あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

テニスの「ストローク」はどうすれば上手になるの?!打ち方の基本やコツをご紹介!

スポシル編集部

公開日 :2019/04/30

更新日 :2019/04/30

テニスの試合中、選手たちが1つのポイントを争って激しい打ち合いを繰り広げているのを見たことはないでしょうか?

こういった打ち合いはすべて「ストローク」と呼ばれるプレーの中で見られますが、この中には選手たちがたくさんのテクニックを用いて相手から主導権を握ろうとしているのです。

実は日本の錦織圭選手はどちらかと言うとサーブよりもストロークが得意な選手で、その優れた技術は世界でも5本の指に数えられるほど、ストロークの巧みな選手として有名なのです。今回はストロークの意味やそのコツについて徹底的に解説するので、楽しく学んでいきましょう!

目次

スポンサードサーチ

テニスのストロークとは


ストロークとは、簡単にまとめると地面でワンバウンドしてから打つプレーのことを言います。

基礎的なルールを振り返るとわかると思いますが、大前提として、テニスは自分のコートに帰ってきたボールをツーバウンドする前に相手コートに返さなければなりません。

つまり、サーブで点が決まらなければポイントが決まるまでワンバウンドでの打ち合いをします。これをストロークと呼んでいるわけです。サーブもワンバウンドしてから返球しますが、サーブの際は「リターン」と呼ぶことが多いです。

あくまでも傾向として説明しますが、ストロークがうまい選手は非常に粘り強い傾向があり、なかなかリズムを崩すことが難しくなります。最近のプロテニスツアーではサーブが上手なことに加えてストロークも得意な選手がたくさん台頭してきています。

テニスのストロークの種類


テニスのストロークは、基本的にどちらの手で打つかによってその呼び方が変わってきます。

状況によって使い分けなければならず、ストロークの技術がついていなければ試合で勝つことは非常に難しくなります。テニスの一番基本となる部分でもあるので、ぜひ覚えておきましょう!

テニス ストロークの主な2つの種類を解説します。


  • フォアハンドストローク

  • バックハンドストローク

フォアハンドストローク


「フォアハンドストローク」とはラケットを持つ手の側(利き腕側)でボールを打つことを言い、テニスでも最も常識的なショットの一つです。正式名称はフォアハンドストロークですが、略して「フォア」と呼ばれることが多いです。英語では「forehand」と表記し、「前方の手」、つまりショットの時に前方に位置する手で打つという意味を示す言葉でもあります。

テニスの試合の中でもフォアハンドは使う機会が非常に多いショットで、コートで見て利き手側にボールが来た時はもちろん、利き手と逆側に打ち込まれた時でもあえて回り込んでフォアハンドを使うこともあります。

バックハンドストローク


「バックハンドストローク」は先ほどのフォアハンドとは逆の意味を持ち、利き手と逆側に来たボールを打つプレーのことを表します。バックハンドストロークも一般的には「バック」と略して使われることが多いです。手を後ろ向きに押し出すショットなので、バックハンドと呼ばれています。

このバックハンドには主に両手と片手の2種類の方法がありますが、主流となっているのは両手で打つやり方です。ただ、プロテニスツアーATPでは片手バックハンドを使う選手も多く見られます。

スポンサードサーチ

テニスのストロークのコツ


ここまでテニスのストロークの概要を説明してきましたが、ストロークを覚えないことには試合は成り立たないので、細かく習得していく必要があります。ここからはストロークのコツを一つずつ解説していくので、しっかり覚えて自分の形にしていきましょう!

テニスのストロークの主な3つコツを解説します。


  • ボールが当たる時だけラケッとを強く握ろう!

  • 下半身のひねりを使おう!

  • ラケットの振り抜く方向を意識しよう!

ボールが当たる時だけラケッとを強く握ろう!


まず、ストローク中の重要事項として力の入れ方が大いに関係していることは事実です。

どうしても強いストロークを打つことを目的にすると最初から最後まで力を入れてしまいそうになるのですが、実はそうではありません。ストロークでボールをうまくとらえ、より遠くに飛ばしたいなら逆に力を抜いて打つことが大事です。

一連の動作すべてでリラックスしすぎては、もちろん勢いのある球を打つことは不可能です。

ただし、力を入れるポイントはボールが当たるときだけで、インパクトの瞬間だけラケットを強く握ると驚くほど勢いのあるボールを打てるようになります。

初めはパートナーに軽く球出ししてもらい、ボールが当たる瞬間にだけラケットを強く握れているかどうかを確かめるようにして感覚をつかんでいくのもいいかもしれません。

詳しくは以下の動画を見てみましょう。

下半身のひねりを使おう!


どうしてもストロークの際に手や腕だけを振って打とうとしてしまう方も多いと思いますが、それは正しい動作とは言えません。

むしろ大事になるのは、下半身の動きを使ってスイングの力を引き出すことで、この時地面に対する足のローディング(足の押し付け)を利用することが重要なのです。

もう少し詳しく説明すると、足の押し付けから打つ瞬間に体全体を開放した動きだけで腕を振るのがポイントになるということです。そのため、腕の動きはそこまで大きくなくてもボールが飛ばせるようになるのです。

最後のフィニッシュの形は中途半端でもいいので、とにかく下半身の動きを最大限に利用してストロークができるようになりましょう。右利きの人はフォアハンドなら軸となる左足、バックハンドなら右足を打った後に延ばすようにすることも意識しましょう。

ラケットの振り抜く方向を意識しよう!


以下の動画では、より角度をつけたショートアングルと呼ばれるフォアハンドストロークについて解説しています。

アングルに打とうとラケットヘッドをひっかけてクロスに持っていこうとし、さらに前方にヘッドを走らせる方がいますが、むしろ打ちたい方向を意識しながら、自分の前に壁があると想像し、その壁に沿ってラケットをなるべく上方向に抜いて上げることがコツとなります。

角度があるため、距離が短くなるのでヘッドを速く返してあげる必要がありますが、肘をなるべくたたむとよりヘッドのスピードが上がります。こうすることでさらにスピン量の多いショートアングルのショットが打てるようになります。

スローモーションでも分かりやすく動きを確認できるので、よく観察してみましょう!

ストロークを打つ際にやってしまいがちな2つのミス!


テニスのストロークは非常に基礎的なプレーですが、試合で流れをつかもうともっと勢いのあるストロークで相手を追い込もうと考える人もいるかもしれません。

しかし、そんなときに絶対にやってはいけないことがあるので、ストロークでの悩みを持つ方はこの際に覚えておきましょう!

主な2つのミスを解説します。


  • 力を入れて強く打つ!

  • 大きなスイングで強く振る

力を入れて強く打つ!


とにかく強いボールを遠くに飛ばそうと力が入ってしまう方は多いと思いますが、これでは逆に勢いのあるボールを打つことはできません。

まず、力んでしまうことで体全体にも無駄な無駄な力が入ってしまい、体のひねりや回転など、すべての動きが固くなってしまいます。すると逆にボールに力が伝わりにくく、スピードとキレの弱いストロークになってしまうのです。

実は相手からすると、そこまで力まなくてもボールに力が伝わっている球の方が勢いがあるように見えます。とにかく力を抜くことを意識して、先ほどのボールが当たる瞬間だけ強くラケットを握ることを覚えれば理想的なボールが打てるようになるのです。

大きなスイングで強く振る


これも力を入れないことと大きく関わってきますが、ラケットを振るときも大きく振り回すことは禁物です。軽い力で振ることにより、逆にキレの鋭いストロークに近づけることは十分に可能なのです。

スイングの際のポイントは覚えていますか?そう、下半身をうまく使うことでしたね。フィニッシュは中途半端でもいいので、足で地面を押し付け、その動きを開放して腕はコンパクトに振ることが何よりも重要です。

また、大きなスイングは体の使い方がぎこちなくなり、アンフォーストエラー(自分のショットが原因となるミス)が増えてしまうことにもなりかねないので、日ごろの練習からどれだけの力でストロークを打っているかを見極め、反復練習をする必要があるでしょう。

スポンサードサーチ

ボールに回転を与えてコートに入れよう!


テニスでショットを相手コートに打ち込む際、重要となってくるのが「ボールの回転」です。しかし、これがなぜ大事になるのでしょうか?ボールに回転をかけることでストロークをミスしないことにもつながるので、覚えておきたいところです。

回転の主な2つの種類を解説します。


  • トップスピン

  • スライス

トップスピン


まずは回転の中でも基本となるのが「トップスピン」です。トップスピンはしっかりラケットを振ることで自然とかかるとも言われているのですが、トップスピンをかける理由はご存知でしょうか?

そもそもトップスピンは何種類かあるのですが、一番基本と考えられているのは進行方向に鋭くスピンするものです。トップスピンは球をこすり上げる感覚で打つため、最低でもネットは越えられる確率は高くなります。

さらに、トップスピンが受ける空気抵抗により、ボールが飛びすぎずに落ちるので、アウトにもなりづらいメリットを持っています。球があまり飛んでこないため、相手からすると予想よりも距離が短く感じられることから、リズムを崩すためにも最適のスピンです。

トップスピンを使う場面の例を挙げると、先ほど紹介したショートアングルはその一つで、距離を短くするためにも鋭い順回転が必要になります。また、相手が攻め込んできたときに守備的なショットとして、回転をかけて深い位置に追いやる時にも使います。

トップスピンは自然にかかることもあるとすでに言いましたが、打ち方としてはなるべく下から上に向かってラケットを振るとトップスピンがより生まれやすくなるでしょう。

スライス


スライスはあらゆる場面で使えるショットで、ストロークの中で取り入れていくとリズムに変化をつけられる効果的なテクニックです。打ち方は、ラケットの面を上に向けた状態で、ボールが当たった時にラケットを斜め下にスライドさせるようなイメージです。スライスの回転はトップスピンとは違って逆回転となり、比較的球速は遅めです。

スライスの利点として、いくつかのポイントが挙げられます。

①時間を稼げる

②バウンドが低くなるため、打ち返しにくい

③バウンドしたボールが滑るため、対応しにくい

というメリットがあるのです。主にスライスはラリーのスピードが上がった時などに一旦ペースを落とすために使われることが多いですが、相手のミスを誘い、得点を取りに行く意味で使う選手もたくさんいます。

正しい打点でボールを捉えよう!


テニスのストロークで大事になるのは、当然力やスイングだけにとどまりません。

どの位置でとらえるのか、すなわち「打点」という要素も意識しなければならないのですが、そこにはラケットの握り方が深く関係してきます。ラケットの握り方も一つだけではないので奥が深いですが、もっとうまくなりたい方は確認しておきましょう。

打点の主な3つの種類を解説します。


  • コンチネンタルグリップ

  • イースタングリップ

  • (セミ)ウエスタングリップ

コンチネンタルグリップ


コンチネンタルグリップと聞くとイメージがつかみにくい方も多数いるように思いますが、この握り方はいわゆる「包丁握り」と考えてもらうとわかりやすいと思います。

ラケットの先端を握る持ち方で、コンチネンタルグリップの打点は体よりも横かさらに後ろになります。

長所としては守備範囲が広く、弾まないボールに対応しやすいことや、フォアハンドのスライスが打ちやすいという特徴があります。

しかし、トップスピンがかけにくいうえに、打点が真横か後ろになるため、力のある球が打ちにくいといった欠点もあります。ストローカーに適した持ち方なら、コンチネンタルグリップを避け、もう少し厚いグリップの持ち方に変えた方がよいかと思われます。

イースタングリップ


これもグリップの先端の方を持つやり方ですが、ラケットを横に向けて手を広げ、グリップの先端方面までスライドさせてラケットと平行になるように握るのがイースタングリップです。

非常に簡単な持ち方で、初心者の人にも最適な握り方と言われており、手のひらで打つような感覚にも近くなるようです。

プレー面の長所として挙げられるのは打点がコンチネンタルグリップの時よりも前方であるため、どんな球にも対応が可能であること、また相手の球の勢いを生かしたカウンターショットで不利な状況を打開しやすいところにあります。

欠点は回転をかけにくいために、トップスピンで落差のある球を打ちにくいことや、高い球に対して力が入りにくいことです。フラットショットと呼ばれる低い弾道で打つときにこの握り方が役立ちます。

(セミ)ウエスタングリップ


最後にウエスタングリップについて説明します。これはラケットを上向きにして地面に置き、そのまま上からグリップを握る感覚です。

打点はかなり前の方になり、高い球にも力が入りやすく、下から上のスイングも比較的スムーズになるので、トップスピンもかけやすくなります。
攻撃型のストローカーには多い握り方と言われています。ただし、低いボール処理が困難で、繊細なタッチを必要とするショットには向いていません。

「イースタンは力が入りにくいので避けたいが、ウェスタングリップは低い球の処理がしづらい」という方には、セミウェスタングリップが適している可能性があります。

実はこのセミウェスタングリップこそ現代のテニスで一番標準的な握り方とされています。

イースタンとウェスタンの中間のような握り方で、肩口の高さのショットの際は力が伝わりにくいというデメリットはありますが、球種が打ち分けやすく、高い球も低い球も多彩に打ち分けられるので、他の握り方と比べると最も弱点は少ないと言えるかもしれません。

それぞれのプレースタイルに合わせた握り方がありますが、現代のテニスは一昔前と比べるとテンポが速く重いボールを打つ選手が増えてきたので、セミウェスタングリップを好んで使っている選手が多くなってきているようです。

スポンサードサーチ

ストロークが上手い選手を動画でご紹介!


テニスのプロの選手でもストロークの技術が優れているプレイヤーは、やはり好成績を残す傾向にあります。

これから紹介する2人の選手は四大大会で幾度となく優勝を果たしてきましたが、いずれもストロークが武器と言う特徴を持っています。どういったところがすごいのかを考えながらプレーを参考にしてみましょう!

ストロークが上手い選手を2人ピックアップして紹介します。


  • ラファエル・ナダル

  • ノバク・ジョコビッチ

ラファエル・ナダル


スペイン出身のラファエル・ナダル選手はロジャー・フェデラー選手に次いで四大大会17度の優勝を誇る人気の選手です。特にクレーコートという土を使ったコートで好成績を収めており、2018年のの全仏オープンを制覇し、全仏史上最多の11度目の優勝を飾りました。

そんなナダル選手のストロークは広いコートカバーリング能力とフォアハンドの鋭いスピン量を持つフォアハンドで、コートの外側からでもカーブした球を打てるため、その姿にファンは釘付けになります。その他高い球、低い球と様々な球種を打てることも魅力の一つです。

ナダル選手のフォアハンドの強烈なスピンは下から上にラケットを振り上げることを常に意識できていることからきていると考えられます。回転量が多いため、ボールの跳ね上がりも驚異的です。
以下はナダル選手の練習風景です。

ノバク・ジョコビッチ


世界ランク1位、セルビア出身のノバク・ジョコビッチ選手は最も堅実なストローク技術を持っていると評価されている選手です。

ラリー戦では常に粘り強く、そのプレースタイルはまさに「鉄壁」と称されます。現在ジョコビッチ選手は四大大会14度の優勝を誇り、四大大会の一つ下の規模、ATP1000マスターズの全大会を優勝した選手でもあります。

ジョコビッチ選手のプレースタイルの特徴は何といってもミスの少ない正確なストロークで、強い球で攻めてくることが特徴的な選手です。なかなか崩れることのない強さが好成績の要因になっています。テニスファンの間では錦織選手の天敵としてもよく知られています。

ジョコビッチ選手の貴重な練習風景ですが、ぜひ見てみてください。

まとめ


ラケットの握り方からスピン量までとにかく様々な要素に気を配らなければならないのがストロークというのは理解いただけたかと思います。

体力を消耗しますが、とにかくストロークが洗練されていることが試合に勝つための最も重要なポイントの一つであることは間違いないので、日々の繰り返しの練習をコツコツと重ねていきましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定