あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
cross bike

4万円台・4万円以下で買えるクロスバイクおすすめ15選!

Sposhiru編集部

公開日 :2018/09/29

更新日 :2019/03/14

初めてのクロスバイクは何を基準に選べばいいのか分からない方も多いはずです。そこで、比較的手軽な4万円台や4万円前後でゲットできるコスパ以上の価値あるおすすめのクロスバイクを厳選して紹介します。
同じように見えるクロスバイクも意外によく見ると異なる部分やデザインがあり、それぞれの良さや特色があります。先ずはクロスバイクに何を求めるかを考えて、そのニーズに合わせて選んでみてください。 初めの第一歩は、自分らしいクロスバイク選びから始めてみましょう!

目次

スポンサードサーチ

4万円台で買えるおすすめのクロスバイク10選!

GIOS(ジオス) クロスバイク ESOLA GIOS-BLUE 700C

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク ESOLA GIOS-BLUE 700Cの詳細情報

フレーム材質 ORIGINAL STEEL FRAME
サイズ・適応身長 450㎜(155~180㎝)
重量 13.0㎏
変速数 シマノ7段変速
タイヤ KENDA K-193 KWEST 700x35C

まずは通勤通学や街中散策から始める方には憧れのGIOSブルー

ジオスイゾラは、本格的なサイクリングより街中の快適なクロスバイクと言えるかもしれません。フレームはスチール素材ですが、13㎏と言う重量ならスチール製にしては合格点の出る範囲です。タイヤの太さに注目してもらいたいのですが、基本クロスバイクは28Cです。しかし、イソラは35Cというかなり太めのタイヤを採用しています。35Cの太さのタイヤのメリットとは、抜群の安定性です。

やはり細いタイヤは速さには富んでいますが、安定性で言えば太いほうが断然優れています。街中の段差など細いタイヤで気にせず走り抜けるとパンクの原因にもなります。また、段差で滑って転倒することも考えられます。基本的に細いタイヤは、きちんと舗装されたロードを駆け抜ける、競技用のロードバイクに近い感覚です。

しかし、太いタイヤはマウンテンバイクに近い感覚で凹凸などにも強くできています。この点は、街中の買い物や通勤通学をメインに考えるのであればおすすめです。まず初めのクロスバイクは安定性抜群のイタリアの老舗ジオスのジオスブルーでかっこよく街中を駆け抜けることから始めるのも素敵な選び方といえます。

ern(ターン) CLUTCH クロスバイク 2016年モデル サイズ:420 [8SPEED、クロモリフレーム、650C] ピンク 16CLT0PK42

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

tern(ターン) CLUTCH クロスバイク 2016年モデル サイズ:420 [8SPEED、クロモリフレーム、650C] ピンク 16CLT0PK42の詳細情報

フレーム材質 オリジナルアロイセミエアロ
フォーク材質 オリジナルハイテンストレート
サイズ・適応身長 420㎜(140~160㎝)
変速数 シマノ製8段変速
重量 シマノ12㎏
タイヤ カスタム 650×28C

おしゃれで楽しむternクロスバイクは女子人気

見た目にも可愛いクロスバイクで街中やサイクリングに出かければテンションも上がるはずです。そんな時におすすめしたいのが、ternクロスバイクです。何と言っても日本人にピッタリで日本人のことを考えて作られたと言っても過言ではありません

今では人気があり海外でも販売していますが、最初の予定では国内のみの販売予定でした。そのため日本人のことを考えて作ったのは、間違いありません。また、日本人の女子にも乗りこなしやすいサイズがあり、特に女子にはおすすめのメーカーです。

もちろんデザインだけがおすすめなわけではありません。シマノ製のコンポーネントで構成されていますので、非常に安心安全です。また、ギア数が少ないのは、ternがきちんと考えてのことなのです。ギア数が多くても使いこなせないことが多いのが実情です。その点をternは考えて、ギアをワイドにして、本当に使うギアだけに厳選することで、ギア数を大幅に減らすことにしました。

他にもブレーキはアルミ製デュアルピボット キャリパーブレーキで制御力もしっかりあるタイプをチョイスしてありますので、デザインだけの可愛いお遊びクロスバイクではありません。4万円台に十分価値あるクロスバイクの1台です。

HEAD(ヘッド) ノーパンク クロスバイク BIRTH(バース) [700C/ノーパンクタイヤ/アルミフレーム/オリジナルサドル/シマノ外装変速/ラピッドファイヤーシフター/21SPEEDS] CRQ-CC-HE-7021AL

Amazonで詳細を見る

HEAD(ヘッド) ノーパンク クロスバイク BIRTH(バース)の詳細情報

フレーム・フォーク材質 アルミ
サイズ・適応身長 460㎜(160㎝以上)
重量 11.8㎏
変速数 シマノ製21段変速
タイヤ 700X28C ノーパンク TANNUS

HEAD(ヘッド) ノーパンク クロスバイクで快適な走りと快適生活

ヘッドは世界的にも有名なスポーツメーカーです。あまりクロスバイクのイメージがない方もいるかもしれませんが、クロスバイクなども多く手掛けています。そんなクロスバイクは、アルミフレーム・フォークで錆びにくいようになっています。

重量もアルミを多く使うことで軽い11.8㎏になっています。このことで、速さにも影響があります。やはり基本軽いほうがスピード感は味わえます。その点ではクロスバイクのスピード感を味わいたい方にはこのように重量が軽いクロスバイクを選ぶのもポイントです。

そして何と言ってもうれしいのがパンクしにくいタイヤを採用しているのは、特に初心者にはうれしい特典です。パンクも自分で治せるようになれば、気になりませんが、初心者にとってなかなか初めは直すのが難しくパンクは強敵です。おそらくシティサイクルよりもパンクの率は高くなると考えられるから、一層ノーパンクタイヤは魅力です。

NESTO(ネスト) 700×32C 440mm クロスバイク 外装7段 VACANZE2 バカンゼ2 NE-18-006

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

NESTO(ネスト) 700×32C 440mm クロスバイク 外装7段 VACANZE2 バカンゼ2 NE-18-006の詳細情報

フレーム材質 6061アルミ
フォーク材質 アルミ
サイズ・適応身長 440㎜(160~175㎝)
変速数 7段変速
重量 10.3㎏
タイヤ 700×32C
標準装備品 ライト・ベル・スタンド他

NESTO(ネスト)が軽量にこだわったクロスバイク

NESTO(ネスト)は、埼玉県越谷市にあるホダカと言うシティサイクルのマルキン自転車を製造している会社が製造しているクロスバイクブランドです。今は台湾のジャイアントと言う世界的な自転車メーカーの関連企業となっているようです。

シティサイクルとの差別化を図るためなのか、非常に軽量化されたクロスバイクになっています。見た目も非常にシャープでシンプル設計のクロスバイクで、メーカー的にはあくまでもスポーツ要素の強い自転車と言うブランドコンセプトなのかもしれません。

他には、タイヤが32Cと安定した太さで初心者にはおすすめの太さと言えます。シティサイクルほど太くもなく、でも街中も走れるくらいの安定した太さになっています。でもこのくらい軽いと、信号待ちの後の一漕ぎが、非常に軽くスムーズに走りだせることに喜びを感じるでしょう。また、国内メーカーならメンテナンスなども時間をとらずスムーズにできるので、その点でもおすすめの1台と言えます。

軽量アルミフレーム街乗りから競技まで700C フラットロード TRINX(トリンクス) FREE1.0 【クロスバイク】シマノTOURNEY21段

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

軽量アルミフレーム街乗りから競技まで700C フラットロード TRINX(トリンクス) FREE1.0 【クロスバイク】シマノTOURNEY21段の詳細情報

フレーム材質 6061アルミ
フォーク材質 RACING-Hi-ten
サイズ・適応身長 500㎜(160~175㎝)
変速数 シマノ製21段変速
重量 11.9㎏~
タイヤ CST 700X28C

TRINX(トリンクス)の本気のクロスバイクが凄い

中国のスポーツバイクメーカーが製造販売しているTRINX(トリンクス)ブランドのクロスバイクと言うと、そのクロスバイクの性能や質を心配する方も多いかもしれません。しかし、この中国のメーカーは世界的にも評価が高いです。

その証拠にこのトリンクスのクロスバイクで見ていきましょう。まずフレームは非常に軽量で、高級な品質の良いアルミを使っています。ブレーキもWinzip ALLOY Vブレーキを採用してあり、天候にも左右されにくい制御力があると言われています。シマノ製のコンポーネントも採用しておりパーツを見ても、グレードの高いものを多く採用してあります。デザインだってカッコよく、颯爽と街中を走り抜けるにはよく似合うデザインです。

Giant(ジャイアント) ESCAPE R3(エスケープ R3) クロスバイク 2016年 Sサイズ

Amazonで詳細を見る

Giant(ジャイアント) ESCAPE R3(エスケープ R3) クロスバイク 2016年 Sサイズの詳細情報

フレーム材質 アルミ
サイズ・適応身長 465㎜S(160~175㎝)
変速数 シマノ製24段変速
重量 10.15㎏
状態 中古:C(使用感あり、トップチューブやシートステー、フォークに傷あり)
参考価格 54,000円2016年モデル

超定番世界のGiant(ジャイアント)ESCAPE R3で爽快感を堪能

中古自転車なので、苦手な方にはおすすめしません。しかし、憧れのジャイアントとお考えの方には、中古としても価値ありです。こちらの中古自転車は特別美品というわけではなく、通常の2~3年使用した使用感や傷があるのだと思われます。その点が気になるようであれば、必ず事前にご確認下さい。

さて元々のクロスバイクとしては、シマノ製のコンポーネントで、人気のESCAPE R3ですから、性能は言うまでもありません。重量を見てみるとかなり軽量化されており、スピーディーな走りが期待できます。世界のファンを魅了するだけあって機能的には優れていると言えそうです。デザイン的にも美しい青のシャープで爽やかなクロスバイクです。

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL(ミストラル) 2018モデル(ジオスブルー) 430サイズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL(ミストラル) 2018モデル(ジオスブルー) 430サイズの詳細情報

フレーム材質 GIOS ORIGINAL ALIMINUM SPECIAL TUBING
フォーク材質 GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
サイズ・適応身長 430㎜(155~170㎝)
変速数 シマノ製24段変速
重量 10.8㎏
タイヤ KENDA K-193 700x28C

おしゃれなジオスブルーで気分も心も陽気なイタリア人

イタリアではジオスブルーが1つの色として国民に浸透するほど定番になっています。そんな国民にも受け入れられたジオスのクロスバイクは、美しさだけでなく機能性もおすすめです。

初心者ならジオスのミストラルを1つの選択肢として迷うことがあるくらい人気のクロスバイクです。フレームはアルミですが、フォークは4万円台にしてクロモリが採用されています。高価なクロモリはしなやかさが特徴で、衝撃などを柔らかく吸収してくれます。そのため、疲れにくくサイクリングなどにも適しているのです。

ブレーキにもシマノ製が採用されていて、その他にもかなりのパーツがシマノ製で構成されているのは、4万円台にしては相当満足感を感じられるクロスバイクと言ってもいいでしょう。

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-021 (VENUS) 特殊加工 アルミフレーム フロントLEDライト付

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-021 (VENUS) 特殊加工 アルミフレーム フロントLEDライト付の詳細情報

フレーム材質
サイズ・適応身長 530㎜(165㎝以上)
重量 11.2㎏
変速数 シマノ製21段変速
タイヤ 700×25C
メーカー保証 1年

CANOVER(カノーバー)使えるクロスバイク

比較的個性的なタイヤやリムのデザインが多いカノーバのクロスバイクです。コスパ的には非常に手頃なものを多く取り扱っている印象があります。実際、2~3万円台でも多く見かけることがあります。それではこの4万円台のカノーバクロスバイクはどうでしょう。

基本的には、フレームもアルミで軽量化された車体もクロスバイクとしては評価できます。また、ブレーキもキャリパーブレーキと制御力も天候に左右されず使える優れもので悪くありません。ギアチェンジなどもシマノ製でスムーズに変速でき走行にも問題はなさそうです。

ライトが付属品として装備されていたり、メーカー1年保証があったりとメリットが多いです。タイヤは細めの25Cを採用されており比較的細めのタイヤになっています。この分スピードは味わえますが、タイヤの細い分街中では少し気を付ける点があります。

段差などには気を付けること、そのためにも常日頃からタイヤの空気圧には注意することが大事になります。タイヤが細い場合に空気圧が少ないとパンクなどが多くなります。しかし、それはタイヤが細いものすべてに共通することですので神経質になるほどでもまりません。このクロスバイクなら4万円台として考えても十分コスパ以上に使えるクロスバイクと言えそうです。

ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388 (OBB9) 41cm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388 (OBB9) 41cm
の詳細情報

フレーム材質 アルミ
サイズ・適応身長 410㎜(150~170㎝)
重量 12.3㎏
変速数 シマノ製21段変速
タイヤ セミスリックタイヤ700×28C

ミヤタの日本人のためのクロスバイクがピッタリ

やはりミヤタのクロスバイクは日本人なら外せません。日本人にピッタリの設計で考えられたクロスバイクは乗り心地もいいです。まず本体フレームはアルミで軽量化されていますので、12.3㎏とまずまずの重量になっています。また、日本人、特に女子にも乗りこなしやすいサイズも考えられて幅広いサイズが用意されています。

シマノ製のブレーキも雨の日にも制御力が左右されない安心安全のものを採用してあります。タイヤもセミスリックタイヤで走行性は期待が持て、滑らかで爽快感も感じられるようになっています。また、ペダルも初心者にはうれしい少し大きめの踏み込みやすいペダルを採用してあります。このようにミヤタも日本人に合うクロスバイクを提供しています。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-CHASSE(シャッセ) クロスバイク 2016年 370サイズ

Amazonで詳細を見る

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-CHASSE(シャッセ) クロスバイク 2016年 370サイズの詳細情報

フレーム材質 アルミ
サイズ・適応身長 370㎜(145~160㎝)
重量 11.51㎏
変速数 シマノ製24段変速
状態 中古:ランクBクランクに傷あり、多少の使用感ありますが比較的美品
参考価格 62,640円2016年モデル

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)の女子におすすめ中古クロスバイク

ルイガノの女子らしさが非常に感じられるピンククロスバイクです。非常に女子にも乗りこなしやすいサイズで安全に乗りこなせます。足が完全につくのは、やはり重要なことなのです。

特に初心者の方には、自分のサイズに合ったクロスバイクをおすすめします。信号待ちの際にも足がつかないと危険が伴うこともあります。元々ルイガノはおしゃれで人気の高いクロスバイクです。確かに中古車ですが、あまり気にしない方にはおすすめです。

シマノ製のコンポーネントもグレードの高いものを採用してあります。もともとの価格の違いはこのようなパーツのグレードとして表れてくるのです。そう考えると、中古でも1つ1つのパーツがいいものなので使いやすく評価できる部分です。やはりグレードが違うと操作が滑らかだったり、走りもスムーズだったりします。その点では、4万円台でありながら4万円以上の価値あるクロスバイクと言えそうです。

4万円以下で買えるおすすめのクロスバイク5選!

TRINX(トリンクス) 【クロスバイク】全天候型 前後Wディスクブレーキ シマノ24速変速 軽量アルミ700Cフレームの本格派クロスバイク街乗りから競技まで前後クイックリリースHUB搭載でメンテナンス性も抜群なオールラウンドバイク FREE2.0 ブラック/レッド 470mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

TRINX(トリンクス) 【クロスバイク】全天候型 前後Wディスクブレーキ シマノ24速変速 軽量アルミ700Cフレームの本格派クロスバイクの詳細情報

フレーム材質 6061アルミ
サイズ・適応身長 470㎜(160~175㎝)
重量 11.8㎏
変速数 シマノ製24段変速
タイヤ CST700×28C

TRINX(トリンクス) のコスパ以上の実力発揮クロスバイク

4万円以下のクロスバイクでありながら、フレームは軽量6061アルミという高品質の材質を使用してあります。 WinZip前後メカニカルディスクブレーキで天候に左右されずに安定した制御力を発揮でき安全面も重視されているクロスバイクと言えます。

シマノ製のコンポーネントもスムーズな操作で走行性を安定させてくれます。そのため、初心者の通勤通学などの街中の走りにもおすすめできます。もちろん、サイクリングなどでも十分快適な走りもできそうです。

中国発の世界的な自転車メーカーで一流のブランドとも言えるTRINX(トリンクス)だからこそ、4万円以下でも、コスパ以上のクロスバイクができたのかもしれません。デザインも非常にかっこよく細めでシャープなフレームは、見ているだけで自分もかっこよく走れる気になれるおすすめの1台です。

センチュリオン 2017 CROSS LINE 30R アルミクロスバイク

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

センチュリオン 2017 CROSS LINE 30R アルミクロスバイクの詳細情報

フレーム材質 6061アルミ
サイズ・適応身長 370㎜(145~160㎝)
重量 11.2㎏
タイヤ ステンレスタイヤTIOGA700×32C

センチュリオンで長期間の走りを提供できるクロスバイク

センチュリオンの独自の研究開発によって、長期間のライディングが確かめられているクロスバイクです。6061アルミを始めとしてそれぞれ研究された材質を使い、気持ちよく長く愛情をもって乗ってもらうためにも長期間のライティングを可能にしています。

さすが職人の国ドイツ創業だけあって、その技術力は世界的なものとしても定評があります。また、身長の気になる小柄女子にも乗りこなしやすいようにサイズにもこだわってあり、気配りのきいたクロスバイクとも言えます。その分人気があるため、品薄になっていることも多いので、必ずご購入の際には確認が必要となります。このクロスバイクが4万円以下であれば、長年愛用出来て、きっと愛着がわくクロスバイクになるでしょう。

CANOVER(カノーバー) ロードバイク 700C シマノ21段変速 CAR-015(UARNOS) アルミフレーム フロントLEDライト付 [メーカー保証1年]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CANOVER(カノーバー) ロードバイク 700C シマノ21段変速 CAR-015(UARNOS) の詳細情報

フレーム材質 アルミ
サイズ・適応身長 470㎜(160㎝以上)
変速数 シマノ製21段変速
重量 12.5㎏
タイヤ 700×28C
保証 メーカー保証1年

CANOVER(カノーバー) で滑らかな走りを4万円切りでも体感

通勤通学はもちろんのこと、サイクリングにも滑らかな走りを提供するカノーバクロスバイクです。タイヤやリム部分にインパクトを持たせたカノーバらしいクロスバイクです。基本的に4万円以下では、なかなか本格的なクロスバイクは見つけるのが難しいですが、このクロスバイクなら、初めてのクロスバイクとしてデビュー用に良いかもしれません。

アナトミックシャロータイプのハンドルで握りやすくオールラウンドタイプのドロップハンドルで操作しやすくなっています。他にも、ディアルピボットキャリパーブレーキを採用しており、安全面にもこだわりがあるようです。

このカノーバクロスバイクで、ママチャリとは違う走りを感じ取れれば、クロスバイクの楽しみ方も分かるはずです。そうすれば、次こそちょっとリッチなクロスバイクを考えることもできます。とりあえず4万円切りのクロスバイクで楽しみ方を勉強して、クロスバイクのことを知ることから始めるのもありです。

DIAMOND BACK(ダイアモンドバック) 700Cクロスバイク シマノ6段変速 アルミフレーム DB-706AL WHITE(2015)

Amazonで詳細を見る

DIAMOND BACK(ダイアモンドバック) 700Cクロスバイクの詳細情報

フレーム材質 ALLOY
サイズ・適応身長 490㎜(170㎝以上)
変速数 シマノ製6段変速
重量 11.9㎏
タイヤ 700×28C

<h4アメリカカルフォルニア生まれのダイヤモンドバックブランド

1978年にカルフォルニアで誕生したダイヤモンドバックは、実はセンチュリオンのBMXブランドとしてスタートしたのが始まりなのです。そこから現在は、Hi-end Mountain Bikeをメインとした自転車ブランドとして活躍しているメーカーです。

見るからにカラーのホイルが可愛くておしゃれなデザインになっています。女子の心をわしづかみしそうなデザインです。変速数が少ないことを気にする方もいますが、実際には初心者の方で24段変速などのすべてのギアを使いこなせる方もなかなかいないのが現実です。まずは、その少ない変速数を使いこなせるようになるのもいいかもしれません。

そして、車体自体は非常に軽量化されたいるので、4万円以下では合格点だと考えていいでしょう。こちらのクロスバイクは少し納品に時間がかかるようで、通常1~2週間での発送となるようです。もし検討されている場合は、事前にご確認下されることをおすすめします。

Giant(ジャイアント) ESCAPE R3(エスケープ R3) クロスバイク 2017年 Sサイズ

Amazonで詳細を見る

Giant(ジャイアント) ESCAPE R3(エスケープ R3) クロスバイク 2017年 Sサイズの詳細情報

フレーム材質 アルミ
サイズ・適応身長 470㎜(160~175㎝)
変速数 シマノ21段変速
重量 10.68㎏
タイヤ KENDA K-193 700x28C
状態 中古:Ⅽランクトップチューブ、ダウンチューブ、チェーンステー、フォーク等フレーム全体的にキズ、シートチューブを筆頭に汚れ
参考価格 54,000円

大人気のGiant(ジャイアント) ESCAPE R3が中古で手軽に

2017年モデルの人気Giant(ジャイアント) ESCAPE R3ですが、説明の通り中古商品です。もちろん傷があり使用感が結構あるので、苦手な方にはおすすめしません。しかし、非常に軽量の車体でコンポーネントもグレードが少し高いものを採用されているので同じくらいの価格の新品のクロスバイクに比べては、性能がいいのは言うまでもありません。

確かに使用感や汚れ傷があり、初めてのクロスバイクとしては残念に思う方もいるかもしれませんが、ギアチェンジも非常に滑らかにでき走行性やスピード感もかなり本物のクロスバイクの走りになっています。だからこそ人気の車種とも言えます。まず初めは自分好みの新車も選ぶのもポイントの1つです。また、コスパ以上に乗り心地やスピード感などを味わいたい方には中古も選ぶのもポイントの1つです。

ジャイアントなら、なかなか4万円を切る価格ではゲットできません。そこは中古の良さです。耐久性も良く、まだまだ乗れる機能的なクロスバイクです。それなら十分まだ活躍してくれそうです。

スポンサードサーチ

【おまけ】5万円台で買えるおすすめのクロスバイク3選

ブリヂストングリーンレーベル(BRIDGESTONE GREEN LABEL) クロスバイク CYLVA(シルヴァ) F24 VF2439 E.Xヨークオレンジ 390mm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブリヂストングリーンレーベル(BRIDGESTONE GREEN LABEL) クロスバイク CYLVA(シルヴァ) F24 VF2439 E.Xヨークオレンジ 390mmの詳細情報

フレーム材質 アルミ
サイズ・適応身長 390㎜(139~154㎝)
変速数 シマノ24段変速
重量 11.6㎏
タイヤ 700x32C

ブリヂストンシルヴァは『自由と、おしゃれと、ブリヂストン』

ブリヂストンは学生から大人まで、街中からサイクリングまで自由におしゃれに乗りこなすことができるクロスバイクを提供しています。ブリヂストンは、以前は少しクロスバイクが重いと言われていましたが、今は軽量化されています。また、サイズも非常に身長を気にせずに幅広いサイズを扱っています。やはり日本人のことを考えたクロスバイクです。

タイヤは32Cと街中の段差などの凹凸にも負けない安定したサイズになっています。太めのタイヤは空気圧を調整すると、特に衝撃などを吸収してくれ疲れにくいとも言われています。また、空気圧を毎日気にすることなく乗ることもできます。細いタイヤはやはり空気圧が低下すると段差に弱くなりますのでマメな点検が必要とされます。その点でも点検などが面倒になりそうな方は太めのタイヤがやはりおすすめです。

MERIDA(メリダ) 2018年モデル CROSSWAY 100-R 18AMC1

Amazonで詳細を見る

MERIDA(メリダ) 2018年モデル CROSSWAY 100-R 18AMC1の詳細情報

フレーム材質 CROSSWAY TFS
サイズ・適応身長 410㎜(150~175㎝)
変速数 シマノ24段変速
重量 11.9㎏
タイヤ KENDA K-193 700×28C

メリダの際立つ走りが体感できるクロスバイク

さずがメリダのクロスバイクだけあって、本物のクロスバイクらしい走りが体感できます。TFS成型のアルミフレームで作り上げた自慢のメリダクロスバイクは、非常に高性能と評判です。

何と言ってもバイクの生産量世界第2位という実績がそのすごさを物語っています。シマノ製コンポーネントももちろん魅力の1つです。また、この人気のせいもあってかなり品薄状態になっているカラーやサイズもあります。アマゾンや楽天それぞれに在庫状況も違いますので、購入時には確認が必要です。

メーカーでは生産終了になっていることにより、在庫終了次第手に入らなくなりますので、検討される方は早めの検討が必要です。特にその中でも小さいサイズは早めになくなる傾向にありますので、小さめを希望される方はより一層早めの決断と確認が必要です。

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL CHROMOLY (ミストラル クロモリ) 2018モデル (ジオスブルー) 430

Amazonで詳細を見る

GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL CHROMOLY (ミストラル クロモリ) 2018モデル (ジオスブルー) 430の詳細情報

フレーム材質 GIOS ORIGINAL Cr-Mo SPECIAL TUBING
フォーク材質 GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
サイズ・適応身長 430㎜(155~170㎝)
変速数 シマノ24段変速
重量 11.6㎏
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700×28C

GIOS(ジオス)の凄さを感じさせるリッチなクロスバイク

まさしくリッチなGIOS(ジオス)のクロモリクロスバイクです。この価格にしてもかなりグレードの高いクロスバイクと言えます。何と言ってもフレームとフォークがクロモリという贅沢なつくりになっています。

この価格ならフォークにクロモリを採用するクロスバイクはありますが、フレームとフォークの両方がクロモリというのは、なかなか見かけません。それだけ優れた材質を惜しげもなく使っているのが、このGIOSのミストラルクロモリのすごさです。

しなやかなクロモリを使うことで衝撃の吸収率は大きく変わります。それだけ振動が体に伝わりにくく、長時間のサイクリングにも適しています。なかなか長時間サイクリングを体験したことがないとわかりにくいかもしれませんが、クロスバイクをゲットすればサイクリングに行きたくなるものです。

その中で時間が長いほど衝撃などで疲れが生じるのです。それをクロモリが和らげてくれる大きな効果があるのです。そう考えるとクロスバイクとしては非常に大きな機能とも言えます。確かにちょっとリッチですが、そのリッチさを上回る機能性がありそうです。

この記事で紹介している商品一覧

商品画像
商品名 GIOS(ジオス) クロスバイク ESOLA GIOS-BLUE 700C ern(ターン) CLUTCH クロスバイク 2016年モデル サイズ:420 [8SPEED、クロモリフレーム、650C] ピンク 16CLT0PK42 HEAD(ヘッド) ノーパンク クロスバイク BIRTH(バース) [700C/ノーパンクタイヤ/アルミフレーム/オリジナルサドル/シマノ外装変速/ラピッドファイヤーシフター/21SPEEDS] CRQ-CC-HE-7021AL NESTO(ネスト) 700×32C 440mm クロスバイク 外装7段 VACANZE2 バカンゼ2 NE-18-006 軽量アルミフレーム街乗りから競技まで700C フラットロード TRINX(トリンクス) FREE1.0 【クロスバイク】シマノTOURNEY21段 Giant(ジャイアント) ESCAPE R3(エスケープ R3) クロスバイク 2016年 Sサイズ GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL(ミストラル) 2018モデル(ジオスブルー) 430サイズ CANOVER(カノーバー) クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-021 (VENUS) 特殊加工 アルミフレーム フロントLEDライト付 ミヤタ(MIYATA) クロスバイク カリフォルニアスカイ C ACSC388 (OBB9) 41cm LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-CHASSE(シャッセ) クロスバイク 2016年 370サイズ TRINX(トリンクス) 【クロスバイク】全天候型 前後Wディスクブレーキ シマノ24速変速 軽量アルミ700Cフレームの本格派クロスバイク街乗りから競技まで前後クイックリリースHUB搭載でメンテナンス性も抜群なオールラウンドバイク FREE2.0 ブラック/レッド 470mm センチュリオン 2017 CROSS LINE 30R アルミクロスバイク CANOVER(カノーバー) ロードバイク 700C シマノ21段変速 CAR-015(UARNOS) アルミフレーム フロントLEDライト付 [メーカー保証1年] DIAMOND BACK(ダイアモンドバック) 700Cクロスバイク シマノ6段変速 アルミフレーム DB-706AL WHITE(2015) Giant(ジャイアント) ESCAPE R3(エスケープ R3) クロスバイク 2017年 Sサイズ ブリヂストングリーンレーベル(BRIDGESTONE GREEN LABEL) クロスバイク CYLVA(シルヴァ) F24 VF2439 E.Xヨークオレンジ 390mm MERIDA(メリダ) 2018年モデル CROSSWAY 100-R 18AMC1 GIOS(ジオス) クロスバイク MISTRAL CHROMOLY (ミストラル クロモリ) 2018モデル (ジオスブルー) 430
購入先 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon楽天 Amazon Amazon Amazon楽天 Amazon Amazon

4万円が高いか安いかはクロスバイクの使い方の

4万円はママチャリから考えると少し高い気がします。しかし、そのクロスバイクの使い道次第ではきっと4万円なら安いと思えるはずです。自分のニーズに合ったクロスバイクなら愛着もわき手放したくなくなるものです。そう考えれば、4万円は非常に安い買い物で賢い買い物だったと思えるはずです。

そのためにも、デザイン、重量、速さ、街中使いなど自分の譲れないポイントを購入する前にもう一度確認してみましょう。そのニーズに合ったクロスバイクがあなたにとっての魅力あるクロスバイクとなるのです。そうなればきっと4万円は超お得となるわけです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定