あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
training

可変式ダンベルの失敗しない選び方と人気おすすめ15選【筋トレ・ダイエットに最適!】

スポシル編集部

公開日 :2020/10/05

更新日 :2020/10/08

自宅でのトレーニングを充実させたいのであれば、可変式ダンベルを手に取ってみてください。各部位の筋肉に対して適切な負荷をかけ続ける動作を何度も繰り返すことが筋トレの基本です。可変式ダンベルは重量の調節によって適切な負荷を与える手助けをします。

こちらの記事で取り上げるのは可変式ダンベルの特徴や選び方です。各メーカーが販売している可変式ダンベルも紹介します。価格だけでなく、グリップの安定感や重量変更の簡便性といった点にも注意しながら可変式ダンベルを選んでいきましょう。

目次

スポンサードサーチ

自宅でのトレーニングなら可変式がおすすめ

ダンベルは自宅でのトレーニングにおいて強い味方となってくれますが、その中でも特に可変式のダンベルがおすすめです。可変式とは、その名の通り重さを変更することが可能なダンベルを意味します。

可変式ダンベルを利用するメリットはトレーニングに合わせて負荷を変えられる点です。20kgのダンベルでダンベルプレスに取り組むのが習慣という人でも、他のあらゆるトレーニングで20kgのウェイトが必要とは限りません。

フォームの習得を優先して、軽めの負荷で筋トレを行いたいときも可変式ダンベルであればニーズを満たすことが可能です。ただし、可変式のダンベルにも複数の種類が存在します。

重量はもちろんのこと、使い勝手や収納スペースなども考慮して、実際に手に取るダンベルを選択してください。

ダンベルの種類を解説

ダンベルには実はいくつも種類があるのをご存知ですか?

ダンベルごとのメリット・デメリット、どのような方におすすめなのか、など詳しく解説していきます。
ダンベル選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

今回は、ダンベルの主な2つの種類を解説します。


  • 可変式

  • 固定式

可変式

出典:amazon.co.jp

可変式ダンベルは持ち手、ウェイトプレート、プレートを固定する部分の3つのパーツで構成されています。

可変式ダンベルの1番のメリットは固定式ダンベルと違ってプレートの種類を変えるだけで簡単に重さを調整できるところです。
また、固定式ダンベルに比べて持ち手と複数枚のプレートだけあれば良いので、スペースをあまり必要としません。

収納する際には持ち手、プレート、プレート固定パーツに分解すればコンパクトに収まります。
初めから重さの違うプレートがセットになっている商品も販売されているため、重さを変えてトレーニングをしたい方はセットを購入するのもおすすめです。

可変式ダンベルは簡単に重さを調節でき小さいスペースに収納できることから、自宅で筋トレをしたい方にもおすすめです。

固定式

出典:amazon.co.jp

固定式のダンベルは、持ち手とプレートが一体になっておりダンベルの重さが変わらないダンベルのことです固定式ダンベルはジムなどでもよく設置されており手軽さが人気です。

固定式のダンベルは可変式のダンベルと違って重さが固定されているため、トレーニングに必要な重さのダンベルを用意するだけでトレーニングを開始できます。

可変式のようにプレートの重さを変えなくても気軽にトレーニングをできるところが固定式ダンベルのメリットです。しかし、ダンベルの重さを変えてトレーニングをしたい場合には重量の違うダンベルをその都度購入しなければならないため、コストがかかるというデメリットもあります。

また、ダンベルが増えると収納スペースもより必要になってしまいます。

スポンサードサーチ

可変式ダンベルの種類

可変式ダンベルの購入を考えているなら、各可変式ダンベルの特徴を頭に入れることが最初の一歩です。

可変式ダンベルはそれぞれメリットとデメリットを抱えています。自分のニーズを満たしてくれるかどうか比較しながら各ダンベルをチェックしていきましょう。

可変式ダンベルの主な3つの種類を解説します。


  • プレート着脱タイプ

  • アジャスタブルタイプ

  • ブロックタイプ

プレート着脱タイプ

出典:amazon.co.jp

最初に紹介するのはプレートを着脱する形で重量を調節するダンベルです。バーベルのようにシャフトの両端にプレートを差し込んで使用することになります。プレート着脱式のメリットとして挙げられるのが、細かな重量設定が可能な点です。

プレートの種類さえ揃っていれば、1㎏やそれ以上に細かな単位で重さを調節できます。ダンベルトレーニングでは筋肉を限界まで追い込める重量で取り組むことが筋肉の成長には不可欠です。プレート着脱式は、こうした場面で役に立つダンベルといえます。

また、プレートやシャフトといったパーツの手入れがしやすいこともプレート着脱式の利点です。ただし、プレートを外してから装着するまでの手順は慣れるまで時間がかかってしまうことがあるので注意してください。

アジャスタブルタイプ

出典:amazon.co.jp

プレート着脱式のデメリットである、重量設定の煩雑さに対応しているのがアジャスタブルタイプのダンベルです。アジャスタブルタイプのダンベルはシャフトとバーベルで構成されたダンベルが専用の台に固定された状態が基本になります。

台に固定されたダンベルの両端にはダイヤルが備わっており、ダイヤルの数字を調節するだけで、必要な枚数のプレートとシャフトが連結する仕組みです。

プレートを留めているナットを外し、プレートをシャフトから抜き取って再びナットを締めるといった、プレート着脱式の面倒な手順をダイヤル1つで完結できます。

ただし、ダイヤルによる重量調節の機構は他のダンベルよりも複雑であることから、故障しやすい傾向にあるとされている点に気を付けましょう。また、プレート着脱式に比べると価格が高めに設定されています。

ブロックタイプ

出典:amazon.co.jp

ダンベルの形状といえば、シャフトの両端にプレートが付いている状態が一般的ですが、ブロック式ダンベルはそうした認識を覆す代物です。

ダンベルがまるでブロックのような直方体となっており、上の面にあるグリップを握ることでダンベルとして使用します。ブロックダンベルのメリットは高重量に対応している点です。

20kgや30kg、40kgといった重量に対応しているブロックダンベルがいくつも存在します。また、高重量になった場合でもプレートを重ねるタイプのダンベルよりコンパクトなサイズに収まりやすいのもブロックダンベルの特徴です。

ただし、高重量のダンベルは高額になる傾向にあるため、ブロックダンベルを手に取るときは価格に注意してください。

可変式ダンベルの人気おすすめ15選

可変式ダンベルのメリットや種類をしっかりと頭に入れたら、今度は実際に販売されている商品を確認していきましょう。

重さや価格といった事項はもちろんのこと、グリップの安定感や収納スペースへの配慮といったポイントも比較しながら、自分に合ったダンベルを選択してください。

タイプ 可変式
重量 10kg・20kg・40kg
材質 セメント、ポリエチレン、EVA樹脂

シャフトにもこだわったバーベルにもなる可変式ダンベル

こちらは利便性を追求して改良を重ね、材質にこだわっている商品となっています。

バーベルにも変更できるシャフトをスチールからEVA樹脂に変更することで、持ったときのグリップ力を高めると共に、手に食い込む感覚を軽減することに成功しています。

デッドリフトやスクワットなど、バーベルを活用することもあるトレーニングに取り組みたいときに役立つ可変式ダンベルです。プレートはポリエチレンでコーティングされているため、落としても床を傷つけにくくなっています。

Hewflit ダンベルセット 10kg

Amazonで詳細を見る
タイプ 可変式
重量 20kg
材質 セメント/ポリエチレンコーティング

握りやすいグリップでしっかりトレーニング

グリップはラバー仕様となっていて握りやすくなっています。グリップは日本人に合わせた設計になっているのでグリップしやすく、滑りにくい、痛くないが特徴です。シャフトで連結することでバーベルとしても使用できます。

3種類のプレートが用意されていますので、重さの調整ができます。最大で20kgまでの調整が可能です。

本体はセメント製で表面はポリエチレン加工がされているので錆びることがありません。もちろん、床に置いても床を傷つけることはありません。

YouTen ダンベル

Amazonで詳細を見る
タイプ 可変式
重量 40kg
材質

重厚感を味わいながらトレーニング

引き締まったツヤ出し加工の黒さが魅力のダンベルです。

プラスチック製カラーがしっかりプレートを固定するのでゆるみがなく、トレーニングに集中することができます。もちろん、ウェイトプレートを付け替えれば重さの調整ができます。

グリップはダイヤローレット加工で握りやすくなっています。ウェイトプレートの外径にはスリット加工がされて凹みがあるので転がるのを防止します。

ジョイントシャフトで連結すれば、最大で40kgのバーベルとしても使用できます。

10kgのウェイトでダンベルフライやダンベルカールのトレーニングでは心地のいい重さでも、ダンベルプレスだと意外と軽く感じることがあります。そこで10kgでは軽いと感じれば、もう少し重くしてトレーニングすることもできます。

タイプ 可変式
重量 2.66~11.33kg
材質 鉄/プラスチック

爽快で清涼なイメージでトレーニング

可変式のダンベルで2.66kg~11.33kgまでの5段階の調整ができます。レバーをスライドすれば、ウェイトプレートがついたり外れたりするので、手間がかかりません。それほど負荷をかけたくないけど、いろんな重さでトレーニングしたい人におすすめです。

可変式ダンベルでありながら非常にコンパクトで、専用のトレイに置いておけば、わずかな保管場所ですみます。

すっきり爽快の青という色は精神を落ち着かせ集中力を高める効果があります。トレーニングをしながら意識が高まること間違いなしです。

Lysin アジャスタブルダンベル

Amazonで詳細を見る
タイプ 可変式
重量 20kg
材質

片手で簡単!全16段階のウェイト調節

Lysinのアジャスタブル ダンベルは可変式ダンベルのデメリットといわれているウェイト調節時の手間を最小限に抑えている点で評価されているダンベルです。

台に備え付けられたダンベルのグリップを軽く回すだけでウェイトを調節することができます。

トレーニングごとにウェイトを変えたい人をサポートするのが、全16段階の重量設定です。

シャフトを持ち上げるとき、周囲のプレートが引っかかって上手く持ち上がらないことがあります。そのため、両側のプレートが均一であることを確かめたうえで使用しなくてはいけないのが注意点です。

リーディングエッジ ラバーダンベル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ 可変式
重量 20kg
材質

静音性と安全性に優れた可変式ダンベル

リーディングエッジから発売されているラバーダンベルは、その名の通りプレートがラバーで覆われている可変式ダンベルです。可変式となっているため、リーディングエッジのラバーダンベルはプレートを頻繁に交換することが想定されています。

ラバーが付いているおかげで、プレートを交換するときに手から滑り落ちにくくなっている点が魅力のひとつです。また、ダンベルを上げ下げする中でプレート同士がぶつかっても、ラバーのおかげで静音性に優れています。

タイプ 可変式
重量 30kg
材質 純鋼

耐久力の高い純鋼製のダンベル

Wolfyok 可変式ダンベルの可変式ダンベルはプレートの素材として純鋼を採用しています。プレートの素材としてはポリエチレンや鉄が一般的ですが、純鋼のプレートは鉄やポリエチレンよりも耐久性に優れており、錆びにくいのが特徴です。

さらに、スクリュー式のシャフトになっていることから、プレートの固定部が緩んで落下してしまうといったアクシデントが発生しにくく、安全性に配慮しています。滑りにくさと手に食い込まないフィット感を実現したグリップ部分のこだわりも高く評価されている点です。

MRG 可変式ダンベル アジャスタブル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ 可変式
重量 2.2~11.4kg、1.1~5.7kg
材質 鉄、プラスチック

簡単操作で重量を変更できるアジャスタブルダンベル

MRGから販売されている可変式のアジャスタブルダンベルはシャフトとプレートの連結部分に付いたダイヤルを回すことで、簡単に重量を変えられます。

重量設定は最も軽いウェイトから最高重量までの5段階です。高さ16㎝、横幅が31.5㎝に収まる大きさなので、収納スペースを確保しやすいダンベルに仕上がっています。

プレートの着脱が簡単に行えるアジャスタブルダンベルの特性に加えて、凹凸の付いたグリップの安定感も備わっているのがMRGのアジャスタブルダンベルです。

東急スポーツオアシス 可変式ダンベル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ 可変式
重量 2kg・4kg・6kg・8kg・12kg・16kg・20kg
材質

ハンドルを回して手軽に重量を変更

東急スポーツオアシスが展開する可変式ダンベルはベースユニットと呼ばれる台にハンドルとプレートが収納されており、ハンドルを回すことで重量を変更するアジャスタブルダンベルです。

最大重量20kgが場合、東急スポーツオアシスの可変式ダンベルには8枚のプレートが備わっています。プレートの枚数を変更することで、6段階の重量でトレーニングに取り組むことが可能です。

ベースユニットに備え付けた状態で全てのプレートが収納されているため、管理しやすいダンベルといえます。

4WD 可変式ダンベル アジャスタブル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ 可変式
重量 2.5kg~24kg
材質

幅広いシチュエーションで使える便利なダンベル

4WDが販売する可変式のアジャスタブルダンベルは初心者から上級者まで幅広く利用されているトレーニングギアです。利用者が多いのは設定重量が2.5㎏~24kgまでカバーしていることが理由といえます。

20kg以上の高負荷で筋肉を追い込みたいときに限らず、軽い重量でフォームを固めたい場面でも使用できる汎用性の高さが4WDのアジャスタブルダンベルの魅力です。

ダイヤルを回すことで簡単に重量を変えられる簡便性に加え、4WDの公式トレーニングマニュアルが筋トレをサポートします。

PROIRON ダンベル ウォールナット

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ 可変式
重量 2.5kg~10kg
材質 ウォールナット・スチール

クルミ材が手に馴染んで握りやすい

PROIRON ダンベル ウォールナットはダンベルとしては珍しく、木材を組み込んだデザインになっています。木材として使用しているのはクルミ材です。クルミ材はシャフト部分にも用いられており、手にしっかりと馴染む感触でグリップの安定性に寄与しています。

また、クルミ材は硬度が高く、壊れにくい点にも注目です。PROIRON ダンベル ウォールナットは2個セットで販売されており、プレートを着脱することで1個当たり10㎏まで重量をプラスできます。

タイプ 可変式
重量 2.5㎏~15kg
材質 ポリエチレン

1人4役をこなす万能ダンベル

FEIERDUN 可変式ダンベルは4つのトレーニングギアが1つになった商品です。ダンベルとして使用できるのは当然ながら、付属のハンドルをプレートに装着することで、ケトルベルとしても使用できます。

さらに、シャフトをプラスするとバーベルとしても活用できるほか、ケトルベルのハンドルにあたる部分はプッシュアップバーとしても使用可能です。ポリエチレンコーティングを施すことで、金属同士がぶつかる音を予防すると共に、耐水性も備えています。

MINODEER クイックダンベル

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ 可変式
重量 1kg~5㎏
材質 純鋼

軽量でもしっかり鍛えたい人におすすめ

軽めのダンベルを探している人にピッタリなのがMINODEERの可変式ダンベルです。最大重量は5㎏となっているため、筋トレ初心者の人でも扱いやすい傾向にあります。

ウェイトとして採用しているのは純鋼です。一般的なダンベルでは鉄やポリエチレンを使用するケースが目立ちますが、MINODEERの可変式ダンベルは長期間使っても錆びにくい純鋼で耐久性にこだわっています。

手に馴染む幅と形状にこだわったグリップやフローリングの上を転がったときも床面を傷つけにくい表面の仕様など、こだわりがいくつも詰まったダンベルです。

タイプ 可変式
重量 2~16kg
材質 PVCウォーターバッグ

安全にこだわったウォーターバッグダンベル

安全性に配慮したダンベルを求めているなら、KDST 可変式ウォーターダンベルを手に取ってみてください。こちらは金属ではなく水を重量として使用するタイプのダンベルです。

水が入ったバッグをシャフトに取り付けることで、重量を調節することができます。床に落としてしまった場合でも、金属のように床面が傷つく確率が低く、静音性にも優れている点が特徴です。

水を抜いてしまえば非常にコンパクトなサイズになることから、旅行などにも携帯することができます。

タイプ 可変式
重量 3.6~18kg
材質 鉄、プラスチック

ダンベルとしても使える高重量のケトルベル

nondata 可変式 ケトルベルは、やかんの様な形状が特徴のケトルベルというトレーニングギアです。持ち手がついていることから、ダンベルと同様に扱うこともできます。

最大18kgにもなる高重量のケトルベルなので、大きな負荷を必要とするトレーニングにも活用可能です。ダンベルトレーニングはもちろん、ケトルベルだからこそできる種目にも挑戦したいときにピッタリな器具といえます。

プレートの着脱方法は調整レバーを引いてロックを解除し、不必要なプレートを抜き取るだけです。

スポンサードサーチ

重量別にダンベルを紹介!

まとめ

可変式ダンベルはトレーニングごとに重量を変更することで、筋トレの効果を引き上げてくれるトレーニングギアです。

必要な重量を備えていることはもちろん、扱いやすさや収納スペースにもこだわって可変式ダンベルを選んでください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定