あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
training

【2,000円以下】安いコスパ良好のダンベル人気おすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2020/10/05

更新日 :2020/10/08

安いダンベルを選ぶときは自分に必要な重量を備えていることを確認したうえで、握りやすさや収納といった点にこだわることが大切です。特に自宅でダンベルを使用する場合はコンパクトなダンベルの方が収納スペースを取ることなく保管できます。

こちらの記事で紹介するのは、2,000円以下で購入できる10個のダンベルです。各ダンベルの重量や材質、使い勝手といった点を解説しているので、安いダンベルの購入を考えている人は性能を比較しながら読み進めてください。

目次

スポンサードサーチ

ダンベルの種類を解説

ダンベルには実はいくつも種類があるのをご存知ですか?

ダンベルごとのメリット・デメリット、どのような方におすすめなのか、など詳しく解説していきます。
ダンベル選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

今回は、ダンベルの主な2つの種類を解説します。


  • 固定式

  • 可変式

固定式

出典:amazon.co.jp

固定式のダンベルは、持ち手とプレートが一体になっておりダンベルの重さが変わらないダンベルのことです固定式ダンベルはジムなどでもよく設置されており手軽さが人気です。

固定式のダンベルは可変式のダンベルと違って重さが固定されているため、トレーニングに必要な重さのダンベルを用意するだけでトレーニングを開始できます。

可変式のようにプレートの重さを変えなくても気軽にトレーニングをできるところが固定式ダンベルのメリットです。しかし、ダンベルの重さを変えてトレーニングをしたい場合には重量の違うダンベルをその都度購入しなければならないため、コストがかかるというデメリットもあります。

また、ダンベルが増えると収納スペースもより必要になってしまいます。

可変式

出典:amazon.co.jp

可変式ダンベルは持ち手、ウェイトプレート、プレートを固定する部分の3つのパーツで構成されています。

可変式ダンベルの1番のメリットは固定式ダンベルと違ってプレートの種類を変えるだけで簡単に重さを調整できるところです。
また、固定式ダンベルに比べて持ち手と複数枚のプレートだけあれば良いので、スペースをあまり必要としません。

収納する際には持ち手、プレート、プレート固定パーツに分解すればコンパクトに収まります。
初めから重さの違うプレートがセットになっている商品も販売されているため、重さを変えてトレーニングをしたい方はセットを購入するのもおすすめです。

可変式ダンベルは簡単に重さを調節でき小さいスペースに収納できることから、自宅で筋トレをしたい方にもおすすめです。

ダンベルの失敗しない選び方

「ダンベルを購入したいけど、どのように選べばいいか分からない」という方向けに、ダンベルの選び方を具体的に解説します。

これからダンベルを使ったトレーニングをしたい方はぜひ参考にしてみてください。

今回はダンベルの選び方を以下の3つのポイントから解説します。


  • ラバー付きが便利

  • 用途や目的に応じて選ぶ

  • コスパ重視で選ぶ

ラバー付きが便利

出典:amazon.co.jp

自宅トレーニング用のダンベルを購入するならラバー付きのものが便利です。

ウェイトプレートがラバーでコーティングされているため、もしぶつけてしまっても床や壁など家の中を傷つけにくいです。

また、誤って体にぶつけてしまった場合でもラバーなしのダンベルに比べてケガをする可能性も下がりやすいというメリットもあります。

さらに、ゴムが衝撃を吸収してくれるため静音性にも優れています。
ラバー付きのダンベルの中にもウェイトプレートの全面がラバーで包まれているタイプとウェイトプレートの側面だけが覆われているタイプの2種類があります。

特に、賃貸のマンションやアパートなどに住んでいる方はラバー付きのダンベルを購入するのがおすすめです。ラバー付きのダンベルのデメリットとしては、ラバーなしのものに比べて少しコストが高くなってしまう所があります。

用途や目的に応じて選ぶ

自宅用のダンベルを購入する際には用途や目的に合ったものを選ぶことも大切です。

ダイエット目的なのか、本格的なトレーニングをしたいのか、筋トレ初心者で軽いトレーニングから始めたいのか、など用途や目的によって最適なダンベルの種類や重さも変わってきます。

また、男性か女性かによっても適したダンベルは異なってきます。初心者の方やトレーニングによってダンベルの重さを変えたい方は、可変式ダンベルでウェイトプレートが複数枚ついているセットのものを購入するのがおすすめです。

重さを自由に変えることができるため、さまざまな用途や目的に合わせて使うことができますよ。今回の記事ではおすすめのダンベルの重さについても解説しているので、詳しく知りたい方はそちらも参考にしてみてください。

コスパを重視して選ぶ

ダンベルを購入する際にはコスパに注目して選んでみるのもおすすめです。

ダンベルを使った筋トレを始めたい方で、ダンベル以外にもトレーニングウェアやプロテインなどを購入したいこともあると思います。

ダンベル以外にもさまざまなグッズを揃えようとすると意外に出費はかさんでしまうものです。
少しでも出費を抑えて安くトレーニング環境を整えたい場合は、コスパの良いダンベルを購入しましょう。

ダンベルは重さや種類にもよりますが、大体安いものだと3,000円くらいから販売されています。

スポンサードサーチ

安いコスパ良好のダンベルメーカー

出典:amazon.co.jp

PROIRONはダンベルやなわとびなどのトレーニング器具を豊富に取り扱っているおすすめのトレーニング用品メーカーです。

PROIRONの固定式ダンベルは明るくポップなカラーバリエーションなので、トレーニングのモチベーションが上がること間違いなしです!

持ち手の部分に滑り止めがついているので、ダンベルを落としてしまう心配がなく、安全に使うことができます。転がりにくい形をしているのもありがたいポイントですね。

素材には合成ゴムが採用されているので、すぐに劣化してしまう心配はなく、磨耗にも強いつくりになっています。

2,000円以下の安いダンベルの人気おすすめ10選

コストパフォーマンスに優れた安いダンベルを探しているなら、まずは価格にこだわってダンベルを探しましょう。

安いダンベルの中にも優れた商品はいくつもあります。ただし、高額なダンベルに比べて重量が軽めに設定されているなど、安いダンベルに共通して見られる問題もあるので注意してください。

タイプ 固定式
重量 1kg・2kg・3kg・4kg・5kg・8kg・10kg
材質 鉄、ネオプレンコーティング

軽くて扱いやすいダンベルの2個セット

PROIRONの「ダンベル2個セット」は、ダイエットやシェイプアップ目的から本格的なトレーニング目的にまで使えるので、男性にも女性にもおすすめの固定式ダンベルセットです。

ダンベルの重さは1kg、2kg、3kg、4kg、5kg、8kg、10kgの7段階から選択できるため、さまざまなニーズに対応可能です。

また、本体を全体的にネオプレンでコーティングされており滑りにくく握りやすいため、安全にトレーニングをすることができます。

さらに、ネオプレンは臭いが出にくいところも特徴的です。

ラバーで包まれているダンベルはゴムの臭いが気になる場合もありますが、ネオプレンは臭いがしにくいため、快適にダイエットやトレーニングに集中できます。

タイプ 固定式
重量 1kg・2kg・3kg・4kg
材質 鉄、ネオプレン

アディダスのおしゃれダンベル

表面をネオプレンでコーティングしてあるので置くと凹むので転がる心配がありません。また、ネオプレンは燃えにくい、劣化しにくいなどの合成ゴムです。もちろん握っても滑る心配はありません。

それほど重くないので、女性やいきなり重いダンベルは買いにくいという人におすすめです。

デザインもオシャレで、使うのがもったいなくらいです。それほど場所をとらないですし、もし使わなくなってもアディダスのロゴが入っているので部屋に飾っておくのもいいかもしれません。

タイプ 固定式
重量 0.5kg・1kg・2kg・3kg・4kg・5kg
材質

カラフルで楽しくトレーニングできるおすすめの固定式ダンベル

LICLIのダンベルセットはカラフルなコーティングが特徴的な女性におすすめの固定式ダンベルです。

ダンベルの重さによって、ダンベルの重さは0.5kg、1kg、2kg、3kg、4kg、5kgの中から自分に合ったものを選択できるため幅広いニーズに対応できます。

また、シルエットはダンベルにありがちなゴツゴツしたデザインではなく、流れるようなシュッとしたフォルムをしているため、リビングにおいていても違和感なくインテリア代わりにもなります。

さらに、ダンベル全体にソフトゴムコーティングを施しているため、床に置いても傷がつきにくくサビつかないところも嬉しいポイントです。

Soomloom ダンベル ソフトコーティング

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
タイプ 固定式
重量 0.5kg・1kg・2kg・3kg・4kg・5kg
材質

握りやすく滑りにくいPVCコーティングの固定式ダンベル

soomloomの固定式ダンベルは、全体的にPVCコーティングを施しているところが特徴的です。

PVCコーティングは滑りにくい特徴があるため、グリップ力がアップしてより安全にトレーニングやダイエットに取り組むことができます。

重量は0.5kg、1kg、2kg、3kg、4kg、5kgの6タイプあり、それぞれカラーの違うポップなデザインになっています。

ダイエットやシェイプアップ目的なら3kg軽めのダンベル、トレーニング目的なら4kg、5kgのダンベルがおすすめです。

タイプ 固定式
重量 1kg・3kg・4kg・5kg
材質

ネオプレンコーティングのおかげで握りやすい

初心者向けのダンベルとしておすすめしたいのがHAYATEから発売されている固定式のダンベルです。重量は1㎏から5㎏まで細かく設定されているので、5㎏よりも軽いダンベルで筋トレをしたい人も扱うことができます。

本体の材質が鉄なので、コンパクトながらしっかりと重量を確保している点が特徴です。握りやすさを重視した表面のネオプレンでコーティングは直接フローリングに置いても床面を傷つけにくい仕様になっています。

2個セット販売なので、左右の筋肉を同時に鍛えたいときにも重宝するダンベルです。

タイプ 固定式
重量 0.5kg・1kg・1.5㎏・2kg
材質 鉄、PVC

重ねて持つことができるスリムなダンベル

エレコム スリムダンベルは鞄にも収納できるサイズが特徴です。グリップの部分が薄くなっているため、握力がない人でも握りやすく、筋トレ初心者でも気軽にダンベルトレーニングに臨むことができます。

重さは0.5㎏から2kgまで用意されており、複数のスリムダンベルを重ねて持つことで負荷を調節できる点にも注目です。軽めのダンベルなら、ランニング中に手に持って走るといった使い方で普段のトレーニングに変化をつけられます。

タイプ 固定式
重量 1kg・2kg・3kg・4kg
材質

PVC加工で触り心地にもこだわった鉄製ダンベル

サイズが小さいダンベルでもしっかりと筋肉に効かせたい人におすすめなのがThinkseaから販売されている固定式のダンベルです。2kgの場合、ダンベル全体の長さが17㎝となっており、引き出しや鞄にも収納することができます。

表面はPVCで加工されているため、金属独特の臭いに悩まされることもありません。PVCは触り心地にも優れており、ダンベルのグリップにフィット感を求めている人にもおすすめです。

タイプ 固定式
重量 1kg・2kg・3kg・4kg・5㎏
材質 PVC

インテリアにもピッタリな可愛らしいカラー

maisumのダンベルはプレートにあたる部分が四角い形状になっている点が特徴です。プレートにあたる部分が丸い場合、平らな面に置いたとき転がってしまうことがあり、怪我や床を傷つけるといったトラブルを引き起こすケースが考えられます。

プレートにあたる部分が四角いmaisumのダンベルはこういった事態を回避することが可能です。また、耐久性の高いPVCでコーティングしているため、クッション性に優れています。

オレンジやイエロー、ライムグリーン、ヴィヴィッドピンク、パステルブルーなど、インテリアとしても使用可能な鮮やかなカラー展開も人気の理由です。

タイプ 固定式
重量 0.5kg〜10kg
材質

豊富なカラーと重量でトレーニングをサポート

PROMIC ダンベルはトレーニングに慣れてきた人も使えるほどの高重量をカバーしている固定式ダンベルです。0.5㎏から10㎏まで幅広い重量を展開しているのに加えて、重量ごとに異なるカラーで加工しています。

豊富なカラーは見た目に鮮やかなだけでなく、複数個のPROMIC ダンベルを揃えた場合、どの重量なのかすぐに見分けがつく仕様です。

フィット感に優れたグリップや両端を花弁のような形にすることで転がりにくくする工夫など、トレーニングをするときの利便性にもこだわっています。

タイプ 固定式
重量 0.5kg・1kg・2kg・3kg
材質 鉄、PVC

滑りにくい形状と表面加工がダンベル初心者を応援

アルインコ ノンスリップダンベルは筋トレ初心者でも扱いやすい重量と機能を備えています。筋トレ初心者の場合、ダンベルを上手く握ることができず、トレーニングの動作を繰り返すことが難しい人も見受けられます。

アルインコ ノンスリップダンベルは形状と表面加工の2つの面で初心者をサポートするダンベルです。中心に向かってくびれたデザインは手で握ったときにしっかりとフィットします。

表面はPVCで覆われており、汗をかいたときも手から滑り落ちにくいのが利点です。

スポンサードサーチ

重量別にダンベルを紹介!

まとめ

安いダンベル=品質が悪いという発想はダンベルに対する誤った認識といえます。低価格のダンベルは重量が軽い傾向にある一方、品質にこだわっている製品が数多く存在することを覚えておきましょう。

握りやすさや材質といった点に注目しながら、ニーズを満たすダンベルを探してください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定