あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

錦織圭選手の得意技?!「ドロップショット」について徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2019/04/30

更新日 :2019/04/30

テニスのショットの中でもかなり奥が深いと言える「ドロップショット」は、非常に高度な技術を要求されます。

日本の錦織圭選手も得意としているこのショットはかなりリスクも高く、失敗すれば相手に得点を与えるチャンスになってしまうような最も難易度の高いショットの一つと言っても過言ではないでしょう。

しかし、ドロップショットをうまくコントロールできるようになれば、点を取るためのバリエーションも増えるので、しっかり学んでおきましょう!

目次

スポンサードサーチ

テニスのドロップショットとは?


「ドロップショット」とは通常のショットとは異なり、ラケットでボールの勢いを沈めて相手側のネット近くに落とすようなショットのことです。ボールの速度を急激に落としているため、相手はかなり距離を走って追いつく必要があり、相手の体力を削ることもできます。

ドロップショットはテニスプロツアーのATPでもストロークの技術が優れている選手の方が上手く使える傾向にあり、錦織圭選手はドロップショットの最も高い正確性を誇るプレイヤーの一人なのです。

テニスのドロップショットの使い方は?


高いテクニックを必要とするドロップショットですが、どんな時に使えば効果的なのかご存知でしょうか?

すでに説明したように、ネット近くに落とすことを目的としているため、タイミングとしては相手が深い位置にいる時に使った方がより得点を取れる確率が高くなります。

しかし、あまりにもドロップショットを頻繁に使いすぎると相手にも読まれやすくなってしまうので、裏をかけるような瞬間を頭に入れておくことが重要となります。

スポンサードサーチ

ドロップショットの打ち方のコツは?!


ここまでドロップショットがどのようなものかイメージをつかめてきた方も多いかもしれませんが、ここからはそんなドロップショットのコツをお教えします。

テニスのショットでも非常に難易度の高い技術であることは間違いないので、覚えたい方は以下の動画をしっかりチェックしておくことをおすすめします!

ドロップショットの主な3つコツを解説します。

インパクト時にラケットを握らない!

ラケットの面の向きは地面に対して45度!

スイングに急にブレーキをかけて、ボールの飛びを抑えよう!

インパクト時にラケットを握らない!


ドロップショットは球の力を抑えた感じのショットであるため、インパクト(ボールがラケットに当たる瞬間のこと)時にラケットを強く握るわけではなく、逆に「抜く」感覚が必要です。

それでは「抜く」ためには具体的にどうすればいいかというと、ボールの勢いを吸収するためには、当然ラケットを強く握って通常のストロークやボレーのように強振するのではなく、なるべくグリップを持つ手に力を入れずにリラックスして振る動作ができなければいけません。

こうすることにより、ラケットがボールの勢いに負けて力が分散されるため、動画のようにネット前に落とすショットが打てるようになります。また、あまり低いボールを打とうとするのではなく、なるべく高いボールをインパクトできるようにしましょう。

ラケットの面の向きは地面に対して45度!


ドロップショットを失敗してしまう方の中には、インパクト時のラケットの面が原因となっているケースもよく見られます。

ずばり、ドロップショット時の理想的なラケットの角度は「45度」。例えばラケットが真正面を向いてしまった場合は、力を抜いてグリップを握っていることからボールの勢いに負けてしまって上に浮いてしまうため、ネットをボールが超えることはありません。

それを防ぐのに45度が最適な角度というわけです。もちろん正確に45度は難しいかもしれませんが、なるべくこの角度を意識するようにしましょう!

また、ドロップショットはただ弱めにラケットにボールを当てればいいというわけでもありません。ボールの勢いを軽い握りで殺してからすぐにボールを飛ばすのではなく、フォロースルーは長めにとってから前に飛ばすことが重要なのです。

スイングに急にブレーキをかけて、ボールの飛びを抑えよう!


さて、ドロップショットは意表をついて相手を前に走らせることが目的でもあるので、最初からドロップショットをすることが相手に予測されてはあまり意味をなしません。

あまりにも小さな構えからドロップショットをやろうと見せすぎても簡単に拾われてしまいます。つまり、ここで大事なのは「いつもと同じ構えを見せる」こと、すなわちテイクバック(ラケットを引く動き)を通常のストローク時と変えないことで、その状態から突然スイングにブレーキをかけると効果的です。

このような動作で、相手は強い球かドロップショットを繰り出すのかが予測できず、より得点できる確率が上がるのです。

また、ドロップショットの確率を上げるにはラケットの動かし方だけではなく、なるべく通常のストロークを意識させておいてから打つ方がより相手を深い位置に下げられ、ネット際に落としやすくなります。

ドロップショットが上手い選手を紹介!


さて、テニスのATPツアーでは錦織圭選手以外にもドロップショットがうまい選手はたくさんいます。

その中でも特に優れたタッチを繰り出す、ドロップショットの名手と呼ばれる選手を紹介したいと思います。どのようなタイミングで使っているのかもよく観察しながら真似してみましょう!

ドロップショットが上手い選手を1人ピックアップして紹介します。

フェデラー


ロジャーフェデラー選手は最も大きな規模の四大大会で20回の優勝を誇る男子テニス界のレジェンドとも称される選手です。フェデラー選手の高いストロークのテクニックはファンを魅了し続けています。

そして、フェデラー選手も錦織選手同様にドロップショットを得意としている選手ですが、使うタイミングを見てみると、相手のサーブ後が多いことに気づきます。サーブ後はジャンプしてから態勢を立て直すのに時間がかかるため、相手の選手は追いつきにくいのです。

また、フェデラー選手のドロップショットには強烈な回転がかかっているため、外に逃げていく球を打てていることにも気が付きますね。それに加えてストローク中に相手の逆をつくようなドロップショットも見せられるため、まさにドロップショットの「魔術師」と呼べるような選手なのです。

詳しくは以下の動画でフェデラー選手の芸術的なドロップショット集をお楽しみください。

スポンサードサーチ

ドロップショットの返し方は?!


では、自分ではなく相手がドロップショットを打ってきたらどうすればいいのでしょうか?その場合でも慌てずに処理することが大切ですが、拾うためには2つのポイントがあるので、以下にまとめてみます。

ポイント ①・・・相手のドロップのボールがネットより高く跳ねそうなら、そのままラケットを出して少々深めに返す。

ポイント②・・・相手のドロップショットがネットより低いところにうまく落ちそうな場合は、ドロップで返してネット前に落とす。

ここでの注意点は、低い場所にボールが落ちた場合はショットの選択が難しくなるため、なるべくドロップ返しに専念した方がよいということです。ボールが低い位置からのロブなどは難しくなってしまうので、無難にドロップで返すことにしましょう。

まとめ


テニスの中でもドロップショットは本当にレベルの高いショットと考えられていますが、このショットをしっかりと決めることができれば、試合の流れを引き寄せられる可能性もあるのです。

多彩なショットを繰り出すためにも、ぜひ一から学んで自分の武器にしてみましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定