あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
training

40kgのダンベル人気おすすめ8選【筋トレ・ダイエットに最適!】

スポシル編集部

公開日 :2020/10/05

更新日 :2020/10/08

40kgダンベルは強烈な負荷で筋肉を追い込むだけでなく、重量を調節して負荷が軽いトレーニングにも使用することができます。

ただし、軽めのダンベルに比べると40kgダンベルは高額です。グリップの安定感や収納方法などに注目しながら、自分に合った商品をじっくりと選びましょう。

こちらの記事で解説するのは40kgダンベルを選ぶときに気を付けたいポイントです。40kgダンベルのおすすめ商品も8つ紹介するので、高重量のダンベルが欲しい人は参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

ダンベルの種類を解説

ダンベルには実はいくつも種類があるのをご存知ですか?

ダンベルごとのメリット・デメリット、どのような方におすすめなのか、など詳しく解説していきます。
ダンベル選びで迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

今回は、ダンベルの主な2つの種類を解説します。


  • 固定式

  • 可変式

固定式

出典:amazon.co.jp

固定式のダンベルは、持ち手とプレートが一体になっておりダンベルの重さが変わらないダンベルのことです固定式ダンベルはジムなどでもよく設置されており手軽さが人気です。

固定式のダンベルは可変式のダンベルと違って重さが固定されているため、トレーニングに必要な重さのダンベルを用意するだけでトレーニングを開始できます。

可変式のようにプレートの重さを変えなくても気軽にトレーニングをできるところが固定式ダンベルのメリットです。しかし、ダンベルの重さを変えてトレーニングをしたい場合には重量の違うダンベルをその都度購入しなければならないため、コストがかかるというデメリットもあります。

また、ダンベルが増えると収納スペースもより必要になってしまいます。

可変式

出典:amazon.co.jp

可変式ダンベルは持ち手、ウェイトプレート、プレートを固定する部分の3つのパーツで構成されています。

可変式ダンベルの1番のメリットは固定式ダンベルと違ってプレートの種類を変えるだけで簡単に重さを調整できるところです。
また、固定式ダンベルに比べて持ち手と複数枚のプレートだけあれば良いので、スペースをあまり必要としません。

収納する際には持ち手、プレート、プレート固定パーツに分解すればコンパクトに収まります。
初めから重さの違うプレートがセットになっている商品も販売されているため、重さを変えてトレーニングをしたい方はセットを購入するのもおすすめです。

可変式ダンベルは簡単に重さを調節でき小さいスペースに収納できることから、自宅で筋トレをしたい方にもおすすめです。

ダンベルの失敗しない選び方

「ダンベルを購入したいけど、どのように選べばいいか分からない」という方向けに、ダンベルの選び方を具体的に解説します。

これからダンベルを使ったトレーニングをしたい方はぜひ参考にしてみてください。

今回はダンベルの選び方を以下の3つのポイントから解説します。


  • ラバー付きが便利

  • 用途や目的に応じて選ぶ

  • コスパ重視で選ぶ

ラバー付きが便利

出典:amazon.co.jp

自宅トレーニング用のダンベルを購入するならラバー付きのものが便利です。

ウェイトプレートがラバーでコーティングされているため、もしぶつけてしまっても床や壁など家の中を傷つけにくいです。

また、誤って体にぶつけてしまった場合でもラバーなしのダンベルに比べてケガをする可能性も下がりやすいというメリットもあります。

さらに、ゴムが衝撃を吸収してくれるため静音性にも優れています。
ラバー付きのダンベルの中にもウェイトプレートの全面がラバーで包まれているタイプとウェイトプレートの側面だけが覆われているタイプの2種類があります。

特に、賃貸のマンションやアパートなどに住んでいる方はラバー付きのダンベルを購入するのがおすすめです。ラバー付きのダンベルのデメリットとしては、ラバーなしのものに比べて少しコストが高くなってしまう所があります。

用途や目的に応じて選ぶ

自宅用のダンベルを購入する際には用途や目的に合ったものを選ぶことも大切です。

ダイエット目的なのか、本格的なトレーニングをしたいのか、筋トレ初心者で軽いトレーニングから始めたいのか、など用途や目的によって最適なダンベルの種類や重さも変わってきます。

また、男性か女性かによっても適したダンベルは異なってきます。初心者の方やトレーニングによってダンベルの重さを変えたい方は、可変式ダンベルでウェイトプレートが複数枚ついているセットのものを購入するのがおすすめです。

重さを自由に変えることができるため、さまざまな用途や目的に合わせて使うことができますよ。今回の記事ではおすすめのダンベルの重さについても解説しているので、詳しく知りたい方はそちらも参考にしてみてください。

コスパを重視して選ぶ

ダンベルを購入する際にはコスパに注目して選んでみるのもおすすめです。

ダンベルを使った筋トレを始めたい方で、ダンベル以外にもトレーニングウェアやプロテインなどを購入したいこともあると思います。

ダンベル以外にもさまざまなグッズを揃えようとすると意外に出費はかさんでしまうものです。
少しでも出費を抑えて安くトレーニング環境を整えたい場合は、コスパの良いダンベルを購入しましょう。

ダンベルは重さや種類にもよりますが、大体安いものだと3,000円くらいから販売されています。

スポンサードサーチ

40kgダンベルの人気おすすめ8選

40kgのダンベルは単純計算した場合、5㎏ダンベルの8倍、20kgダンベルの2倍プレートの材料を必要とするため、高額な買い物になりがちです。

想像した効果が得られなかったから買い替えるといった選択が簡単にできないため、慎重な態度で自分に合った商品を吟味していきましょう。

タイプ 可変式
重量 40kg
材質 セメント、ポリエチレン、EVA樹脂

シャフトにもこだわったバーベルにもなる可変式ダンベル

こちらは利便性を追求して改良を重ね、材質にこだわっている商品となっています。

バーベルにも変更できるシャフトをスチールからEVA樹脂に変更することで、持ったときのグリップ力を高めると共に、手に食い込む感覚を軽減することに成功しています。

デッドリフトやスクワットなど、バーベルを活用することもあるトレーニングに取り組みたいときに役立つ可変式ダンベルです。プレートはポリエチレンでコーティングされているため、落としても床を傷つけにくくなっています。

TOP FILM 可変式ダンベル

Amazonで詳細を見る
タイプ 可変式
重量 52kg
材質

重厚感のあるブロックダンベル

可変式のブロックダンベルです。ピンを抜き差しするだけで5kg~26kgまで調整することができます。24通りの調整が可能です。重りを抜けば最小の5kgになります。

26kgもあれば、たいていの筋トレには対応できます。たとえば、10kgではじめたトレーニングに負荷が足りなくなってきた人が1kgずつウェイトを増やしていくことができます。

可変式のダンベルとしては、かなりコンパクトにできていますし、ブロックタイプなので転がる心配はありません。ただ、しっかりと重量があるので置く際には注意しましょう。

タイプ 可変式
重量 40kg
材質 純鋼

耐久力の高い純鋼製のダンベル

Wolfyok 可変式ダンベルの可変式ダンベルはプレートの素材として純鋼を採用しています。プレートの素材としてはポリエチレンや鉄が一般的ですが、純鋼のプレートは鉄やポリエチレンよりも耐久性に優れており、錆びにくいのが特徴です。

さらに、スクリュー式のシャフトになっていることから、プレートの固定部が緩んで落下してしまうといったアクシデントが発生しにくく、安全性に配慮しています。滑りにくさと手に食い込まないフィット感を実現したグリップ部分のこだわりも高く評価されている点です。

Aokeou ダンベル

Amazonで詳細を見る

タイプ 可変式
重量 40kg
材質 ポリエチレン

バーベルとしても使用できるポリエチレン製のダンベル

Aokeouから発売されている30kgのダンベルは2個セットのダンベルとしてだけではなく、バーベルに姿を変えることが可能です。スクワットやデッドリフトなど、ダンベルとバーベルでトレーニングの効果や取り組み方に違いがある種目を行いたいときに重宝します。

プレートが八角形の形状をしているため、床に置いたときもダンベルが転がりにくい仕様です。ポリエチレン製のプレートはダンベルを上げ下げする中でプレート同士がぶつかっても音が鳴りにくく、静音性に優れています。

WILD FIT ダンベルセット ホワイトラバー

Amazonで詳細を見る
タイプ 可変式
重量 40kg
材質

ホワイトラバーが金属音を軽減

WILD FIT ダンベルセット ホワイトラバーは鉄製のプレートをゴム製のラバーが覆っているダンベルです。ラバーが付いているメリットは2つあります。1つはプレートを床に置いたときに床面が傷つきにくく、音が鳴るのを防いでくれる点です。

自宅でのトレーニングの最中、万が一プレートが床に落ちてしまった場合でも、ラバーがあれば最小限の被害で抑えることが可能になります。

ラバーのもう1つのメリットはトレーニング中にプレート同士がぶつかっても、耳障りな金属音が響かなくなる点です。

FIELDOOR 可変式 クリックダンベル

Amazonで詳細を見る
タイプ 可変式
重量 40kg
材質 鉄/プラスチック

重量を簡単に調節できるコンパクトなダンベル

FIELDOOR 可変式 クイックダンベルは、その名の通り重量を短時間で変更できる点が他のダンベルとの違いになります。40kgダンベルを手に取りたい人でも、あらゆるトレーニングを40kgで行うケースは稀です。

軽めの負荷に調節したいとき、いちいちプレートをはめ込むことなく重量を変更できます。また、全てのプレートをセットした状態でも幅を取ることなく収納可能なので、自宅で保管しやすい点にも注目です。

FIELDOOR 可変式 クイックダンベルは幅広い重量でトレーニングに臨みたい人に最適なダンベルといえます。

タイプ 可変式
重量 40kg
材質

バーベルとしても使用可能な収納ボックス付きダンベル

Taimonikから発売されている40kgの可変式ダンベルはシャフトやプレートをひとまとめに収納できるボックスが付属しています。トレーニングギアの収納スペースを確保しにくい人でも、ボックスを活用すれば管理が簡単です。

また、ダンベルとしての使用するだけでなく、シャフトをプラスしてバーベルに姿を変えられる点もTaimonikの40kgダンベルが支持されている理由になります。

プレートを留めるナットやグリップ部分にもこだわっているので、質の高いトレーニングを実現したい人は手に取ってみてください。

タイプ 可変式
重量 42.5kg
材質

最大重量42.5㎏で筋肉を追い込める高品質なダンベル

高重量のダンベルを扱っていると、プレートが大きすぎてトレーニングの動作に支障が出るといった問題に直面することがあります。IROTECの可変式ダンベルは片手だけで最大42.5㎏という高重量を誇りながら、ダンベルカールなどのトレーニングでも動きが制限されにくいのが利点です。

動作が制限されにくい理由はグリップの握りやすさとプレートの厚さが27㎜に抑えられている点にあります。1個のダンベルでなるべく大きな重量を扱いたい人に最適なダンベルです。

重量別にダンベルを紹介!

スポンサードサーチ

まとめ

40kgダンベルは価格が1万円を越えることもあるため、ニーズに適合した商品を慎重に選ぶことが大切です。

目標とする重量を備えていることはもちろん、握りやすさやウェイトを調節するときの簡便性も重視してください。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定