あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
training

ウォーターダンベルの人気おすすめ10選!水の重さで筋肉に負荷をかける!

スポシル編集部

公開日 :2020/10/06

更新日 :2020/10/06

ウォーターダンベルは水の力を活用したダンベル型のトレーニングギアです。水を抜けばコンパクトに収納できるものも多いなど、利便性に優れています。また、ウォーターバッグと呼ばれる大きな円筒状のバッグも水を入れて使用する器具の一種です。

こちらの記事で紹介するのはウォーターダンベルが備えている特徴や具体的な使用方法です。各メーカーが展開しているウォーターダンベルの中でも、特におすすめしたい商品を10個紹介するので、ウォーターダンベルを購入する際の参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

ウォーターダンベルとは

出典:amazon.co.jp

ウォーターダンベルとは名前が表すように水をウェイトとして利用したダンベルです。ダンベルといえば、鉄やポリエステルといった素材が重量として用いられます。

しかし、ウォーターダンベルはビニール製のバッグに水を付けたものをシャフトに装着して、ダンベルとして利用できるようにしているのが特徴です。

柔らかい素材で構成されているウォーターダンベルは手から滑り落ちてしまった場合でも、鉄やポリエステルのように床や身体を傷つけにくいことから、安全面に優れている点がメリットといえます。

また、水を抜いてしまえばコンパクトなサイズに収まるものが多いので、収納スペースを確保しやすいのも利点です。

1m前後の筒のような大きさのビニールに水を入れて、ウェイトとして使用するウォーターバッグも、ウォーターダンベルと同じく水を利用したトレーニンググッズです。

ウォーターダンベルの使い方

出典:amazon.co.jp

ウォーターダンベルの使用方法は一般的なダンベルと共通しています。ただし、使用する前の準備が多少異なることを覚えておきましょう。

ウォーターダンベルはプレートにあたるバッグの部分に水を入れないとウェイトとして機能しません。バッグの個数はダンベルごとに異なるので、自分のニーズに適合した個数のバッグを備えたウォーターダンベルを購入してください。

バッグを装着したら、ダンベルトレーニングに取り組みましょう。水はバッグが満杯になるまで入れるのが基本ですが、あえて水を満杯にしないことで、バッグの中の水の揺れを負荷として活用する方法もあります。

また、ウェイトに当たる部分がバッグとして分離することなく、シャフトに固定されているタイプも存在することを覚えておきましょう。

ウォーターバッグの場合も水を入れてからトレーニングを実施するまでの流れは同じです。ウォーターバッグは通常のウォーターダンベルよりも形状が大きく、効果的なトレーニングも変わってくるので注意してください。

スポンサードサーチ

ウォーターダンベルのレビュー動画を見てみる!

ウォーターダンベルの人気おすすめ10選

ウォーターダンベルを購入する前に確認したいのが、どれくらいの水を必要とするかです。

ウォーターダンベルは水の量がそのままウェイトに変換されることが理由になります。必要とする重量を備えていることを前提に使い勝手に優れたウォーターダンベルを選択しましょう。

重量 2㎏・4㎏・6㎏・8㎏・10㎏・12㎏・14㎏・16kg
バック素材 PVC
シャフト・ナット素材 ABS

1個当たり最大8㎏の本格派ウォーターダンベル

最初に紹介するのはKDSTから発売されているウォーターダンベルです。こちらはプレートにあたるバッグの個数を変更することで、ウェイトに変化を付けられる点が特徴といえます。

PVC素材のバッグは床を傷つけるリスクが低く、筋トレ初心者にもおすすめです。最初は2㎏のウェイトで取り組み、徐々に重量をプラスしていくと筋肉の成長を実感できます。

バッグだけでなく、グリップにもこだわっているのがKDSTのウォーターダンベルです。手に馴染む特殊素材を活用しているため、筋肉に対して狙い通りに負荷をかけやすくなっています。

PIVOTGRAR ウォーターバッグ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
容量 36L
サイズ 75㎝×27㎝
素材 PVC

36Lの容量と幅広のグリップがトレーニングをサポート

ウォーターダンベルと同様に水を入れて筋肉を鍛えられるのがPIVOTGRARのウォーターバッグです。ウォーターバッグは総合的な重量がウォーターダンベルよりも大きくなることが多いため、高重量のトレーニングを欲している人に適しています。

水は1L当たり約1㎏なので、36Lを最大容量とするPIVOTGRARのウォーターバッグは最大36kgの重量になります。トレーニングをサポートする持ち手も備わっているので、スクワットやスイングといったトレーニングで全身を鍛えたいときに活用してください。

サイズ 直径95×245mm
重量 1kg
材質 ポリエチレン

軽量で扱いやすいウォーターダンベル

今まで筋トレをしたことがない人やダンベルを手に取ったことがない人におすすめなのがポニーから販売されているウォーターダンベルです。ポニーのウォーターダンベルは1個当たり最大1㎏にウェイトが抑えられているので、軽めの負荷で筋トレをしたいときに役立ちます。

重量が軽い分、ダンベルそのものがコンパクトで収納しやすいのが特徴です。重量が1㎏でも筋トレ初心者であれば充分に筋肉を刺激できます。

価格も他のウォーターダンベルに比べると低めに設定されていることが多いので、試しにウォーターダンベルを使ってみたいときに購入するのもひとつの手段です。

インテリアル ウォーター ダンベル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
重量 3㎏~12㎏
材質 PVC

延長用シャフトでバーベルにもなるウォーターダンベル

インテリアルから発売されているウォーターダンベルは取り外し可能なバッグに水を入れて使用するタイプのウォーターダンベルです。

バッグは1個当たり最大2㎏となっており、1本のシャフトには最大12kgの重量を付けることができます。高重量のトレーニングに取り組みたい人に向いているウォーターダンベルです。

また、付属の延長用のシャフトを利用することで2つのダンベルを連結し、バーベルに姿を変えられる点もインテリアルのウォーターダンベルが持つ特徴といえます。

サイズ 6.5×18.5×6.5cm
重量 400g
耐熱温度 60℃

エクササイズのお供にピッタリな軽量ウォーターダンベル

HATASボトルベルは本格的な筋トレというよりも、エクササイズの補助としてのダンベルを求めている人に適したウォーターダンベルです。

水を入れることができる最大容量は400gとなっているため、最大まで水を入れた場合でも重量は1㎏以下です。1㎏以下の重量は筋肉に刺激を与えるには不足がちに思われますが、手に持った状態でランニングやウォーキングをすると、適度な負荷になります。

デザインやカラーリングが一見するとダンベルには見えないため、インテリアとしても活用しやすいウォーターダンベルです。

Kamagon ウォータートレーニングボール

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
重量 5.9kg
サイズ 23㎝×23㎝×37㎝

独特の形状を活かしたトレーニングを紹介するDVD付き

Kamagonのウォータートレーニングボールはダンベルというよりもケトルベルに近い形状をしています。球体にマグカップの取っ手のような持ち手が備わっており、片手や両手で扱いながら身体に負荷をかけるのが基本的な使い方です。

Kamagonのウォータートレーニングボールは水を満杯にいれるよりも、満杯から水をやや抜いた状態で行う、ハイドロ慣性を利用したトレーニングに向いています。

ハイドロ慣性を活用したトレーニングを紹介したDVDも付属しているので気になる人は手に取ってみましょう。

GronG ウォータートレーニングバッグ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
容量 15L・36L
材質 PVC

揺れる水に耐えるトレーニングで体幹を鍛える

GronGが展開しているウォータートレーニングバッグは2つのサイズを備えたトレーニングギアです。ウォーターバッグの特徴である容量とサイズの大きさを活かし、スクワットやランジといった多関節トレーニングに使用することができます。

また、水を最大容量の半分程度に留めることでバッグの中の水が揺れる点もウォーターバッグの特徴です。運動に合わせて揺れる水は、主に体幹に対して負荷を与えます。

本格的なトレーニングに取り組みたい人はGronGのウォータートレーニングバッグで全身を鍛えていきましょう。

重量 15kg・30kg・50kg
素材 PVC

50kgの最大重量で逞しい肉体に

高重量を上げ下げするトレーニングは筋肉を大きくするための基本です。ボディメーカーのウォーターバッグは最大50kgにもなる高重量が特徴といえます。ベンチプレスと同じ動作で上げ下げすれば、大胸筋や上腕三頭筋を逞しくすることが可能です。

また、スクワットやランジといった種目の場合はウォーターバッグを身体の前に抱えることでバーベルやダンベルとは異なる方向から負荷をかけられます。

4つ付いているので持ち手のおかげで、持ち方を変えながらトレーニングに創意工夫を加えられる点もボディメーカーのウォーターバッグが備えている魅力です。

MTG シックスパッド ウォーターウェイト

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 PVC
直径 16.6cm

公式ホームページでトレーニングを詳しく解説

MTGのシックスパッド ウォーターウェイトはトレーニングギアブランド「シックスパッド」の名を冠したウォーターバッグです。バッグ内部の水が揺れるのに合わせて体幹が刺激されるため、体幹を鍛えたいときに効果的を発揮します。

もちろん、水をたっぷりの入れて重量を大きくすれば、インナーマッスルだけでなくアウターマッスルに効かせるトレーニングも可能です。

シックスパッドの公式ホームページではシックスパッド ウォーターウェイトを用いたトレーニングを紹介しているので、手に取った人は参考にしながら鍛えていきましょう。

サイズ 80×20cm
素材 PVC
重量 35kg

幅広いトレーニングで活用できる汎用性の高さが魅力

GAVICのウォーターバッグは抱えながら身体を大きく動かすエクササイズに取り組むことで、今までにない負荷を感じられるトレーニングギアです。

バッグの中で揺れる水に引っ張られないように姿勢を維持するだけで充分なトレーニングになります。水の量によって負荷を調節できるので、トレーニング初心者から上級者まで利用可能です。

GAVICのウォーターバッグはアップライトロウやショルダープレスといった肩の種目やランジなどの下半身の種目など、幅広いトレーニングで活用できます。

スポンサードサーチ

まとめ

ウォーターダンベルは水を入れて使用することで負荷の大小を調節可能なダンベルです。水を入れるバッグが取り外しできるタイプやボトルのような形状をしたものなど、各メーカーが様々なウォーターダンベルを展開しています。

体幹を鍛えたいときはウォーターバッグのような、水の揺れを利用したトレーニングに取り組めるウォーターダンベルが効果的です。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定