あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
cross bike

GTのクロスバイクを徹底解説&おすすめ4選!GTの評判は?

スポシル編集部

公開日 :2018/10/25

更新日 :2019/06/14

GTはアメリカの自転車メーカーであるGTはクロスバイクをはじめとした街乗りに適したモデルを幅広く展開しています。

トラフィック3.0 700cc、トラセオ、ヴィラージュといったクロスバイクにはGTの特徴でもあるトリプルトライアングルフレームやディスクブレーキを搭載したモデルもあり、性能、乗り心地も抜群です。

自分の用途にあったクロスバイクを見つけてみてください!

目次

スポンサードサーチ

GTのクロスバイクの特徴と評価・評判

GT伝統のトリプルトライアングルフレーム

GTのクロスバイクのフレームには、GTの伝統とも言えるトリプルトライアングルフレームを採用しています。
シートステーをトップチューブまで延長したフレームの形状はフレームがクロスしたような独特な形状です。

そのトリプルトライアングルフレームから生み出される性能はフレームの強度だけでなく、走行性能も格段に引き上げてくれます

クロスしたフレームが作り出す3つのトライアングルがフレームの柔軟性を向上し、路面から衝撃を的確に吸収します。
街乗りの段差や石畳などをもろともしない走り心地でスムーズな走りを実現します

トラクションと呼ばれる安定性を表現する指標についても、フレームのしなやかさによって引き出され、よりスムーズな走りを可能にします。

太めのタイヤで安定感抜群の走行性能

高い走行性能を実現するのはトリプルトライアングルフレームだけでなく、その他のパーツにも特徴があります。
その一つが太めのタイヤで、GTのクロスバイクの人気モデルであるトラセオスポーツに搭載されています。

トラセオスポーツは街乗りモデルとしても有名で、段差などに強い走行性能を持っています。

タイヤは自転車が地面を捉える唯一のパーツであり、安定性、推進力に大きく関わります。太めのタイヤは捉える地面の面積が広く、がっちりと路面についていくため、スムーズでブレのない走りを可能にします

街乗りだけでなく、路面コンディションの悪い天候や環境でも性能の落ちない力強い走りができる特徴です。

制動力の高いディスクブレーキを搭載

ブレーキも快適な走行、安全なサイクリングには大切なパーツです。
ブレーキにはキャリパーブレーキ、Vブレーキ、カンチブレーキなどがありますが、その中でも特に制動力が高く、安心のスピードコントロールができるのがディスクブレーキです。

街乗りなど停車することの多い環境では、速度管理が快適な走行には不可欠です。

ディスクブレーキを搭載しているモデルはGTのクロスバイクの代表格であるトラフィックX、トラフィックコンプ、トラセオスポーツです。
ロードバイクに搭載されていることも多いディスクブレーキがクロスバイクに搭載されている点には注目に値します。

フレームやタイヤによる安定した走行性能に制動力が加わり、完成されたとも言えるでしょう。

GTクロスバイクを楽しみ尽くすおすすめの乗り方

GTのクロスバイクが得意とするのはやはり街乗りです
トリプルトライアングルフレーム、ディスクブレーキ、安定感あるタイヤは抜群の走行性能を実現しているため、街中を走りぬけることができます。

休日のサイクリングやお出かけだけでなく、通学、通勤など様々なシーンで乗るのがおすすめです。

見た目のスタイリッシュさも魅力的です。シンプルなカラーリングとトリプルトライアングルフレームの独特な形状、継ぎ目を滑らかにした加工などにより、見た目も楽しめる持っていて誇らしくなるクロスバイクでしょう。

街中を風を切って走行する感覚は爽快です。ディスクブレーキによって、制動力もあり、安心安全な点もどこでも走れるGTクロスバイクの魅力です。

スポンサードサーチ

GTクロスバイクの最新おすすめモデル4選

サイズ XS、S、M、L
素材 アルミ

乗り心地と走行性能のバランスがとれたGTクロスバイク

自転車の走行の快適さは性能のバランスが重要です
乗り心地が優れていても、走行性能が低いとスムーズな走りやスピーディーな走りを楽しむことはできません。

またスピードやハンドリングなどが圧倒的でも、揺れや衝撃などが直に伝わるなど乗り心地が悪ければ、乗りたいと思えるクロスバイクとは言えないでしょう。

トラフィックXはGTクロスバイクの標準装備とも言えるトリプルトライアングルフレーム、ディスクブレーキにより、乗り心地や制動力を備えています

走行性能についてはクロスバイクの標準サイズのタイヤを装備することで乗り心地と走行性能を両立させたモデルとなっています。
GTのクロスバイクといえば、トラフィックXとも言えるため、ぜひチェックしてみましょう。

サイズ S、M、L
素材 アルミ

トラフィックモデルの快適性特化クロスバイク

トラフィックXは乗り心地と走行性能を両立したモデルですが、同じトラフィックを名前にもつトラフィックコンプは乗り心地を重視したモデルです。
乗り心地を向上するための工夫として、トラフィックXよりも太い38Cのタイヤを採用しています。

太いタイヤで地面をしっかりと捉え、舗装された道以外でも走って行ける性能に近づきました。
スピードこそトラフィックXよりは落ちますが、その分安定した走りができ、街乗りに最適なモデルでしょう

5万円台の買いやすい価格も魅力的です。コンポーネントのグレードを落とすことでコストの削減がされていますが、信頼できるシマノのコンポであるため、性能に関して不安材料はないと言えるでしょう。

トラフィックXと比較して、重視する点を参考に選んでみましょう。

サイズ XS、S、M、L
素材 アルミ

MTB性能を兼ね備えた街乗りクロスバイク

GTのクロスバイクは特徴であるトリプルトライアングルフレームにより、走行性能を向上し、特に街乗りに適した乗り心地、走行性能を実現しています。走行性能は街乗りだけでなくダートやロングライドにも対応できる可能性を秘めているため、カスタマイズなどを工夫して、様々なフィールドへとGTクロスバイクで走り出してみましょう。

トランセオスポーツはマウンテンバイクのテクノロジーを取り入れて完成されたモデルで、街乗りモデルながらマウンテンバイクに力強さも兼ね備えています

GTの自転車の特徴であるトリプルトライアングルフレームによる安定感、乗り心地の良さに加えて、力強い走りでスピードも出すことができ、街を軽快に走り抜けることが可能です。

40Cタイヤという通常の自転車よりも太めのタイヤも安定感や力強さを実現する注目したいパーツです。
歩道や道路など舗装された道に限らず、荒れたダートでも軽々と走ることができます

路面コンディションを選ばない万能な走りっぷりは街乗りだけでなく、ロングライドやツーリングにも活躍することができるでしょう。

サイズ S、M、L
素材 アルミ

乗り心地抜群の快適クロスバイク

GTのクロスバイクの中でも伝統的な形のGTクロスバイクで、乗り心地を追求したモデルです。
ヴィラージュコンプは快適な乗車姿勢を実現するため、クロスバイクの走りと合わせて適切な姿勢のサイクリングで、疲労を軽減することもできます

またサイクリング姿勢を上体が起きたポジションに設定することで、フィットネス効果も期待できる性能です。普段のサイクリングだけでなく、ダイエットやトレーニングなどのフィットネスにもおすすめのモデルです。

通勤・通学にもおすすめのクロスバイクと言えます
乗り心地の良い安定感、乗車姿勢が街乗りの道路の衝撃や振動を防ぎ、快適な朝のサイクリングとなるでしょう。

日常的な自転車利用とアクティビティとしての自転車を楽しめるモデルです。

GTクロスバイクのおすすめカスタマイズ

GTのクロスバイクは街乗りだけでなく、路面コンディションの悪いダートや長距離走行もこなす性能も持っています。
街乗りだけでなく、少し足を伸ばしてクロスバイクで出かけられるようにカスタマイズすると、自転車の楽しみ方が幅広くなります。

走行性能に関しては申し分ないため、サイクリングに役立つアクセサリーを充実させるのがおすすめです。

スマホホルダーを付けると、サイクルアプリでの走行時のデータ収集やルート検索ができ、ロングライドに適したクロスバイクに変身します。
モバイルバッテリーを合わせて取り付ければ、さらに長距離も目指すことができ、スマートフォンのバッテリー切れも心配ありません。

雨などのコンディションが悪いときのために泥除けをつけておくとさらに快適なサイクリングになるでしょう。

TOPEAK ライドケース (iPhone X用) セット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 14.9×7.6×1.4cm
重量 100g

最新iPhoneXにも対応した固定力抜群スマホホルダー

スマホホルダーがあると走行中にデータ計測やルート検索などができ、クロスバイクにも快適性をプラスし、ロングライドでも活躍できるようになります。
TOPEAKのスマホホルダーは最新のiPhoneにも対応していて、以前のモデルに対応したものもあり、幅広いiPhoneをホールドすることができます。

走行中に落ちないことが求められるのがスマホホルダーですが、街の段差や凹凸ではずれやすいモデルがあるのも事実です。
TOPEAKライドケースはスマートフォンを固定するマウントのフィット感、強さが絶妙で落ちる心配は必要ありません。

絶対にスマートフォンを落としたくないという方におすすめしたいスマホホルダーです。

サイズ 18.2×11.6×3.2cm
重量 422g

超大容量の万能モバイルバッテリー

サイクリングにスマートフォンをサイクルアプリやナビゲーションなどのために使っているとバッテリーの消費が早く、バッテリー切れを起こし、快適なサイクリングではなくなってしまうこともあります

ハンドルにモバイルバッテリーを取り付けることで、スマホホルダーと組み合わせて充電しながらスマートフォンのメリットを最大限に引き出したサイクリングが可能です。

こちらのモバイルバッテリーはとにかく大容量で7、8回フル充電でき、充電に困ることはないでしょう。
ソーラー充電も可能であるため、サイクリングに最適です。

急速充電もできるすぐれものです。GTクロスバイクにスマホホルダーと合わせて、モバイルバッテリーを取り付け、サイクリングにでかけましょう。

サイズ W450×H65×D40mm リア:W320×H53×D43mm
重量 フロント:64g リア:25g

ワンタッチでつけやすい軽量泥除け

自転車メーカーとしても有名なドッペルギャンガーの泥除けです。泥除けがあると雨や雨上がりの路面での泥はねを防ぐため、より快適なサイクリングや長距離走行には欠かせないアイテムです。

取り付けで面倒であったり、重さがあったりすると走行性能に影響を与えることもあり、軽くて簡単に取り付ける泥除けをおすすめします。

ドッペルギャンガーの泥除けはワンタッチで着脱が可能で、夜間の視認性も備えています。取り付けていることを忘れるほどの軽さは走りへの影響をまったく感じさせません。
スタイリッシュなデザインがどのような自転車にも合うため、GTクロスバイクにもぴったりでしょう。

泥除けをつけてコンディションを気にせずサイクリングに出かけてみましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

GTのクロスバイクは特徴であるトリプルトライアングルフレームにより、走行性能を向上し、特に街乗りに適した乗り心地、走行性能を実現しています。

走行性能は街乗りだけでなくダートやロングライドにも対応できる可能性を秘めているため、カスタマイズなどを工夫して、様々なフィールドへとGTクロスバイクで走り出してみましょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike