クライミング ブラシ
2018年10月10日

クライミングブラシ人気おすすめ10選!さまざまな岩に対応!!

クライミングブラシの選び方と人気おすすめ10選を紹介していきます。
初めてクライミングブラシを購入する方は何を基準に選べば良いのか困ってしまいますよね。
そんな方にメーカーの特徴も紹介しているため、クライミングブラシを選ぶのに参考になるような内容になっております!
初めてクライミングブラシを購入する方から、2つめ、3つめの買い直しを考えている方までぜひ読んでいただきたい内容となっております!

スポンサードサーチ

クライミングブラシの選び方とポイントを紹介!

タイプで選ぶ!

クライミング後の岩を磨くクライミングブラシには以下のようなタイプと特徴があります。

  • タフト型
  • タフエンド型

横から見ると、ブラシがギザギザしているため、表面がデコボコしている岩のブラッシングにおすすめです。

  • コンケーブ型
  • ローリング型

横から見ると、コンケーブはUの字、ローリングは斜めになっているため、岩の細かな隙間を掃除するのにおすすめです。

  • コンベックス型
  • ストレート型

横から見ると、コンベックスは逆Uの字、ストレートはそのまままっすぐになっており、比較的平べったい表面の岩を掃除するのにおおすすめです。

以上のようにブラシには様々なタイプがあるため、特徴を理解した上で購入しましょう!

機能性で選ぶ!伸縮機能付きがおすすめ?

岩の表面を掃除するためのブラシですが、岩によっては長いブラシでないと届かない部分もありますよね。
しかし、長いブラシを持っていくには持ち運びが不便です。
そこでおすすめなのが伸縮式のクライミングブラシです。持ち運びの際は短い状態で、岩を掃除する際は、近くはもちろん、なかなか届きにくい遠くの部分も掃除できます。

持っていて困ることはないため、ぜひ購入を検討してみてください!

ヘッドの大きさで選ぶ!

掃除する岩によって、ヘッドの大きさを変えることは大変重要なことになります。
掃除する麺が広範囲かつデコボコが少ない場合は一気に掃除できる、ヘッドが大きなブラシの方が効率的です。
一方で、デコボコがある表面になってくると、ヘッドが大きなブラシだと隙間に毛束が入らないため、ヘッドが小さなブラシがおすすめです。

それぞれ使い分けが必要であるため、自分がよく登る岩を考えてブラシのヘッドの大きさを選んでみてください!

クライミングブラシの人気おすすめメーカーを紹介!

パモ

pamoはブラシだけでなく、ウェアやチョークバッグと行った小物類のクライミンググッズの販売も行っているメーカーです。
伸縮式のブラシも販売されているため、高い岩に挑戦するクライマーはぜひチェックしてみてください。

また、値段も幅広く、デザインも可愛いため、おしゃれなクライマーにおすすめです!

sublime

サブライムのブラシは多くのクライマーから高い評価を受けています。手頃な価格でデザインもおしゃれということで、初めてクライミングブラシを購入する方にもおすすめしたいブラシです。

サイズは小さいですが、しっかりと効果も発揮してくれ、必ず1つは持っておきたいブラシと言えるでしょう。

faza

fazaのクライミングブラシは独特な形やデザインが特徴的です。派手な色やデザインからシンプルな一品モノウッド製ブラシまで、かなり種類が豊富です。
もちろんブラシとしての機能も発揮してくれますが、特にブラシのデザインにこだわりたい方におすすめのクライミングブラシと言えるでしょう。

スポンサードサーチ

クライミングブラシ人気おすすめ10選!

Psychi(サイキ) クライミングホールド ブラシ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 40.8g
サイズ 20x3x3cm(梱包サイズ) 素材

Psychi(サイキ) クライミングホールド ブラシのおすすめポイント

  • ブラシ毛は耐久性があり、汚れやチョークを簡単に清掃することができる
  • チョーク・油・ゴムを綺麗に落とす
  • クライミングホールドや岩で使用
ウッド 重量 31.8g
サイズ 17.8×10.2×7.6cm(梱包サイズ) 素材 Wood

[マムート] Boulder Brushのおすすめポイント

  • スローパーを常にクリーンな状態に保つことができます
  • 天然の毛を使用したブラシ
  • FSC認証の木材を使用

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) BDブラシセット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

レッド 重量 118g
サイズ 22.9×17.8×5.1cm(梱包サイズ) 素材

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) BDブラシセットのおすすめポイント

  • ボルダラーにとっての消耗品、ブラシセット
  • セット内容:スモール×3、ウッドハンドル×1、メガスクラブハンドル×1
  • 3種類5本の各種ブラシで構成されています

Rock Empire (ロックエンパイア) クライミング ブラシ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 12g
サイズ 長さ:17cm 素材

Rock Empire (ロックエンパイア) クライミング ブラシのおすすめポイント

  • クライミング用のブラシ
  • 毛1本の太さ:0.4mm
  • チョーク・油・ゴムを綺麗に落とす

MADROCK(マッドロック) Hedgehog Climbing Brush

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 40.8g
サイズ 全長18.5cm、ブラシ部:6cm 素材 猪毛

MADROCK(マッドロック) Hedgehog Climbing Brushのおすすめポイント

  • 猪毛を12,000本以上も高密度に植毛
  • チョークや埃の除去作業の高速化や耐久性の抜群なブラシ
  • 高密度の植毛による高次元の耐摩耗性を実現

メトリウス(METOLIUS) M16 ボルダリングブラシ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 9.07g
サイズ 20.3×8.6×0.5cm(梱包サイズ) 素材

メトリウス(METOLIUS) M16 ボルダリングブラシのおすすめポイント

  • カチやポケットのクリーニングに重宝
  • 2つのヘッドと耐久性のある毛を備えたブラシ
  • チョーク・油・ゴムを綺麗に落とす

SUBLIME(サブライム) クライミング用 天然猪毛ブラシ

Amazonで詳細を見る

ブラック 重量 299g
サイズ 19×2.6×2.4cm(梱包サイズ) 素材 猪毛

SUBLIME(サブライム) クライミング用 天然猪毛ブラシのおすすめポイント

  • 猪毛を12000本以上使用
  • 高密度の植毛による高次元の耐摩耗性を実現
  • 通常のブラシの4~6本分に相当

大五郎 豚毛 竹反りブラシ 300mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウッド 重量
サイズ ブラシ部長さ:12mm 素材 豚毛

大五郎 豚毛 竹反りブラシ 300mmのおすすめポイント

  • ソフトな当りの豚毛
  • しなやかな竹柄ですので手にしっくりなじみ作業も楽です
  • 安価なブラシ

TRUSCO(トラスコ) 機械植竹ブラシ 曲柄 豚毛 3行

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ウッド 重量 30g
サイズ 320x17x8.5mm 素材 豚毛

TRUSCO(トラスコ) 機械植竹ブラシ 曲柄 豚毛 3行のおすすめポイント

  • あらゆる所の洗浄、研磨、艶出し、接着剤の塗布など
  • 安価で一般大量購入向き
  • 豚毛 3行

EDELRID(エーデルリッド) ボルダーブラシ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 9.07g
サイズ 全長 17.5cm、毛部分 3.5×1cm(上)、2.3×1cm(下) 素材

EDELRID(エーデルリッド) ボルダーブラシのおすすめポイント

  • ブラシの柄の上下に毛束があり、ホールド毎に使い分けできる便利なボルダーブラシ
  • 小さい方は極小カチや小さなポケットの内側まで磨ける
  • シガーケース付き

まとめ

いかがでしたでしょうか?
クライミングブラシの選び方と各メーカーの特徴を紹介しました。
選び方を理解できても何から選べば良いのかわからない方もいるかと思います。
そんな方に人気おすすめ10選も紹介したので、紹介した商品の特徴も参考にぜひ自分にあったクライミングブラシを探してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

※承認後に表示されます。