あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
cross bike

センチュリオンのクロスバイク人気おすすめ6選!特徴と評価を徹底解説!!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/20

更新日 :2019/03/14

今回はセンチュリオンのクロスバイクの評価・評判とおすすめ商品について紹介していきます。1976年に創業したドイツの総合スポーツ視点車メーカーで現在ではヨーロッパを中心に人気のあるセンチュリオンですが非本での知名度も近年急上昇しています。

目次

スポンサードサーチ

センチュリオンのクロスバイクの特徴と評価・評判

まずセンチュリオンのクロスバイクの特徴と評価・評判について紹介していきたいと思います。クロスバイクはメーカーによって大きく特徴が異なっているため、購入を検討している場合はメーカーの特徴を把握していると失敗することはないでしょう。

センチュリオンのクロスバイクの特徴は、以下の3つです。

  • 低価格である
  • 頑丈で耐久性に優れている
  • ラインナップが豊富

低価格である

まず一つ目のセンチュリオンのクロスバイクの特徴は価格の安さです。街乗りからロングライドまで幅広くこなすことができるセンチュリオンのクロスバイクですが人気シリーズの一つであるCROSSLINEはカラーリングも豊富ですが価格は5万円程度とかなり手ごろな価格になっています。

その代わりサスペンションがないため振動吸収性がないといったデメリットもありますがコストパフォーマンスの高いクロスバイクを販売しているということができるでしょう。

クロスバイクを初めて購入しようと思っている方やあまりお金をかけたくない方が街乗りをする際などに利用するクロスバイクをリーズナブルに提供しているメーカーです。

頑丈で耐久性に優れている

続いて二つ目のセンチュリオンのクロスバイクの特徴としては頑丈で耐久性に優れている点です。センチュリオンはもともとはマウンテンバイクに力を入れているメーカーでドイツのメーカーらしく舗装されていない道などでも安定して走ることができるように頑丈に作られているのが特徴的です。

そのマウンテンバイクの技術を使っているためセンチュリオンのクロスバイクはマウンテンバイクと同様に頑丈で耐久性に優れています。クロスバイクで街乗り以外にロングライドも楽しめたいと思っている方も安心です。

耐久性にも優れているクロスバイクを探している方におすすめのメーカーです。

ラインナップが豊富

最後のセンチュリオンのクロスバイクの特徴はラインナップが豊富で自分に合ったクロスバイクを見つけることができる点です。先ほど紹介したCROSSLINEシリーズ以外にもCITYSPEEDシリーズやSPEEDDRIVEシリーズなど数多くの種類を取り揃えています。

CITYSPEEDシリーズは通勤・通学や街乗りに適しているシリーズで快適な乗り心地を実現しています。SPEEDDRIVEシリーズはマウンテンバイクやロードバイクの特徴も取り入れておりデコボコした道でも安定して走ることができたり、速いスピードでロングライドを楽しむことができるようになったりしています。

このようにセンチュリオンはシリーズの種類によって様々な特徴があり自分に合ったクロスバイクを見つけることができます。

センチュリオンの人気モデル「クロスライン」シリーズの評価・評判

センチュリオンの人気モデル「クロスライン」シリーズの評価・評判について書いていきます。「クロスライン」シリーズはセンチュリオンのクロスバイクの中では比較的ベーシックな作りになっています。

日本仕様のクロスバイクもあり、アスファルトを走ることが多い日本人向けに開発されているモデルもあります。「クロスライン」シリーズはリジットフォークに変更したモデルのためサスペンションが無く振動吸収性がありません。

そのため値段は他のメーカーに比べてかなり手ごろな価格で初心者の方でも手が届きます。タイヤは太めの32cのため安定感もあり、通勤・通学や街乗りに最適なモデルになっています。

スポンサードサーチ

センチュリオンのクロスバイクのおすすめ6選

同じメーカーのクロスバイクでも種類によって大きく異なるため自分に合ったクロスバイクを選ぶようにしましょう。

CENTURION(センチュリオン) クロスバイク CROSS LINE 30 RIGID グリーン 37cm

Amazonで詳細を見る

カラーリングが美しいクロスバイク

まず紹介するセンチュリオンのクロスバイクは「クロスライン」シリーズです。鮮やかなグリーンをしているため男性だけでなく女性も乗りこなすことができるクロスバイクです。フレームカラーに合わせてパーツをカラーコーディネイトしており、専用のサイドスタンドも装備しています。

「クロスライン」シリーズはセンチュリオンのクロスバイクの中では比較的ベーシックな作りになっていて、リジットフォークに変更したモデルのためサスペンションが無く振動吸収性がありませんが値段は他のメーカーに比べて手ごろな価格です。

初めてクロスバイクを購入しようと思っている方やクロスバイク初心者におすすめの商品です。

センチュリオン 2017 CROSS LINE 30R アルミクロスバイク 37cm 145-160cm ホワイト

Amazonで詳細を見る

日本人の体格に合わせたクロスバイク

続いて紹介するセンチュリオンのクロスバイクは「クロスライン」シリーズです。カラーリングはホワイト・ブラックの2種類です。日本人の体格に合わせた580mm幅のハンドルバーを採用しているため日本人でも簡単に乗りこなすことができるクロスバイクです。

またシートステーとリアエンドキャリアーダボが付いているため安心です。サイズは適正身長が145~160cmのため女性の方でも乗りこなすことのできるサイズです。フレームはアルミを採用しているため耐久性にも優れており価格も安いためコストパフォーマンスが高いです。

初心者の方や女性の方で新しくクロスバイクを始めようて思っている方におすすめのクロスバイクです。

センチュリオン(CENTURION) クロスバイク SPEEDDRIVE 1000 47 アンスラサイト 2018 47cm

Amazonで詳細を見る

街乗りに最適なクロスバイク

続いて紹介するセンチュリオンのクロスバイクは「シティスピード」シリーズです。「シティスピード」シリーズは街を駆け抜けるライディングスタイルに最適なカテゴリーのクロスバイクです。デザインもレトロデザインを意識している見た目のため女性や外観にこだわりたい方も満足して乗りこなすことができます。

性能面でも高い走行性能を持っており、街乗りの際のストップ&ゴーも心配いりません。フレーム・フォークにはフェンダー&キャリア用ダボが採用されているためレベルや用途に応じたカスタマイズが可能になっています。

街乗りを考えているクロスバイクユーザーにおすすめのクロスバイクです。

センチュリオン(CENTURION) クロスバイク CROSS LINE 30 R 37 ホワイト 2018 47cm

Amazonで詳細を見る

日常使いもできるクロスバイク

続いて紹介するセンチュリオンのクロスバイクは「スピードドライブ」シリーズです。SPEEDDRIVEシリーズはセンチュリオンの中でも人気商品であるマウンテンバイクやロードバイクの特徴も取り入れているため舗装されていない道でも安定して走ることができたり、速いスピードで安定して長時間の走行を楽しむことができるようになっています。

天候に左右されにくい油圧式ディスクブレーキを採用しているため高い運動性能を誇っており、駐輪場を考慮してスタイリッシュな専用キックスタンド用台座やフェンダーダボが設けられているため周りと差をつけることができます。日常使いにも対応できるクロスバイクになっています。

街乗りの際に便利なサイドスタンドを標準装備しているため駐輪も安心です。フレームはディスクブレーキへのカスタマイズが可能な設計になっているため自分好みのクロスバイクにカスタムすることができるようになっています。 初心者から上級者まで幅広くカバーしているクロスバイクです。

センチュリオン(CENTURION) クロスバイク CROSS LINE 30 R 44 ターコイズ 2018 50cm

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

デザインに優れているクロスバイク

続いて紹介するセンチュリオンのクロスバイクは「クロスライン」シリーズです。カラーリングはターコイズで男性だけでなく女性も乗ることのできるかわいらしいデザインになっています。クロスラインのアルミフレームを採用しているため軽量だけでなく耐久性にも優れており長期間にわたって乗り続けることができます。

580mm幅のハンドルバーのため日本人に合った設計になっており32C幅のスリックタイヤのため安定して乗ることができます。街乗りの際に便利なサイドスタンド標準装備しているため駐輪の際に心配いりません。デザイン性を気にしている方におすすめのクロスバイクになっています。

センチュリオン 2017 CROSS LINE PRO 100 アルミクロスバイク 50cm 175-185cm ネイビーブルー

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

大人びた印象を与えてくれるクロスバイク

最後に紹介するセンチュリオンのクロスバイクは「クロスライン」シリーズです。カラーリングはネイビーブルーをしているため大人びた印象を与えることのできるデザインになっています。

「クロスライン」シリーズはセンチュリオンのクロスバイクの中では比較的ベーシックな作りになっていて、値段は他のメーカーに比べて手ごろな価格になっています。

コンポーネントはシマノ製のものを採用しているため信頼性に優れています。街乗りからライトオフロードまで幅広く対応しておりオフロード寄りの使い方を重視したクロスバイクになっています。様々な使い方を利用したいと思っている方におすすめの商品です。

まとめ

ここまでセンチュリオンのクロスバイクについて紹介してきました。同じメーカーでもシリーズによって様々な特徴を持っているため皆さんもこの記事を読んで自分に合ったクロスバイクを選んでみてはいかがでしょうか。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike