あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
running

ランニングとジョギングの違いをマラソンランナーが解説

大久保絵里

公開日 :2018/09/30

更新日 :2019/03/14

今回はランニングとジョギングの違いをマラソンランナーの大久保絵里さんが解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

ランニングとジョギングの違いは

ランニングとジョギングの違いはランニングはレースへ出場したり趣味の一環、またアスリートレベルの人が競う競技としても用いる言葉でもあります。
ジョギングは健康増進目的やダイエット、またランニングの中のトレーニング用語としても使われます。

ランニングの内容はどんなこと?

ランニングは5km、10km、ハーフマラソン、マラソンのようにレースへ出場することやある程度強度の高いトレーニングを指したりもします。

ジョギングの内容はどんなこと?

ジョギングは健康増進目的やランニングのトレーニング方法の一つとしても用いられます。

ランニングの効果とは?

ランニングはレースへの出場やある程度のスピードを出すトレーニング目的で行うことが多いです。ランニングを趣味として行えば、ストレス発散や仲間を作れて日々が充実していくでしょう。もちろんダイエットや健康増進の効果も期待できます。

ジョギングの効果とは?

ジョギングはレースへの出場までいかなくてもダイエット目的で気軽に始めることができます。ただし、普段運動をしていない人が、突然ジョギングを行うとケガへつながる可能性があるので注意が必要です。事前に入念なストレッチを行ったり、ゆっくりと大きな負荷がかからないペースから始めるようにしましょう。

ジョギングは息を切らすの?ジョギングのやり方

ジョギングとはゆっくりとしたペースで行うランニングのことです。特に速度は決まりはありませんが、目安はダイエット目的やビギナーの場合は1km7分~8分のことが多いです。

ランニングを趣味としている人でジョギングをトレーニング方法として行う場合は、1km6分程度でそれ以上速く走る必要はありません。
ゆっくりでもジョギングを繰り返すことで徐々にランニング能力を向上させることができます。

ジョギングは有酸素運動の強度で行われるランニングですが、ジョギングのペースは心肺機能の能力によって違ってきます。例えばビギナーの場合は走るペースがかなり遅くても有酸素能運動のレベルを超えてしまうことがあります。そうなると息がハーハーとなり長くジョギングを行うことはできません。

このように有酸素レベルを超えてしまったランニングは例え走るスピードが遅くてもジョギングとは呼べません。息が切れず長く走り続けられるペースで行うのがジョギングです。

ランニングのトレーニングの中でジョギングは最も多用されるトレーニング方法ですが、ウオーミングアップやクールダウンでも行われます。ジョギングを上手にできるとトレーニングが充実して進むようになります。

スポンサードサーチ

まとめ

ジョギングとランニングの違いはジョギングは健康増進やランニングのトレーニング方法の一つ、ランニングは趣味やレースへの出場といった違いがあります。気軽にジョギングから始めてランニングを趣味として始めていくといった楽しみ方もあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定