あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
training

ダンベル収納ラックの選び方と人気おすすめ5選!

スポシル編集部

公開日 :2020/10/14

更新日 :2020/10/14

ダンベルラックは複数のダンベルを持っている人にありがちな収納に関する悩みを解消してくれるグッズです。引き出しなどに仕舞うことなく、すぐに取り出せる位置にダンベルを置くことが可能なので、スムーズにトレーニングに移りたい場面でも役立ちます。

こちらの記事で取り上げるのはダンベル収納ラックを選ぶときに気を付けたいポイントです。実際に販売されているダンベルラックも5つ紹介するので、自分の部屋に置いたときの印象やスペースをイメージしながら読み進めてみてください。

目次

スポンサードサーチ

ダンベル収納ラックの選び方

ダンベルを収納するためのグッズとして販売されているのが、ダンベルを複数個同時に置くことができるラックです。ラックの魅力は、いつでもすぐに取り出せる場所にダンベルを置くことができる点にあります。

収納グッズとしての利便性と同時に、部屋に置いたときの印象にも配慮しながらダンベルラックを選びましょう。

ダンベル収納ラックの選び方を以下の2つのポイントから解説します。


  • 置き場所やスペースに合ったサイズ

  • おしゃれさも重要

置き場所やスペースに合ったサイズ

最初にこだわりたいのがダンベルラックのサイズです。ダンベルラックのサイズは基本的に収納可能なダンベルの個数に比例します。ダンベルを収納できる個数が多いほどダンベルラックは巨大化するのです。

ダンベルを2つしか持っていないなら、比較的小型のダンベルラックで充分といえます。ただし、ダンベルの大きさによってはラックに収納できないケースも考えられるので、事前に確認してください。

部屋のどこにダンベルラックを置くのか決めた後、そのスペースに入るダンベルラックを探すと購入した後にサイズが合わなくて返品しなくてはいけないといった事態を防ぐことが可能です。

おしゃれさも重要

ダンベルラックはインテリアとしての機能も備わっているグッズです。ダンベルラックが自分の部屋の雰囲気にマッチしていれば、ダンベルをおしゃれに飾ることができます。ダンベルラックそのもののデザインはもちろん、材質などにもこだわることが大切です。

ダンベルラックはダンベルを置いても壊れないような耐久性を確保するため、金属などで構成されているケースが見受けられます。ただし、インテリアとしての見た目にこだわるあまり、サイズや耐久性をおろそかにしないように気を付けてください。

ダンベル収納ラックの人気おすすめ5選

ダンベルラックを選ぶときの注意点を理解したら、いよいよ実際に販売されているダンベルラックをチェックしていきましょう。

ダンベルラックの形状やダンベルを収納できる個数など、各商品を比較しながら見ていくと自分のニーズに適合したものを探しやすくなります。

ダンベル収納可能数 2個
サイズ 高さ24cm/幅33cm/持ち手9.5cm以上
耐荷重量 100kg

高重量のダンベルも安心!耐荷重量100kgのダンベルラック

Log Total ダンベルスタンドは山のような形状のダンベルラックです。白いカラーリングは室内のインテリアに左右されることなく配置しやすい点が魅力といえます。

また、ダンベルを2個収納するタイプの場合、自分で組み立てることなくすぐに可能です。ダンベルを支える機能に優れており、耐荷重量は100kgを誇ります。比較的大きなダンベルを1セットのみ持っている人に最適なダンベルラックです。

収納できるダンベルの個数が6個、もしくは10個のタイプも販売されています。

ぱんだショップ ダンベルラック コンパクトツリー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ダンベル収納可能数 6個
サイズ 約23cm × 約23cm × 約8.5cm

コンパクトかつシンプルなデザイン

ぱんだショップ ダンベルラック コンパクトツリーは、その名の通り木のようなデザインが特徴です。ダンベルは最大6個収納可能となっていることから、複数のダンベルを同時に収納したいときにも役立ちます。

通販サイトなどでは2,000円前後の価格が設定されるなど、コストパフォーマンスにも優れているダンベルラックです。付属のパーツをドライバーで留めるだけで簡単に組み立てられます。高さも30㎝未満なので、卓上に置いて使うことも可能です。

BODYSOLID タテ型ダンベルラック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ダンベル収納可能数 12個
サイズ 68.5 × 43 × 112㎝

最大12個収納可能な大型ダンベルラック

BODYSOLID タテ型ダンベルラックはダンベルを6個以上持っている人におすすめしたい商品です。トレーニングに力を入れるあまり、大量のダンベルを購入してしまったときもBODYSOLID タテ型ダンベルラックがあれば同時に収納可能です。

全部で12個のダンベルを置くことができるので、部屋の中がスッキリとした印象になります。30kg以下のダンベル×12個の耐荷重量を備えた頑丈さも魅力のひとつです。ただし、高さが1mを越えているので、ラックを置くスペースには注意してください。

ダンベル収納可能数 20個
サイズ 93 × 53 × 131cm

独特のデザインと収納個数を多さが魅力

ダンベルラックといえば山のようなデザインやツリー型の構造を採用して商品がよく見られます。しかし、BODYMAKER ダンベルラックは正面から見たときアルファベットのXのような形をしている点が最大の特徴です。

最大で20個のダンベルを同時に収納できます。一人暮らしの人はもちろん、自分以外の家族もダンベルを持っている場合は、BODYMAKER ダンベルラックをシェアすることで、数多くのダンベルをスッキリと収納することが可能です。

SONGMICS ダンベル 2個セット ラック付き

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ダンベル収納可能数 6個
サイズ 31 × 28㎝

収納ラックが付属したダンベルセット

これからダンベルをトレーニングを始めようと思っているなら、SONGMICS ダンベル 2個セット ラック付きのような収納用ラックが付属したダンベルを購入するのもひとつの手段です。

ダンベルにラックが付属しているため、手持ちのダンベルがラックに入らないかもしれないといった問題に頭を悩ませる必要がなくなります。大きさや重さの異なる3セットのダンベルと、それらを全て収納できるラックがセット内容です。

ラックは卓上で使用可能なコンパクトなデザインに仕上がっています。

スポンサードサーチ

まとめ

可変式や固定式といったタイプに拘わらず、ダンベルは収納スペースの確保が問題となりやすいトレーニングギアです。ダンベルラックはダンベルを一カ所にまとめて収納したいときに役立ちます。

ダンベルラックを購入するときは現在所持しているダンベルに適合したサイズの商品を選びましょう。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定