あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
bowling

ストームのボウリングボール!選び方や特徴、人気おすすめ商品6選を大紹介! 

スポシル編集部

公開日 :2018/10/31

更新日 :2019/05/24

今回の記事ではストークのボウリングボールについて説明します。ストークは世界で最もシェアが高いボウリングボールです。そんなストークの特徴や選び方、人気おすすめ商品6選を紹介します。これからボウリングを始めたい初心者の方や、ストークのボウリングボールを購入したい方におすすめの記事です。

目次

スポンサードサーチ

ストームの選び方を紹介!

コアの素材で選ぶ!

ボウリングボールを選ぶときは必ずコアの素材で選びましょう。コアとはボールに内蔵されている部品で、摩擦に影響を与えます。ボールの摩擦が変わることで、投球した際の曲がりやすさも大きく影響を受けます。
ボウリングでは、ボールの曲がり方の差が勝負に大きな影響を与えます。そのため、ボウリングのボールを選ぶ際は必ずコアの素材を確認しましょう。

重さで選ぶ!

ボウリングのボールを選ぶ際はボールの重さを見極めて選びましょう。ボールは重ければ重いほどストライクが出やすいと言われています。しかしそれ故に重いボールを無理して使う事はやめましょう。ボウリングは投球時のフォームも大切です。無理して自分が投げるには重すぎるボールを選ぶと、投球時にバランスを崩してしまいコントロールを失ってしまいます。ボールを選ぶ際は自分に合った重さのものを選びましょう。

フィット感で選ぶ!

ボウリングのボールを選ぶ際はボールのフィット感で選びましょう。ボウリングのボールには指を通す穴があり、投球時は指を穴に入れた状態で投げます。指にフィットしないボールを選んでしまうと、プレーの質低下に繋がります。必ず自分の指に合うボールかを店頭などで確かめてから商品を選びましょう。

ストームの特徴を紹介!

世界シェアNO1

ストークの特徴は、ボウリング界においてハイパフォーマンスボールでシェア率トップという点です。ストークはその機能性の高さや豊富なカラーバリエーションなどで数多くのボウラーから支持を集めています。ストークのボールは、王道のボールを使ってボウリングを楽しみたい方に特におすすめです。

カーブがかけやすい

ストークの特徴はボールに動きがかけやすい点です。ボウリングでスコアアップを狙うにはカーブをかけるなどボールを上手く動かすことが大切です。ストークのボールは動きをかけやすい設計で製作されているため、カーブがかけやすいです。ストークのボールはボウリングでスコアアップを狙う方にはかなりおすすめです。

初心者には扱いにくい

ストークの特徴として、ボウリング初心者には扱いにくいという点が挙げられます。
先ほど述べたように、ストークは動きがかかりやすいボールです。カーブなどの動きをかけるには、ボールをしっかりとコントロールする必要があります。まだボールコントロール技術が未熟な初心者の方がストークを利用すると、意図しない動きがかかってしまいます。そのためボールのイメージ通りの動きが期待できません。初心者の方は、まずはあまり動きがかからないボールを選ぶことをおすすめします。

スポンサードサーチ

ストームのボウリングボール人気おすすめ6選を紹介!

(ストーム) Storm ボウリングボール ピッチブラック

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ブラック 重量 7.08 Kg
サイズ 23.4 x 22.1 x 22.1 cm 素材 コントロール・ソリッド・ウレタン

(ストーム) Storm ボウリングボール ピッチブラックのおすすめポイント

  • 出荷時の仕上げは1000グリッドパッド
  • キャパシターコア
  • カバーストックはコントロール・ソリッド・ウレタン

(ストーム) Storm Tropical Breeze Pink/Purple 12,13ポンド

Amazonで詳細を見る
ピンク/パープル 重量
サイズ 12LB 素材 原子炉 コア

(ストーム) Storm Tropical Breeze Pink/Purple 12,13ポンド 普及型ボウリングボール (並行輸入品)のおすすめポイント

  • 仕上げ:1500グリットポリッシュ フレアポテンシャル:2 “-3″(中低)
  • フレグランス:誕生日ケーキ ボールのカバーストックのいくつかの小さな穴が正常
  • 興味深い色と革新的な香りでトロピカル風はすべてのスキルレベルのボーリング選手に訴えます

Storm Tropical Breeze Carbon/Chrome 14ポンド

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カーボン/クロム 重量
サイズ 14LB 素材 シナモン コア

(ストーム) Storm Tropical Breeze Carbon/Chrome 14,15ポンド 普及型ボウリングボール (並行輸入品)のおすすめポイント

  • 仕上げ:1500グリットポリッシュ フレアポテンシャル:2 “-3″(中低)
  • ボールのパフォーマンス:エントリーレベルのボール
  • Reactor Pearl反応カバーストックを特徴とします
ティール/ブルー 重量
サイズ 10LB 素材 Reactor Pearl Reactive

(ストーム) Storm Tropical Breeze Teal/Blue 10,11ポンド 普及型ボウリングボール (並行輸入品)のおすすめポイント

  • エントリーレベルやカジュアルリーグボーラーに最適
  • このTropical Breezeボウリングのボールは、シアンと青のクールな色を組み合わせて、メロンミントと一緒に仕上げています
  • ボールのパフォーマンス:エントリーレベルのボール

■ストーム ボール■【STORM】マーヴェルマックス・エリート MARVEL MAXX ELITE

Amazonで詳細を見る
ネイビーソリッド 重量
サイズ 素材 NRGソリッドリアクティブ

■ストーム ボール■【STORM】マーヴェルマックス・エリート MARVEL MAXX ELITEのおすすめポイント

  • レーンコンディション:ミディアム~ミディアムヘビー用
  • 取扱ウェイト:12P~16P
  • 表面仕上げ:1500グリット・ポリッシュ

■ストーム ボール■▽【STORM】インテンス・フォーカス INTENSE FOCUS

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ブラック/ホワイト/オレンジ 重量
サイズ 素材 R2Sパールリアクティブ

■ストーム ボール■▽【STORM】インテンス・フォーカス INTENSE FOCUSのおすすめポイント

  • レーンコンディション:ミディアム用
  • 取扱ウェイト:12P~16P
  • 表面仕上げ:1500グリット・ポリッシュ

まとめ

今回の記事では人気ボウリングボール、ストークの選び方、特徴、人気おすすめ商品を説明しました。ストークなどのボウリングボールを選ぶ際はコアの素材やボールの重さ、フィット感で選ぶようにしましょう。また、ストークはカーブなどの動きを出しやすいボールなので上級者の方はスコアアップを狙いやすいですが、一方で初心者の方にはあまりおすすめできません。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike