反則を取られます。

ボールがアンテナの上を通過した場合


ネットの両サイドにそびえ立つアンテナは、ネットの内側か、外側かを分けるためにあります。
アンテナは、ボールのイン・アウトを分ける役目を果たしています。

内側をボールが通るとイン・外側をボールが通り相手コートに落ちるとアウトです。
では、ボールがアンテナの真上を通ったときはどうなるのか?

真上を通る場合は、アウトと判断されます。

たとえボールがアンテナに直接当たってなくても「本来、ここはネットの外側だよ」
と判断するからです。

まとめ


タッチネットはシンプルなルールです。
しかし、これまでに数回のルール改正を繰り返してきました。
今は両サイドに立つアンテナ内すべてのネットが反則の対象です。
ルールが改正される前はネットの上段、つまり白帯の部分だけが対象でした。

いずれにせよ、ポイントはちがえど基本的にネットにさわる行為はアウトです。
記事の内容を踏まえて、たった1度の反則でムダな点を相手に与えないために、十分気をつけましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定